「ホースメン」いろんな意味で、恐い…。

[チャン・ツィイー] ブログ村キーワード
 チャン・ツィイーと言えば、これまで“綺麗”“カワイイ”“可憐”というイメージが圧倒的でございました(少なくとも吾輩的には…)。そんな彼女が、新境地とも言える役に挑んだのが本作、「ホースメン」(カルチュア・パブリッシャーズ)。その新境地とは“猟奇殺人犯”…。製作は、あのマイケル・ベイ。う~ん、やっぱりこの人“悪趣味”だわ(^^;。


 妻に先立たれたベテラン刑事・ブレスリン(デニス・クエイド)は、遺されたアレックス(ルー・テイラー・ブッチ)、ショーンの2人の子供と暮らしていたが、仕事に忙殺され、妻の死に目も看取れなかったことを悔いていた。それ以来、溝が出来てしまったアレックスとの関係も、修復できないままでいた。或る日、ブレスリンは殺人現場に呼び出される。しかしそこには死体はなく、被害者から抜き取られた大量の歯が放置され、四方には鮮血を思わせるペンキで『COME AND SEE(来たれ、見よ)』と書かれていた。歯科法医学の権威でもあるブレスリンは、歯を鑑定した結果、男性と思われるこの被害者が、未だ生存している可能性があると推測する。やがて第2の事件が発生。中年女性が自宅の2階で、生きたまま怪しげな器具にワイヤーと釣り針で宙吊りにされ、腹から胎児を取り出された挙げ句に胸を刺され、肺に溜まる血によって窒息死させられたのだ。そして現場にはまた『COME AND SEE(来たれ、見よ)』の文字が書かれていた。死体の第1発見者である女性の養女・クリスティン(チャン・ツィイー)は、ブレスリンに涙ながらに犯人逮捕を嘆願する…。


 前述しましたが、今回ツィイー嬢は“猟奇殺人犯”です。これ、あちこちで公開前から書かれてますので吾輩も、《ネタバレ!》気にせず書かせていただきます。まあとにかく殺しの手口が残酷この上ございませんで、見ていて『イタイ、イタ~イ!もお、やめて~な!』って、心の中で叫んじゃいました。“R-15”よ~くわかります。その手の映像が苦手な方は、くれぐれも注意してご覧になってください。えっ?そんな人は、わざわざ見に行かないだろうって?でも今回は、“チャン・ツィイーのファン”という“こういうジャンルの映画に、あまり免疫のない方々”が、映画館へ行かれる可能性がありますよね?そういった方は、特に注意してください!これまでのツィイー嬢の映画とは、明らかに一線を画しておりますので。

 ストーリーは、新約聖書に沿って“猟奇連続殺人”が行われていきますので、クリスチャンでもない吾輩には、少々難解でございました。聖書に詳しい方なら、非常に楽しめるんじゃないでしょうか?ただ、聖書のこと知らなくても、途中で最後のネタがわかっちゃうんですね(^^;。これは何か、非常に残念でございました。映画の作りとしてもそうですし、そしてその結末も、ストーリーとして『あまりにも救いがなさすぎる!悲しい』って感じで。だってあれではブレスリンが、可哀そうすぎます。彼はそんなに悪い父親じゃないでしょう?なのにあんな目に…(>_<)。


 今回、色々と恐いことがスクリーン上で展開されますが、吾輩が最も恐かったこと、それは『今年30歳のチャン・ツィイーが、何とティーンエイジャーの役を演じている!』ってことです。映画の中で『8歳で施設から引き取られた…』『10年間の地獄を…』って台詞が出てきます。これから推測すると、ツィイー嬢が演じるクリスティンは、18歳ってことになりますね。いくら彼女が童顔とは言え、何ぼ何でもムリがある(特に丸出しのおでこ!年輪が隠せてません。ツライ…)!そしてツィイー嬢に泣き付かれたデニス・クエイドは、『子供は苦手…』みたいな台詞を言ってます。あのね、誰が見たって大人ですよ!チャン・ツィイーは!!いくらアジア系女優が幼く見えるからって、限度があろうに!これって、確信犯ですか?マイケル・ベイは、そんなところも見越してやってるのかなあ?もしそうだとしたら、“悪趣味”だわ。でももし、ひょっとして知らなかったとしたら(まあ、有り得ませんが)…、それでもやっぱり“悪趣味”(^^;。


 「ホースメン」は、10月24日(土)~ 全国順次ロードショーです。いまだかつてない、恐ろしいチャン・ツィイーを、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「ホースメン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ホースメン』 - シネマトゥデイ
 
ホースメン@映画生活

ホースメン - goo 映画
ホースメン - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-10-11 16:35 | 映画評 外国映画 ハ行