人気ブログランキング |

 全米2週連続NO.1!「ラスベガスをぶっつぶせ」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。原題は「21」←ブラックジャックで最も強い点数のことなんですと。で、ブラックジャックって何…?(^^;

 MIT(マサチューセッツ工科大学)の優秀な学生・ベン(ジム・スタージェス)は、友人とロボットコンテストへ出展する為のロボットの研究に没頭する“オタク系”。MIT卒業後は、ハーバード大学の医学部へ進学し、医師になるという夢を持っていたが、巨額な学費を如何に捻出するか頭を抱えながら、スーツショップでのアルバイトに励んでいた。そんな或る日、講義中のベンの発言を聞いたローザ教授(ケヴィン・スペイシー)は、ベンの天才的な数学力に気付く。ローザ教授は、優秀な生徒を集めて秘密裏に行なっている研究会にベンを誘う。その研究会は、“ブラックジャックで必ず勝つ方法=カード・カウンティングの習得”を研究し、実践していた。メンバーの中にはベンが以前から、遠巻きに憧れの視線を送っていたジル(ケイト・ボスワース)の姿があった。一度は誘いを断るベンだったが、医学部の学費を捻出する為に、参加を決意。研究会のメンバーから特訓を受け、テストをパスしたベンは、いよいよラスベガスへ乗り込む…。


 ブラックジャックとは…トランプを利用したゲームの一つである。世界のほとんどのカジノで人気が高い。カードの合計点数が21点を超えることなく、できるだけ高い点数を得ることを競う。バカラやおいちょカブと似たスタイルのカジノゲームの一種。…Wikipediaより引用。
 要は、合計が21点を超えず、近い点数が勝ちっていう単純明快なカードゲームな訳です。けれども、それに必ず勝てる方法ってのがあるんですね。で、これが実話をベースにしてるっていうから凄いですね。でも映画で観てると簡単そうですが、この方法は相当難しいですよ。“カード・カウンティング”っていう、既に使われたカードを記憶して、残りの札を予想するっていう方法なんですが、まあ常人(吾輩も含めて)には無理です。ましてや『答えが3の倍数と3が付く数字の時だけアホになる』そんなコトしながら数を数えてる“世界のナベアツ”には、絶対にムリ(^^;!!
 でもこの方法、映画では“違法”って言われてるんですけど、そうなんですか?別にイカサマをやってるわけじゃなく、ただカード数えて分析(しかも機械とか使ってるわけじゃないし)するだけなら、イイんじゃないのかな~?と思ってしまったのですが…。まあ、カジノ側からすればそんなことされたらたまったモンじゃないでしょうね。
 
 映画としては、ブラックジャックのルールを知らずに観ても、充分楽しめました。カジノ側(警備担当のローレンス・フィッシュバーン)とのやりとりなど、なかなかスリリングでしたし、ルール知ってる人が観たら、もっと楽しめると思います。オタクなベンが、カジノで段々洗練されていく様も、“逆プリティ・ウーマン状態”みたいで、観ていて面白かったですよ。
 
 
 主演のジム・スタージェス君。なかなかのイケメンですね。コレを切っ掛けにブレイクするんじゃないでしょうか?あと、ケイト・ボスワース!キレイだとは思うが、アンタ絶対大学生には見えんて(^^;!!


 「ラスベガスをぶっつぶせ」は、5月31日(土)より全国ロードショー。カジノで絶対勝てる方法を、あなたも是非映画館でご覧になって下さい。その後は、カジノへ…(だからムリだって!)。

「ラスベガスをぶっつぶせ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ラスベガスをぶっつぶせ』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ラスベガスをぶっつぶせ@映画生活

ラスベガスをぶっつぶせ - goo 映画
ラスベガスをぶっつぶせ - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2008-05-28 23:39 | 映画評 外国映画 ラ行

大ショック(>_<)!

