人気ブログランキング |

カテゴリ:俳優・女優・監督ネタ( 76 )

Excite エキサイト : 芸能ニュース“51歳!激しく戦う「ダイハード4・0」”


 ~ブルース・ウィリス(51)主演の人気シリーズ12年ぶりの新作「ダイ・ハード4・0」(今夏公開)の劇場用ポスターが8日、初公開された。新作はウィリス演じるジョン・マクレーンが米国全土のコンピューターをシャットダウンさせたサイバーテロに戦いを挑む。戦いの舞台はワシントン、ニューヨークなど東海岸全域に及ぶ。17日から全国の劇場に掲出されるポスターでは、50歳を超えてもなお、激しいアクション撮影に臨んだウィリスの引き締まった表情と肉体が印象的だ。アクションシーンをふんだんに取り入れた予告編も10日から上映される。~


 ブルース・ウィリス、51歳!!やるね~、戦うね~!!ん?夏公開ですか「ダイ・ハード4.0」(20世紀FOX)。いやあ、何か盛り上がってますね~。

 それにしても昨今“戦うオッちゃん映画”が盛り上がってますな。「ダイ・ハード4.0」以外にも、60歳!シルベスター・スタローン「ロッキー・ザ・ファイナル」(4月2920日公開)や、64歳!!ハリソン・フォード「インディ・ジョーンズ4」(全米公開2008年5月22日)。それにただいま公開中の「守護神」に主演のケビン・コスナーも、気が付きゃ52歳!みんな頑張ってますね。

 日本じゃ“団塊の世代”の大量定年が話題になっておりますが、ハリウッドのオッちゃんたちは、まだまだ元気ですね。でも、裏を返せばそれだけ若手俳優の人材難ってことが浮き彫りになってるような気がするのですが…。
 とにかく、今年の夏は熱い“ブルース親父”のアクションを、映画館で存分に堪能させていただきましょう!


~追記~
 何てこと言ってたら、こんなニュースが…。ホントかよ~??このオッちゃんも、頑張るね~!!
by mori2fm | 2007-03-09 16:52 | 俳優・女優・監督ネタ

Excite エキサイト : 芸能ニュース“菊地、“凛”とした気持ちでオスカー獲り!受賞スピーチもOK”


 ~メキシコ映画「バベル」(4月28日公開)で第79回米アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた女優、菊地凛子(26)が、25日(日本時間26日)の授賞式出席のため23日、渡米した。直前に成田空港で会見し「ワクワクしています」と胸の高鳴りを吐露しつつも、受賞時のスピーチは「用意しました」と冷静。日の丸デザインのコートを着て“日本代表”としてさっそうと旅立った。~



 ホント、アカデミー賞獲れたら凄いですね~菊池凛子さん。是非頑張ってきてくださいね…とは思うのですが…。先日来、このアカデミー“最優秀助演女優賞”の最有力候補と目されているジェニファー・ハドソン(from「ドリームガールズ」)の来日について、幾つかのワイドショーが取り上げていたのを見たんですが、インタビュアーがジェニファーに質問した内容が、ひどいの何の!
 
 『あなたは、オスカーが欲しいですか?』
 『あなたは、菊池凛子さんを知っていますか?』
 『菊池凛子さんと、共演してみたいですか?』…etcetc…。←何のインタビューやねんな、コレ??もお、ムリから菊池凛子とリンクさせたいってのがミエミエ!
 

 他にも、2人のプロフィールを表にして比較してみたり、コレまでの受賞暦を比較して(圧倒的にジェニファー有利なのに)『こればっかりは、わかりませんからね!』みたいなことを言ってるキャスター陣。あのね、気持ちはわからんでもないけれど、あまりにも見ていて情けないですわ!!

 静かに応援してあげようよ。ホント、受賞出来たら素晴しいとは思います。でも、ノミネートされたってだけでも、とんでもなく素晴しいことだと思いますから…。


 さあ、授賞式は日本時間の26日ですよ!
by mori2fm | 2007-02-25 01:28 | 俳優・女優・監督ネタ

何でそうなるの??

