人気ブログランキング |

「ツナグ」会いたい人は誰ですか?

[松坂桃李] ブログ村キーワード
a0014708_181056.jpg
 一度だけ、死んだ人間と会わせてくれる“使者”の物語。「ツナグ」(東宝)。さあ、あなたがもう一度会いたい人はいますか?


 一度だけ死んだ人と会わせてくれる“使者”=“ツナグ”。高校生の歩美(松坂桃李)は、一族に代々伝わるこの能力を、祖母・アイ子(樹木希林)から引き継ぐかどうかを決めるため、“見習い使者”として活動していた。亡くなった母(八千草薫)に会いたいと依頼してきた工務店主の畠田(遠藤憲一)は、最初は歩美のことを疑い、横柄な態度で接するが、母との再会が終わると素直に礼を言って去って行った。歩美の同級生で、演劇部に所属していた御園(大野いと)が交通事故で亡くなった。親友だった嵐(橋本愛)は、御園に『どうしても聞きたいことがある』と、ツナグに連絡してくる。アイ子が病院で知り合ったサラリーマンの土谷(佐藤隆太)は、7年前に突然失踪した婚約者のキラリ(桐谷美玲)のことが忘れられずにいた。様々な出会いを通して、歩美は死者との再会がもたらす意味について、疑問を抱く。そしてその疑問は、自らの両親の不可解な死の真相へと向けられていく…。


 辻村深月 さん第32回吉川英治文学新人賞を受賞した原作小説の映画化。と、言っても吾輩相変わらずの原作未読でございまして…(^^;。殆んど何の予備知識も無いままに、映画を見てまいりました。まあ、お話的には『んな話、有るわけ無いがな!』とツッコんでしまいたくなる所謂“ファンタジー物”でございます。原作では描かれているのかどうかワカランのですが、映画では『何故、こんなことが出来る?』『どうして死者を呼ぶことが出来る?』と言った辺りの解説は一切為されず、3組の死者との再会が結構淡々と描かれています。ややもすると“荒唐無稽”すぎて引いてしまいそうになる映画を、非常にリアリズム溢れるモノにしているのは、やはり希林さんの存在ですね。先日鶴瓶師匠某番組で言っておられましたが、『何やろうな?絶対無いんやで!無いような話なんやけど、あの人が演るとホンマにありそうな感じするやん!』てのが、全編通じてヒシヒシと感じられます。もおホントに名女優でおられますね、希林さんは!あと仲代達矢 さんも、非常に少ない出番ながらもイイ感じで映画を締めてくれています。八千草さんといい、齢重ねた名優の方々の素晴らしい芝居も必見です。

 死者と会うということが、本当に良いことなのかどうか?確かに色々と考えさせられますね。そりゃ、望んで会うわけですから基本的には幸せなことなんでしょうが、全てがそんな単純なことではないですからね。特に作中、親友だった女子高生2人が出会う話なんか、あまりに強烈すぎます。あんなん生きてる間、ず~っとトラウマになりまっせ、絶対!

 松坂桃李クン、あっちこっちに出まくりで売れてますね~!正に今が旬!って感じですな。ただ以前にも書きましたが、もお高校生役はキツイでしょ?何せ朝ドラでは父親役までやっちゃったんですから…、何て思ってたら何と!次作でも高校生役なんだそうですね。もお、ええ加減にしときや~!


 「ツナグ」は、10月6日(土)~全国ロードショーです。一度だけ死んだ人と会えるとしたら、誰と?あなたも是非!映画館で体験してください。

~追記~
 以前から注目していましたが、橋本愛チャンは素晴らしい!今回の役柄はこれまで以上に、感情が表に出ている感じがしましたが、彼女は目力が凄い!これからもドンドン魅力的な女優さんになっていってもらいたいですね!


