「アメイジング・スパイダーマン2」ただただ、カッコイイわ。

[アメイジング・スパイダーマン2] ブログ村キーワード
a0014708_1951982.jpg
 蜘蛛男 is back!「アメイジング・スパイダーマン2」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。 リブート第2弾、徐々に敵キャラが増えていくってのは、このシリーズのお約束のようですな~。


 スパイダーマンとなり、街の犯罪者と戦うピーター・パーカー(アンドリュー・ガーフィールド)。恋人・グウェン(エマ・ストーン)の亡き父・ステイシー警部(デニス・リアリー)との『グウェンには近付かない』という約束に背き、グウェンと付き合っているという現実が、ピーターの心の中で常にやましいわだかまりとなっていた。そんな気持ちをグウェンに見透かされたピーターは、高校卒業と同時に彼女から別れを切り出される。一方オズコープ社の社員・マックス(ジェイミー・フォックス)は、社内で感電事故に遭い一命をとりとめるも、高圧電流を自由に操る怪人・エレクトロと化してしまう。そしてあることを切っ掛けに、それまではシンパであったスパイダーマンを亡き者にせんと憎むようになる。同じ頃、オズコープ社の御曹子でピーターの幼馴染でもあるハリー・オズボーン(デイン・デハーン)が、海外生活を終え帰国する。ハリーと再会したピーターは旧交を温めるが、やがて2人は遺伝的にハリーが抱える病の治療法について、スパイダーマンを絡めて対峙することに…。


 予告編でも見ることが出来ますが、高層ビル群の間を縫って飛ぶスパイディの何とカッコよく、美しいこと!いやあ最高!ホントにカッコイイ!!この映像はぜひ“3D”で見てください。これは値打ちがございます。飛翔シーンのみならず、スパイダーマンとエレクトロ、グリーンゴブリンとの対決シーンも、非常にスピード感に溢れて手に汗握る出来映え。まさに快心の1本!アクション見ているだけでおなかいっぱいになっちゃいますよ、ホント。
 実を言うと吾輩は、サム・ライミ監督トビー・マグワイア 主演の“旧3部作”が大好きで、おまけにグウェン役のエマ・ストーンのことがあまり好きになれなかった(う~んだってパッと見、彼女若いのかイッてるのかようわからんので…爆)ってのもありまして、リブート第1弾の前作は正直あんまりでした(わ~、偉そうに言ってスミマセンm(_ _)m)。ところが今回はどうよ!前述したようなキレキレのアクションシーンに、よ~く作りこまれた脚本。そしてCMや予告編で散々煽っている衝撃のラスト…(確かに衝撃でした。『そこまでやるか~?』って感じ)。そしてキャスト陣のイキイキとした演技(特に“オスカー俳優”ジェイミー・フォックスの怪演はお見事!)。どれをとっても、この連休中に見るに相応しいハリウッド発の間違いのない超大作としてお薦め出来る仕上がりでございます。いやあ、面白かった!

 予告やCMでは、敵キャラとしてエレクトロ、グリーンゴブリンと並んでサイ型パワード・スーツを着たライノ(ポール・ジアマッティ)って奴が結構でっかくフィーチャーされてますが、実際はラスト近くにチョロっとしか出てきません。恐らく続くであろう次作では活躍してくれることでしょう。そうでないと、あの扱いではチョットかわいそう…(尚、この先「アメイジング・スパイダーマン」は「3」が2016年6月10日、「4」が2018年5月4日に全米公開されるんだそうです。もお、そんなことまで決まってるのね。「2」が公開されたばっかりだというのに…驚)。


 「アメイジング・スパイダーマン2」は、いよいよ本日より全国ロードショーです。NYの街並みを飛びまくるスパイディの雄姿を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


アメイジング・スパイダーマン2@ぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2014-04-25 02:21 | 映画評 外国映画 ア行