<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“「バットマン・ビギンズ」出演者陣、都内で記者会見”

 ~人気米コミックの映画化最新作「バットマン・ビギンズ」の宣伝記者会見が30日、都内で行われた。
 主演のクリスチャン・ベールとプロデューサーのチャールズ・ローベンに加えて、モーガン・フリーマン、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、渡辺謙が出席~


 凄いことになってきましたね~。ネタ元の写真に、来日したメンバーがそろって写っているのですが、渡辺謙さんが他の俳優たちと肩を並べてるのを見ると、同じ日本人として何か嬉しくなってきますね。

 よし、皆さんの力で激戦サマームービーの中でも「バットマン・ビギンズ」を是非、大ヒットさせましょう!謙さんの素晴しい演技を、映画館の大スクリーンでご覧ください!
[PR]
by mori2fm | 2005-05-31 01:50 | 新作映画ネタ | Trackback(2) | Comments(7)

a0014708_16441711.jpg 
 『何か、ストーリーよくワカランかったかも~?』『あ~、そんな感じ~。でもオーリー、カッコよかった~!!』映画館出口付近で遭遇した、女子高生2人による会話。あの「グラディエーター」リドリー・スコット監督が、再び世に放つ歴史スペクタクル巨編「キングダム・オブ・ヘブン」(20世紀FOX) Love オーリー!!』などという、お手軽CMで宣伝しちゃうから、冒頭のようなお姉ちゃんがイッパイ増えちゃったんじゃないのか?そう、『私たちは、映画を観にきたんじゃなくて、オーリーを観に来たの!』てな感じの…。


 12世紀、フランスのある村で鍛冶屋を営むバリアン(オーランド・ブルーム)は、赤ん坊の我が子を病で亡くし、更にその事に耐えられなくなった妻までもが、自ら命を絶って先だってしまい失意の日々を送っていた。ある日、十字軍の兵士達がエルサレムへの途上、村に立ち寄る。その頭領である騎士ゴッドフリー(リーアム・ニーソン)は、自分がバリアンの実の父親であることをバリアンに告げる。そして騎士として、一緒にエルサレムへ同行するよう、バリアンを誘う。最初は躊躇していたバリアンだったが、自らが犯した罪の贖罪と、キリスト教では罪とされる“自殺”によって、この世を去った妻の魂を救済すべく、ゴッドフリーと共にエルサレムへ向う決意を固める。その頃エルサレムは、キリスト教勢力とイスラム教勢力との間で、束の間の和平が成立していた。しかし、エルサレム王ボードワン4世(エドワード・ノートン)の治世と努力の賜物である、この平和を好まない者たちによるキリスト教勢力内部での権力争いによって、いまや和平は風前の灯と化していた…。


 “十字軍”の物語なのですよ。ええ、確かに世界史の授業で習った記憶があります。~イスラム勢力から聖地エルサレムを奪還するために派遣された軍隊~てな感じだったと思うのですが、これ以上詳しい説明は、よおしません!そおです、それだけ日本人には縁遠いテーマを、この映画は採り上げています。だから作品のテーマよりも、いまや絶好調のオーランド・ブルームの人気を全面に押し出しての宣伝も、理解は出来るのですが、それにしても『優 Love オーリー!』は無いと思う…。リドリー・スコットが聞いたら、泣きゃ~せんか?ナンボ何でもお気楽過ぎて、あまりにも映画本体から掛け離れている(って言うか、まったく関係ねえ!)ような気がします。

 ただ、映画自体も少々薄っぺらな印象を受けました(コレだけの大作にも関わらず…)。そりゃ確かに戦闘シーンを中心とした映像には、目を見張るくらいの迫力はありました。特にクライマックスのエルサレム攻防戦で出てくる、投石機の映像なんかは観ていて『うわ!痛そ~!!あんなん、下手な今日びの銃弾や爆弾より当たったらシャレにならんで…。ひょっとしたら、この撮影で誰か死んでんのちゃうやろか?』と本気で思ったくらいです。ところが、肝心のストーリーの方が…(泣)。映画冒頭で、いきなり自分の前に現れたどこの誰ともワカランおっさんに『お前は、俺の息子や』言われて、何でそんなあっさり信用して着いて行っちゃうのよ?少なくとも「スター・ウォーズ」では、そのことを証明して納得させるまでに、映画1本分の時間は使っていると言うのに…(まあ、それは関係ないとして…笑)。この映画、出だしで観客を引き込めるだけの力がないような気がします(特に脚本に…)。そんなことが気にならない(オーリーだけを観に行く)方々は、ドンドンご覧ください(笑)。

