人気ブログランキング |

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」船酔いするぞ~い!

 そんなわけで行ってきたよ~、前夜祭「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」(ウォルト・ディズニー/ブエナ ビスタ)。仕事でヘロヘロになって、強行軍で2時間49分!!観終ってシネコンから出てきた時は、もお頭ん中クルンクルンで『ヨ~ホ~!!』(^^;


 ノリントン(ジャック・ダヴェンポート)の働きで、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の心臓を手に入れたベケット卿(トム・ホランダー)は、その力を利用して次々と海賊たちを制圧。海の権力を一手に握らんとしていた。これに対抗する手段として、伝説の9人の海賊長から成る“評議会”を開くべく、ウィル(オーランド・ブルーム)とエリザベス(キーラ・ナイトレイ)は、甦ったキャプテン・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)とブラック・パール号の乗員と共に、シンガポールの海賊長サオ・フェン(チョウ・ユンファ)の許を訪れる。ウィルたちの目的は、サオ・フェンが持つ海図を手に入れること。その海図には、海の墓場“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー”に囚われたジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)を救う為に、世界の果て“ワールド・エンド”へ向かう航路が記されているのだった。しかし会談の最中、ベケット卿配下の東インド貿易会社の軍隊が現場を強襲する…。


 1作目「呪われた海賊たち」は、非常に小気味いいテンポとアクションで、楽しませてくれました。続く2作目「デッドマンズ・チェスト」では、『チョット笑いを取ろうと狙いすぎちゃうん?』とツッコミたくなるくらいの、コミカルアクション満載でこれまた楽しませてくれました。しかし今回の「ワールド・エンド」は過去の2作品に比べると、かなりシリアスな作りになっております。しかも、ストーリーの展開が相当早いです。「デッドマンズ・チェスト」のラストで復活したバルボッサについて『何故、生き返ったのか?』てな説明は一切無く、いきなりシンガポールのシーンから入っちゃいます。映画館へ行かれる方、必ず前作観てから行ってください。そうでないとかなりツライです。吾輩なんて「デッドマンズ・チェスト」を前日に予習のつもりで観直して行ったにも関わらず、このザマでございましたから。『話題の映画だから、観ておこうよ』てな感じで、何の予備知識も持たずにカップルなんかで行かれますと、そりゃもおエライ目に遭いますよ。
 
 幾つか、ツッこませていただきますと…≪ネタバレ!≫エリザベスの父であるスワン総督(ジョナサン・プライス)が死んじゃうシーンでも、スクリーンずっと観てたのに、『あれ?何でそうなったの??』てな感じで、吾輩よくわかりませんでした。何よりも今回ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)が、結構なキー・パーソンになっておるんですが、これにしたって、『え~?!そういうことやったん!でもそれってチョット…??』てな感じ。あと「デッドマンズ・チェスト」では結構活躍したノリントンが、エラくあっさり退場しちゃいますし、チョウ・ユンファ演じるサオ・フェンなんて、事前に抱いていたイメージ(強くてカッコイイ!)とは随分と掛け離れた(姑息で情けない…と、吾輩は感じました)キャラとして描かれています。何よりウィルなんて、裏切りに次ぐ裏切りで『お前は一体何モンやねん??何がしたいねん?』てな感じで…、もお他にもツッこみどころ満載でしたわ。でも、ジャックは相変わらずでしたよ…(^^;

 
 ただ上映時間は長大だったのですが、それでも話が収まりきってないんじゃないかって感じがしました。まあ、最初に「呪われた海賊たち」を観た時に、こんな展開、こんなラストなんて誰も想像してなかったでしょう?話、拡がり過ぎ!!キーラ・ナイトレイなんて、最初は可愛らしいドレス着てたんですよ!

 映像は見応え充分です。特に海戦のシーンは、とてつもないド迫力で、映画館で思わず酔ってしまいそうなくらいでございました。そりゃ、観終わったらヘロヘロのクルンクルンですわ!間違っても、酒飲んで観に行かないで下さいね!

 “完結編”とは謳ってますが、あのラストなら何とでも出来ますね(^^;。でももお、お腹いっぱいですのでしばらくは復活しなくていいですよ。そんなにあっさり新作作ったら、ジャック・スパロウの値打ち無くなっちゃいますから…。


 「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」は、ただいまトンでもない勢いで全国ロードショー公開中です。是非映画館でご覧下さい。1作目、2作目を必ず観直してから…。あ、1作目・2作目ご覧になった方はご存知ですよね?エンド・ロールが流れても、絶対席を立っちゃいけませんよ!最後の最後に、このシリーズ恒例の重要な映像が流れます。映画館では、明るくなるまで席を立たないで下さい。


パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド@映画生活

「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
by mori2fm | 2007-05-27 02:55 | 映画評 外国映画 ハ行