人気ブログランキング |

 京極夏彦原作の人気小説、“京極堂(百鬼夜行)シリーズ”の映画化第2弾。「魍魎の匣」(ショウゲート)。前作「姑獲鳥の夏」(←コレも出ないよ!)も見てないし、原作も読んでません。こんな吾輩でも楽しむ事が出来たのでしょうか??


 終戦から7年経った1952年。探偵・榎木津(阿部寛)は、映画撮影所の所長を務める叔父・今出川(笹野高史)に呼び出され、元女優・柚木陽子(黒木瞳)の娘で、失踪した加菜子(寺島咲)の捜索を依頼される。加菜子は、ある財閥の遺産相続に関っていて、失踪はその1件に絡んでいるようだった。その10時間前、関口(椎名桔平)は、カストリ雑誌の鳥口(マギー)から最近頻発している“少女連続バラバラ殺人事件”についての寄稿を依頼されるも、コレを一蹴。その直後、鳥口の雑誌の事務所から新たな死体の一部が発見される。その現場へ他誌の記者・敦子(田中麗奈)と共に駆けつけた関口は、鳥口からバラバラ殺人事件の犠牲者達が、或る新興宗教と関係があったことを聞かされる。その3時間前、映画館で美波絹子(=陽子)の主演作を熱心に鑑賞していた謹慎中の刑事・木場(宮迫博之)は、青木刑事(堀部圭亮)から、“少女連続バラバラ殺人事件”の資料を見せられ、協力を要請されるが興味を示さない。やがて青木は意外な形で加菜子と遭遇する。そして関口と鳥口は、事件捜査への協力を要請するため、古書店主で陰陽師でもある敦子の兄・中禅寺秋彦(堤真一)の許を訪れる。そこには失踪事件の捜索に行き詰った榎木津が、先客としてやって来ていた。やがて彼等の追う事件は、“ハコ”を巡る謎へと帰結していく…。


 『まあ、何と台詞の多い映画!』ってのが、観終った後の1発目の感想でございました。でも、決して悪い意味ではなく、非常に楽しめました。濃密な脚本とエキゾチックな映像(上海ロケを敢行!)。そして何よりも、芸達者が集ったキャスティング!その俳優陣が、とにかくとっても楽しそう!嬉々として演技をしているのが、もお観ていてダイレクトに伝わってきました。誰もミスキャストが無い!と思える(原作読んでませんが…)中で、特に柄本明サン演じる“マッドサイエンティスト”が、吾輩的には“超”が付くほど『嬉しかったです(←文法的にはオカシイですよね…でも、わかって(^^;)!』話としては、結構耽美でグロテスクなんですけど、それをあまり感じさせない猛烈なテンポで、濃厚なんですけどそんなに長くも感じませんでした。常にスクリーンから目が離せない展開で、心地良い2時間13分でございました。原作は、まだまだ続く(現在9巻まで刊行済み)ようですが、コレは映画の方も、引き続きこのキャスティングで続けていってほしいですね。

 この映画の宣伝チラシに、『映画界を代表する6人の超強力キャストが集結…』と書かれておりましたが、主要キャスト6人って、堤 真一・阿部 寛・椎名桔平・宮迫博之・田中麗奈・黒木 瞳…??『宮迫は違うやろ~!!』いや、彼の演技を否定する訳ではないですが、『映画界を代表する…』ってのはチョットね~。違うでしょ(^^;?

 「魍魎の匣」は、12月22日(土)から全国ロードショーです。濃厚なキャストによる、濃密なサスペンスを、あなたも是非映画館でご覧下さい。

↓※記者会見レポは、一番下を“ポチッ”と!↓

「魍魎の匣(はこ)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

魍魎の匣 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

魍魎の匣@映画生活

魍魎の匣(もうりょうのはこ) - goo 映画
魍魎の匣(もうりょうのはこ) - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ

で、行ってまいりました。記者会見!!(←“ポチッ”と)
by mori2fm | 2007-11-29 01:02 | 映画評 日本映画 ま行

Excite エキサイト : 芸能ニュース“櫻井翔 実写版で「ヤッターマン1号」”

 ~「嵐」の櫻井翔(25)が09年春公開の映画「ヤッターマン」(監督三池崇史)で主演することになった。77~79年にフジテレビ系で放送された人気アニメの実写版。来年1月から日本テレビ系で新作アニメの放送も予定されている。《中略》櫻井は正義の味方ヤッターマン1号に変身する玩具店の青年、高田ガン役。三池監督は「正義のヒーローらしい風ぼうを全身からにおわせている。櫻井さんが演じるのは宿命だった」と説明。けん玉を使った武器「ケンダマジック」のアクションも見どころだ。~


 まあ、誰がやっても『え~??』とは思うでしょうが、どうなんだコレ?ちょっとイメージが湧かん!!櫻井クンがダメとは思わんが、少々丸くない(^^;?あとは相方(ヤッターマン2号=アイちゃん)と、ドロンボーのキャスティング次第ってとこですね。いずれにせよ、史上最強の“トンデモ映画”になる要素は、充分にふくんでおりますな(^^;!

