人気ブログランキング |

「ちゃんと伝える」伝えるって、難しいね。

 EXILEAKIRA映画初主演作、「ちゃんと伝える」(ギャガ・コミュニケーションズ)。最初タイトルを聞いたとき、『何の映画なのかな?どんな映画なのかな?』と思ってしまいましたが、映画を観るとその意味が“ちゃんと”伝わってきましたよ。


 地方のタウン誌編集部に勤める史郎(AKIRA)は、父(奥田瑛二)が倒れたと言う知らせを受け、病院へ駆けつける。容態は安定するも、父の身体はガンに蝕まれていて、余命わずかという診断だった。高校教師で、サッカー部の鬼コーチとして鳴らした父。そのサッカー部に、高校時代自らも所属していた史郎は、学校ではスパルタ指導者そして家では厳格な家長として、絶対的な存在を示す父と打ち解けることが出来ず、それを大人になってもひきづっていた。そんな自分を反省した史郎は、それから毎日入院中の父を見舞い、父との距離を少しでも近付けようとする。そんな史郎に父は『元気になったら、2人で釣りに行こう』と告げる。その言葉に希望を感じた史郎は、幼なじみで恋人の陽子(伊藤歩)を、釣り堀デートへ誘う。そんな或る日、胃の痛みを訴え検査を受けた史郎は、父の担当医(吹越満)から結果を聞かされ愕然とする。『史郎さん、あなたがガンです』更にその病状は深刻で、父よりも余命は短いかもしれないというのだ。もしかすると、父は1人息子の死を看取ってから、あの世に逝く羽目になるかもしれない。そんな残酷な事実を、史郎は両親に伝えられるはずも無かった…。


 ストーリーだけ読みますと末期ガンもので、しかも親子でW(ダブル)末期ガン患者になってしまうという、この上なく重い設定なのですが、この映画はそういった重さを必要以上に感じさせず、むしろ淡々とストーリーが進んで行きます。予期された“お涙頂戴映画”“さあ、泣け!映画”にはなっておらず、むしろ観終わって清々しい気分にさえ、させてくれます。もちろん泣けるシーンはありますが、それが強調されていない演出に好感が持てました。園子温(←コレで“ソノシオン”と読むのだそうです。しかも本名!)監督の映画としても、これまでになく抑えた演出が為されているそうです(すみません。他の作品、吾輩未見です)。で、今回『AKIRAをEXILEから離れた普通の青年として描いてみたい』と思われたそうです。ですから、EXILEの人=AKIRAの“初主演作”としては、驚くほど地味な映画でございます。「山形スクリーム」の時にも書きましたが、吾輩EXILEは知ってますが、メンバー個人個人については、まったく存じませんので、今回も『誰?この若手俳優さん』って、真剣に思ってました(だってEXILEのイメージとは違うし、「山形スクリーム」の時とも、また全然違うんやから!)。で、そのイメージとは相当に掛け離れた役柄を、AKIRAさんは無難に演じています。ただ少々台詞が棒読みかと…。あと、さすがEXILEのメンバーですね。非常に健康的!そうとても“末期ガン患者”には見えないの!!コレってどうなの?キャスティング的に。だから“W末期ガン”という設定は、この映画には必要だったのかなあ?と思っちゃいました。スタッフが医療現場にリサーチして、現実的にある話としてストーリーに盛り込まれたらしいのですが、単純に『息子が父を送る』というストーリーで、良かったんじゃないか?と感じてしまいました。この設定なら、もうチョット不健康でないとね~、AKIRA君!

 キャスティング的には、伊藤歩さんがイイですね。彼女の“透明感を感じさせる存在感”は、映画の中で一服の清涼剤のように効いています。この伊藤さん演じる陽子と史郎の間で交わされる“大切な人に大事なこと、本当の思いをちゃんと伝えられているか?”というエピソードが、この映画のタイトルにもある“ちゃんと伝える”ことが如何に難しく、そして生きているうえで如何に大事かということを、観ている者に投げ掛けてきます。そりゃね、わかっていてもなかなか出来ないですよ。自分の思いをちゃんと伝えるってこと。つい『言わんでもわかるやろ?』みたいな風に、勝手に思い込んでしまいがちですが、やはりそれは、口に出してちゃんと伝えないといけないんですよね。吾輩、この映画を観てつくづく反省いたしました…。


 「ちゃんと伝える」は、ただいま全国ロードショー公開中です。“自分の思いを、ちゃんと伝える”そんなごくごく普通のことの大切さを、あなたも是非!映画館で感じてみてください。

「ちゃんと伝える」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ちゃんと伝える』 - シネマトゥデイ

ちゃんと伝える@映画生活

ちゃんと伝える - goo 映画
ちゃんと伝える - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2009-08-30 15:37 | 映画評 日本映画 た行