人気ブログランキング |

“京都スカラ座”
 ・うちの父親が、まだ小学生だった吾輩を初めて“悲しい外国映画”へ連れて行ってくれたのは、この映画館。
 ・中学生のころ、当時大ブームを巻き起こした“未開の地の住人のドタバタ騒動記”を観に行って、超満員の為に最前列から首の痛い思いをして、巨大スクリーンを見上げるように観ていたのは、この映画館。
 ・高校大学受験の時期に『図書館で勉強してくる』と親にウソをつき、“ロジャー・ムーア最後のボンド映画”を観に行ったのも、この映画館。
 ・大学生の頃、当時片思いで大好きだった女の子と一緒に観に行く約束をしたにも関わらず、その日になってドタキャンされ、泣く泣く1人で“トムが酒瓶を振り回す映画”を観たのも、この映画館。
 ・“石油掘りの男たちが、小惑星を吹っ飛ばす映画”を、カミさんと一緒に観に行き、隣りで号泣しはじめたカミさんを、不思議そうに眺めていたのも、この映画館。


“京極東宝”
 ・小学生の頃、“車が潜水艦になる映画”を、親にせがんで連れて行ってもらい、そのストーリーのカッコよさに、以後虜にされてしまったのは、この映画館。
 ・現在、吾輩の横で高イビキで爆睡されているカミさんを、出会って初めて“デート”なるものに誘い、“トム・ハンクスとメグ・ライアンが、逢えるんだか、逢えないんだかを、延々と繰り広げる映画”を一緒に観たのは、この映画館。 


“京都宝塚”
 ・毎年正月に“怪獣王が暴れる映画”のシリーズを、子供たちに混ざって、怪しいオッサン状態で観ていたのは、この映画館。


 ホントに数えてみると、キリが無いほど次から次から思い出が甦ってきます。一昨日、映画も観ないのにスカラ座のロビーを見学させていただいた(スカラ座スタッフの方、その節はありがとうございました!)のですが、もう、眺めているだけで無性に悲しくなって、涙が溢れてきてしまいました。最近はシネコン通いばかりで、確かに殆ど行けてませんでしたが、まさかココが無くなるなんて想像もしてなかったので…ホントにホントに、たくさんの思い出をありがとう!

 
 3つの映画館は、いよいよ本日(29日)ラストショーです。
 “京都宝塚”では「日本沈没」「七人の侍」を、
 “京都スカラ座”では「ベン・ハー」「街の灯」を、
 “京極東宝”では「荒野の七人」「慕情」そして「帰らざる河」を…、
いずれも500円均一で上映されます。吾輩は、仕事でどうしても行けない(大泣)のですが、是非ともたくさん大勢の皆さんで、京都の映画の一つの歴史が終わる瞬間を、見届けに行ってください。


 ホントにありがとう!そして、さようなら…(泣)。
by mori2fm | 2006-01-29 01:59 | 映画館ネタ

a0014708_433599.jpg

この売店も、見納め…。よくパンフ買ったな~。
by mori2fm | 2006-01-28 04:33 | 映画館ネタ

a0014708_2024425.jpg

このエスカレーターは、吾輩を何度も夢の世界へ連れて行ってくれました…。なくなっちゃうなんて、ホントに寂しい。ホントに悲しい…(>_<)。
by mori2fm | 2006-01-27 20:24 | 映画館ネタ

 その昔、非常に良く似たタイトルの映画がございましたね。で、この映画のタイトルを初めて見た時、マジで『間違ってんじゃないか?』と映画館のポスターにツッこんじゃいました…「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」(GAGA)。でもこの映画、原題は「Proof」(=証明)と、非常にシンプルなんですよね。何でワザワザ邦題(しかもカタカナ)で、ややこしくなるようなタイトルにしちゃったんでしょうか…?


 キャサリン(グウィネス・パルトロウ)は、父ロバート(アンソニー・ホプキンス)を亡くして、憔悴しきっていた。ロバートは天才数学者として世界的にも有名だったが、晩年は精神のバランスを崩してしまっていた。キャサリンは、そんな父親の世話を献身的に行なってきた。1人残された住まいには、ロバートの教え子で数学者のハル(ジェイク・ギレンホール)がやってきて、ロバートの遺した膨大なノートの中に、まだ発見されていない“証明”が存在していないかを、懸命に探していた。しかしキャサリンは、例えノートの1冊でさえもハルに持ち出すことを許可しなかった。やがてNYから姉のクレア(ホープ・デイヴィス)も到着し、ロバートの葬儀が営まれる。その夜、ハルから『ずっと好きだった。教授の娘には手を出せなかった』と告白を受けるキャサリン。キャサリンは心身ともにハルを受け入れ、彼にロバートの机のひきだしの鍵を手渡す。翌朝、ひきだしから発見したノートを手に、ハルは狂喜する。そこには、世紀の発見ともいえる定理の証明が、書き込まれていた。このノートをいつ発見したのかを問うハルに、キャサリンは答える『それを書いたのは、私』と…。


