人気ブログランキング |

 12年ぶりに登場、ジョン・マクレーン!「ダイ・ハード4.0」(20世紀FOX)。歳は喰った、頭の髪は無くなったけどアクションは健在!って言うか、むしろやり過ぎ!ここまでしたら。   


 FBIのサイバー犯罪部が、何者かによるハッキングを受けた。責任者のボウマン(クリフ・カーティス)は事態を重視し、ブラックリストに載っているハッカー達を根こそぎ連行して来るように命令を出す。同じ頃、NY市警のジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は、離婚して離れて暮らす娘・ルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に会うため、ニュージャージー州の大学構内にいた。そこへ警察無線で、近くに住むマット(ジャスティン・ロング)というハッカーの身柄を拘束し、ワシントンのFBI本部へ連行せよとの命令が入る。嫌々ながらも、マットのアパートを訪れるジョン。マットの所在を確認し、部屋へ入った瞬間、2人はいきなり正体不明の武装集団に襲撃される。何とか敵を撃退したジョンは、マットを連れて一路ワシントンを目指す。だがこの夜の事件は、その後に起こる大事件の、ホンの序章に過ぎなかった…。


 “12年ぶりのシリーズ最新作”ってことで、過去のシリーズとどの位リンクさせてあるのかな~と、楽しみにして行ったんですが、殆んどリンクしておりません。と、言うよりも、アレだけのトンでもない事件(テロリストと、高層ビルで戦ったり国際空港で戦ったり、はたまたNYの危機を救ったり)が、歴史上から抹殺されているような設定になっております。ですから、過去を知らない若い世代の方々には、何の抵抗も無く“普通に良く出来たアクション映画”として楽しんで観ていただけるとは思います。が、我々世代からしますと「ダイ・ハード」的な良さが薄くなってしまったようで、その辺が残念でしたね。
 

 吾輩がこの映画を観たシネコンの近くには、高速道路があるんですよ。で、帰り道にその高速道路を見上げてつくづく思いましたよ…『あんな高さから落ちたら、普通に死ぬわな…』そう、そりゃ確かに「ダイ・ハード」=「なかなか死なない」という意味はありますし、過去のシリーズでも結構ムチャやってたとは思いますが、今回は明らかに“やりすぎ”じゃね~か?ジョンはスーパーマンじゃなく、あくまでも“普通のオッサン”ですからね。生身でアレやったら、無事でスマンやろう?
 先日TVでやってた1作目を久々に観たんですが、ブルース・ウィリスが若い(当たり前)!で、この頃はまだ目がオドオドしていてホントにジョンの『ああ、何で俺がこんな目に遭うんだ?まったくツイてない!』て感じが非常に良く出てるのですが、回を重ねて4回目ともなりますと、ジョンもハクが付いてまいりまして、『おお、どっからでも掛かってこんかい!』てな感じになっております。そう“巻き込まれる”と言うよりも“巻き込まれに行ってる”て感じが…(^^;。そのあたりもチョット“やりすぎ”かな~と。


 さあ、この映画が当たりますと、またシリーズは続いちゃうんでしょうか?その場合、タイトルは「ダイ・ハード5」なのか、それとも「ダイ・ハード4.5」なんて数字になるんでしょうか(^^;?


 「ダイ・ハード4.0」は、6月29日(金)より全国一斉ロードショー!さあ、あなたも“アナログおやじ”が魅せるハイテンポ・アクションを是非映画館の大スクリーンで、ご堪能ください!



「ダイ・ハード4.0(字幕版)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ダイ・ハード4.0 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新 

ダイ・ハード4.0@映画生活

ダイ・ハード4.0 - goo 映画
ダイ・ハード4.0 - goo 映画

by mori2fm | 2007-06-28 02:08 | 映画評 外国映画 タ行

 予告編観ただけで爆笑して楽しみにしてました。「舞妓Haaaan!!!」(東宝)。何せ、吾輩のホーム・グラウンド“京都”でメチャクチャな話が展開されるってんで、もおそりゃワクワクで…。


