[僕の初恋をキミに捧ぐ] ブログ村キーワード
 青木琴美原作の純愛コミックの映画化。「僕の初恋をキミに捧ぐ」(東宝)。原作は、600万部突破なんだそうですね。昔なら恐らく読んでたと思うのですが、さすがにこの歳になると読めませんね~。


 心臓の弱い8歳の逞〈タクマ〉は、病院で主治医の種田(仲村トオル)が、父(杉本哲太)と母(森口瑤子)に『20歳までは生きられない』と宣告しているのを聞いてしまう。種田の娘・繭〈マユ〉は、四つ葉のクローバーを見つけ『逞とずっと一緒にいられるように』と、泣きながら願いを掛ける。そんな繭のいじらしさに、逞は『大人になったら、結婚しよう』と、叶うことのない約束をする。月日は流れ、成長した逞(岡田将生)と繭(井上真央)は、子供のころの約束を信じ、お互い一途に相手のことを想い、愛し合っていた。中学3年になった2人は、進路問題に直面。常に自分の身体のことを気遣ってくれる繭に対し、自らの余命を悟った逞は、恋心を封印し繭から遠ざかるために、難関の全寮制高校を受験する。見事合格し、入学式を迎えた逞。しかし、入学式で新入生代表として登壇したのは、何と繭だった…。

 
 “難病”“純愛”そして平井堅の主題歌”という“3種の神器”が揃ったこの映画。そりゃあ、泣けるわなあ(^^;。もおね、女の子のすすり泣く声や、鼻をすする音が暗い映画館のあちこちから聞こえてきました。客層は圧倒的に若いカップルが殆んどでしたが、男の子も泣いてたかなあ?で、吾輩のようなオッサンはどうかと言うと、これが見事に泣かされました!それも開始僅か15分ほどで。だってね~、子役の子供たちの演技があまりにも一生懸命で、健気だったんだもん!でも逆に成長してからの本編(?)では、そんなに泣けませんでした。このあたり、やはり“親目線”になっちゃうんですね。アカン、もおオッサンは若者と一緒には泣けませんわ(>_<)。

 少女コミックが原作ってことで、もっと甘々ベタベタしてるのかと思いましたが、意外と真剣に心臓移植のことなんかも取り上げているなあって感じがしました(まあ、さすがにあんなシチェーション…ドナーと移植希望者が、同じ病院にいる…は、実際には有り得ないと思いますが)。それに、少女コミック特有の“心地いいユルさ”が程良く加わって、充分大人の鑑賞に耐え得る映画に仕上がっています。主演の2人も、決して嫌味にならない適度な爽やかさで、“愛と死を見つめて”を熱演しています。特に井上真央チャンは、かわいらしさがどんどんグレードUPされていますね。もお、オジサンには堪りませんわ(^^;!あと脇を固める俳優陣も、若手からベテランまでイイ演技をみせてくれます。でも主役2人の父親役が、かつての“銀蠅一家”「ビー・バップ・ハイスクール」出身者ってのには、笑ってしまいました(^^;。彼等がこの世代の父親役をやっちゃうんですから、吾輩も歳とるわけだわな~(>_<)。


 「僕の初恋をキミに捧ぐ」は、ただいま全国好評上映中です。一途に生きて、一途に愛した若い2人の“青春の日々”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。

~追記~
 いくら生命が短くても、勢いが止められなくても、あんなところでS〇Xしちゃあイカン(怒)!誰かに見つかったらどうすんの?!まったく、少女マンガは後先考えないんやから…。


「僕の初恋をキミに捧ぐ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』 - シネマトゥデイ

僕の初恋をキミに捧ぐ@映画生活

僕の初恋をキミに捧ぐ - goo 映画
僕の初恋をキミに捧ぐ - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-10-29 00:39 | 映画評 日本映画 は行

 サム・ライミといえば、今や「スパイダーマン」シリーズの監督として、すっかり有名になっちゃいましたが、本来の姿は“青春ヒーロー映画の巨匠”ではなく、“スプラッター・ホラーの帝王”なのです!そんな彼の本職復帰(?)作、「スペル」(ギャガ GAGA★)。サム・ライミ自身が、ず~っとやりたかった企画(何と、構想10年以上!)だったそうです。いやあ、オモロ恐かったですわ~(^^;。


