「ホースメン」いろんな意味で、恐い…。

[チャン・ツィイー] ブログ村キーワード
 チャン・ツィイーと言えば、これまで“綺麗”“カワイイ”“可憐”というイメージが圧倒的でございました(少なくとも吾輩的には…)。そんな彼女が、新境地とも言える役に挑んだのが本作、「ホースメン」(カルチュア・パブリッシャーズ)。その新境地とは“猟奇殺人犯”…。製作は、あのマイケル・ベイ。う~ん、やっぱりこの人“悪趣味”だわ(^^;。


 妻に先立たれたベテラン刑事・ブレスリン(デニス・クエイド)は、遺されたアレックス(ルー・テイラー・ブッチ)、ショーンの2人の子供と暮らしていたが、仕事に忙殺され、妻の死に目も看取れなかったことを悔いていた。それ以来、溝が出来てしまったアレックスとの関係も、修復できないままでいた。或る日、ブレスリンは殺人現場に呼び出される。しかしそこには死体はなく、被害者から抜き取られた大量の歯が放置され、四方には鮮血を思わせるペンキで『COME AND SEE(来たれ、見よ)』と書かれていた。歯科法医学の権威でもあるブレスリンは、歯を鑑定した結果、男性と思われるこの被害者が、未だ生存している可能性があると推測する。やがて第2の事件が発生。中年女性が自宅の2階で、生きたまま怪しげな器具にワイヤーと釣り針で宙吊りにされ、腹から胎児を取り出された挙げ句に胸を刺され、肺に溜まる血によって窒息死させられたのだ。そして現場にはまた『COME AND SEE(来たれ、見よ)』の文字が書かれていた。死体の第1発見者である女性の養女・クリスティン(チャン・ツィイー)は、ブレスリンに涙ながらに犯人逮捕を嘆願する…。


 前述しましたが、今回ツィイー嬢は“猟奇殺人犯”です。これ、あちこちで公開前から書かれてますので吾輩も、《ネタバレ!》気にせず書かせていただきます。まあとにかく殺しの手口が残酷この上ございませんで、見ていて『イタイ、イタ~イ!もお、やめて~な!』って、心の中で叫んじゃいました。“R-15”よ~くわかります。その手の映像が苦手な方は、くれぐれも注意してご覧になってください。えっ?そんな人は、わざわざ見に行かないだろうって?でも今回は、“チャン・ツィイーのファン”という“こういうジャンルの映画に、あまり免疫のない方々”が、映画館へ行かれる可能性がありますよね?そういった方は、特に注意してください!これまでのツィイー嬢の映画とは、明らかに一線を画しておりますので。

 ストーリーは、新約聖書に沿って“猟奇連続殺人”が行われていきますので、クリスチャンでもない吾輩には、少々難解でございました。聖書に詳しい方なら、非常に楽しめるんじゃないでしょうか?ただ、聖書のこと知らなくても、途中で最後のネタがわかっちゃうんですね(^^;。これは何か、非常に残念でございました。映画の作りとしてもそうですし、そしてその結末も、ストーリーとして『あまりにも救いがなさすぎる!悲しい』って感じで。だってあれではブレスリンが、可哀そうすぎます。彼はそんなに悪い父親じゃないでしょう?なのにあんな目に…(>_<)。


 今回、色々と恐いことがスクリーン上で展開されますが、吾輩が最も恐かったこと、それは『今年30歳のチャン・ツィイーが、何とティーンエイジャーの役を演じている!』ってことです。映画の中で『8歳で施設から引き取られた…』『10年間の地獄を…』って台詞が出てきます。これから推測すると、ツィイー嬢が演じるクリスティンは、18歳ってことになりますね。いくら彼女が童顔とは言え、何ぼ何でもムリがある(特に丸出しのおでこ!年輪が隠せてません。ツライ…)!そしてツィイー嬢に泣き付かれたデニス・クエイドは、『子供は苦手…』みたいな台詞を言ってます。あのね、誰が見たって大人ですよ!チャン・ツィイーは!!いくらアジア系女優が幼く見えるからって、限度があろうに!これって、確信犯ですか?マイケル・ベイは、そんなところも見越してやってるのかなあ?もしそうだとしたら、“悪趣味”だわ。でももし、ひょっとして知らなかったとしたら(まあ、有り得ませんが)…、それでもやっぱり“悪趣味”(^^;。