 
 修学旅行で訪れた京都で一目観て以来、舞妓の魅力にとり憑かれた公彦(阿部サダヲ)。鈴屋食品・東京本社で働きながら、『舞妓さんと、野球拳がしたい!』という夢を胸に、舞妓の写真を撮りまくり、更には自分で「ぼんの舞妓日記」なるHPを主宰し、日々舞妓の魅力を追い続けていた。そのHPに“ナイキ”というハンドルネームの“荒らし”が現れ、『ひょっとして管理人は、一度もお座敷遊びをしたことがないのでは?』と公彦を煽りだす。核心を突かれ、動揺する公彦。そんな或る日、公彦は京都工場への転勤を命じられる。他人から見れば“左遷”の人事も、公彦にとっては願ってもない展開。すっかり有頂天になった公彦は、遠距離恋愛を覚悟した恋人・富士子(柴咲コウ)とアッサリ別れ、意気揚々と京都へ向かう。そして、京都工場主催の歓迎会を抜け出した公彦は、念願のお茶屋へと向かう。しかしこの時公彦は、自分自身が“一見さん”だということを、すっかり忘れていたのだった…。


 やっぱり面白いわ、クドカン!こんなハイテンションな映画を“歴史都市・京都”でよくぞ撮ったモンだ(あ、監督は水田伸生さんです)。しかもテーマは、“舞妓”!普通こんな風に扱ったら、花街界隈から文句が出そうなモンですが、この映画はキチンとその辺りの協力(置屋のおかあさんから、演技指導を受けたりしたそうです)は取り付けているようですので、その心配は無いようです(^^;。まあ、観る前からかなりハチャメチャな話だとは想像してましたので、『面白かったら、それでええわ』と思ってたのですが、コレが何と、ストーリーがちゃんと存在してるんですよ!そりゃ現実には有り得ない、荒唐無稽なお話ですけど、ちゃんと脚本が練られているのでただの“アホ映画”にはなっておりません。そう“極上のアホ映画”に仕上がっております。
 
 
 最初から最後まで、ず~っとテンション上がりっぱなし!映像もストーリーも俳優陣も、全てがハイテンション!!阿部サダヲも柴咲コウも堤 真一伊東四朗生瀬勝久小出早織も…みんなみんなホントに楽しそう!特に山田孝之北村一輝の登場シーンには吾輩大爆笑してしまいました。うん、こういう映画は難しいこと考えたら負けです。観に行く時は理性をどこかに置いて、な~んも考えずに楽しみましょうよ!


 京都駅ビルに鴨川、平安神宮や新京極…映画の中には吾輩の見慣れた京都の風景が、山盛りテンコ盛りでございまして、ソレ見てるだけで大いに楽しめました(^^;。京都人なら思わず笑ってしまうようなネタも満載で、嬉しい限り。ホント返す返すもロケの情報をまったく知らなかったのが、今更ながら悔やまれます…(>_<)。知ってたら絶対見に行ってたのにな~。


 あと忘れちゃいけないのが、この映画は植木 等 さんの遺作になっちゃったんですね。登場されるシーンは短いんですが、その瞬間だけ映画館の空気が少し、神妙なモノになった気がしました。そういう意味でも、この映画は必見の価値があると思います。


 「舞妓Haaan!!!」は、ただいま全国大好評上映中です!さあ、映画館であなたもご一緒に…『京都は日本の宝だ~!!』

舞妓Haaaan!!!  - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新
 
舞妓 Haaaan!!!@映画生活

「舞妓Haaaan!!!」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

舞妓 Haaaan!!! - goo 映画
舞妓 Haaaan!!! - goo 映画

by mori2fm | 2007-06-25 22:44 | 映画評 日本映画 ま行

 若者に絶大な人気を誇る、乙一原作小説の映画化。「きみにしか聞こえない」(ザナドゥー)。横に座っていた女の子は泣いてました。しかし、吾輩はこの物語を理解できなかった!何で?コレってひょっとしてトシのせい??(泣)


 横浜に住むリョウ(成海璃子)は、友達もいない内気な女子高生。話したりメールをしたりする相手もいないことから、いまどきには珍しく携帯電話も持っていなかった。或る日リョウは、学校の帰り道の公園で、おもちゃの携帯電話を拾う。翌日、鳴るはずのないおもちゃの携帯電話が鳴り始め、その電話に応対したリョウに、ある青年の声が聞こえる。青年はシンヤ(小出恵介)と名乗り、長野に住んでいると言う。お互いに疑心暗鬼だった2人は、ある方法で互いの存在が確かなものだと確信する。それから2人は何度と無く空想の“頭のケータイ”で会話をするようになっていく。それはやがて、内気だったリョウに少しづつ精神的な変化をもたらし、あるハンデを抱えていたシンヤの心の支えともなっていく。そして、夏が近付いた頃シンヤが上京するのに合わせて、2人は初めて会う約束を交わすのだが…。


