<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

“第79回アカデミー賞”終了。う~ん、こりゃ何とも…。

 びっくりしました。最優秀作品賞は「ディパーテッド」ですと??んで、最優秀監督賞はスコセッシ?!吾輩、この組み合わせだけは絶対にあり得ないと思っておっただけに、正直非常にショックです(>_<)。一体どんな力が働いて、このような結果になったのでございましょうや?“香港映画のリメイク”と、その映画を『本当は撮りたくなかった』監督が受賞してしまうってのは、何とも後味がよろしくないですな。今回で獲ってしまうのなら、これまでノミネートされ続けてきて獲れなかったのは一体何だったのだ?と、ツッコミ入れたい心境です。あ~、ホントにも~…。

 ↑散々色々書きましたが…取りあえず、スコセッシ監督おめでとうございます(^^;。いや別にあなたのことを、とやかく言うつもりはございませんので。苦節何年てのが報われたのは、喜ばしいことだとは思います。願わくば、この映画ではない作品で受賞していただきたかった…まあ、これは吾輩の勝手な願望でございますが…。

 
 で、他の部門に目を移しますと…、

・最優秀助演女優賞はジェニファー・ハドソン凛子さんは残念でしたが、これはもおしょうがないですね。確かに「ドリームガールズ」のジェニファーは、輝いてましたから。 

・最優秀助演男優賞は、アラン・アーキン。ここは、エディ・マーフィかな?と思ってたのですが、何と「リトル・ミス・サンシャイン」の“ヤク中爺さん”に行きましたか!あ、でも密かに応援してましたので、これは何となく嬉しい受賞ですね。

・最優秀主演女優賞は、ヘレン・ミレン
・最優秀主演男優賞は、フォレスト・ウィテカー
う~ん、こうなると早く対象となった映画(「クィーン」「ラストキング・オブ・スコットランド」)が観てみたいですね!


 主要なところは、こんな感じですかね。あともう一人、ノミネートされていた日本人・辻 一弘さんも残念ながら受賞なりませんでした(部門は最優秀メイクアップ賞)。それから驚いたのは、オリジナル歌曲賞候補の5曲中3曲を占めていた「ドリームガールズ」の曲が、結局受賞できなかったことですかね。『下手な鉄砲も、数撃ちゃ当たる』とはなりませんでしたか(いや、決して“下手”ではございませんでしたよ!念のため…)。


 何か吾輩には意外な結果に思えた“第79回アカデミー賞”でしたが、皆さんは如何でしたか?また来年の“80回”に向けて、これから数多くの映画が封切られます。その中から、次の栄誉に輝くのは、一体どんな映画でしょう?それをご自身の目で確かめる為に、皆さん是非映画館へ足をお運びください!


第79回アカデミー賞受賞結果
[PR]
by mori2fm | 2007-02-26 22:37 | 映画小ネタ | Trackback(7) | Comments(10)

アカデミー賞発表!

 とりあえず、結果だけ見たけど…『何か、釈然とせん~!!』

 詳細は、帰ってから改めてUpさせていただきます。
[PR]
by mori2fm | 2007-02-26 15:04 | 映画小ネタ | Trackback | Comments(0)

「ドリームガールズ」圧巻!60'sモータウン歌謡ショー!!

 あっちこっちから絶賛の嵐が吹き荒れております、この映画「ドリームガールズ」(UIP)。黒人サウンド、フルボリューム!確かに映画として、観ている者を圧倒する出来映えでございました。


 ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)、エフィー(ジェニファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノニ・ローズ)の3人は、“ドリーメッツ”というコーラスグループを組んで、いつかスターになる日を夢見て、今日もオーディションを受けていた。そんな彼女たちに、ステージサイドから熱い視線を送る男・カーティス(ジェイミー・フォックス)。自動車販売業を生業としている彼は、“ドリーメッツ”の3人を説得し、売れっ子歌手ジェームズ・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてデビューさせ、ショー・ビジネスの世界へと打って出る。カーティスの打つ手は次々と当たり、“ジェームズ・アーリーとドリーメッツ”のツアーは大成功を収める。カーティスは次のステップとして、“ドリーメッツ”をアーリーから切り離し“ドリームガールズ”として華々しくデビューさせる。しかし、このデビューにあたり、カーティスはメインボーカルをエフィーからディーナへ変更。この事が、自らの歌に対して絶大な自信を持っていたエフィーのプライドを傷付け、やがて彼女たちの間に深刻な亀裂を生むこととなってしまうのだった…。


