人気ブログランキング |

「さくらん」豪華絢爛大江戸花絵巻!!

 江戸吉原遊郭を描いた安野モヨコ原作漫画の映画化、「さくらん」(アスミック・エース)。こんな絢爛豪華でエロティックな映画…吾輩、大好きです(^^;!


 江戸・吉原遊郭の玉菊屋に幼くして売られた少女(小池彩夢)は、“きよ葉”と名付けられるが、女郎・花魁になることを嫌がり脱出を試みる。しかしすぐに連れ戻され、女将(夏木マリ)から『お前は、ここから出ては生きていけない』と告げられる。それでも『ここから、自分の力で出て行く』と息巻くきよ葉に、花魁“粧ひ(菅野美穂)”は『お前は、花魁にはなれん。ムリ』と言い放つ。この言葉に触発されたきよ葉は、負けん気の強さとその美貌を武器にやがて“売れっ子遊女・きよ葉(土屋アンナ)”として、成長していく…。


 毎度の如く、原作未読で観に行ったのですが、いやあこの映画は楽しめました。ストーリーは過激でパワフルですし、映像は豪華絢爛きらびやか。そして何ともエロティック!土屋アンナをはじめとした女優陣の身体を張った艶戯…もとい演技(特に菅野美穂と木村佳乃がそれぞれ演じる“妖艶シーン”は必見!)には、男だけでなく女性も目を奪われること間違いなしです。更に女将役を演じる、夏木マリさんの“実写版・湯婆婆”(←他に表現の仕様無し!)は貫禄・迫力ともにタップリで、観る者に強烈なインパクトを与えてくれます。女優陣に比べると、おとなしめだった男優陣(椎名結平安藤政信も、特に成宮クンなんて、完全に喰われちゃってます…)。この点からも、この映画が如何にパワフルな“女の映画”であるということが、おわかりいただけると思います。

 椎名林檎の音楽も映像にバッチリはまっていて心地いいですし、その映像を撮りあげた監督・蜷川実花の“今回が初監督”とは思えない映画の完成度に、その素晴しい才能を感じました。今から、次回作が楽しみでございます。


 「さくらん」は、ただいまパワフルに妖艶に全国ロードショー公開中です。『てめぇの人生、てめぇで咲かす』花魁の華麗かつ凄まじい生き様を、あなたも是非映画館でご覧下さい。


~追記~
 実はこの映画、この人この人が共演(同じシーンには出てませんが)してるんです。よう、こんなキャスティングしますな~!!

「さくらん」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

さくらん@映画生活
by mori2fm | 2007-03-15 01:55 | 映画評 日本映画 さ行