シネマトゥデイ:“2006年のベスト・ウェディング、1位はトム・クルーズ、ニコール・キッドマンは10位”


 ~アメリカのイン・タッチ誌が発表した2006年のベスト・ウェディング・トップ10の1位に輝いたのは、イタリアで豪華な結婚式を挙げたトム・クルーズとケイティ・ホームズ。~


 何でこうなるの?殆んど一般公開されなかったんじゃなかったっけ?式を挙げた地元からも顰蹙買ってたんじゃなかったっけ?何だかんだ言って、年の最後にはオイシイとこ持っていっちゃうのね、トム君
by mori2fm | 2006-12-22 01:20 | 俳優・女優・監督ネタ

Excite エキサイト : 芸能ニュース“キムタクが日本アカデミー賞辞退”


 ~第30回日本アカデミー賞の優秀賞が19日、都内で発表され映画「武士の一分」の木村拓哉(34)が優秀主演男優賞を辞退したことが発表された。「賞レースには参加しない」という所属のジャニーズ事務所の方針を貫いたためだが、水面下で行われるはずの辞退者が発表の席上で公表される珍しい事態になった。最優秀賞を発表する授賞式は、来年2月16日に行われる。
 「武士の一分」は、優秀作品賞や山田洋次監督の優秀監督賞をはじめ、優秀主演男優賞以外の対象全13部門で受賞した。木村の辞退を発表した日本アカデミー賞協会の富山省吾事務局長は「これだけ受賞されたので、ぜひスタッフやキャストの全員で(木村に)レッドカーペットを歩いていただきたかった」と、無念そうに話した。~




 『何だかな~』って感じですね。別に賞がすべてだとは思いませんが、こういう考え方→~「所属タレントに優劣をつけない」との方針も生まれた。SMAP、TOKIOなど人気グループを複数抱えるため、国内の賞レースでは所属タレント同士で競う場合が毎年のように生まれる。身内のランク付けを避けるため、不参加の方針が貫かれている。~てのは、どうなんでしょ?それって、1タレント事務所の勝手な方針なんじゃないですか?ええやん、どんどんランク付けて競い合っていけば!

 「武士の一分」は、吾輩未だ観に行けてないのですが、やはり前評判が高く今回の日本アカデミー賞でも、他の部門では“総なめ状態”で受賞(優秀賞=最優秀受賞へのノミネート)してる訳ですよ。そんな中、所属事務所の思惑だけで主演俳優が、参加しないってのは…。何か釈然としませんね。

 皆さんは、どのようにお感じになりますでしょうか? 
by mori2fm | 2006-12-20 15:27 | 俳優・女優・監督ネタ

Excite エキサイト : 社会ニュース“<Gグローブ賞>「バベル」菊地凛子さんが助演女優賞候補に


 ~米アカデミー賞の前哨戦とされ、在米外国人記者が選ぶ第64回ゴールデン・グローブ賞の候補が14日発表された。「バベル」で、ろうあの高校生を熱演した日本人女優の菊地凛子(りんこ)さんが助演女優賞にノミネートされた。「バベル」はモロッコや東京など世界各地の出来事が絡まりながら展開する内容で、最優秀作品賞(ドラマ部門)など最多の7部門でノミネートされている。~


 これは、本当に凄いことになってきましたね~。菊池凛子さん!ゴールデン・グローブのノミネーションなんて、快挙ですよ、快挙。これで更に、アカデミー賞のノミネーションも楽しみになってきましたし、その対象作品である「バベル」も、是非とも早く観てみたいですね(ちなみに、日本公開は2007年GW!)。

 他方、コッチはちょっと気になりますね…~また、クリント・イーストウッド監督が「父親たちの星条旗」と「硫黄島からの手紙」で、監督賞にダブルノミネートされた。「硫黄島からの手紙」は外国語映画賞の候補にも選ばれた。~