Excite エキサイト : 芸能ニュース“『トッツィー』、『追憶』のシドニー・ポラック死去”

 ~監督、プロデューサー、また役者として、多数の映画を世に送り出してきたシドニー・ポラックが、カリフォルニア州パシフィック・パリセーズの自宅で死去した。73歳だった。広報担当によると家族に看取られた最期だった。手掛けた作品の多くはその時代の社会的問題をテーマにしたものだったが、批評家からの評価も高く、ヒット作にも恵まれた、稀な監督だった。~

 ショックだ、大ショックだ!!吾輩の、大好きな監督の1人でした。ニュースソースの文中にもありますが、ついこの前「フィクサー」にも出てましたし、先日試写で一足先に拝見した「近距離恋愛」(7月12日公開)にも、元気に出演されてましたよ。コレが遺作になっちゃったんですね。ホント残念です。

 また1人、偉大な映画人が旅立たれました。ご冥福をお祈りいたします…。

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2008-05-27 13:30 | 俳優・女優・監督ネタ

 超ベテラン名優2人の共演。「最高の人生の見つけ方」(ワーナー・ブラザース)。“怪優”&“渋優”が、人生最後の自分探しを、感動的に描きます。


 修理工のカーター(モーガン・フリーマン)は、検査の結果末期ガンと診断され、入院治療を受けることに。その病室に、病院のオーナーであるエドワード(ジャック・ニコルソン)が、同じく末期ガンの患者として収容される。最初は、まったく考えの合わない2人だったが、時間と空間を共有するうちに意気投合。カーターが書いた“棺おけリスト(棺おけに入るまでにやっておきたいことを書いたリスト)”を見たエドワードは、更に願望を書き加えた後、その願望を叶えるための旅に、カーターを誘う…。


 “大物俳優共演!”くらいの予備知識しか持たずに観に行ったんですが、この映画ロブ・ライナーの監督作品だったんですね。“人生最後の数ヶ月間”という、ともすれば重くて、暗くなりがちなテーマを、ユーモアと優しさに溢れた映画に撮り上げています。そうそしてソレは、“怪優”ジャック・ニコルソンまでも、“柔和な老紳士”に変えてしまっています。いや、ベースはいつもの“ギラついたニコルソン”なんですけどね(^^;。
 でも、軽いだけじゃなくキチンと人生の終焉について、考えさせられる内容になっています。ラストシーンには、心地良い感動を憶える事、間違い無しです!
 人間ホントにやりたいことをするのが一番なんです。たった一度の人生なんですから…。そのことに気付くのに、遅いということはない。この映画は、そんな事を我々に投げ掛けてきます。うん、願わくば吾輩も最後は楽しく逝きたいモンです。『終わり良ければ、全て良し』ってね。


 「最高の人生の見つけ方」は、ただいま全国好評上映中(ホントに好評のようです、こんな地味な映画なのに…でも、嬉しいですね!)です。“余命6ヶ月、一生分 笑う”いいキャッチです。名優2人が描き出す“幸せな人生の終わり方”をあなたも是非、映画館でご覧下さい。

「最高の人生の見つけ方」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『最高の人生の見つけ方』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

最高の人生の見つけ方@映画生活

最高の人生の見つけ方 - goo 映画
最高の人生の見つけ方 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ 
by mori2fm | 2008-05-22 01:07 | 映画評 外国映画 サ行

そりゃないわ…(>_<)。

 今、大阪・淀屋橋におりまして、新しくなった“プレミアム・アイスコーヒー”ってのを1回飲んでおこうと思って、マクドナルドへ入りました。腹は減ってなかったのでコーヒー一杯を並んで買いました。ええ、100円で。で、テイクアウトで飲みながら店を出てまいりましたところ、そこで店員のお姉ちゃんが「ただいま、新しくなったマクドナルドのアイスコーヒーの、無料サンプルをお配りしておりま~す!」と道行く人に、笑顔でのたもうておりました。
 
 ???サンプルっていうても、標準サイズのカップやんか、ソレ!そんなん先に言うてくれや。も~、100円返せ~!
by mori2fm | 2008-05-19 15:42 | なんてことのない話

 “アカデミー主演男優賞×2”+“アカデミー主演女優賞”+“アカデミー監督賞”まあ、何と豪華な顔ぶれでございましょうか!「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(東宝東和)。にも関わらず、何なのでしょうか、この地味~な空気は…?