 頼んまっせ!三池監督!!

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2007-11-26 10:32 | 新作映画ネタ

 昭和30年代の映画館を舞台に、男女の長年にわたる純愛を描く本作。「オリヲン座からの招待状」(東映)。人の心を信じてみたくなる、優しい優しい映画です。


 離婚間近の祐次(田口トモロヲ)、良枝(樋口可南子)の許に一通の手紙が届く。それは京都にある映画館・オリヲン座からの、“閉館謝恩興行”の招待状だった。手紙の送り主は、オリヲン座の館主・留吉(原田芳雄)。『行かない』と宣言する祐次に、『連れて行ってほしい』とせがむ良枝。オリヲン座は、幼馴染みだった2人にとって、幼少の頃を過ごした想い出の場所だった…。昭和32年、松蔵(宇崎竜童)・トヨ(宮沢りえ)夫婦が経営する映画館・オリヲン座に、職を探して留吉(加瀬亮)という青年がやって来る。氏素性も判らぬ留吉を雇い、自分の技術を伝えていく松蔵。やがて病に倒れ、松蔵が急死。『オリヲン座を閉める』と言うトヨを説得し、松蔵の遺志を継いで映画館を続ける留吉。そんな2人を、世間は好奇の目で見始める。そしてテレビなどの台頭で、映画産業は斜陽に。オリヲン座も厳しい時代を迎えるが、トヨと留吉は映画を愛し、常にお互いを思い合い、そしていつしか純粋に深く愛するようになっていた。そんなオリヲン座に日々やって来て、一番の遊び場にする2人の幼い子供たちがいた…。


 人間の最も純粋な感情…“至上の愛”、半世紀にもおよぶ、トヨと留吉の“プラトニックな愛”…。今の若い世代には考えられない、この究極に純粋な感情を映画館という空間を舞台にして、とても優しく描き出しています。本当に素朴で優しい物語です。そしてあの名作「ニュー・シネマ・パラダイス」を彷彿とさせる、昔懐かしの映画館の風景。どこか郷愁をかきたてられる映像に、早くから涙腺が緩んでしまいました。

 宮沢りえ、加瀬亮の両名は共に頑張ってますし、充分な演技を見せてくれますが、この映画で何より素晴しいのは、老いた留吉を演じる原田芳雄さんです。オリヲン座、最後の上映の前に挨拶する留吉の『映画人の端くれとして、申し訳なくて…』という台詞は、原田さんの魂が込められているように感じられ、吾輩思わず涙…となってしまいました。

 で、奇しくも同日公開となった「ALWAYS 続・三丁目の夕日」とは、図らずも“昭和30年代対決”となってしまったわけですが、興行的には圧倒的惨敗!のようです(泣)。吾輩的には、あんな大仕掛けなSFX(?)映画よりも、こちらの方が遥かに良心的で、素晴しい映画だと思うのですが…。世間はわかってないな~。何?吾輩がひねくれてるだけなのか??

 「オリヲン座からの招待状」は、ただいま全国上映中(もう少しで、終わってしまいそう…(>_<)です。この素晴しく純粋な愛の形を、あなたも映画館で是非、ご覧になってください。

「オリヲン座からの招待状」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

オリヲン座からの招待状 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

オリヲン座からの招待状@映画生活

オリヲン座からの招待状 - goo 映画
オリヲン座からの招待状 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2007-11-22 01:10 | 映画評 日本映画 あ行

 まっと・でいもん~…もとい!マット・デイモン主演、アクション・シリーズ第3弾!「ボーン・アルティメイタム」(東宝東和)“色白ポッチャリ軟弱兄ちゃん”のマット君が、唯一スーパーアクションを演じているこのシリーズ。さてさて今回は、どんなアクションを披露してくるのでしょうか?