 
 キャスト全員が吹替えなしで歌っているっていうのが、とにかく凄い!の一言でございました。ビヨンセ、エディ、とどめにジェニファー・ハドソン!!と、もおスクリーンがさながら迫力満点の歌謡ショーと化しておりました。ストーリー自体は『定番中の定番』『超・オーソドックス』の典型と言えるような感じでしたので、さして目新しさを感じなかった(この辺りが、アカデミー賞の主要部門ノミネートから外れた原因ではないか?と思ったり・・・)のですが、この映画はそれを補って余りある迫力で、観る者を魅了してくれます。

 ビヨンセは綺麗でゴージャスだし、エディ・マーフィはこれまでと違った、味のある素晴しい演技を見せてくれます。ホントにこの映画の彼は素晴しい!です。他方ジェイミー・フォックスは、イマイチ“ぱっ”としなかったですね。今回いちばん損な役回りだったような気がします。別に彼でなくてもよかったんじゃなかろうか?って…。
 そしてこの映画で何より話題を集めているジェニファー・ハドソン嬢についてですが、確かにトンでもなく歌は上手いですし、声量も見事!完全に主役のビヨンセを喰っちゃってます。恐らくアカデミー最優秀助演女優賞も、この人が受賞するんじゃないかと思います。それだけのインパクトを、スクリーンで披露してくれます。ただね~、この人この先どんな売り方していくんでしょうか?今回は“ミュージカル映画”ってことで“ピタッ”とはまった感じがするんですが、果たして今後普通の映画に出て、存在感のある女優としてアピールしていくことができるのでしょうか?申し訳ないんですが、歌以外の演技がそんなに凄い!とは思えなかったですし、何といってもそんなに美人でもない(爆)。ひょっとすると、“究極の一発屋”で終わってしまう危険性も大いにある…そんな気がして仕方が無いのですが…。何?大きなお世話?はい、仰るとおりで…(^^;。


 「ドリームガールズ」は、ただいま大ヒット公開中です。スクリーンで繰り広げられる迫力満点の“大歌謡ショー”を、あなたも是非映画館でご覧下さい!


「ドリームガールズ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ドリームガールズ@映画生活
[PR]
by mori2fm | 2007-02-26 01:46 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(10) | Comments(10)

凛子さんには、頑張ってきてほしいけど…。

Excite エキサイト : 芸能ニュース“菊地、“凛”とした気持ちでオスカー獲り!受賞スピーチもOK”


 ~メキシコ映画「バベル」(4月28日公開)で第79回米アカデミー賞の助演女優賞にノミネートされた女優、菊地凛子(26)が、25日(日本時間26日)の授賞式出席のため23日、渡米した。直前に成田空港で会見し「ワクワクしています」と胸の高鳴りを吐露しつつも、受賞時のスピーチは「用意しました」と冷静。日の丸デザインのコートを着て“日本代表”としてさっそうと旅立った。~



 ホント、アカデミー賞獲れたら凄いですね~菊池凛子さん。是非頑張ってきてくださいね…とは思うのですが…。先日来、このアカデミー“最優秀助演女優賞”の最有力候補と目されているジェニファー・ハドソン(from「ドリームガールズ」)の来日について、幾つかのワイドショーが取り上げていたのを見たんですが、インタビュアーがジェニファーに質問した内容が、ひどいの何の!
 
 『あなたは、オスカーが欲しいですか?』
 『あなたは、菊池凛子さんを知っていますか?』
 『菊池凛子さんと、共演してみたいですか?』…etcetc…。←何のインタビューやねんな、コレ??もお、ムリから菊池凛子とリンクさせたいってのがミエミエ!
 

