人気ブログランキング |

「GSワンダーランド」面白いとは思いますが…。

 今から40年ほど前の日本を、熱狂の渦に巻き込んだ“GS(グループ・サウンズ)ブーム”。そのブームの裏側を、面白おかしく描いた本作、「GSワンダーランド」(デスペラード)。吾輩が生まれた頃の頃の話ですから、よくわかんないんですけどね~(^^;。


 1968年、世は空前のGSブーム。演歌専門のレコード会社“ファインレコーズ”でも、この波に乗らんと、社長の松田(岸部一徳)、専務の鎌田(大杉漣)は、担当の佐々木(杉本哲太)に『3ヶ月でGSバンドを探して、デビューさせろ』と命じる。困った佐々木は弱小プロダクションの社長・梶井(武田真治)に、早速スカウトに向かうよう依頼。更に困った梶井は、或る日何処からか聞こえてくるGSバンドの音を追って一件のビルの屋上へ、そこではタツオ(高岡蒼甫)のバンドを追い出されたドラムのシュン(水嶋ヒロ)とベースのケンタ(浅利陽介)そして、その時に知り合ったバンド志望のギターのマサオ(石田卓也)が新たに組んだバンド“ザ・ダイアモンズ”が、初練習を行なっていた。その様子を見た梶井は、その場でマサオ達をスカウトし、佐々木に報告。しかし既に完成していたデビュー曲はオルガンがメインだった。またまた困った梶井は、以前事務所へやって来た歌手志望のミク(栗山千明)を、『いずれソロ・デビューさせる』という条件で男装させ、メンバーに加える。こうしてデビューを飾った“ザ・ダイアモンズ”だったが、デビュー曲はたった23枚しか売れず、緊急のテコ入れが計られる。結果、どのGSバンドもやっていないスタイルということで、“お伽話の王子様スタイル”が採用され、メンバー全員が白タイツを履き、バンド名も“ザ・タイツメン”と改められる。当初メンバーは嫌がるが、ミクの中性的なルックスに気付いた女性を中心に、人気に火がつき、『タイツ履いてニュー歌謡』のキャッチで売り出した新曲「海岸線のホテル」は爆発的な売上げを記録する…。


 『面白いか?面白くないか?』とだけ問われると、確かに面白かったです。作風がコミカルですし、60年代を再現したファッションや、風景、音楽も『あ~、こんなんやったんやろうな~』と思わせてくれて、結構楽しめました。意外なところでは、GSバンドの衣装や、キャッチ、売り出し方には、ああ言う背景(当時はまだ、戦後20年ほど)が存在したんだ(←実話かどうかは定かではないですが)ってことがわかるシーン。『へ~、そうなんや~』って、チョット感心させられました。
 しか~し!一体この映画、どういう人達をターゲットに作ったのか?観ていてサッパリ理解出来ませんでした。今の若い世代が、この映画を観に行こうと思うか?そりゃ、いま売り出し中の水嶋ヒロ君や、石田卓也君のファンの人なら話は別ですが、果たしてそれ以外の人達が喰い付くか?更に、GS全盛期を知る世代(吾輩の親たち辺り)が、昔を懐かしんで観に行くか?どちらもしんどいと思います。俳優陣の演技の方も、脇を固めるベテラン陣(一徳さんが、スクリーンに映った時は、『おお!タイガース!!(^^;』って、チョット感激でした)は、それぞれとてもイイ味を出していて、面白いのですが、如何せんメインを張る若手陣の演技がチョット…。そりゃ、楽器を演奏するシーンなんかは、非常に頑張っていた(初心者が、猛練習したそうです)とは思いますが、それ以外は映画として考えた時、相当グダグダなレベルに思えてしまって…。その辺は観ていてシンドかったです。『日本映画が好調』と言われる昨今ですが、もうチョット明確な製作意図を、観る側にも分かるように作っていただきたいと思います。さもないと、この“日本映画バブル”は、いずれ弾けてしまうと思います。

 キツイこと書き並べましたが、この映画の音楽は、なかなか大したモンでして、作中“ザ・タイツメン”が歌う「海岸線のホテル」という曲。吾輩の頭の中から、なかなか出て行ってくれません!!特にサビの歌詞とメロディーが…。何せ“作詞・橋本淳、作曲・筒美京平という、ホンマモンが作っておられますから。しかも何とこの曲、驚くべきことに実際に販売されておるのですわ!凄い!!これこそが、この映画の最大のヒットだと思います。コレ、売れたらオモロイんやけどな~(^^;!


