人気ブログランキング |

<   2005年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

a0014708_1184565.jpg 
 東映久々のビッグバジェット「北の零年」吉永小百合さま111本目の映画出演作にして、「GO」や「セカチュー」の行定 勲 監督とのタッグ。果たして出来上がりのほどは如何に…?

 時は明治維新。淡路島の稲田家は徳島藩との確執から、新政府により北海道への移住を命じられる。先遣隊として開墾に従事していた小松原英明(渡辺 謙)の許へ移民団の第一陣として、妻の志乃(吉永小百合)や娘の多恵(大後寿々花、成長してからは石原さとみ)等も合流。彼等は主君を迎えるべく慣れぬ土地と日々格闘してゆくのだが、移民第二陣の船が難破したり、廃藩置県により土地は明治政府の管轄となるなど、次々と苦難が降り掛かってくる。しかしそんな中でも英明は希望を捨てず、自らマゲを落としこの地に自分達の国を築くことを決意。馬宮(柳葉敏郎)をはじめ、他の稲田家家臣達もそれに同調する。或る日、英明は自分達の土地でも根付く稲を探すため、札幌へ向うことに。心配する志乃や多恵に『遅くとも半月で帰る』と言い残して旅立つ英明。しかしそれ以降、英明からの音信は一切途絶えてしまう。残された志乃と多恵には、過酷な試練が待ち受けていた…。

 まったくのノンフィクションではないのですが、実話をベースにしているということで、歴史物が好きな吾輩にとりまして大変見応えのある1本でした。“女性の立場から見た物語”というと、とかく昼メロっぽくなりがちな気がするのですが、作品として、繊細でありながら一本芯の通った骨太な作りが為されているという印象を受けました。こんな演出が出来る行定監督は”才人”だと思います。これからもますます精力的に映画を作っていただきたい!
 また渡辺 謙さんが、イイですね。ある意味昨年の「ラスト サムライ」で演じた役柄とは正反対(前回は武士道を貫いて死んでいくサムライ。今回は武士であることを捨てて、生きていく男)の役柄を存在感タップリ(物語中盤、殆ど出てこないにも関わらず…)に演じています。“ハリウッドが認めた男”の魅力はやはり素晴しいモノがありますね。謙さんがスクリーンに映るだけで、“貫禄”という名のオーラが滲み出ていました。役柄的には、チョット赦せない奴なんですが…。

 ところで、主演の吉永小百合様についてですが、吾輩恐らく小百合様の映画を映画館で観るのは、これが初めてだと思います。111本目の映画出演ですか!凄いですね。もお、他に言葉がございません。日本映画の歴史をリアルタイムで歩いておられますね。相変わらずお美しくていらっしゃるし(とても60歳には見えません)…。ただ、パンフレットを見てビックリしてしまいました。小百合様のプロフィールには『何年生まれ』とは書かれてなかったのですが、『59年に映画デビュー』とありました。で、謙さんのプロフィールを見るとそこには『1959年…生まれ』つまり小百合様の映画デビューの年に、謙さんがお生まれになった…!おいおい、さすがにこのキャスティングにはチョット無理があるんじゃないでしょうか?如何に小百合様がおキレイとは言え、そりゃ小百合様が年上ってのはわかってましたが、改めて認識しちゃうとね~。
 でも小百合様は確かにすばらしいと思いますが、もうそろそろ次代を担う“小百合様クラス”の女優さんに台頭してきてもらいたいモンですな。日本映画の将来のためにも…。

 「北の零年」は、ただいま絶賛公開中です。上映時間2時間48分(!!)。でも観ていてそんなに長く感じません。北海道が如何にして開拓されていったのかを、日本人としてリキ入れて、映画館でその目にシッカリ焼き付けてください!