 う~ん、全編日本語だっただけに、『ひょっとしたら…?』と思ってたんですが、“外国語映画賞”の候補ですか…「硫黄島からの手紙」。いや、そりゃこれでも凄いことではあるんですが、何か残念ですね。別のソース~「硫黄島からの手紙」は外国語映画賞の候補になったが、作品賞候補からは漏れた。~ていう書き方も、何か気にいりませんわ(-。-#)。アカデミー賞にもノミネートされるのは確実だと思われますが、果たしてどのような形になるのでしょうか?その辺りも注目ですね。

 ともあれ、お楽しみはますます増えていきますね。結果はどうなりますやら…期待しましょう!
 
by mori2fm | 2006-12-15 12:56 | 俳優・女優・監督ネタ

シネマトゥデイ“ウィル・スミス、「サイエントロジーに興味なし」とトム・クルーズの誘いを断る”


 ~ウィル・スミスがサイエントロジーへの改宗について、親友トム・クルーズの誘いを断ったことをインタビューで語った。~

 やっぱりどんな宗教でも“勧誘”てのはあるんですね。しかもハリウッドで…。でもねトム君、いい加減に気付いた方がいいよ~。このままでは君は、“サイエントロジーの都合のいい広告塔”でしかないですよ。何を信じようと勝手だけれど、それが世間の物笑いの種になる(本人が、それに全く気付いてないのが一番の問題なのですが)ってのは……。

 その点、ウィル君は偉いね!ちゃんと断ってるし、~「素晴らしいコンセプトだとは思ったけど、僕と妻は組織化された宗教を信じていないんだ。それに僕はバプテスト派の祖母に育てられたからね。サイエントロジストになったら、死んだばあちゃんがびっくりして生き返っちゃうよ」~てな感じの気の利いたコメントも残して、友情に影響が出ないようにも配慮してる。こんな余裕を感じさせる対応、なかなか出来ませんよ。ね!トム君!!
by mori2fm | 2006-12-06 12:39 | 俳優・女優・監督ネタ

Excite エキサイト : 芸能ニュース“仏名俳優のフィリップ・ノワレさん、76歳で死去”


 ~フランス映画界の名俳優、フィリップ・ノワレさんが亡くなったことが分かった。76歳だった。
 役者人生約50年の大ベテランで、1988年の「ニュー・シネマ・パラダイス」では、映写技師のアルフレード役を演じた。~



 か、哀しすぎる~(>_<)。フィリップ・ノワレっていうか、もお吾輩的には、アルフレードなのですよ!あ~もう、最近哀しい訃報が多すぎますよ、ホントに…。

 名優、逝く…。ご冥福をお祈りいたします。合掌…。

 
 
by mori2fm | 2006-11-24 19:22 | 俳優・女優・監督ネタ

シネマトゥデイ:“トム・クルーズ、「名誉市民にはふさわしくない」と市長”


 ~トム・クルーズとケイティ・ホームズが結婚式を挙げたブラッキアノ市の市長が二人の態度に不満を抱き、授与するはずだった名誉市民権を与えないことにしたらしい。二人の姿を一目見ようと大勢の観光客やマスコミが押し寄せた小さな街は、簡易トイレの設置、ボランティアの動員、道路の閉鎖などかなりの犠牲をはらったという。しかし、クルーズとホームズは式後に姿を見せることなくモルジブに新婚旅行に行ってしまったため、巻き込まれた市民はあ然。「せめてバルコニーや窓から手を振ったり、この街へのお礼の言葉があればよかったのですが」と市長はコメントしている。~

 
 1つ前のエントリでも書いたんですが、こりゃひどすぎますな~トム君。ハリウッドセレブはイメージ勝負なのに、これは致命的なイメージダウンじゃないですか?
 しかし、解せませんな~。あれだけファンサービス大好きだった彼が、今回何故な~んもしなかったんでしょうか?ひょっとしてコレって、あの“パラマウント契約解除騒動”が原因だったりするのでしょうか?実はあの過剰なファンサービスは、パラマウントとの契約条項に含まれていた…とか?で、『もお契約は終わっちゃったわけだから、んなめんどくさいことはしなくていい~の!』てな感じになっちゃった…ってことだったりして…。
 あ、今のは全部、吾輩の推測・フィクションでございますから…(^^;。
by mori2fm | 2006-11-24 01:09 | 俳優・女優・監督ネタ