 「GSワンダーランド」は、11月15日(土)から全国ロードショーです。あ、「海岸線のホテル」のカップリングは、温水さんが熱唱している「あなたのフリをして」です。これも作中に出てきます。そんな“ハチャメチャ歌謡ショー映画”を、あなたも是非映画館でご覧ください。

「GSワンダーランド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『GSワンダーランド』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

GSワンダーランド@映画生活

GSワンダーランド - goo 映画
GSワンダーランド - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ  
トラックバックURL : https://moricinema.exblog.jp/tb/7634713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2008-11-06 23:27
タイトル : GSワンダーランド
1968年、GSブーム全盛期に即席デビューした、白いタイツにフリフリ衣装の王子様バンド「ザ・タイツメン」。 本人たちには不本意なロマンチック路線が意外にも当たった! とにかく夢だった日劇のステージまであと一歩。  しかし、一番人気のミックは実は女。 疑われながらもみんなでひた隠しにしていたのだが…。 熱狂と陶酔のGSアイドル・青春コメディ。... more
Tracked from ようこそMr.G at 2008-11-12 12:24
タイトル : 映画 「GSワンダーランド」
映画 「GSワンダーランド」 を観ました。... more
Tracked from ラムの大通り at 2008-11-15 22:18
タイトル : 『GSワンダーランド』
「海岸線のホテル」PV 「高橋勝とコロラティーノ、 黒沢明とロス・プリモス。 イヤ違うな。 あれはおそらく内山田洋とクール・ファイブ」 ----えっ、ニャに言ってるの? それってムード歌謡みたいなものでしょ。 これってグループ・サウンズのお話じゃなかったの? 「あっ、ごめんごめん。 GS、グループ・サウンズに話を戻そう。 この映画、信じられないほどにシンプルなストーリー。 でも、これまた信じられないくらい楽しい。 脚本がよくできてる上に、 俳優たちが役になり切って楽しんでいる」 ----そのシンプル...... more
Tracked from 映画と出会う・世界が変わる at 2008-11-17 12:35
タイトル : GSワンダーランド■栗山千明の魅力だけが支える映画
時代は1968年。日劇前に立つ一人の女。キャメラは彼女の足元から顔までをとらえていく。その瞳は野心に燃えている。いつか必ずこの舞台に立つという強い意志を感じさせる表情。このファーストシーンから、主役を演じる栗山千明の魅力にひきつけられる。この映画は最初から...... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・.. at 2008-11-20 16:26
タイトル : 「GSワンダーランド」試写会 サイケデリックな懐かし映像
言っておくけどGS(グループサウンズ)が懐かしい年代ではさすがにない。 でも、見た事ある!フリフリブラウスにタイツ姿。 公園で野球して遊ぶ白黒映像も・・・・・ 幼い頃にテレビで見たのか、ずっとあとになって『あの人は今』みたいな番組で見たのか・・・?? いずれにしても、なんだか懐かしくなる~ほのぼのしながらも、ピリッと風刺ありのサイケデリックムービーだ。... more
Tracked from フリーライター・山口拓朗.. at 2008-11-20 20:43
タイトル : 「GSワンダーランド」
2008.11.14 11月15日より公開される「GSワンダーランド」。 監督・...... more
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2008-11-21 11:11
タイトル : GSワンダーランド (08’F=14本目)
評価★★★★ ラストのどんでん返しに「おぉ〜!」... more
Tracked from みんなシネマいいのに! at 2008-11-22 09:01
タイトル : 「GSワンダーランド」
 日本中がGSブームの1968年、新人バンドを捜していたレコード会社が弱小プロダ... more
Tracked from 栗山千明さん応援blog.. at 2008-11-24 14:33
タイトル : 文化祭で何が悪い?!
まだまだ続く映画「GSワンダーランド」布教活動(笑) あぁ・・そうですよ・・昨日も観てきましたよ!何か? シネマ親父の“日々是妄言”:ありゃ?トラバしてたつもりだったんですが・・・相当グダグダなレベル・・・う~んそうなのかな?私の頭の中に浮かんだのは比較対象としては「フラ・ガール」だったんですけどね。 あれと並べるのもどうかとは思ったんですが・・・  フラガール(スマイルBEST) 李相日    ま、色々言われるところは判りま...... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2008-11-24 23:45
