<   2005年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“リチャード・ギア、中国政府批判”

 ~米俳優リチャード・ギア(55)が中国政府への怒りを爆発させた。ギアは28日、都内で行われた映画「Shall we Dance?」(ピーター・チェルソム監督、4月23日公開)の会見に出席。終了後、にこやかに写真撮影に応じていたが、突然、壇上から降りて司会者のマイクを奪った。「映画に関係ないけど」と前置きした上で「中国で反国家分裂法が制定されたことに強く反対します。小泉首相の見解と同様、中国に武器が輸出されることを絶対反対します!」。約600人の取材陣を前に、最後は胸の前で両手を合わせて訴えた。同法は、台湾が中国からの独立を宣言した場合に武力行使を容認するというもので、台湾で反対運動が起きている。
 ギアはこれまでも中国政府批判を繰り返してきた。93年にはアカデミー賞授賞式にプレゼンターとして出席し「中国政府がチベットを抑圧している」と発言。政治的発言をしたとして、その後の同賞授賞式から追放された経験もある。~


 別にこのブログで、『思想がどうの…』とかとやかく言うつもりはございません。でもね、リチャード・ギアはエライと思うんですよ。周囲からどう見られようが、例え圧力を受けようが、己の信条を世間の人々に対して堂々と表明して訴え続けていますよね。特に相手はアノ中華人民共和国だというのに、一向にひるむ気配を見せないのは立派です。
 それでいて彼は、決してゴリゴリの政治思想家ではなく、世界中の人々を楽しませる一線級の“エンターティナー”であり続けています。

 正直、何も出来ない(いや、する能力を持ち合わせていない)アホな政治家どもより、余程世界に対しての影響力は大きいと思います。だからこれからもギア様にはがんばってもらいたいものです(だからと言って、『どこかの知事になる!』とか言い出さないでくださいね…笑)。


「Shall we Dance?」はGW全国ロードショーです。そ、彼はこの映画のプロモーションに来たのです。お忘れなく…。


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-29 10:30 | 俳優・女優・監督ネタ | Trackback(2) | Comments(2)

a0014708_16213058.jpg 
 前作「ブリジット・ジョーンズの日記」から3年。あのブリジットが帰ってきた!「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」(UIP)…ながっ!こういうのこそ略しましょう。はい「ブリきれ」です…(笑)。

 スッタモンダの騒動の末、マーク(コリン・ファース)と付き合うことになったブリジット(レニー・ゼルヴィガー)。とにかく2人はラブラブで、付き合い始めてからというものお互いを求め合い心もSexも満ち足りた日々を過ごしていた。しかし、人権派の弁護士であるマークに付き添い法曹界関係者のパーティーに出席したブリジットは、そこで自分とマークの住む世界が違いすぎることを痛感させられる。更にそのことについてマークがフォローしてくれなかったことや、『職場の同僚だ』と言い切る女性との関係を疑ったブリジットは、あろうことかマークを罵った挙句別れの言葉を口にしてしまう。後悔するブリジットだが、時既に遅し…それ以来、幾ら待ってもマークからの連絡は来なかった。そんな或る日、以前は付き合っていたが、今や忌み嫌う対象と成り下っていたダニエル(ヒュー・グラント)と仕事で組む破目になってしまったブリジットは、彼と共に取材でタイへ行くことに。しかしその行く手には、彼女の人生史上最悪の災難が待ち構えていた…。