挨拶は大事だよ~。

Excite エキサイト : 芸能ニュース“あいさつなしのT・クルーズに地元住民はがっかり”

 ~米人気俳優のトム・クルーズさん(44)は、女優のケイティ・ホームズさん(27)と18日に当地のオデスカルキ城で結婚式を挙げたが、式後も公衆の前に姿を表すことはなく、地元住民は彼らの態度に失望したようだ。
 式は、関係者以外シャットアウトの厳戒態勢で、クルーズさんが信仰する新興宗教サイエントロジーの方式で行われた。式後も、新郎新婦を一目見ようと詰め掛けたファン、地元住民、マスコミの前に2人が姿を見せることはなかった。~


 う~ん、これはいけませんね~トム君。せっかく地元の皆さんが祝福しようと(単に見たかっただけ、かも知れんが…)してくれてるのに、わざわざイタリアくんだりまで行って、顔見せしないってのはね~。
 あ、でもファンサービス大好き(異常なまでに…)なトム君のことですから、ひょっとしたら『みんなに挨拶してこようよ!』くらいのことは、提案したかも知れないわな。それを彼女が嫌がったとか…(笑)。
 ↑は、吾輩の勝手な推測、フィクションです(爆)。
 ま、結婚式なんてどこで挙げようとご自由に!ですけどね。

 
 な~んてこと言ってたら、こんなことに…
 追加TB→Excite エキサイト : 芸能ニュース“新婚T・クルーズ夫妻、ハネムーンは天候に恵まれず”

 ~米俳優のトム・クルーズさんと女優ケイティ・ホームズさんは、イタリアでの挙式を終え、現在豪華ヨットで新婚旅行先のモルディブを訪れている。2人の旅行プランに詳しい関係者がロイターに対し明らかにした。
 しかし、インド洋の美しい島々での夫妻の初航海は順風満帆とはいかないようだ。21日現在、2人の豪華ヨットが停泊するマレ島周辺の天候は曇りで、予報によると、夫妻が滞在を予定している28日までの間は荒れ模様となる見込み。~



 ほ~ら、罰が当たった!(^^;
by mori2fm | 2006-11-21 10:17 | 俳優・女優・監督ネタ

シネマトゥデイ:ジェラルド・バトラーのストリップでヒラリー・スワンクがケガ

 ~新作映画『P.S.アイ・ラブ・ユー』(原題)の撮影中にヒラリー・スワンクがケガをし、病院に運ばれる騒ぎがあった。関係者がピープル誌に語ったところによると、ジェラルド・バトラーがスワンクの前でストリップをするシーンでサスペンダーが外れず、バトラーが思いっきり引っ張ったところ、スワンクのおでこに金具が当たってしまったという。~


 何ちゅう、お間抜けな話だ(^^;。思わず飲んでた水を、噴き出してしまいそうになりましたわ。 しっかしジェラルド・バトラー(♂)が、ヒラリー・スワンク(♀??)の前でストリップをするって、一体どんなシチュエーションの映画やねんな?題名から察するにコメディなのかな?

 ところでヒラリーといえば、先日観た「ブラック・ダリア」では、彼女にしては珍しい“淫乱女”を演じていましたが、どうもこれまでのイメージから、“女らしい女”というキャラじゃないだけに、チョット…いやかなり観ていてしんどかったですね(共演のスカーレット・ヨハンソンとは、対照的でした)。だから何か、『ヒラリーが男のストリップを見る』っていうシーンを、思い浮かべただけで『何や、そっちの方がピッタリやがな』てな感じで、自然と笑いがこみ上げてきちゃいました。しかも、こんなオチ(“病院送り”)までついて…(^^;。
 
 ま、この映画が公開された時には、このシーンを観るためだけでも、吾輩映画館へ足を運びますわ!
by mori2fm | 2006-11-07 01:47 | 俳優・女優・監督ネタ