「わたしに会うまでの1600キロ」究極の自分探し。

[リース・ウィザースプーン] ブログ村キーワード
a0014708_1433475.jpg
 「わたしに会うまでの1600キロ」(20世紀フォックス)。原題は「Wild」。今年のアカデミー賞でリース・ウィザースプーンローラ・ダーンが、それぞれ主演女優賞と助演女優賞にWノミネートされて話題になりましたが、邦題があまりに違いすぎるので、最初何の映画かわかりませんでした(^^;。しかし、この邦題は映画の内容を非常に的確に表現しています。

 愛する母・ボビー(ローラ・ダーン)を若くして亡くしたシェリル(リース・ウィザースプーン)は、その悲しみに耐えられず優しい夫も裏切り、薬と見知らぬ男に溺れる“最低の日々”を送っていた。やがて結婚生活も破綻。ようやく今のままではいけないと気付いたシェリルは、母がいた頃の誇りに思ってくれていた自分を、物書きになる夢を抱いていた頃の強い自分を取り戻す為に、ふと目に留まった“パシフィック・クレスト・トレイル”のガイドブックを見て、衝動的に歩くことを決める。しかし、それはシェリルの想像をはるかに超えた過酷な旅の始まりだった…。

 原作は女性ベストセラー作家シェリル・ストレイドの自叙伝です。映画の中でシェリルが挑戦する“パシフィック・クレスト・トレイル”とは、アメリカの長距離自然歩道のことで、メキシコ国境からカナダ国境までの西海岸を南北に縦走。総延長は何と!4,260キロにも及ぶんだそうです。シェリルが踏破したのは、このうちの1,600キロですが、それでも充分に過酷でした。何故ならシェリルは、まったく訓練もせずズブの素人のままでトレイルに挑んだのです。ハッキリ言って無茶、無謀です。『荷物を詰めすぎ…』『靴が合わない…』挙句に『靴を無くす…』もお無茶、無謀のオン・パレード。歩き始めてすぐに『バカな事をした…』と悔やむシェリルですが、それでも失った“自己”を取り戻す為に、3ヶ月を掛けて大自然を踏破していきます。大の男でもリタイアする行程を…。
 リース・ウィザースプーンは今回まさに“体当たり”で主人公・シェリルを熱演しています。これまでどちらかと言えば、優等生的なアイドル女優といった印象の強かった彼女(だって「キューティ・ブロンド」ですよ!)ですが、本作では複数の男性との大胆なベッドシーンに挑むなど、これまで見せたことのないような、まさに「Wild」な一面をスクリーンに晒しています。大人の、演技派の女優として、着実にステップアップをしています。そんな彼女の姿は必見です。過去にオスカー獲ってますが、あの頃よりも更にイイ女優さんになっていますよ!

 監督は前作「ダラス・バイヤーズ・クラブ」で、主演男優助演男優にオスカーをもたらしたジャン=マルク・ヴァレ。アメリカの広大な自然とそれに挑む1人の女性の姿を、淡々とそれでいて何とも感動的に撮りあげています。

 「わたしに会うまでの1600キロ」は、明日28日金曜日~全国ロードショーです。“究極の自分探し”に挑む1人の女性の姿を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『わたしに会うまでの1600キロ』 - シネマトゥデイ