 他にも、2人のプロフィールを表にして比較してみたり、コレまでの受賞暦を比較して(圧倒的にジェニファー有利なのに)『こればっかりは、わかりませんからね!』みたいなことを言ってるキャスター陣。あのね、気持ちはわからんでもないけれど、あまりにも見ていて情けないですわ!!

 静かに応援してあげようよ。ホント、受賞出来たら素晴しいとは思います。でも、ノミネートされたってだけでも、とんでもなく素晴しいことだと思いますから…。


 さあ、授賞式は日本時間の26日ですよ!
[PR]
by mori2fm | 2007-02-25 01:28 | 俳優・女優・監督ネタ | Trackback(2) | Comments(2)

「スパイダーマン3」357億円~??357円を置くんとちゃいますよ!

Excite エキサイト : 芸能ニュース“史上最高記録!米映画「スパイダーマン3」制作費は357億円!”


 ~5月5日世界同時公開の米映画「スパイダーマン3」(サム・ライミ監督)の製作費が3億ドル(約357億円)に達し、映画史上最高記録を塗り替えたことが19日、分かった。《中略》映画の製作費でこれまで最高だった「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」の2億2500万ドル(約268億円)を大きく更新。5月25日世界同時公開の「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」の2億ドル(約238億円)や、7月21日公開の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の1億5000万ドル(約179億円)など、同時期公開のライバルをも“圧倒”した形だ。~


 桁が違いますな!「スパイダーマン3」(ソニー・ピクチャーズ)。もお、金額だけ言われたところで、吾輩のような小市民にはまったく見当が付きませんわ。
 文中にもありますが今夏公開予定のライバル大作、「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」(←公式サイトは未だ…)や、「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」の制作費を抜いた(=圧倒した)と書かれてますが興行収入で上回ってこそ初めて“勝ち”ですからね…金だけ掛けて、大ゴケした映画は過去にも山ほどございますから…まあ、「スパイダーマン3」がコケることはないと思いますが、これだけの制作費を回収するには、かなりの動員が必要だと思われますので、単なるヒットではなく“記録的大ヒット”を期待したいですね。


 「スパイダーマン3」は、5月5日(祝・土)より、世界同時公開です。う~ん、楽しみ!!
[PR]
by mori2fm | 2007-02-20 13:27 | 新作映画ネタ | Trackback(2) | Comments(2)

コレが噂の、250円弁当(^O^)/。

a0014708_16334268.jpg

今日は“チキン南蛮”です。
[PR]
by mori2fm | 2007-02-18 16:33 | 街ネタ | Trackback | Comments(5)

おいにぃ(^_^;)。

a0014708_9542828.jpg

薔薇でっせ、薔薇!
[PR]
by mori2fm | 2007-02-17 09:54 | 映画館ネタ | Trackback | Comments(7)

ガンバレ!「ゆうばり応援映画祭」!!

Excite エキサイト : 芸能ニュース“同じ境遇?“ロッキー魂”で夕張救う”


 ~米俳優シルベスター・スタローン(60)主演で16年ぶりに復活する映画「ロッキー・ザ・ファイナル」(4月20日公開)が22日から開幕する「ゆうばり応援映画祭」でオープニングを飾る。「がんばれ夕張!」と書かれた「ロッキー」のポスターも作製された。財政破たんによって不安が募る夕張を「NEVER GIVE UP」の精神で盛り上げてくれそうだ。
 16年ぶりに復活した伝説のボクサー、ロッキー・バルボアが夕張の再建にひと肌脱ぐ。
 「…ザ・ファイナル」が国内で一般向けに上映されるのは夕張が初めて。配給の20世紀フォックス映画は「老体にむちを打って、再びリングに立ち上がったロッキーの“自分をあきらめない”という思いと、“夕張をあきらめない”という映画祭スタッフの願いが重なった」と説明した。~



