人気ブログランキング |

「リンカーン / 秘密の書」大統領、暴れる(^^;。

[リンカーン大統領] ブログ村キーワード
a0014708_1835495.jpg
 勝手に開催!“秋のリンカーン大統領祭り”。第1弾(?)の「声をかくす人」に続く第2弾は、「リンカーン / 秘密の書」(20世紀フォックス映画)。「声をかくす人」は、実話を基にした“感動ヒューマン・ドラマ”でございましたが、本作は実話をベース(?!)にした、“3D アクション・エンタテインメント大作”でございます。(※“秋のリンカーン大統領祭り”は、あくまでも吾輩が勝手に命名したものです。よって2作の間に、直接的な関連性はございません!悪しからず(^^;)


 後に“第16代アメリカ合衆国大統領”となる、エイブラハム・リンカーン(ベンジャミン・ウォーカー)は、貧しい開拓農民の家に生まれた。幼いころ母を死に至らしめた男、バーツ(マートン・ソーカス)を生涯の仇として憎み、復讐の機会を窺っていた。やがて成人したリンカーンは、バーツに復讐する機会を得るが、銃弾を浴びたはずの相手に逆襲され、深手を負ってしまう。そんなリンカーンを救ったのは、ヘンリー(ドミニク・クーパー)という富豪の青年。バーツがヴァンパイアであること、そのヴァンパイア達が、既に大勢アメリカ社会に紛れ込んでいることをリンカーンに告げるヘンリー。そしてヘンリーはリンカーンに『ヴァンパイアを倒すハンターにならないか?』と持ちかける…。


 “製作 ティム・バートン 監督 ティムール・ベクマンベドフという、“究極変態映像バカコンビ”(誉めてます(^^;)によって撮りあげられた本作は、予想を遥かに超えた“トンでも映像”と“荒唐無稽過ぎるストーリー”とが絶妙に相まった、非常に痛快な“アクション・エンタテインメント大作”に仕上がっています。吾輩は“3D”で観たんですが、これは“3D”でご覧になった方が、迫力があって楽しめると思います。普段あんまり“3D”をお薦めしない吾輩が言うんですから、まあ一度ご覧になって下さいな。

 但し、映像関係にかなり手を掛けた関係かどうかは知りませんが、キャストは『アンタ、誰?』状態の人が殆んどでございまして、吾輩はドミニク・クーパーくらいしか知りませんでした。まあ、吾輩が不勉強だってのも、間違いなくございますが…、でもね!リンカーンを演じた主演のベンジャミン・ウォーカーの顔が、一瞬何となく(見る角度によって)“かまいたち”の山内に見えたのは、吾輩だけでしょうか(^^;? 

 大統領が人知れずヴァンパイアと戦う…(トップが影で悪と戦うって、日本で言うと「暴れん坊将軍」みたいな(^^;?)、この“荒唐無稽過ぎるストーリー”は、原案・脚本のセス・グレアム=スミスが、自身の小説のプロモーションで全米を回っていた時に、書店に置かれていたリンカーン大統領関連の書物と、「トワイライト」なんかのヴァンパイア物とを『くっつけたら面白いかも!』と考えたのが、キッカケなんだそうでして(どんなんや!?)、そんな風に聞きますと、エライええ加減な話かいな~?なんて思いがちですが、何の何の実は非常によく出来たお話でございまして、『黒人奴隷が何故必要なのか?』『何故、リンカーンは大統領になろうとしたのか?』『南北戦争の戦場での戦いの実態は…』と言ったことが、まるで史実であるかのように描かれております。いやあ、実に面白い!フィクションとしてホントによく練られたストーリーです。いや、フィクションですよね?まさかこの話が実話ってことは、ないよね…(汗)。


 「リンカーン / 秘密の書」は、11月1日(木)~全国ロードショーです。誰もが知っている大統領の、誰も知らない真実の姿を、あなたも是非!映画館で目撃してください。


リンカーン/秘密の書@ぴあ映画生活

リンカーン/秘密の書 - goo 映画
リンカーン/秘密の書 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2012-10-30 23:01 | 映画評 外国映画 ラ行