わたしに会うまでの1600キロ@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : https://moricinema.exblog.jp/tb/21588715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雎。縺ョ繝ュ繧ア繝・ヨ at 2015-08-29 11:02
タイトル : わたしに会うまでの1600キロ
髮「蟀壹d豈阪・豁サ縺ァ閾ェ證エ閾ェ譽・↓縺ェ繧翫€√%縺ョ縺セ縺セ縺ァ縺ッ谿九j縺ョ莠コ逕溘′蜿ー辟。縺励↓縺ェ繧九→豌励▼縺・◆螂ウ諤ァ繧キ繧ァ繝ェ繝ォ縲ゅ€€荳€縺九i蜃コ逶エ縺吶◆繧√€∝スシ螂ウ縺ッ縺溘▲縺滉ク€莠コ縺ァ3繝カ譛磯俣縲�1600繧ュ繝ュ縺ョ螻ア驕薙→遐よシ繧定ク冗エ縺吶k縺ィ縺・≧辟。隰€縺ェ譌・r險育判縺吶k縲ゅ€€隧ー繧∬セシ縺ソ縺吶℃縺溷キィ螟ァ縺ェ繝舌ャ繧ッ繝代ャ繧ッ縺ォ縺オ繧峨▽縺阪€√☆縺舌↓縲後ヰ繧ォ縺ェ縺薙→繧偵@縺溘€阪→蠕梧t縺吶k縺ョ縺...... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2015-08-29 15:22
タイトル : わたしに会うまでの1600キロ・・・・・評価額1700円..
人生は、ワイルドだ。 1995年の夏、アメリカ西部を縦断するパシフィック・クレスト・トレイルを、たった一人で三ヶ月間歩き続けたシェリル・ストレイドの自叙伝、「Wild: From Lost to Found on the Pacific Crest Trail」の映画化。 最愛の母の死をきっかけに、自暴自棄な生活に陥っていたシェリルは、自らの人生を取り戻すために、過酷な自然との闘いに...... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・原宿 at 2015-08-30 23:45
タイトル : 「わたしに会うまでの1600キロ」☆為せば成る
我が家では『旅に出て自分探しをする』ことを、「意識高い系」と呼んでいる。(ちなみに息子が) 例えば先日食事に行った店の隣の席のアラフォー3人組が、「私はフランスに行ってぇ、いい人がいたら結婚してぇ~。」と話している場合、「あ、意識高い系が居る!」とコソコソ言うのだ。... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2015-09-02 22:56
タイトル : わたしに会うまでの1600キロ
「奇跡の2000マイル」と比較するのも一興 公式サイト。原題:Wild。シェリル・ストレイド原作・出演、ジャン=マルク・ヴァレ監督。リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン。邦題 ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2015-09-07 08:22
タイトル : 『わたしに会うまでの1600キロ』
□作品オフィシャルサイト 「わたしに会うまでの1600キロ」□監督 ジャン=マルク・バレ□脚本 ニック・ホーンビィ□原作 シェリル・ストレイド□キャスト リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー、       ミキール・ハースマン、ギ...... more
Tracked from 映画的・絵画的・音楽的 at 2015-09-15 18:36
タイトル : わたしに会うまでの1600キロ
 『わたしに会うまでの1600キロ』を日比谷のTOHOシネマズ・シャンテで見ました。 (1)今時の女の子が直ぐ口にしそうな“私探しの旅”がタイトルにつけられているのでパスしようかと思ったのですが、主演のリース・ウィザースプーンがアカデミー賞主演女優賞にノミネートさ...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2015-09-17 16:15
タイトル : わたしに会うまでの1600キロ
リース・ウィザースプーン主演のヒューマンドラマ、「わたしに会うまでの1600キロ... more
Tracked from 映画と本の『たんぽぽ館』 at 2015-09-19 11:31
タイトル : わたしに会うまでの1600キロ
自分と向き合う3カ月 * * * * * * * * * * さて、オーストラリアを行く「奇跡の2000マイル」に続いて 今度はアメリカ「わたしに会うまでの1600キロ」。 アメリカ西海岸を南北に縦断する「パシフィック・クレスト・トレイル」という遊歩道を 一人...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2015-09-27 21:19
タイトル : 神の橋まで~『わたしに会うまでの1600キロ』
 WILD  シェリル(リース・ウィザースプーン)は最愛の母ボビー(ローラ・ダーン)を亡 くした喪失感から自分自身を傷つけ、自暴自棄に陥っていた。乱交、ドラッグ、 妊娠、堕胎、離婚。そんな彼女は、アメリカ西海岸の自然歩道パシフィック・ク レスト・トレイル(PCT)の1600キロもの道のりを、一人で歩こうと決める。  アメリカの作家シェリ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2015-09-28 00:03
タイトル : 彼女の過去と新たな一歩
6日のことですが、映画「わたしに会うまでの1600キロ」を鑑賞しました。 母の死、結婚生活を破綻、薬と男に溺れる日々・・・ そんなシェリルは自分を取り戻すため 1600キロ踏破の旅に出る 極寒の雪山や酷暑の砂漠に行く手を阻まれる 過酷な道程の中でシェリルは自分と向...... more
by mori2fm | 2015-08-27 22:30 | 映画評 外国映画 ワ行 | Trackback(10) | Comments(0)