 う~ん、こういうのはイイ話ですね。吾輩これまで、「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」にはお邪魔したことございません(さすがにチョット行けません(>_<)が、その存在はよく聞いてましたし『市の財政破綻でその存続が危ない』てのも聞いてましたから、今回の「ゆうばり応援映画祭」開催については、非常に喜ばしいことだと思います。で、また見事に今回の趣旨にハマリましたね「ロッキー・ザ・ファイナル」(20世紀FOX)。映画自体の出来はともかく、“NEVER GIVE UP!”の精神は確かに共通のモノがありますし、ホントこれで盛り上がってくれれば万々歳ですね。
 
 しかし、~当初、映画祭の趣旨に賛同したスタローンによる舞台あいさつも検討されたが、新作映画撮影中のため断念。「何か違う形で力になりたい」というスタローンの熱い思いが、ポスターとして結実した。~ということなんですが、文中の“新作映画”って、ひょっとして噂のコレですか?もお、スタローンも“大復活祭!”って感じですね。どこまで行っちゃうことやら…。

 とにかく「ゆうばり応援映画祭」頑張ってください!吾輩も影ながら応援させていただきます!
[PR]
by mori2fm | 2007-02-16 09:06 | 映画小ネタ | Trackback(4) | Comments(4)

「愛の流刑地」男女肉弾戦シーン満載!だから何…?

 世に“愛ルケ現象”を巻き起こした渡辺淳一氏原作の大ヒット小説、待望の映画化!「愛の流刑地」(東宝)。レディースデーには、女性が映画館へ大挙して押しよせ、その壮大なる濡れ場シーンに息を呑む…そんでもって、映画は大ヒット!『コレはやっぱり、観とかなアカンやろ』ってことで、遅ればせながらも行ってまいりました。

 
 作家・菊治(豊川悦司)は、愛人関係にあった人妻・冬香(寺島しのぶ)を、情事の際に絞殺してしまう。菊治は警察に自らの行為を通報。刑事(佐藤浩市)からの取調べに、明確な殺意は否認し、『殺して』と乞われた上でのことだと釈明する菊治。担当検事の織部(長谷川京子)の取調べで、徐々に明かされていく菊治と冬香の愛の軌跡。菊治を殺人罪で起訴することを決めた織部に対し、担当弁護士・北岡(陣内孝則)は、“嘱託殺人”として裁判を争うことを菊治に提案する。傍聴席で冬香の母(富司純子)、冬香の夫(仲村トオル)、そして菊治の娘(貫地谷しほり)が見つめる中、様々な思惑の交錯する裁判が開廷された…。


 オープニングからいきなりのSEXシーン!『のっけからこれでは、堪らんな~(何が?)』と思いながら観ておったのですが、あのね申し訳ないですけど…途中で笑っちゃいましたよ、吾輩!一体、この映画のどこら辺に、“究極の愛”が描かれておるのでしょうか??何をどういじくっても、単なる不倫の映画。それにどこまで行こうが、不倫は不倫でしかないんですわ。何か、とてつもなく崇高なモノのように描かれておりますが、奥さん!アンタ幸せの絶頂で死ねて本望かも知れませんが、残されたモンの身になってみ~??こんな理不尽で勝手な話はありまへんで!!首絞めた方も絞めた方で、『死ぬとは思ってなかった』とは、何と言うオマヌケな言い訳なのだ!骨が折れるくらい、素手で絞めたら絶対死ぬて、そんなモン!!

 それからこの映画で、一番可笑しかったのは…裁判中、被告がよう喋るんですわ(^^;この前、観た映画では、殆ど言いたいこと言わせてもらってなかったと思うんですが、この映画では被告が大演説を打つんですよ。そしてそれを聞いた検察官が、ショックを受け動揺しちゃうんです。アリエネ~!!あんなに喋ったらアカンやろ、普通??
 吾輩、原作はいつものように未読でございますので、あんまり偉そうなことは言えません(言ってる言ってる!)が恐らく小説ではもっとキチンと人物の内面まで掘り下げて描かれているんでしょうね。まあ、映画の方は残念ながら、非常に薄っぺらな話という印象を持たざるを得ませんでした。妙に生々しいSEXシーンと、ミスキャストとしか思えない俳優陣の演技(特に、長谷川京子と陣内孝則!法廷劇が“三文芝居”になっとるがな…)。嗚呼、ツッコミ所満載です…(^^;。