 でも思うんですが、『オーリーって、カッコイイですか?(笑)』何かこれだけ“歴史コスプレ物”への出演が続くと、元々どんな顔してたのか忘れてしまいそうなんですけど(笑)。たまには現代のドラマ等へも出演した方がイイと思うんですが。このままじゃ日本で言う“時代劇俳優”になってしまいそうで…。何か心配。

 「キングダム・オブ・ヘブン」は、ただいま絶賛公開中!出来れば観に行く前に“世界史”の教科書を紐解いてください。うん、少しは理解し易くなると思いますから…。
[PR]
by mori2fm | 2005-05-30 01:39 | 映画評 外国映画 カ行 | Trackback(6) | Comments(9)

a0014708_16554578.jpg

れでーすデーなので、女の人ばっか…(-.-;)。
[PR]
by mori2fm | 2005-05-25 16:55 | 映画館ネタ | Trackback | Comments(5)

a0014708_16495983.jpg

本日はココ、“梅田ブルク7”です(^O^)。
[PR]
by mori2fm | 2005-05-25 16:49 | 映画館ネタ | Trackback | Comments(0)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“全米興行収入、スターウォーズ完結編が新記録”

 ~[ロサンゼルス 22日 ロイター] 映画スター・ウォーズシリーズ完結編「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」の公開後4日間の総興行収入が1億5850万ドル(約171億円)と、過去最高を記録した。
 配給元の20世紀フォックスによると、同作品は全世界で公開され(日本と韓国を除く)、全米興行収入に加えて1億4470万ドルを売り上げた。~


 ここんトコ映画ネタは、コレ一色ですな。何せ今週の全米興行収入の実績で、「SW3」は桁違いな数字を挙げておりますから…


映画の全米興行収入トップ3。期間は5月20日―22日

  1.   スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐--1億850万ドル

  2.(1)Monster-in-Law ----------------1440万ドル

  3.(2)Kicking Screaming  -------------1050万ドル

 

 笑っちゃいますよね、この金額の差!2位と1位の意味が違いすぎる!
 しか~し!何で~全世界で公開され(日本と韓国を除く)~なのだ?!聞くところによると~同作品は、海賊版が出回るのを避けるため、全世界でほぼ同時に封切られた。中国でも19日に初上映されたが、22日には、海賊版DVDが国内のいたるところで入手可能な状況となった。~だそうじゃないですか!あの中国でさえ、既に上映が始まってるというのに…ナンで日本は遅い(7月やで、7月!)の?誰か、ここら辺の事情にお詳しい方おられませんか?この上映時期がナンでこんなにズレてるのか、教えてたもんせ!

 とりあえず、「SW3」早よ日本に、おいでや~!!
[PR]
by mori2fm | 2005-05-23 22:43 | 新作映画ネタ | Trackback(2) | Comments(6)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“スター・ウォーズ最終作、早くもネット上に海賊版”

 ~ [ロンドン 19日 ロイター] 映画スター・ウォーズシリーズ最終作「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」が、19日未明の劇場公開から数時間後、海賊版とみられる映像がインターネットで公開されていたことが明らかになった。米映画協会(MPAA)は、ネット上の著作権侵害に懸念を強めている。
 映像は画像ファイル交換ネットワーク「ビットトレント」に、少なくとも2本出回っていた。~



 あっちを見ても、コッチを見ても、アメリカでの上映直後のお祭り騒ぎの様子が書かれていて、もおとにかく『早く観たいぜ!!』てな気分を掻き立てられている「エピソード3」に水を差すようなニュースですな。おい、こんなことして楽しいか?
 吾輩の知り合いの中にも、Winnyなんかでバンバン、ダウンロードして『あ、その映画ならもお観たよ』てなことをのたもうている人がおられます。別にその人のことを、とやかく言う気はないのですが、映画はヤッパリ迫力満点の大画面で観るのが一番です!

 確かに映画代は、安いとは思いません(日本は特に…)。でもだからと言って、“海賊版”がイイわきゃ~ないんです!吾輩、常に申しております。『映画は是非、映画館でご覧ください!!』これからも、ずっと…。

 まあ、でもこれだけの騒ぎになっておるわけですから、標的にされるのはある程度仕方ないのかな…。しっかし、~映画業界内部から漏れた可能性が指摘されている。~てのは、いただけませんな!
[PR]
by mori2fm | 2005-05-21 00:51 | 映画小ネタ | Trackback(1) | Comments(12)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“DA PUMP新曲が米映画テーマソングに”

 ~人気グループ「DA PUMP」の9カ月ぶりとなる新曲「Like This」が、米アクション映画「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」の日本版テーマソングに決まった。今年1月に完成していたが、メンバーのSHINOBU(25)の飲酒運転事故により、発売延期となっていた楽曲。映画主演のマシュー・マコノヒー(35)が聴き、絶賛したことで、国境を超えたコラボレーションが実現した。 日本が誇るダンス&ボーカルユニットと、米国の冒険活劇が異色タッグを組んだ。~