 モスクワで消息を絶ってから6週間。ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は、“トレッドストーン計画”等自分に関わる記事を新聞に書いた記者・ロス(バディ・コンシダイン)と、ロンドン郊外のウォータールー駅で接触。失った記憶を辿る糸口となる情報を入手しようとするが、既にロスをマークしていたCIAの部隊と遭遇。奮闘虚しく、目前でロスを射殺されてしまう。ロスが残した手掛りを元に、マドリッドを訪れたボーン。CIAの追っ手を撃退した彼の前に、ニッキー(ジュリア・スタイルズ)が現れる。その頃CIA内部では、ボーンの処遇を巡って、対テロ極秘調査局長のヴォーゼン(デヴィッド・ストラザーン)とパメラ(ジョアン・アレン)が対立していた…。


 素晴しいアクション・シーンが、てんこ盛り!もおとにかく観ていてず~っと、飽きさせません。ボーンの近接戦闘格闘シーンや、ガン・アクション。そしてこのシリーズのお約束、市街地での大規模カーチェイス!第1作「…アイデンティティー」でのパリ、第2作「…スプレマシー」でのモスクワに続いて、今作では遂にアメリカ・ニューヨークで、迫力満点のカー・アクションを繰り広げてくれます。“カー・チェイス三都物語”ですね(^^;。そしてこれもお約束。ボーンは今回も、チョット変わった車(第1作目は“ミニ”、第2作目は“タクシー”でした)で、ニューヨークの街中を走り回ります。この辺りにも注目して下さい。

 前回(「…スプレマシー」)の時もそうでしたが、吾輩、このシリーズは殆んどその前のストーリーを憶えられておりません(チャンと観てるんですけどね)。ですからこの映画は、ご覧になる前にもう一度キチンと前2作をチェックして行かれることをお薦めします。ボーンとニッキー、パメラの関係もよくわかりますし、今回映画の重要な鍵となっている“ブラックブライアー計画”という言葉も、実は「…アイデンティティー」のラスト近くでアボット(←前作で死んでます)(ブライアン・コックス)が、既にチョこっと言ってるんですよ。何より前作「…スプレマシー」のラストシーンが、今回の「…アルティメイタム」に驚くような形でつながってくるのです。吾輩観ていて思わず『Oh~!』と声を上げてしまいました(モチ、小声ですよ(^^;)。普通シリーズ物といえば前作のラスト、もしくはその何ヶ月か後ってところから始まるパターンが多いですが、この映画のつなげ方は、もお『お見事!』としか言いようがありません。ホント『やられた~』『そうくるか~?』と、暫し感心してしまいました。前2作を以前に観ていて『大体、憶えてるよ』という方も、出来ればもう一度チェックしてから本作をご覧になって下さい。その方が、より楽しめます。吾輩は、前日に観直して行って本当に良かったと、心から思っております(オーバーな…(^^;)。

 マット・デイモン唯一のマッチョシリーズ。一応今回で“完結”と謳ってますが、これだけのアタリ役はそりゃ簡単に手放したくないですよね。何か『まだ続けたい…』みたいなことも言ってるようですから、ひょっとしたらまた作られるかも。しっかし冷静に考えてみると、随分大そうな“自分探しの旅”やな~(^^;!

 「ボーン・アルティメイタム」は、ただいま全国絶賛公開中です。相変わらず日本では地味な興行成績(これでも、シリーズ最高なんですが)になりそう(>_<)ですが、超絶アクションの数々をあなたも是非、映画館の大スクリーンで目撃してください!


「ボーン・アルティメイタム」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ボーン・アルティメイタム - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

ボーン・アルティメイタム@映画生活

ボーン・アルティメイタム - goo 映画
ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
 
by mori2fm | 2007-11-16 01:34 | 映画評 外国映画 ハ行

『ドラゴンボール』実写版の悟空役が決定!公開は来年8月 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

 ~アメリカの20世紀フォックスが「ドラゴンボール」の実写版『ドラゴンボール』(仮題)を2008年8月15日に公開すると発表した。
 悟空を演じるのは、『宇宙戦争』でトム・クルーズの子どもを演じたジャスティン・チャットウィン。今年25歳のイケメン俳優だ。ピッコロにはテレビドラマ「バフィー~恋する十字架~」などで活躍したジェームズ・マースターズが決まった。そのほかのキャストは現在キャスティング中だ。~


 決まりましたね、孫悟空。ジャスティン・チャットウィンって、「宇宙戦争」で、特に何もせんかった彼ですね(^^;。どうなんでしょうね、こういうの?まあ誰がやっても最初は『イメージが違う~!』とか言われるでしょうから、コレばっかりはホント蓋を開けてみないと何とも言えませんよね。いつものことですが、公開までは楽しみ半分、不安半分ってことで…。

 ところで、ニュースソースの中のコノ部分には笑った…~この映画の大部分がスペシャル・エフェクトと予想されるため、~あったりまえやんか(^^;!!