ツナグ@ぴあ映画生活

ツナグ - goo 映画
ツナグ - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
トラックバックURL : https://moricinema.exblog.jp/tb/16502995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 気ままな映画生活(適当な.. at 2012-10-03 22:55
タイトル : 『ツナグ』 2012年9月17日 ニッショーホール
『ツナグ』 を試写会で観賞しました。 樹木希林の演技に注目したが、今回はパッとせずだった 『悪人』や『わが母の記』の時のような良さが無かったのは残念 【ストーリー】  生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった者。その再会の機会を設けることができる、“ツナグ”と呼ばれる使者の見習いをする高校生・歩美(松坂桃李)。ガンで逝去した母(八千草薫)と会いたいという高慢な中年男・畠田(遠藤憲一)、けんかをしたまま事故死した親友・御園(大野いと)に尋ねたいことがある女子高生・嵐(...... more
Tracked from うろうろ日記 at 2012-10-04 00:04
タイトル : ツナグ
試写会で見ました。監督+希林さん+桃李くんが舞台挨拶にやってきました。まさか希林... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2012-10-04 05:37
タイトル : ツナグ
ツナグ@ニッショーホール... more
Tracked from 象のロケット at 2012-10-04 09:36
タイトル : ツナグ
“ツナグ”とは生きている人と死んでしまった人との再会を仲介する“使者”で、連絡が取れるか否かはその人の運次第という、都市伝説のような存在。 半信半疑の依頼者の前に現れた使者は、ごく普通の男子高校生・歩美だった。 彼は祖母アイ子から“ツナグ”を引き継ぐ予定の見習いだったのだが…。 ヒューマン・ファンタジー。 ≪死んでしまった人に一度だけ会えるチャンスがあるとしたら、あなたはどうしますか?≫... more
Tracked from 日々“是”精進! at 2012-10-06 15:37
タイトル : 劇場鑑賞「ツナグ」
「ツナグ」を鑑賞してきました直木賞作家・辻村深月による第32回吉川英治文学新人賞受賞作を「陰日向に咲く」「ROOKIES-卒業-」の平川雄一朗監督で映画化した感動のファンタジー・ドラ...... more
Tracked from 花ごよみ at 2012-10-07 06:30
タイトル : ツナグ
試写会に当たったので行ってきました。 辻村深月の同名小説を映画化。 「ツナグ」の仕事は、 この世から去ったものと 生きているものとの再会の仲介。 亡くなった人を一回に限り、 会わせてくれるというもの。 男子高校生、歩美と彼の祖母アイ子が その役目を負いま...... more
Tracked from タナウツネット雑記ブログ at 2012-10-08 00:00
タイトル : 映画「ツナグ」感想
映画「ツナグ」観に行ってきました。辻村深月の同名小説を原作とする、人の死と死後の再会をテーマとするファンタジー要素を含有した人間ドラマ作品。その街には、ひとつの都市伝説...... more
Tracked from **☆(yutake☆イ.. at 2012-10-08 00:28
タイトル : 映画『ツナグ』★心の目でつなぐときツナグは救いにつながる
    映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id342745/rid19/p1/s0/c1/   作品について http://cinema.pia.co.jp/title/159756/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。     原作未読なので ^^; 初め...... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2012-10-08 14:13
タイトル : ツナグ
2012年10月7日(日) 15:50~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(フリーパスポート) 『ツナグ』公式サイト フリーパスポート25本目。 「黄泉がえり」とか「スープ~生まれ変わりの物語~」とか、古くは「ゴースト」や「天国から来たチャンピオン」などの死人系ファンタジー。 安定した作品が多く、これも安心して観られる。 「ゴースト」の劣化コピーでインチキ霊能力者だった樹木希林さんが、本物の霊能力者になっている。 死んだ人間と一回だけ会わせることができる霊能力者がツナグ。 ツナグが会わせ...... more