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!

 
by mori2fm | 2005-01-31 01:35 | 映画評 日本映画 か行

 先日、映画館でキアヌ・リーヴス最新作「コンスタンティン」(ワーナー・ブラザーズ)の予告編を観た。聞くところによると、この映画もアメコミが原作らしいのですが、主人公コンスタンティンには人間が見ることのできないモノ(霊とか)が見えてしまう能力があるという設定らしい(←ゴメンなさい、未だ詳細よう知りませんの…泣)。
 で、映像を見て思い出された映画が幾つか…「マトリックス」シリーズ、「JM」「ディアボロス/悪魔の扉」…ん?これってみんなキアヌの主演作ではないか!何か、過去の作品のオイシイところがミックスされてるような気がするんですが…(イイとこだったら、いいんですけど…笑)。おまけに共演は“ハムナプトラねえちゃん”レイチェル・ワイズ!もう何となく、どんな映画になるか予想できそうですね。
 でも予告を観てる分には面白そうだったので、期待して待ってましょう(決してケナしてるわけではございません。誤解のないように)!

 「コンスタンティン」はG,W全国ロードショーの予定です。

↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-28 01:33 | 新作映画ネタ

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“アカデミー賞、「アビエイター」が最多11部門でノミネート”←にトラバ。

 さあ、いよいよですね。「第77回アカデミー賞」そうですか「アビエイター」が11部門でノミネートね。当然主演男優賞候補でディカプリオも入っておりますな。今回はノミネートすらされなかった「タイタニック」のときのリベンジ成るか?って感じですかね。まあ、本人がそんなこと考えているかどうかはわかりませんが…。あとはクリント・イーストウッドが監督した「ミリオンダラー・ベイビー」とジョニー・デップの「ネバーランド」が7部門で、「Ray/レイ」が6部門、「サイドウェイズ」改め「サイドウェイ」が5部門のそれぞれノミネートを受けたそうです。

 何か今回はたくさんノミネートされても、どれだけ獲れるかワカランほどの混戦だそうでして(去年は「ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還~」の総ドリでしたが)。レオ様もまだまだ安心できませんな。これまでにも、たくさんノミネートされながら総スベリ!なんて作品もいっぱいありましたから…。
 さて、全世界注目の発表は、日本時間2月28日午前9時50分から。お楽しみはこれからだ~!!


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-26 17:55 | 映画小ネタ

a0014708_17281967.jpg
 「オーシャンズ11」再び!あの豪華キャストが再結集!!「オーシャンズ12」(ワーナー・ブラザーズ)。ただの再結集ではございません!更にはあの人も、え!あんな人までも!?てな感じで。皆さんギャラは格安なんだそうですが…。

 カジノ王ベネディクト(アンディ・ガルシア)の金庫から大金をせしめて3年…。“オーシャンズ11”の面々はそれぞれに、悠々自適な日々を過ごしていた。そんな或る日、テス(ジュリア・ロバーツ)との結婚3周年を祝うべく外出していたオーシャン(ジョージ・クルーニー)の留守中に、ベネディクトが現れ、『2週間のうちに盗んだ金全額と利子をつけて返せ』とテスに告げて去っていく。ライナス(マット・デイモン)や他のメンバーのところへもベネディクトは現れ、同じことを通告していく。慌てた“オーシャンズ11”は足りない金額を補うための盗みを計画。アメリカ国内では派手に動けないと判断した彼等は、ラスティー(ブラッド・ピット)の提案で一路アムステルダムへ。しかし、やっとのことでありついた最初の仕事も、ヨーロッパ一の泥棒ナイトフォックス(ヴァンサン・カッセル)に先を越されてしまう。実は今回の一件、裏でこのナイトフォックスが大きく関わっていたのだった。更にはラスティーの“元カノ”でユーロ・ポールの捜査官イザベル(キャサリン・ゼダ=ジョーンズ)までが、この件を知ってしまい“オーシャンズ11”は最大のピンチに追い込まれてしまう…。