 確かこの映画の前作って、イギリスの新聞のコラムに連載された“30ン才で未婚”のブリジット・ジョーンズという架空の女性の日記が原作でしたよね?で、全世界女性の圧倒的支持を受けて、大ベストセラーから映画化されたってはずだったと思うのですが…。女性の皆さんにお伺いします『ホントに、こんな女性に共感を持たれますか?』
 非難を受ける覚悟で申し上げますが、この映画のブリジットってタダのバカな女じゃないですか!前作では確かにまだ共感持てるところはあったと思う(っていうか、まだおバカ加減が可愛らしいモノだった)のですが、今回のはチョットやりすぎだと思います。少なくとも吾輩はあんなことする女性が“カワイイ”とは思えないし、“チョットダメでドジなところもある…”なんて宣材には書かれてますが『あれのどこがチョットやねん?』とスクリーンにツッコミ入れまくってしまいました。もおず~っと観ながら思ってました『コイツは世の中ナメとる!』と。
 世の女性の皆様!この映画を観て『あっ、こんなのでもチャンと幸せになれるんや!』とかって思わないでくださいね。少なくとも世の男性の大半が、マークやダニエルみたいなのばかりではございませんので…。ていうか、この2人もバカですわ。この映画出てくる人間み~んなバカばっかり(笑)!映画としての出来も途中までは“クスクス”笑ってられたのですが、ブリジットがタイへ行く辺りから『何じゃこりゃ?まるで「Mr.ビーン」やないか』と思えるくらい、ハチャメチャになります。はっきり言って前作とは全く別のジャンルの映画になってしまっています。うん、これもやりすぎ…。

 レニー・ゼルヴィガーも役のためとはいえ、アソコまで太る必要があったのでしょうか?いやそりゃ確かに、前作でも太ってましたが今回は更に輪を掛けて、まあ見るも無残な“肉の塊”と化しております。ハッキリ言ってこれもやりすぎ…。

 映画は面白いにこしたことはないのですが、『面白けりゃ、何でもいい』ってモンでもないと思います。そういった観点からもこの「ブリきれ」は、すべてにおいて度が過ぎていたような気がします。何せ、笑いながらも時間が経てば経つほどムシャクシャしてきましたから…(笑)。

 「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」は、ただいま全国ロードショー中です。女性の皆様、この“無敵の勘違い女”を反面教師(笑)として映画館へ観に行ってくださいませ。

a0014708_16215366.jpg


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-27 02:14 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(7) | Comments(12)

a0014708_16223275.jpg 
 映画館で、この映画のチラシを初めて見た時『またこんな動物主役の、お涙頂戴映画か…』と、半ばバカにしておりました「いぬのえいが」(ザナドゥー)。で、結局チラシの可愛らしさと、犬童 一心 監督をはじめ、数名のCMディレクター達が幾つかのエピソードを撮るという形態と、多くの“旬”な俳優が出演しているという点に興味を惹かれて観に行ったのですが…。

 メインとなるストーリーは、中村獅童演じる冴えないCMプランナーと、彼の少年時代に共に遊んだ柴犬“ポチ”との交流をテーマに描かれていて、そこに様々な犬とのふれあいを描いたエピソードが繋がれていくのです。これがまったくメインのストーリーとは無関係だったり、実は繋がっていたり、はたまたホントに関わりの無い“アニメ”だったり(しかも結構“ブラック”な)…で、ず~っと観ていて『まあ、犬が主役(?)やからホノボノとしててイイんやけど、もう少しまとめておいてほしいな~』何て漠然と思っておりました。
 
 しかあし!ラスト20分辺りから流れた「ねえ、マリモ」というエピソードにはマイッタ!マリモという犬と飼い主の少女、美香(宮崎あおい)との物語で、マリモの誕生からその死までをそれぞれの立場から語っているのですが、もお号泣!みっともない話ですが…。このエピソードを観るだけで『飼い主と犬との関係』がいかに素晴しいかってことがダイレクトに伝わってきます。もお何も申せません。ズルイです。ハッキリ言って反則です。いやもお“飛び道具”(笑)ですよ、このエピソードは。それまで観てたモノ、吹っ飛ばされてしまいましたわ。殆ど覚えてません。このラスト20分の為に、この映画を観に行く価値は充分にあります(但し犬嫌いの方は不可)!