 「愛の流刑地」は、それでもまだまだ女性の高支持を受けて、全国公開中です。是非とも映画館へ足をお運びになって、吾輩には理解できなかった、この映画の素晴らしさをあなた自身の目でご確認下さい。


「愛の流刑地」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

愛の流刑地@映画生活
[PR]
by mori2fm | 2007-02-15 21:55 | 映画評 日本映画 あ行 | Trackback(2) | Comments(0)

ラジオに出ます。「KOBEキネマナイト」今夜ON AIR!

 吾輩以前にもラジオに出ていたことがありました。その頃は「シネコミ倶楽部」というタイトルの番組で、お世話になっておりましたが、昨年の12月を以って終了いたしました。しか~し、『何とかラジオ番組を続けていきたい!』と言う有志が集いまして、去る1月から新番組を立ち上げました。タイトルは「KOBEキネマナイト」。実は吾輩も、そのメンバーに1月遅れて参加することになりました。で、本日深夜その(吾輩出演の)第1回目が放送されるのです。
 
 本日は、発表間近の「日本アカデミー賞」についてのネタなんぞを、色々話しておりまする。一応“レギュラー”ってことですので、今後番組の続く限り頻繁に(毎週ではありませんが)出演する予定です。コレまで以上に、映画ネタに力を入れた番組にしていこうと意気込んでおりますので、是非聞いてやっておくんなまし!


 「KOBEキネマナイト」は、ラジオ関西(AM558KHz)で、本日深夜25:30~ON AIR!!よろしくお願いしま~す!!


※放送は終了しました。来週も出ますので、よろしくです。
[PR]
by mori2fm | 2007-02-15 02:00 | ラジオ | Trackback | Comments(4)

映画ネタを書いておりますが、最近更新が停滞しまくってます…。


by mori2fm

プロフィールを見る
画像一覧

プロフィール

mori2(もりもり)
・性別:♂
・年齢:50歳(嗚呼…)
・家族:妻と1人娘“かぁたん(仮名)”
・生息地:京都府
・生業:シネマコミュニケーター!(と、書きたいところなんですけど、実態はタダの超薄給サラリーマン…(>_<)
・一言:映画ネタ+日々の徒然なる“妄言”をシネマ親父・mori2が書き綴ります…。

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ

☆ラジオ
「シネマキネマ」
(ラジオ関西・AM558KHz
・土曜深夜3:00~)
レギュラー出演中!


☆リンク
いどまきのエンタな瞬間♪
中川幸順の映画やあれこれ♪超HAPPY♪
楽(たけとら様)


~映画サイト~
Yahoo!映画

シネマトゥデイ

eiga.com

新作映画情報「映画生活」


象のロケット:映画DVD総合ナビゲーター
“お薦め映画ファン ブログ”に、掲載していただいてます。

cinemacafe.net
キネマ旬報映画データベース
日本インターネット映画大賞

~映画館~
映画館・シネコンのMOVIX

イオンシネマ

“TOHOシネマズ”

~映画関連ブログ~
映画レビュー トラックバックセンター
ジジョの五感
新・豆酢館
迷宮映画館(sakurai様)
映画の話でコーヒーブレイク(ryoko様)
我想一個人映画美的女人blog(mig様)
気ままな映画生活(シムウナ様)
だらだら無気力ブログ!(はくじ様)
レザボアCATs(とらねこ様)
『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記(aq99様)
こねたみっくす(にゃむばなな様)
ペパーミントの魔術師(Ageha様)
お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法(Kei様)
ラムの大通り(えい様)
新・映画鑑賞★日記…(yukarin様)
自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ(しん様)
~青いそよ風が吹く街角~(BC様)
・*・ etoile ・*・(maru♪様)
晴れたらいいね~(ちゃぴちゃぴ様)
映画と旅行、にゃんぱらりんな日々(にいな様)
新・辛口映画館(masala様)
Cinema Collection 2(ひろちゃん様)