 前作の“まったり”した展開よりも今回は遥かにテンポがよく、観ていてとっても楽しめました…てな、お決まりのレヴューはこの映画には要りません!だってね、出演者一同だ~れもまともに演技なんてしてませんよ(笑)!『気の合った仲間が一緒に集まって、ヨーロッパ旅行をしながら1本の映画を作った…』もうそんな空気がスクリーンから直接伝わってきますから。で、これがまた面白いから困ったモンだ(笑)。前作の豪華メンバーだけでも充分凄いのに、キャサリン姐さんに、欧州代表ヴァンサン・カッセル!更に極めつけはカメオ(まったくの…ラストのクレジットにさえ出てきません)出演で、こんな人(←※ネタバレ)まで出てきます。しかもとんでもない役柄(himself!)で…。もお、なんでもありですわ。
 そりゃギャラは格安(っつても、我等凡人からするとそれでもべらぼうな額の筈…)でも、これだけ楽しけりゃみんな集まるだろうし、ほとんど遊んでたんでしょうな~。ラスト近くでキャサリン姐さんが、肩ムキ出しのドレスを着てますが、見事なくらいキレイに焼けてましたから…地中海の日差しはさぞや熱かったんでしょうね(笑)。最後のパーティーのシーンなんて、おそらく打上げをそのまま撮影してたんじゃなかろうか…?
 
 ツッコミどころは満載なれど、『そういうモンだ』と割切って観に行けばこれほど面白い映画も無いと思います。ある意味この映画が製作できたのはプロデューサー、ジェリー・ワイントローブスティーブン・ソダーバーグ監督の“人徳”の為せる業に負うところが大きいと思いますので、そこは一映画ファンとして敬意を表すると共に感謝したいと思います。『楽しいイベント(笑)をどうも!』

 ところで、先日プロモで来日したジョージ・クルーニー達が『もし次に「オーシャンズ13(仮称)」を作るなら、舞台は東京になる』とか言って帰ったらしいけど、ホントかな~?

 「オーシャンズ12」は「ハウル…」を引きずりおろして(笑)、ただいま絶好調公開中です。さあ大スター軍団の“素の演技”を観に、あなたも映画館へ…。

a0014708_17285547.jpg


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-26 17:21 | 映画評 外国映画 ア行

Excite エキサイト : 芸能ニュース“「亡国のイージス」音楽はハリウッド巨匠”←にトラバ。


 トレヴァー・ジョーンズ~!?凄いですね~!!こりゃ否が応でも期待が膨らみますな~。決して名前負けだけはしていただきたくないもんでして…。とにかく今年の夏は、いろんな作品(大作)が目白押しで、いまからとっても楽しみですね!


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-24 20:48 | 新作映画ネタ

a0014708_044039.jpg 
 “「ピーター・パン」の実話(笑)”ではなく、“「ピーター・パン」誕生にまつわる実話”を基にした映画「ネバーランド」(東芝エンタテインメント)。素直な心で観ましょう。決して斜めに観ないで…。

 1903年、ロンドンに住む劇作家バリ(ジョニー・デップ)は、フローマン(ダスティン・ホフマン)の劇場で新作を発表するが、失敗。落ち込みながら、愛犬と公園を散歩中に未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と4人の幼い息子たちに出会う。子供のような心を持つバリと、4人の子供たちはすぐに親しくなるが、そのなかで三男のピーター(フレディ・ハイモア)だけは、どこか冷めた目をしてバリに接していた。父親の死以降、ピーターは『早く大人になろう』と思い、努めて大人びた振る舞いをしているのだった。バリと子供たちの交流は日々続けられた。その最中バリは次の芝居のヒントを、子供たちとの触れ合いから見出していく。しかし彼等の純粋な関係は世間にあらぬ噂をふりまき、それはシルヴィアの母であるデュ・モーリエ夫人(ジュリー・クリスティ)やバリの妻メアリー(ラダ・ミッチェル)をも巻き込んだ、複雑な様を呈していく。やがて、バリの新作「ピーター・パン」初演の日。彼等に思いがけない不幸な出来事が…。