 吾輩の実家にも“Gon太”という老シー・ズーがおりますので、余計に感情移入しちまったていうのはあるんですけど、それでなくても掛け値なしに泣けます!ああ、すっかり製作者の思うつぼだわ…(笑)。

 さあ、春休み。親子、カップルどんな組み合わせでも結構です。人間と愛くるしい犬たちが繰り広げる、ハ~トウォーミングストーリー「いぬのえいが」を映画館で是非みてほしいんだワン!!



a0014708_1622508.jpg
↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-25 01:33 | 映画評 日本映画 あ行 | Trackback(4) | Comments(8)

 間もなく公開「クライシス★オブ★アメリカ」(UIP)デンゼル・ワシントンメリル・ストリープの共演ってことで、アメリカでの公開情報を聞いて以来、日本で上映される日を楽しみにしておりました。で、『3月に公開される』と決まってからも『早く観たいな~』と思い続けておったのですが、どうも吾輩の周辺ではチラシやポスターの類を見た事がございませんでした。何か嫌~な予感がして『もしや?』と思い、公式HPを見てガックリ…。そこには“3月26日より 全国ユナイテッド・シネマほかにてロードショー”の文字が…。

 ユナイテッド・シネマ~!?んなモン、近所にねえ~よ~!一番近くてどこよ?え、大津?!勘弁してよ~。なんでそんなに、或る一社のシネコンで独占上映みたいな形が増えてきてるのかな?そりゃ作品によっちゃあ、そうした方が儲かるってのもあるんでしょうけど、こんなのが増えると“観られない映画”が増えてきちゃうじゃないですか!アート系やミニシアター系の映画ならいざ知らず、一応“ハリウッド大作”と呼ばれるモノは、全国で公平に観られるようにしていただきたいと切に願うモンです…。

 あ~あ、多分行けねえだろうな~「クライシス★オブ★アメリカ」。ただでさえ、仕事が一番忙しくなる時期だけに…。チェっ!!

 結局「Ray/レイ」行けず仕舞い…(大泣!)。


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-22 01:48 | 映画小ネタ | Trackback | Comments(2)

 先日タラちゃん、「13日の金曜日」を撮る?てなエントリを書かせていただきましたが、どうやらガセネタだったようです(泣)。ネタ元はコチラ

 ~「確かに話はあったけど、その記事はまったくのでっちあげ。もちろんホラー映画は撮りたいよ。でもそれは『13日の金曜日』じゃないね」~なんだそうで…。

 組み合わせ的には、非常に面白いと思ってたので少々ガッカリしました。でもタラちゃん、ホラー映画には興味がおありなようで。何なら、いま流行の“ジャパンホラー”のリメイクにでも挑戦してくんないかな?血まみれの「リング」とか…ダメ(笑)?

 コチラもどうぞ→web-tonbori堂ブログ「クェンティンは13金はやらないといっている件について」


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-18 01:46 | 映画小ネタ | Trackback | Comments(0)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“ハウル全米で6月公開…ローレン・バコールら声優”←にトラバ。

 ~宮崎駿監督の人気アニメ映画「ハウルの動く城」が、今年6月から全米で公開されることが決まった。
 配給はウォルト・ディズニーで、6月10日にロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコで先行公開され、全米60都市で拡大公開される。
 英語吹き替え版では、ソフィーをジーン・シモンズ、ハウルをクリスチャン・ベール、荒地の魔女をローレン・バコールが担当する。
 日本での「ハウル」の観客動員数は1422万人を既に超え、宮崎監督の「もののけ姫」を抜き日本映画歴代2位を記録している。~
なんだそうな。

 「千と千尋の神隠し」よりは、外国でも解り易い内容だとは思うな。何せ「ハウル…」はダイアナ・ウィン・ジョーンズ原作…言わば“洋書”な訳ですから。吾輩未だに「千と千尋…」がアカデミー賞を獲ったっていう事実に“?”でございまして。『アメリカ人は、ホントにあの話が理解できたのか?』と疑って掛かってますので(いや、受賞したことは嬉しいんですよ。日本人として)…。

 しかし、キャスティングは豪華ですね。クリスチャン・ベールジーン・シモンズ極め付けはローレン・バコール。日本のアニメは、ホント世界で認められてるんですね。これは嬉しいコトです。さあ、もう一回オスカー獲りに行きましょうか!そして今度は、ちゃんと授賞式に行きましょうね!宮崎監督!!