 1980年。テキサス州選出の下院議員、チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、酒と女に目がなく“お気楽議員”として日々幸せに生きていた。しかし或る日、ソ連に軍事介入されたアフガニスタンのニュース映像を見たチャーリーの中で、持ち前の正義感が目覚め、自らが委員を務めていた“国防歳出委員会”で、わずか500万ドルだったアフガニスタンへの支援額を倍増させるように指示。そんなチャーリーに、テキサスの大富豪・ジョアン(ジュリア・ロバーツ)が近付き『アフガンの人々のためにあの国を救ってほしい』と訴える。この願いを聞いてチャーリーはパキスタンへ渡り、ハク大統領と対面。予算を倍増させたことを報告するが、その程度の額では、何の役にも立たないことを指摘される。その後、パキスタンのアフガン難民キャンプを視察したチャーリーは、更なる支援の必要性を実感し、帰国。CIAから派遣されてきたエージェントのガスト(フィリップ・シーモア・ホフマン)と共に、ソ連をアフガンから撃退する作戦を考案していく…。


 なるほど確かにキャッチの通り“たったひとりで世界を変えた、本当にウソみたいな話”ではあります。当時のアフガニスタンは悲惨だったでしょうし、その危機を救うためにチャーリーがやったことは、確かに素晴らしいと称賛に値するとは思います。しかしこの映画、ラストでトンでもない事をヌカしておるのです。それは『俺たち、最後にチョット失敗しちゃいました』ってことを、堂々とカミングアウトしとるのですよ!何を失敗したかってことは、映画を観てご確認いただきたいのですが、このことが結局ソ連撤退後のアフガンを混迷させ、結果タリバンやアルカイダなどを台頭させる要因となってしまったのです。それに伴う世界的な混乱は、皆さんもご承知の通りですし、そしてそれは現在も間違いなく進行形で存在している問題なのです。にも関わらず、こんな状況下でこのような映画を作って公開してしまう…吾輩は、この映画を観て『こんなん、アメリカのエゴやがな!』としか思えませんでした。行なったことに対する結果に対して、これではあまりにも無責任すぎます。

 随分と政治的な内容についてツッこんでしまいましたが、映画としても冒頭に書いたように豪華スタッフ&キャストが集結しているのも関わらず、何か締まりがないんですよね。ユル~いって言うのかな?トム・ハンクスは、至って“普通”です。ホントに“普通”としか言いようがないくらい“普通”ですし、ジュリア・ロバーツなんか、『別に誰でもイイんとちゃうの?』ってくらい、存在感の感じられない演技ですし、唯一フィリップ・シーモア・ホフマンが、“はぐれエージェント”の役で、イイ味出してくれてるのが救いのタネですね。マイク・ニコルズ監督お得意の“風刺をきかせた演出”も、この映画では少々空回りしちゃったようです。重いテーマを、軽い作風で仕上げようとしたんでしょうが、非常に中途半端な“どっちつかず”という印象を受けました。どうしたかったんだよ~??

 ただ、“知られざる歴史の1ページ”を知ることが出来るのは確かです。特に中東問題やテロとの戦いなどに興味がおありの方には、必見の映画であると思います。


 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、5月17日(土)より全国ロードショーです。1人の男が起こした世界を変えた奇跡を、あなたも是非映画館でご覧下さい。


「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー@映画生活

チャーリー・ウィルソンズ・ウォー - goo 映画
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2008-05-15 01:34 | 映画評 外国映画 タ行

 前作「ランボー3 怒りのアフガン」から20年!ランボー、遂に復活!「ランボー 最後の戦場」(ギャガ・コミュニケーションズ)。何と、シルベスター・スタローン63歳!!戦うのか?まだ、戦うのか~??


