人気ブログランキング |

「タイヨウのうた」“父親目線”てのは、泣ける…(>_<)

 ココンとこ本当に色々あって、全然更新出来ないでおります。で、映画のほうも観るペースが、思いっきりダウンしておりまして…。そんな状況下でも何とか『観に行きたい!』と思ったものに関しては意地でも行っておりまして、これもそんな1本でございました。「タイヨウのうた」(松竹)。何かね、ただ純粋に『映画館で、泣きたいな~』てな心境になりまして観に行ってまいりました。


 16歳の薫(YUI)は、難病である“XP(色素系幹皮症)”のために、太陽の光に当たれない身体を抱えていた。昼間に寝て、夜起きる、学校にも行かない孤独な生活。夜になると薫はギターを持ち、近くの公園でストリートミュージシャンとして歌った。そうすることで薫は、生きていることを強く実感していた。そんな薫の楽しみの一つが、眠りに着く明け方近く、部屋の窓から見えるバス停で友達と待ち合わせをして、サーフィンに行く孝治(塚本高史)の姿を見ることだった。ある夜、いつものように公園で歌っていた薫は、偶然通り掛かった孝治の姿を見掛け、その後を追いかける…。

 
 悲しい物語ではあるのですが、それがしつこく“泣かせてやろう”としておらず、淡々と進んで行くのに、むしろ好感が持てました。主演の2人の新鮮な演技もよかったのですが、吾輩が最も泣かされたのは、岸谷五朗が演じる薫の父が、XPの症状が進行した薫を思い病院のロビーで『いままで俺があの子にしてきたことは、ムダだったのか?』と嘆くシーンでございます。思わずもらい泣きしてしまいました。吾輩も子供が出来てから、映画を“父親目線”で観るようになってしまっておるのですが、この映画はホントその部分で吾輩のハートに、直接訴え掛けてきてくれました。岸谷五朗、熱演です。よかったですよ。

 ストーリーには、多少現実離れした部分も有りましたが、それらを差し引いても充分にお釣りが来る感動作だと思います。現在ヒット中の主題歌「Good-bye days」も、この映画が描き出そうとしている世界に非常によくマッチしていて、好感が持てました。吾輩、YUIちゃんの存在をこの映画を観るまで知らなかったのですが、一発でファンになっちゃいましたよ…(^^;。

 
 「タイヨウのうた」は、ただいま絶賛公開中です。陽の光に当たれない少女が歌う「タイヨウのうた」を聞きに、是非映画館へ足をお運び下さい!



~追記~
 昨日(14日)から、TVドラマも始まりました(主演:山田孝之沢尻エリカ)ね。こちらも楽しみではあります。ちなみに父親役はコノ人。ちょっとキャラ弱いかな~?

 
by mori2fm | 2006-07-15 02:15 | 映画評 日本映画 た行