「ロスト・イン・トランスレーション」何で、テレ朝ちゃうのん…?

a0014708_9582.jpg 上映時間ギリギリに駆け込んだ映画館。『やばい、オープニングは観られないかも…』そう思った吾輩の目にイキナリとび込んで来た“スカーレット・ヨハンソンちゃんのキュートなお・し・り♡”「ロスト・イン・トランスレーション」(東北新社)出だしのインパクトは強烈!あとは、まったり…。

 盛りを過ぎたハリウッドスター、ボブ(ビル・マーレイ)はウイスキーのCM撮影のため、単身東京へやってくる。彼は今現在の自分の生活に、疲れを感じていた。今回の日本行きも、妻や子供たち“家族”から逃れるという意味合いも有ったのだが、決して日本へ行きたかった訳でもなく、訳のわからない言葉や慣習に、いい加減ウンザリしてきていた。或る日ホテルのバーで、ボブは若い人妻シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)と知り合う。彼女はカメラマンである夫の仕事に同行して日本へ来たのだが、夫の仕事が多忙なため1人で過ごす日が続き、ホームシック気味であった。意気投合した2人は日本での慣れない生活を、昼に夜に一緒に過ごすようになる。あくまでも男女の一線を越えない関係を維持したまま…。

 『果たして、日本がどのように描かれているのか?』この一点のみにこだわって観ていたのですが、『こんなんとちゃうやろ~』とツッコミたくなるところは何ヶ所かは存在したものの、そんなにひどくは間違ってないような気がしたので、まあ良かったんじゃないでしょうか(少なくともヒロスエが出てた「WASABI」よりはマシ…)。でも何で京都に来る必要性があったんだろうか?…という疑問は残りましたが。
 で、劇中ボブが「Matthew's Best Hit TV 」(藤井 隆が“マシュー南”という外人に扮してホストを務めるトークバラエティ)に出演するというシーンが出てくるんですね。映画のオープニングのお尻のシーンからして、『まるで「タモリ倶楽部」みたいだな~』と思っていた私は『テレビ朝日はナンボくらいこの映画に出資してるんやろ~?』てなことを考えていたのだが、チラシを見てビックリ!“提供 フジテレビジョン”『!???何で??…』

 「ロスト・イン・トランスレーション」は只今好評上映中です。あっ、色々書きましたがスカーレット・ヨハンソンちゃまは、キャワイかったですYO~!

 ~追記~ ハリウッドデビューとなる映画のエンドロールに“TAKASHI FUJII”ではなく、“MATTHEW MINAMI”…藤井 隆よ、お前本当にそれでイイのか? 
[PR]
トラックバックURL : https://moricinema.exblog.jp/tb/638559
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カタルーニャのお姫様 at 2004-07-22 18:37
タイトル : 「ロスト・イン・トランスレーション」を観た
公式HPはコチラ もうすぐ京都での公開が終わるらしいんで、慌てていってきました(またかよっ!w 今日はレディース・デイなので、女性客とカップルが大半。思ってたよりも入ってました。 全編日本でのロケ。ほとんど東京、一部京都。 イケてない日本とイケてない日本人を面白おかしく切り取っています。 電車内でえっちな写真週刊誌を広げてる兄ちゃんとか、英語がわかってないのにただニコニコしてるお寿司屋さんとか、外国人に不親切な地下鉄路線図とか。 ただ、「日本人はどうしてRとLがわからないのか」のくだり。あそこはネイティヴ・スピーカーでない日本人には面白さが伝わらない。「RIP」と「L...... more
Tracked from ネコと映画と私 at 2004-07-23 12:57
タイトル : ロスト・イン・トランスレーション Lost in Tr..
週末にシネ・リーブル梅田で見て来ました。 レイトだったので、空いてました。 シネ・リーブル梅田は梅田スカイビルにある私のお気に入り映画館。 なんといってもきれいだしちょっぴり大人チックなのもいい。 女性一人でもプラっと気軽に行って帰る感じ。 ロスト・イン・トランスレーション Lost in Translation アメリカ 2003年 人生の折り返し点、なぜか寂しい。トーキョーで君に会えて良かった。 幸せなはずなのに、ひとりぼっち。トーキョーであなたに会えて良かった。 公式サイト ≪Story≫  ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日した中年ハリ...... more
Tracked from 27考 at 2004-07-26 17:39
タイトル : LIT with 0
昨日、「Lost In Translation」を見に行った。 一人でだ。 MOVIX京都では、昨日が最終日だった。 最終上映ということで混んでいるかと、開演の一時間前にチケットを購入した。 平日だったので、がらがらで中央付近(H10)の席を取ることができた。 (京都におられる方へ MOVIX京都6番シアターのH10です。なかなかいい席でしたよ。 スクリーンが少し目線よりも高くなるので、もう2、3列後ろでもいいかもしれません。) とても気分良く、ハンバーグを食べに三条京阪の駅からMOVIX京都に行く途中にある びっくりドンキーへ元気よく戻った。 その...... more
Tracked from befounddead at 2004-11-30 18:22
タイトル : ロスト・イン・トランスレーション
LOST IN TRANSLATION (2003年アメリカ/日本) 2004/11/26@早稲田松竹 この人生はどこに向かっているんだろう。 今の自分は本当に幸せなんだろうか。 漠然とした不安。 孤独。 焦燥。 そういうのをきれいにまとめちゃった映画。(ほめ言葉です) 以下、ネタバレあります。(超長文)... more
Tracked from ~Aufzeichnun.. at 2005-11-23 19:04
タイトル : 『ロスト・イン・トランスレーション』ソフィア・コッポラ:..
自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、はた目には何不自由なくゴージャスな暮らしを満喫しているんです..... more
Tracked from ~Aufzeichnun.. at 2005-11-23 19:27
タイトル : 『MON−ZEN(Erleuchtung Garanti..
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分にドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議都市」東京を起点に、行き詰まった人生を打開するための「自分探..... more
Commented by R_76 at 2004-07-15 02:10
ボブがトレーニングマシンに屈しそうになるシーン、可笑しくもあり、悲しくもありました。
Commented by mori2fm at 2004-07-15 13:37
>R_76様。いや、でもあんなスピードなら私は屈してしまいます(笑)。
Commented by nutschoco at 2004-07-19 01:51
あ、「ロスト‥」観ようと思っててまだ観てない‥。
ソフィアの初監督作「ヴァージン‥」大好きだったんで。
Commented by chiering-ring at 2004-07-22 18:42
逆トラバいただきにきました~。
誰かが映画評で「日本に対する不愉快な間違った認識」と書いていたのですが、全然間違ってないやーんと思いましたw むしろ日本が大好きじゃなければ撮れない映画だと思いましたw
Commented by loveloveyummy at 2004-07-23 12:57
こんにちは☆
「ロスト・イン・トランスレーション」でこちらまでやってきました。
私はラスト・シーンでぐっときました。
なんだか素敵な映画でしたね。
トラバはらせてもらいました。
by mori2fm | 2004-07-12 02:04 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(6) | Comments(5)