 「恋におちたシェイクスピア」再び!!”て感じのジョン・マッデン監督とグウィネスのタッグだったわけですが、久しぶりに観た“真面目な”グウィネスは、何かチョット元気がなかったような気がします。まあ、役柄が役柄だけに仕方ないかとは思うのですが、『何か老けたな~』て感じがして…。一時の“輝かんばかりのコケティシュさ”が失われてしまったようで、残念でございました。
 で、映画の方も仕上がりとしては“?”でしたね。シーンとシーンの継ぎ目で、いきなり回想シーンになったかと思うと、今度はまた現在のシーンに何の前触れもなく戻ったりしておりまして、これが結構頻繁に繰り返されるモンですから、観ていて疲れました(あ、アンソニー・ホプキンスが出てくるのは、すべて回想シーンです。この人、冒頭で死んでますから…)。扱われているテーマも“数学”“証明”でございますから、何かもお非常によくワカラン!(笑)のですよ、これが。何せ吾輩、高校時代に“微分積分”で赤点を取って以来、数学はトンと苦手でございまして、ハッキリ言ってその辺は面白くなかったですね。とある雑誌でおすぎさん~『どれだけ偉大な証明か知らないけれど、数学が苦手な私は、何にも感動しなかった!』~と書いておられましたが、その意見大いに賛成です!全体的に悪い映画ではないのですが…う~ん、受け容れにくかったですね(苦笑)。

 この映画を観終わって、ふと不安に駆られました。数学がダメな吾輩が、実は楽しみにしているこの映画も、ひょっとしてこんな感じじゃなかろうか?と…(爆)。


 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」は、ただいま全国ロードショー公開中です。さあ、あなたも映画館で“世紀の定理の証明”を確認してください!
by mori2fm | 2006-01-24 21:59 | 映画評 外国映画 ハ行

Excite エキサイト : 芸能ニュース“全米制作者協会賞、作品賞は「ブロークバック・マウンテン」”


 ~[ロサンゼルス 22日 ロイター] 全米制作者協会(PGA)賞の発表が22日行われ、アン・リー監督の「ブロークバック・マウンテン」が最優秀作品賞を受賞した。~


 今年の賞レース、圧倒的な強さですね「ブロークバック マウンテン」。オスカー前哨戦とも言われるゴールデングローブ賞も獲っちゃいましたし、その他の映画賞も“総なめ”に近い感じで受賞してきてますから、間違いなくアカデミー賞“ド本命”でございますね。アン・リー監督、前作「ハルク」での汚名を返上して“面目躍如”ってとこでしょうか。

 う~ん、でもどうなんでしょう?“同性愛”の映画って。何か無意識のうちに、色眼鏡を掛けて観てしまいそうで…。

 ニュースソースの、この文章→~ただ、昨年の受賞作「アビエイター」は、アカデミー賞では「ミリオンダラー・ベイビー」に敗れている。~てのが気になりますな(苦笑)。

 第78回アカデミー賞のノミネート作品発表は今月31日。授賞式は3月5日です。
乞う!ご期待!!
by mori2fm | 2006-01-23 21:36 | 映画小ネタ

 今年初めての、ラジオ出演でございます。18日水曜日深夜25:30(正確には19日木曜日午前1:30)~ラジオ関西(AM558kHz)でON AIRされる「シネコミ倶楽部」に出演いたします。

 今回は、進行役の放送作家・疋田哲夫センセイにツッこみまくられ、しどろもどろになりながらも“新作映画紹介”ってことで「プライドと偏見」について、語らせていただいております。


 平日のフカ~い時間、関西ローカルではございますが、お暇な方…チョット興味をお持ちいただいた方は、是非ともお聞きくださいますようお願いしちゃう次第でござります!

 「シネコミ倶楽部」1月18日(水)深夜1:30~ON AIR!

