「ベクシル 2077 日本鎖国」さ、鎖国だって…(^^;。

 驚異の“3Dライブアニメ”、「ベクシル 2077 日本鎖国」(松竹)。予告なんか見てますと、なかなかカッコイイ映像に惹きつけられたんですが、『果たしてどんな方法で、近未来に鎖国なんかするんよ??』って思いながら、映画館へ行ってまいりました。


 近未来、ロボット産業の分野で世界の市場をほぼ独占した日本。ところがその独占状態に国際社会が異議を唱え、国際的な協定を作成する。これに対し反発した日本は、国連を脱退し2067年、ハイテク技術を駆使した“鎖国”を実施し、国際社会との接触を絶った。それから10年後の2077年。アメリカ国内での、“日本=大和重鋼”の不審な動きをつかんだ特殊部隊“SWORD”は、秘密会議の現場を強襲するも今回の標的だった・サイトウ(声:大塚明夫)を、すんでのところで取り逃がしてしまう。しかしサイトウの残したボディ・パーツから、それがアメリカには存在し得ない危険な技術を使った代物であることを解析したSWORDは、レオン(谷原章介)、ベクシル(黒木メイサ)等に、鎖国下の日本への潜入を命じる。しかし、潜入には成功するものの、動きを察知していたサイトウに迎撃されるSWORD。攻撃を逃れて海中へと逃げたベクシルを救ったのは、マリア(松雪泰子)という女性だった…。


 黒木メイサって、もう少し大人っぽい声を出すのかな~?なんて、イメージから予想をしていったのですが、思ってたより幼い声で少々肩透かしを食ってしまいました。まあ確かに彼女、まだ20歳前(え~?!)ですしね~。それに比べて、松雪泰子の声の大人っぽいこと!もお余裕ですね。何か妙に色っぽさも感じてしまいましたよ。あと大塚明夫さんは、本職の貫禄ですね。さすが!

 アニメの方も、よ~く作りこまれていて見応えありましたし、既に世界各国での公開も決定しているなど、正に“ジャパニメーション”の面目躍如って感じの出来映えだったと思います。但し、ストーリーの方がね~。チョット弱いかな~?と思ってしまいました。だって、『オイオイ、そんなことで“鎖国”なんかできるんかい??』とツッコンでしまうほど、少々荒唐無稽な設定でしたので、吾輩そのあたりには、賛同いたしかねました。題材は面白いだけに、その辺がちょっと惜しかったですね。

 「ベクシル 2077 日本鎖国」は、ただいま全国好評上映中です。近未来の日本の姿をあなたも是非、映画館でご覧下さい(あ、この作品は“フィクション”です(^^;)。

「ベクシル 2077日本鎖国」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ベクシル 2077 日本鎖国 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

ベクシル -2077 日本鎖国-@映画生活

ベクシル -2077 日本鎖国- - goo 映画
ベクシル -2077 日本鎖国- - goo 映画


にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2007-09-03 01:07 | 映画評 日本映画 は行