タイトル : GSワンダーランド
栗山千明、石田卓也、水嶋ヒロ、浅利陽介、若手の実力は俳優がバンドを組むという異色の設定。事務所の社長役には武田真治、他にも大杉漣、杉本哲太、岸部一徳らベテラン個性派俳優が脇を固めています。GSブームはリアルでは知りませんが、私はこの手の作品にはどうしようもなく惹かれるモノがあります。(笑)... more
Tracked from 映画のお友達 at 2008-11-29 12:26
タイトル : 「GSワンダーランド」
先日、待望の『GSワンダーランド』(TOHOシネマズ岡南)劇場鑑賞しました。 GSファンなら大いに楽しめることでしょう(私も、そのひとりですが・笑) 何かに熱中する若者の情熱は、素晴らしいですね〜。 他にも、『レッドクリフ Part I』『ハッピーフライト』劇場鑑賞....... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2008-11-29 13:21
タイトル : 音楽は友達に似ている。『GSワンダーランド』
1960年代後半、空前のGSブームに沸く日本で、ひょんな事からレコードデビューする事になった若者4人組を中心に描かれた作品です。 ... more
Tracked from だらだら無気力ブログ at 2008-12-03 12:31
タイトル : GSワンダーランド
GSブームが全盛の1960年代後半、GSにあこがれて音楽に情熱をかける若者 達の姿を描いた青春コメディー。GSブームが全盛の1968年、ブームに乗っかり多くのGSグループがデビュー していた。そんな中、遅ればせながらGSブームに乗っかろうとするファイン レコードは弱小プロダ..... more
Tracked from 黒猫のうたた寝 at 2008-12-08 22:16
タイトル : GSワンダーランド☆独り言
そういえば、今日は会員デーだった♪っと気づいて『GSワンダーランド』に決まりました(笑)決めるまで、結構葛藤してたのに、決まるときはあっさりと時間もちょうどよかったせいもありますが。そういえば”とくダネ”で小倉さんが50代前後のGS世代には、とってもなつかしくって... more
Tracked from ☆☆とりあえずの映画鑑賞.. at 2008-12-13 18:59
タイトル : GSワンダーランド(2008)
“世界が僕を待っていた” 今日は木曜日なので普通に大森でお姑さまの様子見してから、渋谷に向かいました[徒歩] この作品、中学時代にGSにどっぷり浸っていた自分としては早く観たいと思いながらも、愛着のある時代なので一歩間違うと“トンデモ”映画になりそうだし、と観るのが怖いような気もしてましたが、早めに観に行ってよかったです、空いてるのがもったいないと思うくらい、音楽映画としてもしっかりしていて、当時の雰囲気を思い出させるオリジナル劇中歌もツボでした♪ 内容は…“GSブーム全盛の1968年を舞台に、...... more
Tracked from 古今東西座 at 2008-12-16 22:24
タイトル : 「GSワンダーランド」
1960年代末期から1970年代初頭までの、GS(グループサウンズ←まぁ、ゆる~いポップスですな)を題材にした青春映画。目の付けどころが他とは一線を画した感があるに興味をひかれて鑑賞してみた。しかし、映画のアイディアが閃いた時点で創り手が満足してしまい、内容が伴わないこともよくあるパターンなので、ちょっと不安を抱えつつ席に着いたのだが…GSブームに沸く1968年。GSに憧れてグループ〈ザ・ダイアモンズ〉を結成したマサオ(石田卓也)、シュン(水嶋ヒロ)、ケンタ(浅利陽介)。ひょんなことから芸能プロダクシ...... more
Tracked from 映画初日鑑賞妻 at 2009-01-08 19:09
タイトル : GSワンダーランド
★★★ 栗山千明はいい女っぷりだったけど、男には全く見えなかった。 何が感動したかって、そりゃーもう、温水さんだよ。 温水洋一、聴かせるじゃないか。 アナタの歌が、ずーっと頭の中を駆け巡ってるよ。... more
Tracked from いつか深夜特急に乗って at 2009-05-11 21:15
タイトル : GSワンダーランド
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:本田隆一 実態があ... more
Tracked from Something Im.. at 2012-01-23 16:26
タイトル : GSワンダーランド(’08)
先日「SONGS」で、ジュリーが元のタイガースメンバーと往年のGS曲を歌ってたのでしたが、岸部一徳の出演作をチェック中このタイトルを見かけ、未見のGS作品だった、と思い出してDVDで見ました。 60年後半、GSブーム時代の青春音楽もの。GSものと言えば、ザ・ゴールデン・カップスのドキュメンタリー「ワンモアタイム」を見て以来。この「GS・・」も'08年公開時、見に行ければと思ってたのでしたが、年末に上映が終わってしまっていて見損ねたままだった作品。 岸部一徳は、「SONGS」記事でも触れてた...... more
by mori2fm | 2008-11-05 23:03 | 映画評 日本映画 さ行 | Trackback(19)