「ノーカントリー」獲っちゃいましたか…。

 いやあ、獲っちゃいましたか“第80回アカデミー賞・作品賞”「ノーカントリー」(パラマウント/ショウゲート)。重い、暗い、救いが無い…。アメリカは確実に病んでますな~。


 
 砂漠で狩をしていたモス(ジョシュ・ブローリン)は、偶然多数の射殺体と大量のヘロイン。そして200万ドルの入ったかばんを発見する。その金を、危険な金と知りながら持ち帰るモス。この瞬間から、モスは命を狙われることに。身の危険を感じたモスは、妻・カーラ(ケリー・マクドナルド)を実家へ帰し、自身はかばんを持って逃亡する。その頃、金を取り戻すために雇われた殺し屋・シガー(ハビエル・バルデム)は、金を奪われた現場で残されたモスの車から検査証を剥ぎ取ると、案内してきた麻薬の売人をその場で射殺。エアガンのように空気を射出する“殺人酸素ボンベ”とかばんに着けられた発信機を探知する機械を手に、モスの追跡を開始する。その翌朝、現場検証を行なったベル保安官(トミー・リー・ジョーンズ)は、モスが事件に巻き込まれた可能性を感じ、彼の行方を追うことに…。


 吾輩は、この映画の監督であるコーエン兄弟(ジョエルイーサン)の作品、そんなに好きではありません。しかも『はあ?何じゃそりゃあ~?ええ?それって結局どういうことやねん??』と言うのが、この映画を観終った後の吾輩の第一声でしたので、“オスカー最有力!”って声を聞いても、『はあ?何でコレが…』てのが、正直な感想でございました。とにかく映画全体が観ていて重い!救いが無いくらいに重い!観終った後に『良かった』とか『凄い』って言う風に思えない(むしろ圧倒的に“不快感”が残ってました)し、ストーリーもラスト結局のところは何でああなるのか?あのシーンにはどういう意味があるのか?ってのが残ったまま(少なくとも吾輩はそう感じました)終わってしまうので、非常に消化不良でございました。然るにこの映画がオスカーを獲ってしまうだなんて…、『アカデミー賞は、映画界の良心』だと思っている吾輩にとっては、死体や殺人シーンがゴロゴロ出てくるこの映画が、オスカーを獲ってしまうなんぞ、理解し難いことでございました。
 ただ、この映画がオスカーを受賞したということは『アメリカは、相当病んでいる』ということの証明に他ならないと思います。映画の冒頭、トミー・リー・ジョーンズ演じる古き良き時代を知るベル保安官のモノローグで『今の時代の犯罪は理解できない…』と語られるのですが、この映画の時代背景は1980年代なのです。この時代でさえ“病んでいた”アメリカは、それから20年近くが経過した現在、間違いなくそれ以上、深刻に“病んで”しまっています。この映画を通して、コーエン兄弟はそう言ったことを訴えたかったのだろうと思いますし、それをアメリカという国が受け入れた。その結果が、今回のオスカー受賞に繋がったんじゃないでしょうか?

 ところで、“助演男優賞”を受賞したハビエル・バルデムですが、いやあ恐かったですね~おかっぱ頭の殺し屋!想像してみて下さい…バナナマン日村みたいなのが、酸素ボンベ持って無言で人を殺していく姿を…。ね、強烈なインパクトでしょ?今晩、夢に出てきそうだ…(^^;。

 「ノーカントリー」は、3月15日(土)より全国ロードショーです。本年度の最高栄誉に輝いた、“超・重暗(オモクラ)大作”を、あなたも是非映画館でご覧下さい。あ!間違っても初めてのデートに、この映画は選ばないで下さいね!


 ※3/11追加TB~日村…もとい!ハビエル来日だそうですよ~→急きょ、明日来日するアカデミー賞俳優ハビエル・バルデムが号泣した映画は意外にも……! - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ


「ノーカントリー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


映画『ノーカントリー』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ノーカントリー@映画生活

ノーカントリー - goo 映画
ノーカントリー - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2008-02-28 00:45 | 映画評 外国映画 ナ行