 アフガニスタンでの激闘から20年。ランボー(シルベスター・スタローン)は、ミャンマーとの国境に近いタイの村で暮らしていた。毒蛇を捕獲して売り、川をボートで人や荷物を運んで、生計を立てていた。或る日、アメリカからキリスト教の支援団がやって来る。リーダーで医師のマイケル(ポール・シュルツ)は、ミャンマーに連れて行ってほしいと、ランボーに依頼する。支援団は、ミャンマーの軍事政権から迫害を受けている、キリスト教徒が多いカレン族の村へ医療品や救援物資を届けようとしているのだった。『危険すぎる』と、依頼を拒否するランボー。しかし、マイケルの婚約者・サラ(ジュリー・ベンツ)の熱心な説得に、遂にはランボーも折れ、支援団をボートで運ぶことに。途中、海賊に襲撃されるもこれを撃退したランボー。支援団のメンバーは、そんなランボーを冷ややかな目で見るが、サラだけは目的地に到着できたことをランボーに感謝し、礼を述べる。それから数十日が経過した或る日、支援団が予定を過ぎても帰って来ず、軍に拉致されたらしいという情報が流れる。支援団を救出すべく、5人の傭兵が集められ、ランボーは支援団と同じ場所まで傭兵達を送るよう、依頼される…。

 もうね、ただただ“トンでもない映画”ですわ!音で表わすと…“ババババババババ・ダダダダズキュ~ンズキュ~ンバババババ……”てのが、途中から際限なく続くんですよ。あ、ちなみにこの音は“銃声”ですよ(^^;。で、その銃声1発につき1人、人間が倒れます…いや、吹っ飛びます…いや、肉体が砕け散ります!血しぶきが飛び散ります!殆んど“戦場スプラッター”とでも言うような、映像のオン・パレード。思いっきり“R-15”でございます。女・子供は見たらアカン!
 スタローン的には『現実のミャンマーについての映画だから、何が現実かを見せるべきと思った』ってことで、リアルな映像を追求した結果ってことらしいんですけど、吾輩は観ている最中ずっと『やりすぎやて…、ホンマ何すんねんな…』と、スクリーンに向かって呟きながらツッコんでおりました。
 
 昨年の「ロッキー・ザ・ファイナル」の時は、まだ『ああ、復活してよかったな~。コレできちんとシリーズに幕が下りるんや』と感慨に浸れたのですが、今回は『20年もの間、この“ワンマン・アーミー”は何やってたんや?』っていう疑問がやたら引っ掛かってしまい(だって、こんなに大暴れ出来る機会は、恐らくコレまでにもいっぱいあっただろうに…)、あんまり素直に復活を喜べませんでした。しか~し!この映画はラストで、それまでの展開からは信じられないくらい、穏やかな結末を迎えるのです。この展開、そしてシーンは吾輩観ていて非常に感心いたしました。『このラストなら、シリーズもキレイに終われるな~』と、少し救われた気になって、試写場を後にしたのです…ところが!

 ランボーは最後ではない?20年ぶりの来日会見でスタローン、ミャンマー政権を厳しく非難! - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ
 ~また、さらなる続編の可能性も示唆し「今、メキシコで500人近い女性が行方不明になっている。今度は彼女たちを救出するストーリーを考えているんだ」と60歳を超えてなお熱きヒーローとして活躍し続けたいと抱負を語ったスタローン~


 いや、もおええって!スタローン!!せっかくキレイに終わった(←少なくとも吾輩は、そう思ってます)んやから、ここらでランボーを眠らせてやっておくれよ~!!


 「ランボー 最後の戦場」は、5月24日(土)より全国ロードショー。最後なのか?まだやるのか?是非映画館でご覧になって、あなた自身の審判を(でも、絶対やるんだろうな~(^^;)!


「ランボー 最後の戦場」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ランボー 最後の戦場』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ランボー 最後の戦場@映画生活

ランボー 最後の戦場 - goo 映画
ランボー 最後の戦場 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ

しっかし、来日してムチャクチャしてますな~、スタローン。
by mori2fm | 2008-05-08 23:00 | 映画評 外国映画 ラ行

 “確信犯的バカ映画監督”ローランド・エメリッヒ「ユニバーサル・ソルジャー」「スターゲイト」「インデペンデンス・デイ」“ハリウッド版ゴジラ”「GODZILLA」「デイ・アフター・トゥモロー」…。この監督の“トンでもフィルモグラフィー”に、また新たな大作が加わりました(^^;。「紀元前1万年」(ワーナー・ブラザース)。エメリッヒ、またまたやってくれちゃいました!


