人気ブログランキング |

「劔岳 点の記」日本映画の王道。コレは本物!

[剣岳] ブログ村キーワード
 CG、デジタル全盛のこの時代に、敢えて“人間力”で挑んだ本作「劔岳 点の記」(東映)。力技の感じられる、正に“本物の映画”でしたよ。


 明治39年。日露戦争に勝利した日本は、更なる国防の必要性を痛感。そのために、完全なる日本地図の完成を急いでいた。陸軍参謀本部陸地測量部の測量手、柴崎芳太郎(浅野忠信)は、日本地図最後の空白地である、立山連峰の劔岳への初登頂と測量を命じられる。未踏峰である劔岳への登頂は困難を極め、過去幾度かの挑戦も、その険しさに跳ね返されていた。同じころ、創設間もない日本山岳会も、海外から最新の装備を取り寄せ、劔岳への登頂を目指していた。『山岳会には負けてはならぬ』と厳命を受けた柴崎は、前任者である古田(役所広司)と会い、アドバイスを受ける。そして案内人に宇治長次郎(香川照之)を紹介される。現地に向かった柴崎は、長次郎と合流。調査を開始するが、登頂へ向けての手掛かりすら掴めないまま帰京する。そして翌春、柴崎と長次郎の他に測夫・生田信(松田龍平)らを加え、総勢7名となった測量登山隊が、測量本番の登山へと挑む。一方、小島烏水(仲村トオル)率いる日本山岳隊の登山隊も、劔岳へと乗り込んでくる…。

 名カメラマン木村大作入魂の監督デビュー作。これまで、数々の日本映画の名作を撮り続けてきたその手腕は、本作でも如何なく発揮されております。『空撮を使わずに、山の映画を撮る』なんて、常人では考えられないことを、この映画ではやってしまっているんです。そしてその映像は、もう“圧巻”という他に表現のしようがないほど、見事な仕上がりで、スクリーンに映し出されます。ホント、素晴らしい!!ただただ脱帽です。
 映画そのものは、非常に淡々としたペースで物語が進んでいきます。ホントに淡々としてまして、描かれているテーマからすると、もっと盛り上がりがあってもいいのでは?と感じられるほどでした。しかし全編を通して流れる、池辺晋一郎 氏の手による音楽と相まって、“古き良き時代の日本映画”というテイストがプンプンしてくる“大人の映画人による本物の映画”だったと思います。木村監督の思い、そしてそれを受けた役者達、スタッフ達の熱い思いが伝わってきます。

 当時、地図の作成は国防の観点から行われていたのだということも、なかなか興味深い話ですし、“陸軍VS山岳会”というような争いがあったことも、歴史的に面白い話だと思います。ご存知の方もおられたでしょうが、吾輩は初めて知りましたので、結構導入部から話にひきこまれていきました。そういう歴史物(それも近・現代の)としての映画としても、充分見応えのあるものに仕上がっています。

 公開前に、あちこちのTV特番で、監督やメインキャストたちが出演して、撮影時の裏話なんかを話してましたが、これが相当ムチャで面白かったんですよ!『そんなことしたら、死んじゃうよ!』てなことが、平気で山の上では行われていたようでして…。でも皆さん、とても充実した顔をしておられるんですね。うん、一つの大きな仕事をやり遂げたって感じで。この映画は“泣かされる”というより、その映像の美しさ、素晴らしさに“圧倒される”と言った感動が味わえます。やはり映画館の大スクリーンでこそ、その良さを体感していただきたいですね。興行の方も大ヒットだそうですが、この映画が当たるっていうのは、イイことだと思います。日本という国のマーケティングの健全性を認識する上でも。うん、ホントに“イイ映画”でした。

 「劔岳 点の記」は、ただいま全国好評上映中です。こんな時代に、本物に拘った力作です。是非、映画館でその凄さを体感して下さい。


「劔岳 点の記」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『劔岳 点の記』 - シネマトゥデイ

劔岳 点の記@映画生活

劔岳 点の記 - goo 映画
劔岳 点の記 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2009-07-09 01:04 | 映画評 日本映画 た行