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-17 21:45 | 映画小ネタ | Trackback(3) | Comments(8)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“「あぶない刑事」復活、7年ぶり映画化”←にトラバ。

 ~舘ひろし(54)柴田恭兵(53)共演の人気シリーズ「あぶない刑事(デカ)」が、7年ぶりに映画化されることが16日、分かった。6作目になる最新作のタイトルは「まだまだあぶない刑事」。浅野温子(44)仲村トオル(39)らレギュラー陣も再結集し、韓国ロケや、Jリーグ公式戦の試合中のスタジアムを舞台にしたクライマックスなど盛りだくさんのアクションエンターテインメントにこだわる。今日17日にクランクインし、今秋公開の予定。
 破天荒な捜査で事件を解決してしまうユニーク刑事コンビ、タカとユージが、スクリーンに帰ってくる。~
なんだそうです。

 「あぶない刑事」復活!いやあ~、凄いですね。あの“タカ(舘ひろし)&ユージ(柴田恭兵)”のコンビがまたまた帰ってくるんですね。吾輩の青春時代、最も楽しんで見ていたテレビドラマシリーズですから、もお素直に嬉しいですね。

 しっかし、主演の2人とも今や50代(!)半ばですか。う~ん、正直昔のように走れるのかな?とか不安に感じたりもするのですが(何せ7年前の前作「あぶない刑事フォーエヴァー」でも結構キツそうだったし)…。まあ、でもオーバー70歳の藤田まことでさえ、いまだにヒラ刑事で現場張ってるんですから、まだまだこの2人も老いてなんかいられませんよね!

 ところで「あぶ刑事」と言えば、吾輩やはりあの“港303”こと金色のレパードを思い出してしまいます。カッコよかったな~!前作では確か、外車に乗ったりしちゃってた“タカ&ユージ”ですが、ここはひとつ原点回帰ってことで是非日産車の覆面パトでキメテもらいたいモンですね。う~ん、今なら“フーガ”“スカイライン”辺りかな。あ、大穴でコイツもカッコイイかも…?

 そんなわけで「まだまだあぶない刑事」は今年の秋、全国ロードショーだそうです。ところで今の若い人たちは知ってるのかな?知らない人も是非映画館へ。舘ひろしは“ボス”じゃないんですよ(笑)!

↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-17 21:12 | 新作映画ネタ | Trackback(1) | Comments(3)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“「ロード・オブ・ザ・リング」がミュージカルに”

 ~ [ロンドン 15日 ロイター]  J・R・R・トールキン原作のファンタジー小説「指輪物語」を映画化してアカデミー賞を総なめにした「ロード・オブ・ザ・リング」がミュージカルとして登場する。製作関係者が15日、ロイター通信に明かした。
 ミュージカル版は2006年3月、トロントで開演、その6カ月後に舞台をロンドンに移す。
 ただ、世界で30億ドル(約3135億円)を売り上げた映画3部作のように目もくらむような特殊効果を出さず、原作を忠実に再現するという。~
なんだそうです。


 う~ん、凄いニュースだと思うんですが、これを見て一番最初に思ったのは、『どんな内容になるのかな?』ではなく『一体、何時間ヤル気やろ?』(笑)でございました。要するに「オペラ座の怪人」の逆バージョンですが、特撮のない「ロード・オブ・ザ・リング」ってのはどうなんでしょう?て、いうかどうやってホビット族を舞台で再現するか…だと思うのですが。

 さあ、果たしてミュージカルでも名作と言われるようになるのか?それとも“大失敗作”になっちゃうのか…。注目ですね。


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-16 17:52 | 映画以外ネタ | Trackback | Comments(3)

 a0014708_20214261.jpg 
 今年は日本映画の“大作”が目白押し。特に福井 晴敏原作のいわゆる“軍事アクション物”が、3本も上映されるのが注目されています。その先陣を切って公開されたのが、この映画「ローレライ」(東宝)。期待に違わず「ドラえもん」のいない春の映画興行を引っ張っているようです。 公開2週目でアニメ映画に抜かれたのは、ご愛嬌ってことで…。