 描こうとしているテーマ『人間、誰もが誰かと繋がっている。あなたは1人じゃない!』ってのは、よくわかりますし、それは非常に繊細で素晴しい物語として描かれていると思います。現に吾輩もホロリと来た箇所が、幾つかございましたから。でもね、観終わって気付いた(引っ掛かっちゃった)んですよ。『何であの2人が、繋がったんや…??』そりゃね、空想のお話ですから別に“頭のケータイ”のシステムを、納得いくように説明しろなどとは申しません。しかし、物語の根幹ともいえる部分についての言及が一切ない(『こうしたら、繋がった』と言ってるシーンはあるのですが、そうではなく『何故?あの2人だったのか?』てところが知りたいのです…)まま、話はどんどん進んで行き、なお且つ2人だけで話が終わっているのなら良いのですが、最終的には彼等の周りの人も、話の中に巻き込まれてるんですよ。で、巻き込まれた人達は何の不思議も無く、この話に入り込んじゃってるんですね。普通こんな話、誰も理解できないと思うのですが…。この部分に引っ掛かっちゃった時点で、吾輩的にはこの映画は良く理解できないシロモノになってしまいました。コレってどうなんでしょ。やはり冒頭に書いたように“トシのせい”なんでしょうか?いまの若い人は、この物語に何の疑問も感じず入り込み、感情移入できちゃうんでしょうか?まあ、確かに乙一さんの小説を読んだことは無いのですが…。

 実はこの映画、困ったことに驚くほど評判が良いのですよ。もう、こうなってくると何か自信なくしちゃいそうですが、やはり理解できません。何より吾輩が、ストーリーの中で一番引っ掛かったのが、『リョウがどうして誰とも打ち解けなくなったのか?』てのが、語られるシーンです。ここでは、その理由は書かずにおきますが、思わず『は?そんなことで??』と言いたくなるような理由でした。そしてそれを聞いたシンヤがリョウを励まし、リョウは長いこと閉じこもっていた殻から脱け出すことが出来る…と、一見感動的なストーリーではございますが、言わせていただきますとそんなことは、どこの誰ともわからん奴が励ますのではなく、誰あろう親のすることでしょうが!この映画に出てくるリョウの両親(演じているのは、古手川祐子中野英雄)は、あまりにもノー天気です。はっきり言って娘のそういった状況(内気で殻に閉じこもりがち)に、見て見ぬ振りをしています。そして、何故かはわからないけど、娘が明るくなったのを見て『よかったね~』なんて言っております。何という、無責任な…。これを見せられたらチョット辛いですよ、この映画。まあ、いまの時代『親より友達』なんですかね…。


 「きみにしか聞こえない」は、ただいま全国公開中です。色々書きましたが、あなたの目で、そのストーリーを是非映画館でご確認下さい。


~追記~
 散々色々書きましたが、成海璃子は素晴らしい女優です。この子が今、14歳などというのが信じられません。末恐ろしい女優さんですよ。


きみにしか聞こえない - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

「きみにしか聞こえない」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


きみにしか聞こえない@映画生活

きみにしか聞こえない - goo 映画
きみにしか聞こえない - goo 映画

by mori2fm | 2007-06-22 02:01 | 映画評 日本映画 か行

パイレーツ・オブ・カリビアンは中国をバカにしている!? | Excite エキサイト


 ~[北京 15日 ロイター] 新華社通信によると、大ヒット映画「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」は中国を侮辱しているとして、その一部がカットされたという。
 この映画で香港出身の俳優チョウ・ユンファが海賊のサオ・フェン役を演じているが、当局は彼が登場するシーンを半分の約10分にカットした。
 中国の映画雑誌「ポピュラー・シネマ」は、「チョウが演じる海賊はハゲ。顔には深い傷跡があり、長いあごひげに長い爪。これはまさしくハリウッドが伝統的に中国人を悪者扱いしているからこそのイメージだ」と評している。~



 何か、ここまでくると“被害妄想”も甚だしいですな。≫長いあごひげに長い爪…それって、差別じゃなくて昔の中国人のリアルな姿なんじゃないの??そんなにイヤなら、上映しなけりゃイイのに…。て、言うか映画の規制をするよりも、アンタんとこの国内での海賊版を先に撲滅しなさいな!ま、ムリでしょうけど…(爆)。
by mori2fm | 2007-06-17 19:07 | 映画小ネタ

Excite エキサイト : 芸能ニュース“ダイ・ハード5は日本舞台の可能性も”