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2007-11-15 10:31 | 新作映画ネタ

恐いな~。

アンジェリーナ・ジョリー激怒! ブラピ元妻アニストンとの比較に記者をギロリ! - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

~新作『ベオウルフ』(原題)のプレス・ジャンケットで、アンジェリーナ・ジョリーがメディアの質問にムッとする場面があった。あるレポーターが映画のことではなく、今月発売されるW誌の限定エディションの9種類の表紙に、ジョリーとともにアニストンも含まれていることについて意見を聞いたところ「何でそんなことについてわたしが答えなければいけないの? どこに意味があるの?」と鋭い目で逆に切り返したという。~

 恐いですね~、アンジー姐さん。そりゃそんなアホな質問する記者もどうかとは思いますが、完全にキレちゃってますね(^^;。


 でも、吾輩が一番恐いと思ったのは…~記者会見では、この映画は子どもたちには見せないと言い、「ママがあんなふうになっているところは見るべきじゃないと思う」と語った。~あんなふうって、どんなんやねん??子どもに見せられんって、どんなんやねんな?まさか、あんなふうになってたり、こんなふうに…って、そっちを想像した方がはるかに恐いな~(>_<)。 

 そんな(どんな?)ショッキングなシーンが満載(なのかな?)の「ベオウルフ」は、12月1日より全国ロードショーです。どんなんかなあ~?

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2007-11-09 01:02 | 俳優・女優・監督ネタ

 才人、秋元康原作小説の映画化、「象の背中」(松竹)。“不治の病モノ”です。泣かそう泣かそうとしてますが、意外や意外、吾輩クライマックス近くで笑っちゃったんですよ(^^;。


 不動産会社に勤める幸弘(役所広司)は、検査で末期の肺がんと診断され、余命半年の宣告を受ける。延命治療を拒否し、死が訪れる日まで人間らしく生きる決心をした幸弘は、妻・美和子(今井美樹)と、娘のはるか(南沢奈央)には病気のことを伏せる。それは『悲しむのは一瞬の方がいい』という妻子を思っての行動だった。しかし長男の俊介(塩谷瞬)にだけは事実を明かし、『男だから、半年間一緒に背負ってくれ』と頼む。その一方、愛人の悦子(井川遥)には事実を打ち明け、守り続けられない非礼を詫びる。幸弘は、残された日々を今まで出会った大切な人達と直接会って、自分なりの別れを告げようと決意する。それは思いを伝えられなかった初恋の相手(手塚理美)であり、些細なことで喧嘩別れした高校時代の親友(高橋克実)であり、更には、実家を飛び出したきり絶縁状態だった兄(岸部一徳)であった…。


 吾輩この映画を観て、末期がんの患者でありながら、主人公のことを心底羨ましく思いました。献身的な妻、素直な(イマドキ珍しい!)子供たちに恵まれた幸せそのものの家庭を築き、経済的にも安定し、生活には不自由がなく、トドメに美人で若い愛人までいる!健康な時でも、この状況は素晴らしいと思えるのに、それらすべてが、がんになった主人公を全力で支え、見守ってくれるのです。いやあ、素晴らしい!ホントに羨ましい(^^;!!普通、愛人の存在を確信したら、妻なんぞはブチ切れるか、看病なんぞほったらかしてバックレまっせ!何て出来た奥さんだ…て、言うか少々現実離れし過ぎているような気がしないでもないのですが…。がんになったことは不運だとは思いますが、これだけ皆に愛され、惜しまれ死んでいけるのなら、がんになってもイイかなあ~なんて思ってしまいました。まあ現実的に吾輩は、こんな状況を作り出す“人間力”を持ち合わせておりませんので、実際がんになったら不幸なだけでしょうけどね!

 で、前述した笑っちゃうシーンなんですが…映画の後半、幸弘の病室で妻と愛人が“第3種接近遭遇(^^;”しちゃうのですが、この時の幸弘の表情のおかしなこと!平静を装いながらも、心中オロオロしているのが丸わかりで(役所さん、上手いな~!)、ホント男ってのは情けない生き物だな~と痛感させられました。女の方が肝も度胸もよっぽど据わってますよ。強い!