 「ホースメン」は、10月24日(土)~ 全国順次ロードショーです。いまだかつてない、恐ろしいチャン・ツィイーを、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「ホースメン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ホースメン』 - シネマトゥデイ
 
ホースメン@映画生活

ホースメン - goo 映画
ホースメン - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
トラックバックURL : https://moricinema.exblog.jp/tb/9088267
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 象のロケット at 2009-10-11 23:49
タイトル : ホースメン
デトロイト警察の刑事ブレスリンは、赤いペンキで「COME AND SEE(来たれ)」というメッセージが残された連続猟奇殺人事件を担当する。 極太の釣針とワイヤーで、アートのように釣られている被害者たち。 新約聖書のヨハネ黙示録の「来たれ」という記述から、白、赤、黒、緑の馬に乗った4人の騎士(ホースメン)が関係していることに気づくのだが…。 サスペンス・スリラー。 R-15... more
Tracked from 小泉寝具 ☆ Cosmi.. at 2009-10-25 01:35
タイトル : ホースメン
 カナダ&アメリカ  サスペンス&ホラー&ミステリー  監督:ジョナス・アカーランド  出演:デニス・クエイド      チャン・ツィイー      ルー・テイラー・プッチ      クリフトン・コリンズ・Jr 【物語】  妻に先立たれたベテラン刑事ブレスリン...... more
Tracked from 流れ流れて八丈島 at 2009-10-26 06:29
タイトル : 試写会「ホースメン」
今日も2本目があります九段会館で試写会「ホースメン」を観てきました「いまだかつて体験したことのない、衝撃のサディスティック・サスペンス・スリラーの誕生!!」というのがコピーです新約聖書の黙示録が連続殺人の題材ということで、キリスト教に疎い日本人にはちょっ...... more
Tracked from Memoirs_of_dai at 2009-10-27 07:14
タイトル : ホースメン
猟奇的なチャン・ツィイー 【Story】 妻に先立たれたベテラン刑事ブレスリン(デニス・クエイド)は、猟奇的な連続殺人事件を担当することになる。遺体は極太の釣針で宙につるされ、現場には毎回「COME AND...... more
Tracked from ともやの映画大好きっ! at 2009-10-27 22:02
タイトル : ホースメン
(原題:THE HORSEMEN) 【2008年・カナダ/アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 聖書に描かれた"ヨハネの黙示録の四騎士"に準えた猟奇殺人事件に挑む刑事を描くサイコ・スリラー。 感想は後ほど〜♪ 監督はジョナス・アカーランド。 2009年10月24日公開 公式HP:ホースメン... more
Tracked from LOVE Cinemas.. at 2009-10-29 00:26
タイトル : ホースメン
「トランスフォーマー」シリーズのマイケル・ベイがプロデュースする最新作。今回はうって変わって新約聖書の“ヨハネの黙示録”の四騎士をテーマにしたサイコスリラーだ。主演は『バンテージ・ポイント』のデニス・クエイド。共演に『SAYURI』のチャン・ツィイー。彼女が猟奇殺人の犯人役を演じ、女版レクターと話題を呼んだ。監督はジョナス・アカーランド。... more
Tracked from まてぃの徒然映画+雑記 at 2009-10-29 22:06
タイトル : ホースメン(試写会) THEHORSEMEN
章子怡(チャン・ツーイー)が猟奇殺人犯役ということで、サスペンスホラーはあまり得意ではないのだけれど、観てみました。ブレスリン刑事は専門が歯科法医学だが、そんな彼を事件に引きずり込むきっかけが静かな森の中でおきる。綺麗なシルバーの器に盛られた、血まみれ...... more
Tracked from ひきばっちの映画でどうだ!! at 2009-10-31 01:46
タイトル : 「ホースメン」