 銀行に勤めるクリスティン(アリソン・ローマン)は、ローン部門を担当する優秀なOL。空席になったアシスタント・マネージャーを巡って、同僚のライバルと競争を繰り広げていた。そんな或る日、ガーナッシュと名乗るジプシー風の身なりの老婆(ローナ・レイヴァー)が来店し、不動産ローンの延長を嘆願する。しかし、支店長に自らのスキルをアピールしたいクリスティンは、これを拒否。途端に鬼の形相と化した老婆は、クリスティンに飛び掛ろうとするも警備員に取り押さえられ、店外へ退去させられる。その夜、帰宅途中のクリスティンは、地下駐車場で待ち伏せていた老婆に襲われる。激しい格闘の末、気絶するクリスティン。老婆はクリスティンのコートの袖口のボタンを引きちぎると、そのボタンに何事かを囁き掛け、クリスティンに持たせる。気が付いた時、そこに老婆の姿は無く、警察に事情を説明したクリスティンは、恋人のクレイ(ジャスティン・ロング)と共に帰宅。しかし、この時からクリスティンの周りで次々と不穏な出来事が起こり始める…。


 本作での「スペル」とは『呪文、呪縛にかけられている状態』を意味しておりまして、正に呪いをかけられた女性が如何に悲惨な目に遭い、そしてそれにどう立ち向かっていくのか?ってところが、描かれております。しかし、この映画に出てくる程度のことで逆恨みされて、あろうことか呪いまでかけられてしまうとは、本当にクリスティンは可愛そうです。そんなに悪いことしてへんやんね?ところがこれが、今回のサム・ライミ監督の狙いだそうでして、『ヒロインは本当にいい子だ。善良な娘で、ロサンゼルスで成功したいと思っている。ところがそのために、1つだけ罪深い選択をしてしまう。それがきっかけとなり、彼女への報復が始まるんだ』と、語っておられます。曰く“シンプルな道徳的寓話”なんだそうです…。それにしては、えげつないって(^^;!“道徳的寓話”ってレベルで終わる話とちがうと思うんですけど。まあ、主役のクリスティンを演じるアリソン・ローマンも、絶妙なキャスティングでございまして、その清純そうな見た目が徐々に毒されて行く様に、吾輩とても哀れみの感情移入をしてしまいました。そう、かわいそお~だ~!って。う~ん、吾輩サム・ライミの思うツボにハマってますね~(^^;。

 冒頭でサム・ライミのことを、“スプラッター・ホラーの帝王”などと偉そうに書きましたが、実は吾輩、彼の出世作である「死霊のはらわた」シリーズを、まともに見たことがございません。『血しぶきドッバドッバの恐い映画を、わざわざ金払ってまで見にイカン!』という思いがあったからでして、ええ吾輩“恐がり”ですから(>_<)。で、今回も『恐いのヤダな~(>_<)』と思いつつ、試写室に向かったのですが、コレが面白い(^^;!もうね、途中で思わず声を上げて笑いそうになっちゃったシーンが幾つもございました。本当は恐~いシーンの筈なんですが、これが恐怖を突き詰め描いて行くと、笑えるシーンになっちゃうんですね。特に『口の中に手ぇツッこんで、奥歯ガタガタ言わしたろうか~!』を、実写でやっちゃってるシーンには爆笑してしまいました。まあ何とも悪趣味な演出!サム・ライミの高笑いが、聞こえてきそうですわ。

 今回、恐怖の対象となる“映画史上最恐の老婆”(←ね?こんな風に書くと笑えてくるでしょ?恐いはずなのに…(^^;)は、本当に恐いです。あんなのが夢に出てきた日にゃあ、吾輩1人でトイレに行けません!クリスティンの車の後部座席にいきなり座っているシーンなんか、相当に恐いです。でも、笑えます!う~ん、困ったキャラだ、この婆さん。


 「スペル」は、11月6日(金)~全国ロードショーです。“呪いをかけられた女性”と“恐すぎる婆さん”の対決を、あなたも是非!映画館でご覧ください。ほら、振り返れば婆さんが…(恐)。


「スペル」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『スペル』 - シネマトゥデイ

スペル@映画生活

スペル - goo 映画
スペル - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-10-26 21:52 | 映画評 外国映画 サ行

[常盤貴子] ブログ村キーワード
 伝えたいのに伝わらない“言葉”。伝えたかったのに、伝えられないままの“言葉”。そんな心の奥にしまったままの“言葉”を伝えていく本作、「引き出しの中のラブレター」(松竹)。ツッコミたいところはイッパイあるのですが、まあイイお話です。


 東京のFM局・J-WAVEでパーソナリティーを務める真生(常盤貴子)は、数年前に自身の将来のことで喧嘩、以来絶縁状態だった父(六平直政)を2か月前に亡くした。仲直りの出来ないままだった父が、生前真生宛に書いて出さないままになっていた手紙を、遺品整理をしていた妹が見付け、真生に届けるが、真生はその手紙を開けることの出来ないまま、引き出しの中へしまってしまう。或る日真生の番組に、函館に住む高校生・直樹(林 遣都)から手紙が届く。その内容は、父(豊原功補)と祖父(仲代達矢)の折合いが悪く、『何とかして笑わない祖父を笑わせたい』という物だった。自分と父の姿を手紙の内容に重ね、言葉に詰まってしまった真生は、その場凌ぎで“おじいちゃんを笑わせる方法”を番組で募集すると告知してしまう。この一言が、後に思わぬ事態を生むことに…。