 この映画は“がん”に向き合う時、『治療だけがすべてではない』ということを教えてくれます。残された時間を、如何に人間らしく悔いなく過ごすかは、自らの決断に掛かっているんだということを。

 「象の背中」は、ただいま全国好評上映中です。人としての幸せな最期を、あなたも是非映画館でご覧になってください。

「象の背中」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

象の背中 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

象の背中@映画生活

象の背中 - goo 映画
象の背中 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2007-11-08 21:03 | 映画評 日本映画 さ行

 厳冬の北アルプスを舞台に、国家存亡の危機に立ち向かう男たちを描いたアクション巨編、「ミッドナイト イーグル」(松竹)L.Aでワールドプレミアをやっちゃうなど、かなり気合が入っておりますが、果たして出来上がりの程は如何に?


 戦場カメラマンだった西崎優二(大沢たかお)は、戦場での或る出来事が原因で、心に深い傷を負う。それ以来雪山に籠もり、星空にシャッターを切る日々を過ごしていた。優二が山にいる間に、妻・志津子は病を患うが、その事を西崎に明かさぬままこの世を去る。志津子の妹で、週刊誌の記者をしている慶子(竹内結子)は西崎を責め、彼の息子の優(佐原弘起)を引取り育てることに。ある夜、いつものように雪の北アルプス山中で星空を撮っていた西崎は、轟音と共に飛び去る赤い光を目撃。その姿をカメラに収める。その頃、内閣総理大臣・渡良瀬(藤 竜也)の許に『米軍のステルス爆撃機“ミッドナイトイーグル”が北アルプス山中に墜落した』という報せが入る。渡良瀬は機体回収のため、自衛隊の特別部隊を現地に派遣する。一方西崎の撮影した写真を見た、彼の後輩で新聞記者の落合(玉木 宏)は、その光の正体を探るべく、西崎を北アルプスへと誘う。そして東京では慶子が、米軍横田基地に侵入した工作員と接触。その工作員の口から、驚愕の事実を聞かされる…。


 この手の作品を日本映画が作ると、これまであまりロクなことがない(話のスケールに、映像が付いて行けてない。SFXが妙にショボい…etc)ような気がしまして、この映画も観るまでかなり不安でございました。で、実際に観てみますと、残念ながら、かなりの部分でこの不安は的中してしまっております(>_<)。『墜落したミッドナイトイーグル(のセット)が、哀しいほどチャッちい!』とか『銃撃戦のシーンが、Vシネマみたい』と言った映像に関するツッコミに始まって、『何で北アルプスに、あんなにウジャウジャ工作員がおるん?』『自衛隊、弱すぎ!』と言ったストーリーへのツッコミ。そして極め付けは『国家存亡の非常事態の記事を取材する記者役が、何で竹内結子やねん??リアリティ無さ過ぎ!』という、基本設定へのダメ出し(^^;。『ガンバってはいるんやけど、やっぱり難しいのかな~。残念やなあ』という思いを抱えて、観ておりました。
 が、しかしこの映画ラスト30分の辺りから、観ていて思わず目頭が熱くなってしまうようなシーンが展開されるのです!そうそれは『俺たちのことは構わず、敵を倒せ!』というお決まりのパターンではあるのですが、この“愛する者の為に払う自己犠牲の精神”というモノに、吾輩特に弱いのです。大沢たかお演じる西崎と吉田栄作演じる佐伯三佐が、敵と繰り広げる“立てこもり銃撃戦”のシーンには、あの名作「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」に於ける、真田さんと斎藤の白色彗星内部での壮絶な絶命シーンを彷彿とさせ、吾輩試写室で思わず号泣一歩手前まで行ってしまいました。これは、男の命を懸けたロマンを描いた、壮絶な映画です。だからこそ余計に、そこへ行くまでの過程が残念ですね。ホント、ガンバッてるのはとてもよくわかるんですが…。

 「ミッドナイト イーグル」は、11月23日(祝・金)から全国ロードショーです。愛する者のために戦う男たちの生き様を、あなたも是非映画館で目撃してください。

「ミッドナイトイーグル」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ミッドナイト イーグル - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新

ミッドナイト イーグル@映画生活

ミッドナイト イーグル - goo 映画
ミッドナイト イーグル - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2007-11-08 00:43 | 映画評 日本映画 ま行