 う~んとね、こういうのどうなんでしょう?ただ、前宣伝を煽るためのモノだけ(CM限定とか)ならば、まだ許せるんですが(それでも、あまりにも作品的に全然関係ないがな!と言いたくなるのもありますが…)、たまに本編の最後に流れるって場合がありますよね?最近では“日本語吹き替え版”のみに使用されることが多いようですが(「サンダーバード」に“V6”の歌とか)、でも昔、字幕版でも「007/ワールド・イズ・ノット・イナフ」には、な~んの関係もない“LUNA SEA”の曲が流れたり、「アイス・エイジ」でも“ZONE”の、「アトランティス」でも“ドリ・カム”の曲が使われていました。もちろん“日本版限定”で…。

 宣伝効果を狙ってのモノだとは思うのですが、あまりにも無関係な曲を使うってのは、逆効果のような気もしますし、もう少し考えていただきたいモンですが…。まあ、今回の場合はどうなんでしょうね?
 ちなみにこう言った戦略に“賛成”の方って、おられるのでしょうか?是非ともご意見お聞きしたいものです。
[PR]
by mori2fm | 2005-05-19 08:30 | 映画小ネタ | Trackback(1) | Comments(6)

今日は今からコレです。

a0014708_2182747.jpg

今日はホームグランドの“イオンシネマ久御山”です。でも今、猛烈に眠くなってきました
(-o-;)。約2時間半、もつかな~!?
[PR]
by mori2fm | 2005-05-18 21:08 | 映画小ネタ | Trackback(2) | Comments(7)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“「亡国のイージス」にオファー殺到”  

 ~真田広之(44)主演のアクション大作「亡国のイージス」(監督阪本順治)が16日(日本時間17日)、カンヌ国際映画祭のマーケットで初披露され、世界32カ国から配給オファーが殺到する人気となった。既に具体的な金額交渉に入っている配給会社もあるほど。上映には真田も立ち会い「骨太のエンターテインメントに仕上がった」と胸を張った。 防衛庁、海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力で、世界に通用するエンターテインメントを旗印に掲げた“ニッポン”のイージス艦が、堂々の船出となった。~

 う~ん、こんだけ煽られると早く観たいよな~「亡国のイージス」 謙さんに続いて、真田さんも国際的な俳優として、ドンドンがんばってもらいたいモンです。
 別のニュース・ソースでは、~「日本の自衛隊とは?」という英文の資料を上映前に配布して対応。海外版ではこの説明文を要約し、映画冒頭に字幕で流す予定という。~てな情報も書かれています。ココまでリキ入れてやるわけですから、是非海外でもヒットしてもらいたいですね。
 何よりこの映画が、世界各国でヒットすると“日本映画”の地位、知名度も益々上がると思うので、ここは大いに期待したいところです。『ガンバレ!ニッポン映画!!』

 「亡国のイージス」は、夏休み(え、まだ公開日未定?!)全国ロードショー。さあ、海外の前に、まずは本国日本で大ヒットしてもらいましょう!みなさん、これまた映画館へレッツらGo~!!ですよ!
[PR]
by mori2fm | 2005-05-18 17:14 | 新作映画ネタ | Trackback(1) | Comments(3)

 Excite エキサイト : 芸能ニュース“「いま会い」ミムラ&成宮寛貴でドラマ化”

 ~竹内結子(25)と中村獅童(32)を結びつけた映画「いま、会いにゆきます」が、TBS日曜劇場(7月3日スタート、午後9時)でドラマ化されることが15日、分かった。竹内演じた妻澪(みお)をミムラ(20)、獅童演じた夫巧を成宮寛貴(22)が務める。子役は映画と同じ武井証(7)。昨年10月に公開され、興収48億円を記録した純愛ブームの火付け役が、フレッシュコンビでよみがえる。~

 う~ん、こりゃまた「セカチュー」商法ですな。“映画”→“ドラマ”またまたお茶の間に、涙の雨を降らせる気か?TBSさんよ!しっかし、何ちゅうタイミングなのでしょうか、この製作発表は。まるで、竹内結子中村獅童の“できちゃった婚約発表”が、“番宣”みたいに思えてくるじゃないですか(笑)。まあこれ以上の宣伝策はないと思いますけどね…。

 でもミムラ成宮寛貴ですか。で、子役の武井証クンはそのまま…って、何ぼナンでもご両親、チョット『若すぎやぁ、しませんか?』大丈夫かなあ…(sigh)…。
[PR]
by mori2fm | 2005-05-16 23:14 | 映画以外ネタ | Trackback(4) | Comments(6)