人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「Mr.インクレディブル」おそらく、ピクサー社作品“初”…だと思うんですが…。

「Mr.インクレディブル」おそらく、ピクサー社作品“初”…だと思うんですが…。_a0014708_212837.jpg 
 ピクサー社初の、“人間が主役”の作品「Mr.インクレディブル」(ディズニー)ええ、前評判どおり非常に面白かったですし、楽しめました。でもこの映画には、他にも“ピクサー社作品『初』”の出来事があるのです…。

 かつてスーパーヒーロー達は、その“スーパーパワー”を駆使して世界の平和を守っていた。しかし、ある事件を切っ掛けに『スーパーパワーは一般人の生活に支障をきたしている』と訴えられ、敗訴。かくしてスーパーヒーロー達は、政府の保護の下にその力を封印し、身分を隠して一般社会に溶け込み生活することを余儀なくされてしまう。数年後、保険会社に勤めるボブこと“Mr.インクレディブル”は、過去の輝ける栄光の時代を忘れることが出来ず、悶々とした日々を送っていた。スーパーヒロイン“イラスティガール”だった妻ヘレンは、そんなボブのことを案じつつも、3人の子供たちと家族の安泰を第1に考えていた。そのころ、元スーパーヒーロー達が次々に謎の失踪を遂げていた。そんな或る日ボブの元に『あなたの力が必要なの』と、ある女性からメッセージが届く。ボブは家族には内緒で再び“Mr.インクレディブル” となる決意を固めるのだが…。

 過去の栄光を取り戻していく、Mr.インクレディブルの姿は、現代社会における“働く中年男性”の正に理想であり、願望でありましょう。そして、あれだけ夫のことを思い、家族を支え奮闘するインクレディブル夫人は、母親、奥様の鑑と言って過言はないでしょう。そういった意味でこの映画は、CGアニメという手法を用いた“ホームドラマ”といえると思います。子供たちばかりでなく、普段映画館に足を運ばないお父さん方にも、充分楽しんでいただける、そしてハマッていただける映画だと思います。モチロン吾輩はどっぷりハマッちゃいました。
 
 但し、冒頭でも書きかけましたが、従来のピクサー社の作品と異なる点として多分“初めて”だと思うのですが、この映画は作中で“人が死ぬ”のです。元スーパーヒーローの死体が出てきたり、悪役が最後には…だったり、コミカルな描かれ方をしているので、さほど気にはならないのですが、やはりこれまでとは少々テイストが違う“異色”な感じがしました。そういった意味で『ピクサーが、このままこの路線を進んじゃうと、チョット悲しいな』と思っていたのですが、次回作「Cars」の予告を観ている限りでは、そんな感じは受けないので先ずは一安心といったところでしょうか(と、言ってたら公開延期かよ~!)。

 「Mr.インクレディブル」はただいま絶賛公開中です。あ、公式HPに掲載されている“インクレ体操”を是非一度ご覧下さい。大爆笑必至ですから…。
「Mr.インクレディブル」おそらく、ピクサー社作品“初”…だと思うんですが…。_a0014708_2122963.jpg


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2004-12-20 02:06