人気ブログランキング |

「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ??

[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード 
 レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイルド”じゃないレオ君が出てくるし、予告やCMを観て“『運命の愛』を描いたラブ・ストーリー大作”だと、思い込んで吾輩映画館へ行ったんですけどね…。


 1950年代のアメリカ。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は、郊外の住宅地“レボリューショナリーロード”に家を持ち、2人の子宝にも恵まれ周囲からは“幸福な理想の夫婦”と思われていた。しかし、かつて父が勤めていた同じ事務機器会社の、しがない社員として日々を送るフランクと、女優になる夢を半ば頓挫させる形で主婦になったエイプリルは、若い頃に描いていた理想と現実のギャップの大きさから、互いに不満を抱くようになり、いつしか2人の間には溝が出来てしまっていた。フランクが、社の女性社員モーリーン(ゾエ・カザン)と関係を持った30歳の誕生日の夜。帰宅したフランクをドレスアップしたエイプリルと、子供たちが迎える。エイプリルはフランクに『家族でパリに移住しよう』と持ちかける。軍に所属していた頃、パリに駐屯していたフランクは、かつてその街の素晴らしさに魅了されていた。それは、かつての輝いていた自分達を取り戻したいと心から願う、エイプリルの渾身の策だった。当初戸惑っていたフランクも、エイプリルの熱意にほだされ、会社を辞めてパリへ移住することを同僚達につたえる。周囲の反応は冷ややかだったが、彼等には無関係だった。或る日、フランクの仕事が評価され、昇進の話が持ち上がる。現実の生活の充実を考え、決意が揺れ始めるフランク。追討ちをかけるように、エイプリルの妊娠が発覚する…。 


 観終わって、正直ゲンナリいたしました。何なのだ、この映画?吾輩にはケイト・ウィンスレット演じるエイプリルの考えていることが、さっぱり理解できませなんだ。世の女性の皆様、“女”ってみんなあんな風に考えてるんですか?ディカプリオ演じるフランクは、何か悪いことしましたか??一生懸命、家族のために頑張ってたじゃないですか。エイプリルは、“夢見る夢子さん”すぎるんですよ。ラストがアレでは、あんまりにも可哀想じゃないですか!男にとって救いがないわ、この映画!あ~、もうホントに気分が悪いわ~!!

 恋愛時代が、輝いていればいるほど、その恋愛が成就(=結婚)していざ現実に直面すると、それまで抱いていたのが、如何に空虚な幻想だったのかと言う思いが強く鮮明になるものなんですね。吾輩みたいな“超凡人”でも、結婚してから『昔はよかったな~』と懐かしむ時が多々ございますからね。ましてや、この映画のフランクとエイプリルは、『自分達は、特別!』なんていう聞けば思わず『アホか!』と、ツッコンでしまいたくなる思い-妄想-を抱いておりますから、現実とのギャップがデカ過ぎて耐えられなくなってしまう…。ハッキリ言いましょう、コイツら“バカップル”ですよ(あ~あ、言うてしもうた…)!!この夫婦には、子供が2人いる設定なのですが、それが殆んど映像に出てきません。普通こういう映画なら、もっと家族が揃っての映像が出てきて当たり前だと思うのですが、その辺り妙に違和感が残りました。って言うか~一応父親である吾輩から言わせていただきますと、『子供ほったらかして、何カッコつけて夢語ってんだよ!お前らなんか、親失格だ~!』って感じですわ(^^;。

 監督はケイト・ウィンスレットの旦那、サム・メンデス。アカデミー賞を獲った「アメリカン・ビューティー」を、よりシリアスに重くしたような映画に撮り上げています。う~ん、健康的ではないですね~。ところで、奥さんが他の俳優とラブ・シーンを演じるのを演出するってのは、どんな感じなんでしょう?旦那は、カメラ越しに見てるんですよね~。う~ん、いくらプロとは言え…やっぱり健康的じゃないな~(^^;!

 レオとケイトだけかと思ってたら、いきなりキャシー・ベイツまで出てきたもんですから、面食らっちゃいました。これじゃホンマに「タイタニック」の同窓会やがな。あと吾輩が観ていたシネコンには、外人さんが数人おられたようで、ラストシーンで大爆笑かましてました。確かに秀逸でブラックの効いたシーンではありましたが、爆笑とまでは(何せそれまでが、重いモンで)…。この辺り、やはり文化の違いを感じますな~。

 「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」は、ただいま全国上映中です。警告します、ラブラブカップルは、絶対にデートで観ないで下さい!思慮分別をわきまえた大人の皆さん、『現実は厳しいんだよ!』ってことを、映画館で是非!再認識して明日への糧にして下さい(う~ん、屈折してるな~(爆)。 

「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで@映画生活

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで - goo 映画
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2009-02-04 22:00 | 映画評 外国映画 ラ行