「カフーを待ちわびて」癒されるなあ…。

[カフーを待ちわびて] ブログ村キーワード 
 沖縄の、ある小さな島を舞台にした、チョット不思議なラブ・ストーリー「カフーを待ちわびて」(エイベックス・エンタテインメント)。沖縄の自然、そして何故か緩やかに感じられる時間の流れ。優しい“恋愛おとぎ話”です。


 沖縄の小さな島“与那喜島”。ここで鄙びた雑貨屋を営む明青《あきお》(玉山鉄二)は、愛犬カフーと、のんびり1人で暮らしていた。明青の母(高岡早紀)は、明青が幼い頃、内地の男との恋に奔り、明青を捨てて島を離れた。それ以来、明青は1人きりで、食事の世話などは近所に住む“おばあ(血縁関係はない)”(瀬名波孝子)がしてくれていた。或る日、明青のもとに“幸(さち)”と名乗る女性から手紙が届く。差出人に心当たりのない明青。手紙には『絵馬の言葉が本当なら、私をお嫁さんにして下さい…』と書かれていた。明青は、同級生の俊一(尚玄)、弟分の渡(勝地涼)と共に、少し前に訪れた内地の神社で書いた絵馬のことを思い出した。明青はそこに『嫁に来ないか。幸せにします』と書いたのだった。誰かの悪戯に違いないと思っていながらも、少し胸騒ぎを憶えた明青の前に、数日後本当に“幸”(マイコ)が現れる…。


 冷静に考えると、『んな話、あり得んて!』とツッコンでしまいたくなるのですが、この映画は、そういった“意地の悪い思い”を、少なくとも映画を観ている間は、忘れさせてくれます。それは、沖縄の青い海と、のどかな島の風景。そして心に優しく沁みてくる、“沖縄言葉”によって掛けられる一種の“魔法”みたいなモンでしょうか?とにかく、殺伐とした日々を生きている我々を、この映画は何とも言えない独特の空気で包んでくれます。ありきたりな、本当にありきたりな言葉でしか表現できないのですが、癒されます。約2時間の、“バーチャル・沖縄トリップ”。心の洗濯には、もってこいの映画だと思います。

 男の立場から言わせていただきますと、あんな美人が何の脈絡もなく、いきなり『嫁にしてほしい』と言って、自分の生活の中に押しかけて来たら…『大歓迎です(^^;!』いやあ吾輩映画を観ていて、何度明青のことを羨ましく思ったことか!美人で優しくて、従順で、健気…もお言うことナシですがな!然るにそんな彼女のことを明青は、疑ったりしちゃうわけですよ。何と罰当たりな!…って、あの状況なら、そんな風に考えてもしょうがないですよね。

 幸を演じるマイコちゃんが、イイですね。彼女はアメリカの生まれの美人さんで、一見すると知的でクールに見えるのですが、映画の中でのチョットHなシーンも、微笑ましくこなしていて、とても気さくな笑顔が印象的でした。ただの美人ではなく、カワイさを持ち合わせた女優さんだと思います。 
 そして全編で使われる“沖縄の方言”。ちなみに「カフー」とは、沖縄の古い言葉で「果報」とか「よい知らせ」「しあわせ」の意味で、映画の中でも『カフー、アラシミソーリ』と、手を合わせて「しあわせ」を祈るシーンが、何度も出てきます。この方言、玉山クンや勝地クンあたりが喋ってる分には、まだ聞き取れる(理解できる)のですが、“おばあ”が喋ってるのは、ハッキリ言って分かりません!何ヶ所か字幕付いていますが、付いてないところは『??』てな状態です。それでも、その言葉の響きを聞いているだけで…くどいようですが、癒されます(^^;。あ~あ、吾輩もこんな島へ行って、のんびりして~!!

 「カフーを待ちわびて」は、ただいま全国好評上映中です。南の島を舞台にした“癒しのラブ・ストーリー”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。

「カフーを待ちわびて」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『カフーを待ちわびて』 - シネマトゥデイ

カフーを待ちわびて@映画生活

カフーを待ちわびて - goo 映画
カフーを待ちわびて - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-03-08 19:35 | 映画評 日本映画 か行