人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「ネバーランド」ジョニー・デップは大人の俳優です!

「ネバーランド」ジョニー・デップは大人の俳優です!_a0014708_044039.jpg 
 “「ピーター・パン」の実話(笑)”ではなく、“「ピーター・パン」誕生にまつわる実話”を基にした映画「ネバーランド」(東芝エンタテインメント)。素直な心で観ましょう。決して斜めに観ないで…。

 1903年、ロンドンに住む劇作家バリ(ジョニー・デップ)は、フローマン(ダスティン・ホフマン)の劇場で新作を発表するが、失敗。落ち込みながら、愛犬と公園を散歩中に未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の幼い息子たちに出会う。子供のような心を持つバリと、4人の子供たちはすぐに親しくなるが、そのなかで三男のピーター(フレディ・ハイモア)だけは、どこか冷めた目をしてバリに接していた。父親の死以降、ピーターは『早く大人になろう』と思い、努めて大人びた振る舞いをしているのだった。バリと子供たちの交流は日々続けられた。その最中バリは次の芝居のヒントを、子供たちとの触れ合いから見出していく。しかし彼等の純粋な関係は世間にあらぬ噂をふりまき、それはシルヴィアの母であるデュ・モーリエ夫人(ジュリー・クリスティ)やバリの妻メアリー(ラダ・ミッチェル)をも巻き込んだ、複雑な様を呈していく。やがて、バリの新作「ピーター・パン」初演の日。彼等に思いがけない不幸な出来事が…。

 いいですね、ジョニー・デップ。前作「シークレット・ウィンドウ」を未見の吾輩にとって、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」以来、久々だったのですが、ジャック・スパロウ艦長とは打って変って(でも作中、ジャック・スパロウみたいなこともやっているんですがね…笑)非常に抑えめの演技を見せてくれます。矛盾しているようですが、“いつまでも子供の心をもつ大人”を演じたジョニーは、これまでで一番の“大人の演技”をしていると思います。この人に、こんな一面があったのか…と関心してしまいました。
 とかく、涙腺がゆるい昨今ですが、この映画もオーラのように『泣いてくれ~』っていうのがよ~く伝わってきます。でも決して嫌味っぽくなく、さり気なく伝わってくるのが心地よかったですね。何か、その空気に触れてしまってどうってことないシーン~「ピーター・パン」初演のシーンで、ピーター・パンが初めて舞台に登場する場面~でも『ああ、そのとおり!昔絵本で読んだなあ…』などと思い、気がつけば目頭がジワ~っと熱くなっておりました。とても優しく、暖かい空気に包まれた映画です。
 
 冒頭にも書きましたが、あまり斜に構えて観ないでください。何の色メガネも掛けず、あなたの感性のみでご覧になることをお薦めします(こんな映画評も、参考になさらずに…笑)。きっとあなたの“ネバーランド”を垣間見ることが出来ますよ!

 「ネバーランド」はただいま全国公開中です!いつまでも子供の心を持つ俳優ジョニー・デップの、しっかりとした大人の演技を、ぜひ映画館でご覧下さい。そしてその後は、一緒に空を飛びましょう(笑)!
「ネバーランド」ジョニー・デップは大人の俳優です!_a0014708_0443176.jpg


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
 
by mori2fm | 2005-01-23 00:35 | 映画評 外国映画 ナ行