                              「ホースメン」 「羊たちの沈黙」ばりのサイコ・サスペンスと聞いていたので、期待していたのですが・・。 よく考えると、そんなに凄かったら、東京で2館しか上映してないのは・・・?? ちょいネタバレ入ります・・。 デトロイト郊外の荒地で、奇妙な物が見つかる・・。抜歯した人間の歯である。1人分全てらしく、おびただしい数である・・。 その道に詳しい、デトロイト市警のブレスリン(デニス・クエイド)刑事が呼ばれた・・。 と、この辺までは「ゾワゾ...... more
Tracked from 映画通信シネマッシモ☆映.. at 2009-10-31 23:53
タイトル : ホースメン
「吊る」という行為は「ザ・セル」でも意味深く使われていたが、サイコ・サスペンスである本作でも、サディスティックな&ldquo;吊り&rdquo;の残酷度は相当なものだ。ベテラン刑事ブレスリンは、猟奇的な連続殺人事件を担当することになる。極太のフックで不気味な器具に吊る....... more
Tracked from かるかるかるぴん♪ at 2009-11-01 01:02
タイトル : 大好き!映画・試写会 「ホースメン」
昨日の試写会 「ホースメン」             ↑クリックすると公式HPに飛びます。... more
Tracked from ダイターンクラッシュ!! at 2009-11-02 13:32
タイトル : ホースメン
2009年11月1日(日) 19:00~ 渋谷シアターTSUTAYA2 料金:1000円(映画サービスデー) パンフレット:未確認 『ホースメン』公式サイト チャン・ツィイーがサイコパスを演じるという。それだけで観にいったら、龍頭蛇尾な凡庸なスリラーだった。ちょっとだけグロ。 黙示録とか巨大掲示板とかスケールがでかいのだが消化しきれていない。 チャン・ツィイーが鍵を握るのだが、単なる脇役にしか思えない出番の少なさ。「あの女は魔女だ!信じるな!」とか養父が言っているのに、そこはスルー。だいたい、チ...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2009-11-06 00:03
タイトル : 「ホースメン」
1日の映画の日、料金1000円なので何か観ようと思って、これを選んでみた。チャン・ツィイーは好きだったから。「グリーン・デスティニー」とか。 …結果、あまり感心せず。... more
Tracked from Movies 1-800 at 2009-11-07 00:43
タイトル : ホースメン
Horsemen (2009年) 監督:ジョナス・アカーランド 出演:デニス・クエイド、チャン・ツィイー、ルー・テイラー・プッチ、クリフトン・コリンズ・Jr デトロイト郊外で起きた猟奇殺人事件を捜査する刑事の姿を描いたサイコ・サスペンス。 マイケル・ベイ製作で、このタイトルだと馬面男が人を殺しまくるスプラッター・ホラーかと勘違いしかねないが、実際のところは、“Horsemen ”とは「ヨハネの黙示録の四騎士」のことであり、「セブン」などと同様、聖書を悪意的に解釈した犯人が登場する刑事ものである。 ...... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2009-11-09 11:20
タイトル : 【ホースメン】
監督:ジョナス・アカーランド 出演:デニス・クエイド、チャン・ツィイー    美しき、殺人鬼の罠に、世界が堕ちる 「妻を亡くし辛さのあまり仕事に集中し二人の息子と過ごす時間が取れない刑事のブレスリンは、釣り針で体を吊られ殺されるという猟奇的な殺人事... more
Tracked from クマの巣 at 2009-11-20 11:39
タイトル : 「ホースメン」
「ホースメン」、観てました。 心に傷を負うエイダン刑事が奇怪な猟奇殺人に遭遇する。姿を見えぬ犯人を追ううちに、聖書の「黙示録の四騎士」が関連してくることがわかってくる。出演デニス・クエイド、ギ..... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2009-11-20 20:54
タイトル : ホースメン
監督: ジョナス・アカーランド キャスト ブレスリン☆デニス・クエイド クリスティン☆チャン・ツィイー アレックス☆ルー・テイラー・プッチ スティングレー☆クリフトン・コリンズ・Jr コリー☆パトリック・フュジット デビッド・スピッツ☆ピーター・ストーメア 他 【ストーリー】 妻に先立たれたベテラン刑事ブレスリン(デニス・クエイド)は、猟奇的な連続殺人事件を担当することになる。 遺体は極太の釣針で宙につるされ、現場には毎回「COME AND SEE(来た...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2009-11-21 09:57
タイトル : ホースメン(2008)HORSEMEN