 紀元前1万年。デレー(スティーブン・ストレイト)達“ヤガルの民”は、谷に住みマンモスを狩って生活していた。デレーは幼い頃、谷で拾われてきた青い目の少女・エバレット(カミーラ・ベル)と惹かれ合い、将来を誓い合う。そんな或る日、正体不明の部族が、ヤガルの谷を襲撃。彼等は谷の若者数名を捕虜にして、何処かへ連れ去ってしまう。その中には、エバレットも含まれていた。難を逃れたデレーは、ヤガルの歴戦の勇者・ティクティク(クリフ・カーティス)等3人の仲間と共に、エバレット達を救出すべく、未踏の領域へと追跡を開始する…。


 ↑こんなストーリーがございますが、ハッキリ言って『そんなの関係ねぇ~!』状態です。色々ストーリー展開もされるのですが、≪敵≫である戦ってる相手も最後まで何者なのか、よ~わかりませんし、途中でちょくちょく伏線的に出てくる主人公の父親の話も、結局最後まで何の発展もしませんし、何より予告編にも出ていたサーベル・タイガーも、もっと活躍するのかな~?って思ってたのに、『何しに出てきたんや?』程度で終わっちゃいましたから…。
 まあ、今回も映像は素晴しいです!この映画の情報を初めて聞いた(マンモスと人間が出てくる映画だって)とき、『それって「ギャートルズ」の実写版やん!』って思っちゃったんですけど、そんなレベルで語れるもんではございませんでした。マンモスの群れを人間たちが追い掛けるシーンだけでも、『凄えなあ~』と、口ポカン状態で見ておったのですが、更に後半ピラミッド造営の為に働く奴隷達との“労働コラボ”が描かれたモブシーンなんか、『ホンマにどないして撮ったんや??』って、思わずのけぞりながら観てしまいました。
 地味なキャストで出演料を節約して、その分を映像製作料に充てるという、典型的な“エメリッヒ映画”でございます。今回は特に殆んどのキャストが『あんた誰?』状態ですので、いつもより更に拍車が掛かっております。でもストーリーがな~(>_<)。

 しかし、エメリッヒ映画は作品ごとに見事なほど“アタリ”“ハズレ”がハッキリしておりますね。全作共通して“壮大なるバカ映画”(←褒めてるんですよ!)ではあるのですが…。今回は吾輩的には“大ハズレ”だったかな~?う~ん、まるでエメリッヒは『ホームランか三振か』の“浪速の春団冶”川藤幸三氏のようですな(^^;。


 「紀元前1万年」は、ただいま全国好評上映中です。『誰も見たことないから、僕が作っちゃいました!』的エメリッヒ流トンデモ映像の数々を、あなたも是非映画館でご覧下さい。
 
「紀元前1万年」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『紀元前1万年』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

紀元前1万年@映画生活

紀元前1万年 - goo 映画
紀元前1万年 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ 
by mori2fm | 2008-05-07 23:11 | 映画評 外国映画 カ行

Excite エキサイト : 芸能ニュース“ヨハンソンさん結婚へ 米人気女優、カナダ出身俳優と”

セクシー女優スカーレット・ヨハンソン婚約!お相手はライアン・レイノルズ! - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

 ~米誌ピープル(電子版)は5日、米人気女優スカーレット・ヨハンソンさん(23)が、恋人のカナダ出身の俳優ライアン・レイノルズさん(31)と結婚すると報じた。代理人は事実関係を認めた。~


 我が愛しのスカーレットちゃんが、遂に結婚ですか。お相手はライアン・レイノルズくん「スモーキン・エース…」の彼ですね。う~ん、どう考えても女性の方が格上のような…。こういう結婚って、大丈夫なのかな~?

 必殺の“オヤジ転がし”を駆使(?)して、今やウディ・アレンの“ミューズ”と化した、スカーレットちゃん。この結婚は、彼女の今後の女優人生にとって、プラスと出るかマイナスと出るか、興味深いところですな。

 しっかし、今頃たくさんのオヤジたちが、地団駄踏んで悔しがってるんだろうな~(^^;。

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2008-05-07 01:55 | 俳優・女優・監督ネタ