~色々ブログ~
ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
はなこのアンテナ@~無知の知
きたはち、ぽよよんブログ
声を磨けば、ココロがピカピカになる !コミュニケーションを楽しもう!!(スポーツアナウンサー 寺西 裕一 様)
One Fine Day ある晴れた日に(Miho様)
働くママのひとりごと(まどまりまま様)

フィードメーター - シネマ親父の“日々是妄言”

最新の記事

2017年マイ・シネマ・ラン..
at 2017-12-31 22:25
「奥田民生になりたいボーイと..
at 2017-09-14 22:26
「エイリアン:コヴェナント」..
at 2017-09-09 22:47
「散歩する侵略者」もしあなた..
at 2017-09-07 22:47
「三度目の殺人」これはヘビー..
at 2017-09-06 21:49

ブログパーツ

最新のトラックバック

サバイバルファミリー
from 銀幕大帝α
映画:エイリアン コヴェ..
from 日々 是 変化ナリ ~ DA..
「三度目の殺人」
from 三毛猫《sannkeneko..
エイリアン:コヴェナント
from とらちゃんのゴロゴロ日記-B..
奥田民生になりたいボーイ..
from 映画的・絵画的・音楽的
『三度目の殺人』:事件の..
from キネマのマ ~ りゃんひさ ..
三度目の殺人
from 映画的・絵画的・音楽的
『奥田民生になりたいボー..
from 京の昼寝~♪
映画「エイリアン:コヴェ..
from 帰ってきた二次元に愛をこめて☆
チア☆ダン ~女子高生が..
from 銀幕大帝α

記事ランキング

カテゴリ

全体
新作映画ネタ
映画小ネタ
映画館ネタ
俳優・女優・監督ネタ
映画評 外国映画 ア行
映画評 外国映画 カ行
映画評 外国映画 サ行
映画評 外国映画 タ行
映画評 外国映画 ナ行
映画評 外国映画 ハ行
映画評 外国映画 マ行
映画評 外国映画 ヤ行
映画評 外国映画 ラ行
映画評 外国映画 ワ行
映画評 日本映画 あ行
映画評 日本映画 か行
映画評 日本映画 さ行
映画評 日本映画 た行
映画評 日本映画 な行
映画評 日本映画 は行
映画評 日本映画 ま行
映画評 日本映画 や行
映画評 日本映画 ら行
映画評 日本映画 わ行
ランキング
映画以外ネタ
我が娘の日常
ラジオ
きょうの出来事
なんてことのない話
街ネタ
世の中
ご挨拶
未分類

フォロー中のブログ

nest nest
MS.POKERFACE
Wakaのいる風景
33χ
るんるん♪ 
カタルーニャのお姫様
Mein Tagebuch
発展途嬢
Myshop 店主のひとりごと
Jub Up Family
KOBECCO
2+2=5
*- Petit sou...
web-tonbori堂ブログ
the borderland 
ジェームズ・ボンド 00...
samuraiの気になる...
映画の心理プロファイル
えろぶろ at Exci...
かたすみの映画小屋
Rosslyn Papers
中で出すのが愛なのか
面白い映画とつまらない映...
MOVIS
けちけちオヤジのお気楽ダ...
Osaka-cinema...
しねまだいあり~~ず。
puppa's
ジンライムとチョコレート
まぁず、なにやってんだか
龍眼日記 Longan...
一歩前進したかも日記
日刊エキブロ新聞
ライフノート
紫@試写会マニア
またあした
ドンカンはツミである
みゆ@小学校
爆音映画祭
UNOJECT-STUDIO

以前の記事

2019年 12月
2017年 12月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

(137)
(44)
(44)
(40)
(31)
(29)
(18)
(17)
(17)
(16)
(15)
(14)
(14)
(13)
(12)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

映画

画像一覧