 いいですね、ジョニー・デップ。前作「シークレット・ウィンドウ」を未見の吾輩にとって、「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」以来、久々だったのですが、ジャック・スパロウ艦長とは打って変って(でも作中、ジャック・スパロウみたいなこともやっているんですがね…笑)非常に抑えめの演技を見せてくれます。矛盾しているようですが、“いつまでも子供の心をもつ大人”を演じたジョニーは、これまでで一番の“大人の演技”をしていると思います。この人に、こんな一面があったのか…と関心してしまいました。
 とかく、涙腺がゆるい昨今ですが、この映画もオーラのように『泣いてくれ~』っていうのがよ~く伝わってきます。でも決して嫌味っぽくなく、さり気なく伝わってくるのが心地よかったですね。何か、その空気に触れてしまってどうってことないシーン~「ピーター・パン」初演のシーンで、ピーター・パンが初めて舞台に登場する場面~でも『ああ、そのとおり!昔絵本で読んだなあ…』などと思い、気がつけば目頭がジワ~っと熱くなっておりました。とても優しく、暖かい空気に包まれた映画です。
 
 冒頭にも書きましたが、あまり斜に構えて観ないでください。何の色メガネも掛けず、あなたの感性のみでご覧になることをお薦めします(こんな映画評も、参考になさらずに…笑)。きっとあなたの“ネバーランド”を垣間見ることが出来ますよ!

 「ネバーランド」はただいま全国公開中です!いつまでも子供の心を持つ俳優ジョニー・デップの、しっかりとした大人の演技を、ぜひ映画館でご覧下さい。そしてその後は、一緒に空を飛びましょう(笑)!
a0014708_0443176.jpg


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
 
by mori2fm | 2005-01-23 00:35 | 映画評 外国映画 ナ行

Excite エキサイト : 芸能ニュース“15分だけキッドマン3年3カ月ぶり来日”←にトラバ。

 オメガのPRイベントに15分ほどだけ、現れたそうですねニコール・キッドマン。映画のPRではなく、新商品のPRのために…。3年3ヶ月ぶりって、まさかもう帰っちゃったんでしょうか?ある意味凄いですね!女優が自身の映画のPRを一切せずに、商品のCMだけするためにわざわざ日本に来るなんて。一体どのくらいのお金が動いておるのでしょうかね?我等凡人には、まったく計りしれん世界のお話ですな。離婚しようが、何しようが、転んでもタダでは起きん“ハリウッドのトップ女優”は素晴しい(?)ですね。今度は映画のPRでいらっしゃいませ~!!

↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-23 00:09 | 俳優・女優・監督ネタ

 間もなく公開「アレキサンダー」(松竹/日本ヘラルド)のPRに、あのコリン・ファレルとオリバー・ストーン監督が来日してたんだそうな

 『いつ来てた?(笑)知らんかった!』


 何、14日に東京で記者会見やったって?またえらいタイミングに来日してるんやな~。折しも東京は「オーシャンズ12」ご一行様の来日で大騒ぎしていた最中でしょ(あ、帰った直後でしたっけ)?何とコリン君、今回が初来日だったそうじゃないですか。もうちょっと考えて日程組んであげなさいよ~。これではあまりにもカワイそうだわ。扱いが地味すぎて…。こんなんで大丈夫なのか~?「アレキサンダー」アメリカでも、思ったほど当たらなかったって話しだし、何か公開前から先行き不安ですな。でも、歴史スペクタクル物は大好きなので、個人的にはがんばっていただきたい!応援するぞ!!

 そんな訳で「アレキサンダー」は、2月5日(土)から全国ロードショーです。さあ、コリン君も来日してくれたことだし、みんなで応援しに映画館へ行きましょう!

↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-19 02:57 | 新作映画ネタ

Excite エキサイト : 芸能ニュース“ゴールデングローブ賞、「アビエイター」が受賞”←にトラバ。

 「アビエイター」ですか…こういう風に書くと、何か俄然『アカデミー賞も!』とか思いがちですが、ゴールデングローブ賞てのは、結構クセ者(笑)でして…「アビエイター」はあくまでも“ドラマ部門”の作品賞を受賞したわけでして、“ミュージカル・コメディー部門(何で分けちゃうかな~?)”の作品賞は、いまのところ各映画賞で圧倒的な強さを誇っている「サイドウェイズ」が受賞してるんですよね。だから、今回は“両雄並び立つ!”てな感じになってるんですが、部門分けされないアカデミー賞では果たしてどちらに軍配が上がるのでしょうか(いや、意外と全然関係ない作品がかっさらっていったり…それはないかな!)?
 