 太平洋戦争末期の昭和20年8月6日。広島に原子爆弾が投下され、敗色濃厚の日本は更に窮地に追い込まれていた。海軍軍令部大佐の浅倉(堤 真一)は、特攻に反対して閑職に追いやられていた絹見少佐(役所 広司)に『戦利潜水艦“伊-507”に乗艦し、新たな原爆の投下を阻止せよ』と指令を下す。伊-507には先任将校として、絹見と旧知の木崎(柳葉 敏郎)をはじめ、軍医の時岡(國村 隼)、機関長岩村(小野 武彦)等ベテランの軍人たち、そして伊-507に搭載されている特殊潜航艇の操舵手として配属された折笠一曹(妻夫木 聡)等、若き特攻隊員。更に特殊兵器〈ローレライ・システム〉の専任者として軍属技師・高須〈石黒 賢〉が乗艦した。南太平洋のテニアン島に在るアメリカ軍の原爆搭載機発進基地を叩くべく、定員に満たない寄せ集めの乗員たちで伊-507は出撃する。任務を成功させるには、援軍なしでアメリカ海軍太平洋艦隊の防衛網を突破しなければならない。その任務の成否を握る特殊兵器〈ローレライ・システム〉。この兵器を起動させる重要な役割を果たす少女パウラ(香椎 由宇)の存在に、高須を除く乗員の誰もがこの時未だ気付いてはいなかった…。

 昔、「宇宙戦艦ヤマト」や“角川アニメ”などが夏休みや、冬休みの度に公開されていたときに感じたような何ともいえない高揚感(=ワクワクした感じ)と同じようなモノを、上映前の映画館の座席に座って感じていました。日本映画でこれだけ“ワクワク”させられるのは、ホントに久し振りではないでしょうか?フジテレビ製作という利点を存分に使って、宣伝も煽りまくってましたから何か“ワクワクさせられた”って気持ちもするんですが…。この映画は、その高鳴る期待に充分応えてくれます。

 潜水艦映画ということもあって、キャスティングは男ばかり。ともすれば、“暑苦しく”なりそうですが、俳優それぞれが持ち味を出して、イイ演技を見せてくれます。役所 広司が貫禄タップリに艦長を演じれば、妻夫木クンは若さで、この時代に生き残ってしまった人間の苦悩を、我々に見せてくれます。
 その気になれば、ツッコミたいところは山ほど(例えば、昭和20年に何でハンズフリーで喋れるのか?とか、潜水艦から出られないパウラはどうしてあんなに“お目々パッチリ”で“眉毛クッキリ”なのか?そして何より終戦間近な日本にしては、みんな小ぎれい過ぎやせんか?とか…笑)有るのですが、それらをふっ飛ばして2時間8分観客を引っ張ってくれるパワーが、この映画には有ります。特撮界でその名を轟かせた樋口 真嗣の監督デビューは満点に近い船出と言えるでしょう。

 “スケールのデカイ日本映画”っていうのは、やはり日本人として単純に嬉しいですね。『これだけのことが、日本映画でもできるんだ!』と思わせてくれる…そんなパワーをもった日本映画に、これからもっとたくさんお目に掛かりたいモンです。

 「ローレライ」は、ただいま絶賛航海…もとい公開中です。日本映画が見せる大和魂を、映画館で是非ご覧ください!

a0014708_202231.jpg


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
 

 
[PR]
by mori2fm | 2005-03-16 17:27 | 映画評 日本映画 ら行 | Trackback(14) | Comments(11)

 a0014708_20205988.jpg 
 先行ロードショーで行ってまいりました「ナショナル・トレジャー」(ブエナビスタ)ジェリー・ブラッカイマー印の映画としては、何か久々に“スカッ”とした感じの映画です。深く考えずに、楽しんじゃいましょう!