 ~ブルース・ウィリス(52)が12日、主演する人気シリーズ映画の最新作「ダイ・ハード 4.0」(30日公開)の来日会見を都内で行った。印象に残ったのは米女優マギー・Qとの激しい格闘シーンだという。「生まれて初めて女性を殴ったよ。ボコボコにされたよ。本当にハードだった」と苦笑い。「好きなシーンが話しやすいのは良くできた証拠」と自信をのぞかせた。次回作については「可能性はある。日本を舞台にする可能性もある」。~


 まあねえ~、ブルースも昔と違って随分丸くなったそうですけど、コレはどう考えても、“リップサービス”でしょ。だって、撮れるわけね~じゃん!あんなトンでもない映画、日本で!!
 しかし、最近のハリウッド・セレブ達はみんなサービス精神旺盛ですな。来日する度に『次回作は日本で』ってのが、まるで“合言葉”みたいになっておりますから…。いい加減、日本のマスコミも気付きなさい!って~の。


 「ダイ・ハード4.0」は、6月23日(土)世界最速・日本先行ロードショーが決定したそうです。ま、これは嬉しいことですけどね…。


~追加TB~やりたい放題のブルース・ウィリス! 会見中にトイレに行っちゃった……! - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新
 かなり、ムチャやってますな~(^^;。
by mori2fm | 2007-06-13 12:07 | 新作映画ネタ

 吾輩が、今年の上半期に出会った、もっともシンプルで面白い“超おバカ映画”でございました。「キサラギ」(ショウゲート)。最初、チラシを見たときは『ホストの映画か?』と思っちゃったんですが、なるほどこういう映画だったんですね。もう上映時間1時間48分の間、殆んど笑いっぱなし…(^^;。


 グラビアアイドル・如月ミキが、焼身自殺をして1年が経った。彼女のファンサイトの常連達が、1周忌の追悼集会を開くため、とある建物の1室に集結した。やって来たのは発起人の“家元”(小栗旬)、の他に“オダ・ユージ”(ユースケ・サンタマリア)、“スネーク”(小出恵介)、“安男”(塚地武雅)、そして“イチゴ娘”(香川照之)の5人(注:役名は、すべて…1人を除いて…ハンドル・ネーム)。ネット上での付き合いしかなかった彼等は、そこで初めて顔をあわせる。そして、皆それぞれに如月ミキへの思いを抱いて、1周忌で大いに盛り上がろうとしていた筈だったのだが、誰かが発した『なぜ、彼女は自殺をしたのか?』という言葉から、雲行きが怪しくなり始める。そして遂にある男が口火を切った『彼女は殺されたんだ』と…。


 冒頭で“おバカ映画”と書いておりますが、俳優陣はみんな大真面目に“バカ”を熱演しております!映画の形式としては、最初から最後までずっと1つの部屋を舞台に展開する“ワンシチュエーション・ムービー”なので、ともすれば退屈な展開に陥りそうですが、この映画の場合、次から次へと話が展開していき、そしてそれがとてもテンポ良く、また笑える(たとえ次の展開が先に読めたとしても、それを見越してまた笑えてしまう…)ストーリーになっていますので、まったく“飽き”は感じられませんでした。事実試写室の中では、常にあちこちから“爆笑”が聞こえてまいりましたから。

 『大真面目に演じている』と書きましたが、ここで描かれているキャラクターは、全員が間違いなく“バカ”です。世間的に言えば“アイドルオタク”の類いです。でもこの映画では彼等を“愛すべき大バカ”として描いています。そしてそれは、緻密に練り上げられ書き込まれた古沢良太 氏による脚本と、吾輩が大好きな「シムソンズ」を撮った佐藤祐市 監督による演出、そして“濃厚すぎる”とも言えるキャスティングの俳優達の演技とのアンサンブルによって、初めて成立したモノだと思います(香川照之が、頭に“イチゴのカチューシャ”のせてるところを、想像してみて下さい。この映画、そんなシーンがいっぱい出てきます。しかも役者は“大真面目”…(^^;)。

 制作費が山ほど掛かったってことはないでしょうが、極上のエンターテインメントに仕上がっています。この時期最高に楽しめる1本だと、吾輩自信を持っておすすめいたしますよ!

 
 「キサラギ」は、6月16日(土)より全国ロードショー。この映画、ご覧になっても、決して他人に結末は話さないで下さい!あ、でもラストまで絶対席は立たないで!!



