「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し!

[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード
a0014708_18214965.jpg
 "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しております。いやあ、なりきってますね、ホントに。

 
 かつて英国初の女性宰相として、国際政治の表舞台に君臨したマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)。老いて一線を退き、静かで孤独な余生を送る彼女には認知症の気が見られ、今は亡き夫・デニス(ジム・ブロードベンド)の死を認識出来ず、日々彼の幻影と語り合っていた。娘に促され、ようやく夫の遺品整理に着手したマーガレットは、自身の幼少のころから、デニスとの出会い、そして首相まで務めた政治家時代と、その裏側であった家族との葛藤など、自らの半生を思い返していく…。


 『メリル・ストリープの、メリル・ストリープによる、メリル・ストリープのための映画』と言っても過言ではないでしょう。吾輩サッチャー女史のことなんて、そりゃTVでぐらいしか見たことないのですが(当たり前です(^^;)、見た感じは、ソックリですね。まあ、見掛けだけで言えば、メイクの力ってのもあるでしょうけど(はい、本作は“アカデミー賞・メイキャップ賞”も受賞しております)、それだけじゃあない!メリルの圧倒的存在感と、とてつもなく奥の深い演技力が、超リアルな映像と相まって、スクリーンに“真実の物語”として映し出されます。吾輩最初に『メリル・ストリープが、サッチャー役を演じる』って聞いた時は、『何で?確かにメリルは名女優やけど、アメリカ人でしょ。英国首相の役はチョット違うんじゃないのか?』てな素朴な疑問を抱いたりしたのですが、その後サッチャーに扮したメリルのビジュアルが公開されると、『うわ、ソックリやん!』と思わずツッコンじゃってました(^^;。そして公開された映画を見て、もお、ただただ脱帽!でございました。役作り完璧!偉そうに疑問なんか抱いて失礼いたしましたm(_ _)m!さすが演技派大女優!素晴らしい!鳥肌モンですよホント。オスカー受賞も、文句なし!の演技でございますね。

 サッチャー女史が英国首相に就任されたを務めておられていた頃は、吾輩中学~高校のちょうど多感な(^^;時期を過ごしておりまして、“フォークランド紛争”なんかリアルタイムに繰り広げられた戦争として、非常に関心を持って見ておりました。その片方の当時国のトップが女性であるってことに、当時吾輩は驚いたと同時に『スゴい人やな~』と、純粋に敬意を抱いた記憶があります。本作では、紛争当時の政権内部での様々な駆け引き、やりとりなども当然描かれています。100%実話ではない(多少なりとも脚色されている)にせよ、サッチャー女史は、日々戦っておられたんですね。吾輩、サッチャー女史を始めとしたあの頃の政治家には、まだ政治家としての気骨、気概みたいなものが、凄く感じられたような気がします。それに引き換え、今の政治家どもの体たらくたるや…(爆)。特に日本の政治家ども!お前ら、戦ってるか??ホンマに政治家って、胸張って名乗れるのか??己の保身しか考えておらんような輩どもには、この映画を見て、せめて少しは政治家としての気概を思い出してもらいたいモンですわ!え~い!『猛省せよ!!』


 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」は、ただいま全国ロードショー公開中です。“鉄の女”と呼ばれた辣腕政治家の、“人としての真実の姿”をあなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 こういった“歴史物”には、賛否様々な意見があるのが通例でございまして、この映画も色々と物議を醸しているようです。まあ、特にご本人がまだ存命でおられますからね~。


映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 - シネマトゥデイ

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙@ぴあ映画生活

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 - goo 映画
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-03-22 20:52 | 映画評 外国映画 マ行