Tracked from to Heart at 2012-10-08 14:17
タイトル : ツナグ
製作年度 2012年 上映時間 129分 原作 辻村深月『ツナグ』(新潮社刊) 脚本 監督 平川雄一朗 音楽 佐藤直紀 出演 松坂桃李/樹木希林/佐藤隆太/桐谷美玲/橋本愛/大野いと/八千草薫/遠藤憲一 生きている者が、もう一度だけ会いたいと強く願う、すでに亡くなってしまった...... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2012-10-08 19:33
タイトル : ツナグ
映画『ツナグ』オリジナル・サウンドトラック(仮)クチコミを見る死者と生者を再会させる案内人が見た3つの物語を描くファンタジー・ドラマ「ツナグ」。これは見習い“ツナグ”の ...... more
Tracked from とことこ行こ! at 2012-10-08 20:24
タイトル : 「ツナグ」の試写会
「あなたへ」を見に行ったとき、通路に10月公開の「ツナグ」の 大きなポスターが飾ってありました。 その一番下の隅っこに小さく「試写会にご招待」と書かれてて 小さなQRコードがありました。 そこからスマホでアクセスしてその場で応募しておきました。 でもそんなんで当たるとは思ってなかったので 「特別試写会ご招待」のはがきが来たときにはビックリしました。 もちろんうれしかったですが、あれでホントに当たる... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2012-10-08 21:36
タイトル : ツナグ
ゴースト もういちどつながりたい 公式サイト。辻村深月原作、平川雄一朗監督、松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、本上まなみ、浅 ...... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2012-10-09 06:25
タイトル : 「ツナグ」会いたい人とツナグ先にみた伝えなければならない..
「ツナグ」は辻村深月原作の「ツナグ」を映画化した作品で生涯1度だけ会いたい死者に会す事ができる使者が3人の依頼主の死者との出会いを通じて使者としての役目、そして使者に ...... more
Tracked from とりあえず、コメントです at 2012-10-09 08:53
タイトル : ツナグ
辻村深月著の同名小説を松坂桃李&樹木希林主演で映画化した作品です。 忙しくて1週間ぶりの観る映画だったら、やっぱり癒される作品がいいなあとチャレンジしてみました。 分かっているのに泣かされるなあと、キャラクターたちの想いを感じながらスクリーンを見つめていました。 ... more
Tracked from タケヤと愉快な仲間達 at 2012-10-09 12:35
タイトル : ツナグ
先に書いたこの三連休の最終日。テレビでも 何度か見た番宣では樹木希林さんの強烈な キャラクターだけが強く印象に残り・・・ (ああ面白そうだな。)と思い朝一番の上映回 にて観賞してきました。 僕の地元の映画館はどんな話題作の時でも 場内が満員になる事はほとんど...... more
Tracked from Healing at 2012-10-10 00:22
タイトル : 生者は行く。死者の使者が『ツナグ』ゆえ。
ツナグ ★★★★ 生者と死者と思いをつなぐ ファンタジック・ストーリー 直木賞作家・辻村深月の原作を映画化。 これは当て書きか⁈と思うほど、 都会的でクールなルックスでありながら、どこか朴訥で誠実な印象を持ち、 時に、年上に対しても「甘えんなよ」と熱く諭すことのできる高校生・歩美を演じられるのは、今、ギリギリ桃李くんしかいないんじゃないかと思います。 (この... more
Tracked from いい加減社長の映画日記 at 2012-10-10 07:15
タイトル : ツナグ
樹木希林さんの演技に注目・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 死んだ人間と再会させる能力を持つ「ツナグ」。 工務店を営む畠田靖彦は、土地の権利書のある場所を死んだ母親に聞くために、ツナグとの接触を試みる。 約束の場所に現れたのは、男子高校生。 半...... more
Tracked from 馬球1964 at 2012-10-11 22:23
タイトル : 映画「ツナグ」を観ました!!(2012-13)
映画「ツナグ」を観ました!! ... more
Tracked from Break縲€Time at 2012-10-12 20:37
タイトル : ツナグ