よろしくでござる!!
by mori2fm | 2006-01-19 02:00 | 映画以外ネタ

 気が付けば、昨日50,000hit突破しておりました!これもひとえに皆様方のおかげでございます。

 実は一昨日まで、“49,800”くらいだったので、ここ数日の状況(大体一日70hitくらいでした)からして、『あと3~4日は掛かるだろうな~』とタカをくくっていたのですが、たまたま「Mr.&Mrs.スミス」のエントリを挙げたその日に、『アンジー、ブラピの子を妊娠!』などという記事が、Excite芸能ニュースにたくさん出ましたので、面白がって(笑)トラバを付けまくってしまったところ、何と“364hit”も記録してしまいまして、一気に50,000を突破しちゃいました。本人が一番驚いております!

 日々ご愛読いただきまして、本当にありがとうございます!まだまだ未熟者ではございますが、これからも末永くご贔屓に…。今後ともよろしくお願いいたします!!
by mori2fm | 2006-01-13 00:53 | 映画以外ネタ

 日刊スポーツ“シュワ知事、実は無免許だった”


 ~バイクを運転中に車と衝突、負傷した米カリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー知事が、長年バイク免許を持たずに運転していたことが10日、明らかになった。米メディアが報じた。知事は10日の記者会見で質問を受け、1968年に米国へ移住する前は欧州のバイク免許を持っていたが、米国では取得していないことを認めた。違反が立証されれば100ドル以上の罰金を科される可能性がある。~



 唖然!もお笑うしかないよな~。そりゃまあ“T-800”は、無免許だったとは思うけど…(笑)。
 
 これで、彼の政治生命も終わりかな?だからと言って、「ターミネーター4」なんかに出ないでくださいね!
by mori2fm | 2006-01-12 00:10 | 俳優・女優・監督ネタ

 “婚前夫婦(?)喧嘩映像”全世界大公開!てな感じの、肉弾アクション映画「Mr.&Mrs.スミス」(東宝東和)。まあハデなドンパチを、やりたい放題やっております。でも、ホントに主演の2人が結婚したら、この映画を見た子供たち(アンジェリーナの養子ですな)は、さぞやショックを受けるんじゃないでしょうか?子供の前で夫婦喧嘩(いや、この映画はそんな生易しいモンじゃないな…笑)はやめようね!

 
 ジョン(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)は、南米コロンビアで出会いお互いに運命的なモノを感じ、電撃結婚!ラブラブな日々を送っていたが…、結婚から5~6年経った現在では、ドップリ倦怠期の毎日。この2人お互いに『“建設関係”“PC関係”の仕事に就いている』と言っていたのだが、実はそれぞれ立場の異なる組織に属する、凄腕の殺し屋だった。その事実をひた隠しにして、夫婦生活を続ける2人。しかし或る日、それぞれに指令を受けて任務(=ターゲットの殺害)を遂行中に、ジョンとジェーンは同じターゲットを狙う同士として現場で鉢合わせ。遠距離から、相手が誰なのか互いに判別できないまま、ターゲットを巡って壮絶な銃撃戦(ていうか、局地戦!)を繰り広げる。結局任務に失敗した2人は、それぞれ互いに相手が誰なのか捜索を開始。その最中、2人の胸にある疑念が芽生える。そしてその疑念がやがて確信へと変わった時、恐るべき“夫婦喧嘩”の幕が切って落とされるのだった…。


 オープニングの映像を観た瞬間、思わず“クスッ”と笑ってしまいました。『この映画は「恋人たちの予感」('89米)のパロディか?』とツッコんでしまうような映像に、ドタマから派手なスタートを予想していた吾輩は、完全に肩透かしを食らっちゃいました。でもこれが面白い!!ここから展開する、夫婦それぞれの化かし合い。やがて、お互いの立場が露見してから始まる、壮絶な夫婦による局地戦!ブラピは一生懸命カッコつけてるのに、常にアンジーの方が上手に見えてしまう夫婦関係の妙(特にブラピが『女房に殺されかけた…』と親友に打ち明けるシーンには笑えます)。そして殺しあうほど憎くて憎くてしょうがない筈なのに、何故か傷だらけになりながらも、互いを求め合うシーンに至っては『な~んや、どっちも“ドM”かいな!』とツッコンじゃいましたよ。

 まあ、ホントに観ていてブラピもアンジーも楽しそうなのよね。殺し合ってるにも関わらず…。とにかく、オシャレでスタイリッシュ(ブラピはカッコイイし、アンジーは“オットコまえ!”やし…笑)。そしてコミカルで、更にアクション(カー・チェイスあり、ガンファイトあり、爆破あり!!)がテンコ盛り!トドメに、主演の2人が実生活でラブラブ!なんてオマケまで付いてくるこの映画。吾輩的には今年の正月映画の中で、一番面白かったんじゃないかと思います!


