人気ブログランキング |

「レッドクリフ PartⅠ」観ないと、次困る!

[レッドクリフ] ブログ村キーワード
 「三国志」の“赤壁の戦い”を、あのジョン・ウー監督が、完全映画化。「レッドクリフ PartⅠ」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。“Part Ⅰ”なんですよね。事前の宣材(チラシ、ポスター)には、そんなこと一切書かれてないんですが、オープニング・タイトルにはしっかりと記されておりました(^^;。


 西暦208年。“魏”の丞相となった曹操(チャン・フォンイー)は、国内の権力を掌握し、更にその勢力を拡大せんと、強大な軍を率いて南進を開始。先ず君主・劉備(ユウ・ヨン)率いる“蜀”の軍隊と交戦状態に入る。“蜀”の軍隊は趙雲(フー・ジュン)、関羽(バーサンジャブ)、張飛(ザン・ジンシェン)の三将軍を筆頭に奮闘するも、曹操の巨大な軍勢の前に敗退。何とか生き延びた劉備に、軍師・孔明(金城武)は、隣国“呉”との同盟の必要性を説く。劉備を説得した孔明は、単身“呉”に向かい若き君主・孫権(チャン・チェン)、そして軍の指揮官・周瑜(トニー・レオン)と対面する…。

 
 吾輩、歴史物は好きな方なんですが、実は「三国志」にはこれまでまったく手を付けておりませんでした。理由はね~、『名前がみんな漢字だから(^^;』ええ、これですわ。だって、なかなか憶えられないでしょう?登場人物もムチャクチャ多そうですし…(まあ、我ながら何と軟弱な理由でしょう。あ~情けない!)。で、この映画も実は観に行こうかどうしようか迷ってたんですが、これだけ話題になっている以上、観ておかないわけにはイカンってことで、少々ビビリながら映画館へ向かいました。そこで、驚いた!何とこの映画、冒頭に短い「三国志」の解説が付いているのです。しかも日本語で(吾輩、“字幕版”を観に行きましたので、一瞬うろたえましたよ『あれ?“日本語吹替え版”と間違えたかな?』って(^^;)!いやあ、これは良かった。とってもわかり易い!配給会社さん、グッジョブ!ですよ。これで歴史が苦手なカップルや女の子でも、何の抵抗も無く「三国志」の世界に入っていくことが出来ます。
 映画自体は、非常によく出来ています。全編からジョン・ウーのこの映画に懸ける執念(怨念(^^;?)が、スクリーン越しにビンビンと伝わってきます。VFXを駆使した、合戦での派手なアクション・シーン。CGを駆使した、膨大な数の船団の圧倒的な存在感。そしてお馴染み飛びまくる鳩…(^^;。全編『これで、どうだ!』と言わんばかりに、観てる我々にグイグイ迫ってきます。2時間25分は、あっと言う間でございます。そりゃ、1本では納まらないでしょう。「Part Ⅱ」が出来るのも、仕方ないでしょう。ただ、終わり方があまりにも唐突に切れてしまっておりますので、その辺り戸惑われませんように。この「Part Ⅰ」だけ観て、「Part Ⅱ」を観ないのも辛いし、その逆で「Part Ⅰ」観てないと「Part Ⅱ」はシンドいと思われます。ですから是非、「Part Ⅰ」をご覧になって、来春公開の「Part Ⅱ」に備えていただきたいと思います。

 ところで周瑜の妻、小喬を演じたリン・チーリン嬢。とてつもなく美しい方ですね。男性陣は彼女の美しさを是非、観に行ってください!映画初出演だそうですが、この先、ブレイク間違いなし!ハリウッド・デビューも、そう遠くないんじゃないでしょうか?まあ、とにかく必見の美しさです。彼女とスクリーン上で再会できることが、実は吾輩にとって「Part Ⅱ」の一番のお楽しみだったりしちゃいます…(^^;。

 「レッドクリフ Part Ⅰ」は、まだまだ全国上映中です。壮大なスケールで描かれた歴史超大作を、あなたも是非映画館でご覧下さい。そして「Part Ⅱ」に向けて、盛り上がっていきましょう!

~追記~
 実は、随分前に観てたんですが、書くタイミングを逸して、こんなに遅くなっちゃいました…。

「レッドクリフ PartI」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『レッドクリフ Part I』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

レッドクリフ Part I@映画生活

レッドクリフ PartI - goo 映画
レッドクリフ PartI - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
トラックバックURL : https://moricinema.exblog.jp/tb/7775306
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by panchan1121 at 2008-12-30 08:31
リン・チーリン!
そうです、もう見とれそうで、あやうくストーリーを・・・(爆)。

part Iは、豪華な予告編なのでしょうか。
昔なら、全編流して上映だったのかもしれませんね。
で、やっぱり、partIIの直前にDVDなど出そうで・・・。
やるな、avex さん、って感じです(汗)。
Commented by tonbori-dr at 2008-12-30 22:49
mori2さんはナレーションはOKだったんですね。
そうかあ、いやおいらはいらないなと思ったんですけれど、なるほど親切設計はやはり効いているわけか。
エイベックスも伊達にいれてきたわけじゃないということですね。
Commented by mori2fm at 2008-12-31 01:48
>ぱんちゃん。様、ど~も!
あ、吾輩もストーリーを…(爆)…(^^;。
まだ公開してますが、出ちゃいますか?DVD。
早いですな~。まだ公開してますがな…。
>とんぼり様、ど~も!
いや、吾輩も基本は『イランことすんなや!』派なんですけど、
今回は、結構OKでした。まあ、吾輩が「三国志」について
造詣が深くないモンでしたので…。
Commented by raphie at 2009-01-01 13:56
あけましておめでとうございます!
実は昨日、大晦日にこれを見てきました。私も字幕のはずなのに始まったナレーションにびっくりしましたが、人物が混乱しないタイミングで人物名付きで配慮された字幕にも助けられ、親切設計を感じました。

キャスティングがどれも味わい深くそれぞれの登場人物が本当に魅力的でした。単純化された役柄以上の表情や表現、そして後編に続く伏線を感じるというか…。そしてCG・VFXの効果も素晴らしかったですね。Part IIがあるならば、あそこでPart Iを切ったのは効果大だと感じました。間違いなく、Part IIに出かけちゃいます。罠にはめられた感じです。(笑←人聞き悪い)相変わらずmoriさんのレビューは、出かける前にも帰った後にも、映画の印象整理に大きな助けになっています。自然な言葉選びがお上手なのでしょうか^^。今年も楽しみにさせて頂いています。どうぞよろしくお願いします。
Commented by mori2fm at 2009-01-01 21:41
>らふぃ様、ど~も!
今年もよろしくです!
Part Ⅰの切れ目は、あそこ以外にないでしょうね。
あれ以上続けてしまうと、切れませんわな~。
書き方、お褒め頂いて光栄どす(^^;。
ホント、勿体のうございまする。
今年も書ける時に書いていきますので、
末永くご贔屓に…m(_ _)m。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mori2fm | 2008-12-30 02:56 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(51) | Comments(5)