連休最終日は、天候にも恵まれ・・・... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2012-10-13 08:40
タイトル : 『ツナグ』
□作品オフィシャルサイト 「ツナグ」 □監督・脚本 平川雄一朗 □原作 辻村深月 □キャスト 松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、橋本 愛、遠藤憲一、大野いと■鑑賞日 10月8日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5...... more
Tracked from soramove at 2012-10-18 07:00
タイトル : 映画「ツナグ」あなたが逢いたい人は誰ですか
「ツナグ」★★★☆ 松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、桐谷美玲、 橋本愛、大野いと、遠藤憲一、別所哲也、 本上まなみ、浅田美代子、八千草薫、仲代達矢出演 平川雄一朗 監督、 129分、2012年10月6日(公開) 2012,日本,東宝 (原題/原作:ツナグ/辻村深月著) <リンク:人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい← 初登場3位で発進したが 2週目で首位に浮上 最終的には15億辺りまで行きそうな勢い 「映画を見ようと思った時 邦画の優先順...... more
Tracked from パピとママ映画のblog at 2012-10-19 17:25
タイトル : ツナグ ★★★
辻村深月の吉川英治文学新人賞受賞作を原作に「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗監督が映画化。死者との再会を望む人々と、その仲介を司る“ツナグ”として、他人の人生に深く関わっていく一人の少年の葛藤と成長を描く。出演は「アントキノイノチ」の松坂桃李、「わが母の記」の...... more
Tracked from とらちゃんのゴロゴロ日記.. at 2012-10-21 00:19
タイトル : ツナグ
死んだ人間をよみがえらせて一度だけあわせてくれるという設定が際物(きわもの)らしい怪しさを感じさせるけど、全く不自然な物語ではなかった。実にうまく練られた物語で、大災害の起きたあとの日本で、この映画を見ると鎮魂の願いが沸きあがってくる。普段映画館に行かな... more
Tracked from 放浪の狼のたわごと at 2012-10-24 19:20
タイトル : 映画「ツナグ」
2012年日本で製作された 平川雄一朗監督作品。たった一度だけ、死者との再会を叶... more
Tracked from kintyre&#039.. at 2013-01-06 18:20
タイトル : 映画『ツナグ』を観て
12-82.ツナグ■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:129分■観賞日:10月20日、TOHOシネマズ渋谷■料金:0円 □監督・脚本:平川雄一朗◆松坂桃李(渋谷歩美)◆樹木希林(渋谷アイ子)◆遠藤憲一(畠田靖彦)◆八千草薫(畠田ツル)◆橋本愛(嵐美砂)◆大...... more
Tracked from こんな映画観たよ!-あら.. at 2013-06-01 13:26
タイトル : ツナグ : こちらのツナグならよいかも
 先日紹介したあの映画も、人と人を思いっきり繋ぐ映画でしたが、観終わった後の気分は最悪でした。その点、本日紹介する作品は、同じ繋ぐ映画でも安心して観れる作品です。では... more
Tracked from こみち at 2014-02-23 15:16
タイトル : 映画 ツナグ
JUGEMテーマ:邦画 &amp;nbsp; たった一人の死んだ人と一度だけ会える。 &amp;nbsp; 一見、良いようなチャンスに思えるが、あってしまったことで &amp;nbsp; 別のわだかまりが出てしまうこともありますね。 人の死んだ人と一度だけ会える。 これは、良い機会なのか、悪いことなのかは一概に言えません。 &amp;nbsp; また、死んだ人と会える機会を作った仲介人にも &amp;nbsp; 重い負担になるは...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2019-05-13 23:38
タイトル : 「ツナグ」
これでもか、と泣いて気持ちよかったわー。... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mori2fm | 2012-10-03 22:35 | 映画評 日本映画 た行 | Trackback(29) | Comments(0)