 美しき殺人鬼の罠に、世界が堕ちる 京都シネマにて「ホースメン」を鑑賞。かなり期待度が大きい作品だったのですが・・・・。そこまでではありませんでした。チャン・ツィイーのイメージは確かに変ったかもしれませんが。意外にも先が読める展開だったので、面白くなかったなあなんて。 チャン・ツィイ―演じる薄幸な美少女が、突如猟奇的な犯罪者に変貌するというのは面白いんですが・・・・。何かもう少し変貌する展開に工夫があってもいいような感じもするのですが。どうでしょうね。あくまでも個人的な感想ですが。。。。。 ちょ...... more
Tracked from たまさんのHR/HM シ.. at 2010-02-16 01:39
タイトル : 映画『ホースメン』
美女、チャン・ツィイーがまさかの殺人者に扮した話題のサイコ・スリラー。宣伝から既... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2010-02-19 19:15
タイトル : 「ホースメン」
チャン・ツィイーを見ることが出来たのは嬉しかったけど・・... more
Tracked from La.La.La at 2010-02-21 11:24
タイトル : 『ホースメン』
JUGEMテーマ:映画 制作年:2008年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:90分  原題:HORSEMEN  配給:アミューズソフトエンターテイメント  監督:ジョナス・アカーランド  主演:デニス・クエイド      チャン・ツィイー      ピーター・ストーメア      ルー・テイラー・プッチ 「COME AND SEE(来たれ)」という謎のメッセージが残された連続殺人事件が発生 する。ベテラン刑事のブレスリンは一連の事件がヨハネの黙示録にな...... more
Tracked from 映画鑑賞★日記・・・ at 2010-02-21 22:56
タイトル : ホースメン [DVD]
【HORSEMEN】 2009/10/24公開 カナダ/アメリカ 90分監督:ジョナス・アカーランド出演:デニス・クエイド、チャン・ツィイー、ルー・テイラー・プッチ、クリフトン・コリンズ・Jr 、パトリック・フュジット、ピーター・ストーメア、バリー・シャバカ・ヘンリー、美しき...... more
Tracked from CINECHANの映画感想 at 2010-02-25 01:27
タイトル : 09-292「ホースメン」(アメリカ)
4人の騎士、4人の生け贄  妻に先立たれたベテラン刑事エイダン・ブレスリンは、仕事に追われるあまり溝の出来てしまった2人の息子との関係に悩んでいた。  そんなある日、銀のトレーに生きたままペンチで抜かれたと思われる大量の歯が置かれた死体なき殺人事件が発生する。現場には“来たれ”という謎のメッセージが残されていたが、その意味の解明も進まぬうちに、今度はメリー・アン・スピッツという中年女性が新たな拷問殺人の犠牲者に。そのショッキングな死体の第一発見者は彼女の養女でまだあどけなさの残る東洋系...... more
Tracked from アタシ、洋画・洋楽・ゴシ.. at 2011-11-23 07:43
タイトル : 「ホースメン」ネタバレしまくりの宣伝方法で作品が潰れて..
「ホースメン」(2009年) ■出演■ デニス・クエイド チャン・ツィイー ルー・テイラー・プッチ クリフトン・コリンズ・Jr パトリック・フュジット ピーター・ストーメア ハリウッド屈指のヒットメーカー、 マイケル・ベイが仕掛けるサイコ・サスペン... more
Commented by よし at 2009-10-11 17:51 x
チャン・ツィイーがこの映画を撮っていた時は確か27-28歳ぐらいです。公開がかなりに遅れた作品です。目じりのシワとかが無いので欧米人から見ると普通に10代に見えるのでは?別に設定が20とか25でも問題がないはずですから。「SAYURI」でもスクリーンに初めて出てくるときの年齢は15程(実年齢は25程)の設定だったはずです。あまり違和感は感じませんでした。非常に広い額はチャン・ツィイーの特徴ですがシワとかありましたか?
Commented by mori2fm at 2009-10-11 23:26
>よし様、いらっしゃいませ!
まあ、確かに若くは見えますが幾らなんでも…って感じ
なんですよ。おでこにシワはなかったですが、
何か疲れて見えました。
何よりも取調室でデニス・クエイドに迫るシーンが
あるのですが、あんな妖艶な18歳、いませんて(^^;!
by mori2fm | 2009-10-11 16:35 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(23) | Comments(2)