人気ブログランキング |

「クローズド・ノート」映画として、ちゃんと観ようよ。

 あの“エリカ様、超不機嫌騒動”ばかりが話題になっております本作「クローズド・ノート」(東宝)。え~とね、主演女優の与太騒ぎよりも、映画をちゃんと観ましょうよ、ね!


  
 母のデキちゃった再婚の煽りで、ひとり暮らしをする破目になった女子大生の香恵(沢尻エリカ)は、引越した部屋で1冊のノートを見つける。それは、その部屋の前の住人・真野伊吹(竹内結子)の残した日記帳だった。伊吹は小学校の先生で、そこには小学校での日常や、思いを寄せる“隆”という男性のことが書かれていた。香恵はまるで小説を読むように、その日記を読み伊吹の過ごした時間に思いを馳せるようになる。或る日、香恵がアルバイトをする萬年筆店に、1人の客が訪れる。その男・石飛(伊勢谷友介)は、香恵が引っ越して来た日に外から部屋を見上げていた男だった。石飛の少しぶっきらぼうな態度に、何故か香恵は惹かれていく。数日後、香恵は再び石飛が部屋の窓を見上げているのに、気付く…。


 映画としては、良心的な作りで『良かった』とか『悪かった』とかじゃなく、“イイ映画”だったと思います。“人と人との心のつながり”“出会いという運命”“心の力”こういった事柄が、とても優しい脚本と映像で描きだされていて、心に残りました。但しこの映画、基本設定において映画の根幹を揺るがしかねない、重大で致命的なミス(?)をやらかしておりまして、不幸にも最後の最後で、この事に気付いてしまった吾輩は、それまでのイイ印象はすべて吹っ飛んでしまい、疑心暗鬼な気持ちだけが残ってしまいました(ダメじゃん…(>_<)。この内容に触れると《ネタバレ!》になってしまいますので、後述させていただきます。

 で、問題の“エリカ様”についてでございますが、チャンと演じてましたよ。清純そうな女子大生の役(ご本人のイメージとは程遠いような…(^^;)を。まあ、女優さんてのは、演じることが仕事なわけですから、本人の普段のイメージと掛け離れていても、役柄がキチンと演じられていたら、別にプライベートがどうとかこうとかなんて、どうでもエエ事だと思うんですよ。でも今回の彼女の場合は、観客がいる前でヤッちゃったわけでしょ。それは、何をどうこねくり回しても言い訳でけんし、やったらイカンことですよね?自分の内面感情を、客にさらけ出す(しかも、悪い面)なんて、相当な大女優でもなかなかやらんことですよ。しかも彼女なんて、女優としては未だかけだしみたいなモンでしょ。それを“エリカ様”なんて、持ち上げる方もどうかと思うんだけどね~。もうチョット、考えて行動した方がイイと思います。自分のためにも、まわりのためにも…。

 この騒動の余波で、映画そのものが世間にイロモノ的な目で見られてしまっているような気がするのが、非常に残念です。ご覧になる時は、色メガネを掛けずに、出来るだけ素直な気持ちでご覧下さい。

 「クローズド・ノート」は、ただいま全国好評上映中です。心が優しくなれる映画だと思います。是非、映画館でご覧になって下さい。


「クローズド・ノート」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

クローズド・ノート - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新 

クローズド・ノート@映画生活

クローズド・ノート - goo 映画
クローズド・ノート - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ





 あのですね、ココからは思いっきり《ネタバレ!》です。実はラスト近くで伊吹先生は、亡くなっていたことが判明します。それは小学校の修了式の日、スクーターで帰る途中、トラックと衝突した事故によってでした。で、その亡くなる前、修了式の日に伊吹は生徒が帰った教室に1人残り、日記を書いていました。そしてその最後のページを破り、窓から飛行機にして飛ばしたのです。それを、生徒の1人が見ていて回収しています。コレは一体どういうことか…。
 つまり伊吹は亡くなる直前、日記を手許に持っていたことになるんですね。そしてその帰途、事故に遭遇して帰らぬ人となってしまう…。即ち、その日記がその後、主なき部屋に戻って香恵の目に触れると云うことは、あり得ないコトなんじゃないでしょうか?わざわざ事故被害に遭った人の遺留品を、部屋に戻すなんてことは考えられませんしね~。

 こんな事に気付かなかったら、この映画に対する吾輩の印象は“イイ映画”で終わってたんですけど、最後の最後にこんな事に引っ掛からせないで下さいよ~!行定カントク~!!

 ↑…てなことを書いておりましたら、『修了式と、お別れ会とは別の日だったんですよ』というご指摘をいただきました。なるほど、それなら辻褄は合いますし、ストーリー的には無問題ですね。でもね、何の予備知識もなく(無論、吾輩は原作未読!)映画を普通に観ておりますと、吾輩のように感じる人は、結構いらっしゃると思いますよ。1本の作品とした時に、そんなややこしくなるような設定はイカンと思うんですけどね~。
by mori2fm | 2007-10-11 00:52 | 映画評 日本映画 か行