 歴史学者で冒険家のベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)は、幼い頃祖父(クリストファー・プラマー)から聞かされた“伝説の秘宝”の行方を追っていた。謎の鍵を握る船を見つけ、そこに残されていた手掛りから秘宝の秘密が“合衆国独立宣言書”に隠されていることをつきとめるが、スポンサーであるイアン(ショーン・ビーン)と『宣言書を如何にして手に入れるか?』で対立。宣言書を盗もうとするイアン達を止めるため、FBIや宣言書を保管する公文書館の管理責任者アビゲイル博士(ダイアン・クルーガー)に、宣言書の危機を訴えるものの誰も相手にしてくれない。そこで『宣言書を守るため』ベンは自ら宣言書を盗むことを決意し、厳重な警備網を破るべく天才的ハッカーのライリー(ジャスティン・バーサ)と共に計画を練る。公文書館でパーティーが開催された夜、ベンは計画を実行する。同じ頃、イアン達も行動を起こしていた…。

 “「インディ・ジョーンズ」シリーズと「ハムナプトラ」シリーズを足して2で割って、それを現代風にアレンジした”ような作品で、良くも悪くもハリウッドが作る典型的な“アクション・アドベンチャー・ムービー”でございました。だからある意味安心して観ていられたんですが、逆に少々物足りないかな?と感じたところもございました。
 でも冒頭にも書きましたように、“ジェリー・ブラッカイマー”印の映画としては「パイレーツ・オブ・カリビアン…」以来久々に“らしい(=観終った後、特に何も残らないけどとにかく『スカッ!』とした気分になれる)”映画になっていた気がします。俳優達も肩肘張らずに伸び伸びと…ニコラス・ケイジは非常にわかり易く、楽しそうに主役を演じていますし、悪役のショーン・ビーンもホントに楽しそうに演じているのが伝わってきました。また渋いキャスティングで脇を固めるベテラン俳優陣(ジョン・ボイドハーヴェイ・カイテル、クリストファー・プラマー)もイイ味出して、映画を盛り上げています。特にジョン・ボイドの“普通のオッサンに見えるけど、どこか普通じゃないよな…(笑)”とツッコミたくなるベンの父親役は、非常にハマリ役でした。そして今回吾輩のイチ押しは、アビゲイルを演じたダイアン・クルーガーです。前作「トロイ」の時は何とも…いやどっちかというと『そんなに(争いの元になるほど)美人か?』と思ってたんですが、今回はハジけてますね。『んな、若くてキレイな博士はおらんだろう!』とツッコミたくなりましたが、アクション・ムービーに欠かせない活発なヒロインを熱演しております。うん、彼女は“買い”ですね(笑)。

 アメリカの独立に絡む歴史上の人物の名前が、作中ポンポン飛び交いますので、歴史に疎い女の子とかが観てると途中で『何のこっちゃワカラ~ン!』みたいな事になるかも知れません。まあ、あまりその辺りは深く考えずに、次々と展開される小気味良いアクションを存分に楽しんでください。

 しっかし、アメリカも大らかな国ですな。あんな盗難計画を、いくら娯楽映画とはいえ堂々と流してしまうんですから…。いやそりゃ本当に盗むことなんてまず出来っこないんでしょうけど、結構映画観てると『何や、簡単に盗めるやん!』と勘違いしてしまいそうで(実は吾輩はそう思った!…笑)、そう考えるとチョット恐ろしいな~と感じたモノですから…。

 「ナショナル・トレジャー」は3月19日から全国ロードショーです。何故か日本では、あの新庄選手が宣伝にひと役買ってます。『映画より、あんたが目立ってどうする(笑)?』と映画館でツッコンじゃいましたよ。でも、ニコラス・ケイジにとっては当たり役となりそうなこの作品。是非、映画館でご覧ください。絶対“パート2”やると思いますから…。


↓よろしく ポチッとな!!↓
blogランキング参加してます!!
[PR]
by mori2fm | 2005-03-14 23:28 | 映画評 外国映画 ナ行 | Trackback(7) | Comments(8)