「キサラギ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>


キサラギ@映画生活

キサラギ - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

キサラギ - goo 映画
キサラギ - goo 映画

by mori2fm | 2007-06-13 11:24 | 映画評 日本映画 か行

ショーン・コネリー、『インディ・ジョーンズ』への出演はないと正式発表 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新
ショーン・コネリーはインディ4には戻らない:INDY JONES.JP


~ルーカス・フィルムは追加のキャストを発表したプレスリリースの中でインディの父親役で主演交渉をしていた、サー・ショーン・コネリーについて、彼は『インディ・ジョーンズ4』には出演しないと発表しました。~


 う~ん、残念と言うか、しゃあないと言うか…。でも、ご本人が~「あまりによく質問されるので、私は発表をするのが最も良い方法だと思いました。私は長く、そして、一生懸命にそれについて考えました。私を引退から引き戻すことが出来たのは、それはインディ・ジョーンズ フィルムだったでしょう。」 「私はスティーブンとジョージと共に仕事するのが好きです。そして、私の息子としてハリソンを持つことが名誉であることは言うまでもない。しかし、引退後は多くの楽しみがあります。」~と、言っておられる以上、周囲がどう騒ごうがどないもならんですわな。

 でも、幸せな老後(?)の生活を送っておられるんですね。年金で大騒ぎしている国に住む者から見ると、羨ましい限りだ…(爆)。 
by mori2fm | 2007-06-11 19:44 | 俳優・女優・監督ネタ

Excite エキサイト : 芸能ニュース“仮面ライダーV3 27年ぶり復活”


 ~1970年代に変身ヒーローブームをけん引した仮面ライダーV3がスクリーンで復活する。今秋公開の「仮面ライダー THE NEXT」(監督田崎竜太)で、V3が劇場版に登場するのは「8人ライダーVS銀河王」以来27年ぶり。歴代シリーズの中でも最高傑作と呼ばれ、人気を誇ったV3。オールドファンの注目も集めそうだ。
 原作の石ノ森章太郎さんの死去(98年)後に始まった“平成ライダー”シリーズの劇場版とは別に製作される「THE NEXT」は、05年に東京国際映画祭でお披露目された「THE FIRST」に続く第2弾。70年代に子供たちを夢中にさせたオリジナル版を踏襲する本流映画で、V3が満を持して登場する。~



 おお!これはまたスゴイですね~!今度は「V3」ですよ。吾輩、一番大好きなライダーでございますよ。ふ~ん「THE FIRST」とも、絡めてるんですね。で、風見志郎役は「カブト」で“ドレイク”を演じた加藤和樹クンですか。そういえば、“元祖”風見志郎の宮内洋さんは、「THE FIRST」で“おやっさん”立花藤兵衛役で出てましたよね。今回も再登場は、あるのでしょうか?

 ニュースソースによると、今回の敵は“ショッカー”なんですかね?そうなるとアノ♪~敵は~地獄のデ~スト~ロン~♪って主題歌はどうなるんでしょう?


 まあ、期待半分・不安半分で秋の公開を、楽しみに待たせていただきましょう!
by mori2fm | 2007-06-08 12:56 | 新作映画ネタ

 今日、帰宅すると吾輩宛てに一通の封書が届いておりました。差出人はTOHOシネマズ株式会社。『お、何かプレゼントでももらえるのかな~?』なんて思いながら、封を切りますと、中から下記のような文章のお知らせが…。


 ~2004年2月より、地域の皆様に御愛顧を頂いて参りました「TOHOシネマズ高槻」は、この度2007年6月28日(木)をもちまして営業を終了させて頂き、同年6月30日(土)より、ジョイプラザ株式会社の新規シネコン『高槻ロコ9シネマ』として営業されることとなりました。~


 ????何じゃ、そりゃ~?シネコンの営業譲渡?そんなん、聞いた事無いな~。閉館するってのなら、まだわかるような気もするけど、そのまま別の会社が引き継いで営業するってのは…。だって、上の文章通りだとすると、28日まで“TOHOシネマズ”として営業して、1日休んで突貫工事で看板とかを全部付け替えて、既存の設備はそのままで30日から別のシネコンとして、営業するってことですよね。冷静に考えると、結構凄い話ですよね?

 これには、東宝さんの“関西映画館再編計画”ってのが絡んでおる(“ナビオTOHOプレックス”が“TOHOシネマズ梅田”として、秋にリニューアルするんだそうです)ようでして、高槻はひょっとすると『切られた』のかな?と思ってしまうのですが、吾輩的には『シネマイレージが使えなくなるやんか!』ってのが、一番イタいんですけどね…(^^;。

 まあしかし、“前代未聞”じゃないですかね~。こんな話…。


~追加TB~
 ことの詳細が、コチラのニュースに掲載されてましたので、UPしておきます。どうやら過去にも例はあったようで…。
by mori2fm | 2007-06-08 01:22 | 映画館ネタ