 同様に主演男優部門も、ディカプリオとジェイミー・フォックスが分けあってますね。こちらの方も注目ですな!さあ、ますます勝手な予想に拍車が掛かりそうで…(笑)。


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-17 23:15 | 映画小ネタ

a0014708_2224416.jpg 
 スティーブン・スピルバーグ監督トム・ハンクス3度目のタッグ!「ターミナル」(UIP)このクソ寒い冬を、暖かくしてくれる“ハ~トウォ~ミング・ム~ビ~”に仕上がっています。うん、いい映画なんだけどね~…。

 NYの大空港に降り立った1人の男ナボルスキー(トム・ハンクス)。東欧の小国“クラコウジア連邦”からやって来た彼は入国審査の際、空港警備局に呼び出される。警備局の主任ディクソン(スタンリー・トゥッチ)は、クラコウジアでクーデターが発生して、ナボルスキーのパスポートは無効となったことを説明するが、英語が殆ど話せないナボルスキーには、なかなか通じない。そんな彼にディクソンは『空港から1歩も出てはいけない』と告げる。何とか、事の次第を理解したナボルスキーはその日から空港の国際線ロビーで寝泊りする破目に。誰もが(通達したディクソンでさえ)『すぐに解決するさ』と考えていたこの出来事は、やがて国際線ロビーに集う様々な人たち…清掃職員やショップの店員、そしてフライト・アテンダントのアメリア(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)…を巻き込んで、誰もが予想しなかった長期化の様相を呈していく…。果たして、ナボルスキーは何のためにアメリカへやって来たのか?そして彼は無事アメリカの土を踏むことが出来るのだろうか…?

 冒頭に書いたように、とにかく全篇“ほのぼの”ムード満載。スクリーンに出てくる人すべてがイイ人で、『こんなに毒気のない大作映画も昨今珍しい(イイ意味で)な~』と感じました。唯一の悪役(?)を一手に引き受けたスタンリー・トゥッチも、彼の持ち味(生真面目すぎて、融通が利かない)を充分に発揮して、非常に役得な演技で、観客を楽しませてくれます。彼は本当に上手な役者さんですね。次回作(「Shall We ダンス?」)が楽しみです。そして今回特筆すべきは、あの“キャサリン姐さん”が非常に普通な(?)役柄を好演していることでしょう。不倫関係に疲れ、偶然出会ったナボルスキーの素朴な優しさに触れ、心が和まされていく…。これまで、男を掌の上で意のままに操っているような役柄のイメージしかない吾輩にとって、この映画のキャサリン姐さんは、とても意外であり新鮮であり、そして何より“カワイらしい”と感じられました。このキャスティングは果たして誰のアイデアだったのでしょうか?実に素晴しい結果となったと思われます。
 
 本当にほのぼのムービーでよかったのです…が、しかあし!スピルバーグの映画としては『エライこじんまりとした地味な映画やな~』と感じられてしまいました。トム・ハンクスを主演に据えているというのにです。“ごく普通のよく出来た映画”ではあると思うのですが、スピルバーグにしては…と思えてしまうのです。彼も寄る年波には勝てずに、このままパワーダウンしていってしまうのでしょうか?そういった意味でも、今夏公開の次回作「宇宙戦争」で、どのくらい巻き返してくれるか…?いまから楽しみではあります。

 「ターミナル」は、ただいま“ほのぼの”全国公開中です。あ、受験生の皆さん!作中トム・ハンクス扮するナボルスキーが実践する英語の学習法は必見です。あれを観ると『なんだ英語って簡単じゃん!』と思えること間違いなしです。さあ、今すぐ映画館へ!
a0014708_223743.jpg


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
by mori2fm | 2005-01-16 02:14 | 映画評 外国映画 タ行