 ところで、ブラピの同僚役でヴィンス・ヴォーンが出演しておりますが、この人、実生活ではいま“前ブラピ夫人”であるジェニファー・アニストンと噂になっております(オイオイ・・・笑)。このキャストたちの実生活の絡みを描いた方が、映画よりも面白かったりなんかして。ひょっとして、撮影中にブラピと情報交換なんかやってたんでしょうかね?


 「Mr.&Mrs.スミス」は、ただいまド派手に全国公開中です!さあ、日頃ストレスの鬱積しているあなた!是非映画館でこの映画をご覧になって、すべてをフッ飛ばしてください(あ、でも家庭はフッ飛ばしたらアカンよ…笑)!!




 追加トラバ→…てなこと言ってたら、こんな事に…Excite エキサイト : 芸能ニュース“ブラピがパパに!アンジー“オメデタ”…今夏に出産予定”ワオ~!!だから、早く結婚しなさい!!
by mori2fm | 2006-01-11 23:30 | 映画評 外国映画 マ行

2005年の書き忘れ。

 昨年は結局85本の映画を、映画館へ観に行きました。ただ忙しかったり、ネットの調子が悪かったりで、気が付くと書くタイミングを逃して、そのまま放置してしまった映画が結構ありました。そこで年明け早々ではございますが、昨年の書き忘れを古い方から順番に、おさらいしておこうと思います。


「アレキサンダー」オリバー・ストーンの悪趣味全開映画でしたね。
「銀のエンゼル」大泉洋、イイ味出してたね~。
「あずみ2 Death or Love」前作の方が、圧倒的に好きです。何か中途半端だったな~。
「ロング・エンゲージメント」…ゴメンナサイ。よく理解できませんでした。ていうか、売り方(プロモーション)と映画の中身にギャップが…。
「サイドウェイ」…実は途中で睡魔が…。でも中年親父のケツは、見たくねえよ(笑)!
「帰郷」…イイ映画でした。吉行和子さんが、可愛らしかった!ラジオで、監督のインタビュー流させていただきました。
「四日間の奇蹟」吉岡秀隆のピアノソロ、長すぎ!!
「海を飛ぶ夢」…これは、観ていて辛かったです。“死”ってのは、ホントこわいテーマですね。
「バットマン ビギンズ」…骨太に作られた1本でしたね。地味でしたが…。あと謙さんの扱いが…。
「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」…お手軽アクション大作(笑)でした。
「ロボッツ」…悪くはなかったんですが、このころ“フルCGアニメ”に少々、食傷気味でしたので…。
「銀河ヒッチハイク・ガイド」…実は、寝ちゃったんです!いや、面白くなかったわけじゃないんですよ。是非DVDで再チャレンジしようと、思っております。
「シン・シティ」…“実写アニメ”とでも言うべき映画でしたね。早くも続編決定!
「この胸いっぱいの愛を」…逆「黄泉がえり」な映画。ストーリーが少々突飛すぎて、結局最後まで共感できませんでした。
「ティム・バートンのコープスブライド」…楽しかったです、単純に。相変わらず“バートンワールド”全開でしたね。
「ドミノ」…どうしちゃったのさ?キーラ・ナイトレイ!どうしちゃったのさ?トニー・スコット~!!
「イントゥ・ザ・ブルー」ジェシカちゃん最高(笑)!
「イン・ハー・シューズ」キャメロン・ディアスも老けましたな~(笑)。
「仮面ライダー THE FIRST」…オープニングの『♪迫る~ショッカー~♪~』で鳥肌が…。
「ALWAYS 三丁目の夕日」…皆様同様に吾輩も泣かされましたが、チョット『泣きなさい』ていう感じの演出が過多だったような気がしまして、その分マイナスかな…。スンマセン、素直じゃなくて(苦笑)。
「ミート・ザ・ペアレンツ2」…こんなおバカ映画に、何ちゅう贅沢なキャスティング!
「ノエル」この人が、カメオ出演。何かワケあり?
「ザスーラ」…宇宙版「ジュマンジ」。この言葉で全ての内容が理解できます…(笑)。


 わ~、結構ありますな(他人事かい?!)。出来れば今年は、観たらキチンとエントリを挙げていきたいと思っとります。さあ、ガンバロ(大丈夫かなあ?)!
by mori2fm | 2006-01-07 07:49 | 映画小ネタ