人気ブログランキング |

「プラチナデータ」すべてこの世は、DNA次第…。

[プラチナデータ] ブログ村キーワード
 東野圭吾 氏 原作小説の映画化。「プラチナデータ」(東宝)。そのうち実現しそうな犯罪撲滅システムを主題に、追いつ追われつのスリリングな逃亡劇を、嵐の二宮和也豊川悦司の競演で魅せてくれます。


 そう遠くない将来の日本。全国民のDNAデータ=“プラチナデータ”を基にした犯罪捜査が可能になり、“検挙率100%、冤罪率0%”の社会が実現しようとしていた。警察庁の特殊解析研究所所属の天才科学者・神楽龍平(二宮和也)は、自身が開発に深く携わったDNA捜査システムを使って、同僚の白鳥里沙(杏)達と共に事件を解決してきた。しかし、システム上で該当しない容疑者による連続殺人事件が発生。捜査が難航する中、システムの共同開発者で、天才数学者の蓼科早樹(水原希子)までもが殺害されてしまう。そして現場に残されていた証拠をDNAシステムで解析したところ、犯人は神楽であるという結果が導き出されてしまう。まったく身に覚えが無い神楽は、真実を突き止めるべく、解析結果の消去を試みた後に逃亡。その神楽を、警視庁捜査一課の刑事・浅間玲司(豊川悦司)が追う。果たして、神楽は本当に犯人なのか?事件の真相は…?


 吾輩は、相変わらずの“原作未読”でございますが、事前に話を聞いた時に『う~ん、何か「マイノリティ・リポート」みたいな感じやな~』って思ってしまいました。即ち…主人公は、新しい犯罪捜査システムの運営者→そのシステムによって、事件を幾つも解決→ところが或る日突然、システムによって自分が容疑者に特定されてしまう→で、逃げる(オイ!(^^;)…。まあ「マイノリティ…」の方は、犯罪が起こる前に犯人を特定するというシステムで、本作は犯罪が起こってから犯人を特定するという違いはございます…が!どちらの場合も、それまではシステムに絶大な自信を持ち、他者の意見など鼻にもかけないくらいに自信満々でエラソ~にしてた奴が、そのシステムにいざ自分がご指名(?)されちゃった途端、『俺は、やってねえ~!』とか言って逃亡する…、何と無責任!無節操!エエ加減にしいや~!!あ、そんなお話です(^^;。
 CMなんかでも、逃亡シーンの映像が出たりしていますが、この映画に出てくる追跡システムが凄いんですよ!街中のいたる所にカメラが設置されてまして、少し歩いただけでも簡単に発見されてしまうんです。あんなシステムからは逃げられへんわ!って思ってたんですが、実際に捕まえに行く刑事たちの能力は、大したことございませんで、逃亡する神楽をホント目の前まで追い込みながら、テンコ盛りの警官たちがアッサリと逃げられてしまう…。オイオイ!どんだけ無能なのさ(^^;!あんなん普通に逃げられたらアカンで。一体何人掛かりで追っ掛けて、逃げられとるねんな。いやあ、あれはありえん!あんなことしてたらアカン(^^;。

 嵐の中でも、やんちゃキャラ担当の二宮クン。本作では、そのチョット横柄な感じがする部分が誇張されたようなキャラ=“神楽”を存分に演じています。最初のうちは、まさに絵に描いたような“イヤな奴”なんでございます。このキャラの裏には、実は物語の根幹に関わるある秘密が隠されていまして、それが明かされてから見せる彼の演じ分けは、この映画の見所の一つでございます。実はこの核心部分、結構あちこちで既にあっさりとネタバレされてるんですが、吾輩的にはあんまり言わない方がイイのにな~と、思いましたのでここでは触れません。あと、現場叩き上げの刑事を演じるトヨエツ兄さんの“男を魅せる演技力”には、男の吾輩も惚れてしまいそうでございました。歳と共に滲み出てくる“男臭さ”。いやあ、魅力的ですわ(吾輩決して、ソッチ系の趣味はございません!)。そして物語のキーパーソンでもある大学教授の役を、鈴木保奈美さんが演じておられますが、吾輩このキャスティングだけは見ていて少々“??”でした。保奈美さんが演じた役柄は、原作では男性だったんだそうです。で、映画化に際し変更したのは、“DNA=生命の起源”そして全ての生命を生み出すのは母=女性という観点からなんだそうですが、狙いはわかるんですけど、その割には少々インパクト不足かな?と。だって作中この人、あ~んなことやこ~んなことをやらかしちゃうんですけど『どう考えてもあんたにそれは出来んやろう??』という風に思えてしまったモンで(説得力なし!)、保奈美さんが悪いわけではございませんが、何かミスキャストだったような気がします。

 大友啓史監督の演出は、今ノリにノッているって感じで見ていて本当にワクワクさせられます。この方、もともとNHKの局員さんだったんですよね?「ハゲタカ」「るろうに剣心」に次いで、本作が監督3作目。何と、ワーナー・ブラザースとは既に3本作る契約をされてるそうで、「るろ剣」がその1本目だったんだそうです。あと2本、どんな映画を見せてくれるのか楽しみですね。そして何より原作者の東野圭吾氏!あんた一体どんだけ書いてるの?何でそんなに書けるの?そして何でそんなに売れるの(^^;?もお凄いですね。本作が映画化11本目(国内作のみ)で、夏にはまたガリレオシリーズの「真夏の方程式」ってのもやってきますし、まだまだこの方の“春”も続きそうですね。いよ!勝ち組!凄い(^^;!


 「プラチナデータ」は、明日3月16日(土)~ 全国ロードショーです。完璧なシステムの裏側に仕組まれた陰謀=“真のプラチナデータ”を、あなたも是非!映画館で目撃してください。

~追記~
 しっかし杏ちゃんは、やっぱり背が高いですね~!ニノと並んじゃうと、もおホントに…(爆)。

YouTubeで、語っております!



プラチナデータ@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2013-03-15 21:52 | 映画評 日本映画 は行