 え~とね、オムニバス形式の映画です。色々な人物が登場し、様々な物語が展開されます。キャストも中島知子岩尾 望本上まなみ片岡鶴太郎伊東四朗、そして八千草薫と多士済々。前半はそれら幾つかのエピソードが、ほぼブツ切りで展開していくので、何か見ていて“ピン”ときませんでした。『コレ、どこでどうしたいねんな?ようワカランな~。何でこんなにブチブチ切れるんや?』って感じで、正直乗り切れませんでした。しかし後半、作中で『「引き出しの中のラブレター」というラジオ番組を作る』というあたりから、少しずつ映画全体が繋がり始め、この映画の大きなテーマ“伝える”ということが、徐々にクローズアップされてきます。ここらへんからの演出は、なかなか上手いな~と思いました。個々のエピソードは、一言で言ってしまうと非常にベタで健全なお話ばかり。函館の高校生は、今時珍しいほどスレていなくて、家族思い。シングルマザーになることを決意した女は、何かと世話を焼く母を疎ましく思いつつも、ここぞという時にはやはり頼ってしまう。長崎から単身赴任で上京したタクシードライバーは、道が憶えられない上にナビも使えず、家族を思いながらも悪戦苦闘の日々。これら、まったく繋がりのなさそうな話が、ラストでは繋がっちゃうのです。相当無茶なフリをしてますが、かなり強引にまとめ上げられた気もしないではないですし、現に『このエピソードは、なくてもイイんちゃうのん?』と思ったものもありますが、意外や意外その話で一番泣かされちゃったりもしました(>_<)。うん、素朴にイイ話だったと思います。

 この映画では、ラジオの存在が非常に重要な位置を占めています。伝えられない想い、言葉を電波に乗せて届ける。ネット全盛のこの時代に、少々アナログではありますが、“言葉の力”を最もダイレクトに伝えることができるメディア…それがラジオだと吾輩は思います。そしてこの映画では、その“言葉の力”が、とても優しくスクリーンに映し出されています。『みんな誰かに想われて、そして誰かを想っている…』日々忙しく生きている我々が、つい忘れがちになる“想い”をこの映画は思い出させてくれます。

 主演の常盤貴子さんの演技もよかったですが、この映画で特筆すべきは仲代達矢と八千草薫の大御所お2人の存在でしょう。もお、出てくるだけで存在感が違います。ともすれば軽くなりがちな映画を、イイ意味で締めています。このお2人の共演(実際作中では絡んでおられませんが)を見るだけでも、この映画は一見の価値があると思います。

 で、どうしてもツッコミたいところがありまして…、函館の高校生が昼間に普通のラジオで、東京のFM(J-WAVE)を受信するのは不可能です!もし普通に受信出来たのなら、それは番組がネットされているのであって、彼らが聞いているのは北海道のFM局・FM NORTH WAVEの電波でしょう。常盤貴子演じる真生は作中『え?北海道でJ-WAVEが聞けるの?』てなことを、番組中で喋ってますが、自分の番組がどこまでネットされて流れてるかぐらい、把握しときなさい!せっかくJFLってものがあるんだから、その辺もっと上手く使わないと(^^;。


 「引き出しの中のラブレター」は、ただいま全国ロードショー公開中です。“伝えることの大切さ”“言葉の持つ力の素晴らしさ”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。

「引き出しの中のラブレター」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『引き出しの中のラブレター』 - シネマトゥデイ

引き出しの中のラブレター@映画生活

引き出しの中のラブレター - goo 映画
引き出しの中のラブレター - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-10-14 15:20 | 映画評 日本映画 は行

[チャン・ツィイー] ブログ村キーワード
 チャン・ツィイーと言えば、これまで“綺麗”“カワイイ”“可憐”というイメージが圧倒的でございました(少なくとも吾輩的には…)。そんな彼女が、新境地とも言える役に挑んだのが本作、「ホースメン」(カルチュア・パブリッシャーズ)。その新境地とは“猟奇殺人犯”…。製作は、あのマイケル・ベイ。う~ん、やっぱりこの人“悪趣味”だわ(^^;。


 妻に先立たれたベテラン刑事・ブレスリン(デニス・クエイド)は、遺されたアレックス(ルー・テイラー・ブッチ)、ショーンの2人の子供と暮らしていたが、仕事に忙殺され、妻の死に目も看取れなかったことを悔いていた。それ以来、溝が出来てしまったアレックスとの関係も、修復できないままでいた。或る日、ブレスリンは殺人現場に呼び出される。しかしそこには死体はなく、被害者から抜き取られた大量の歯が放置され、四方には鮮血を思わせるペンキで『COME AND SEE(来たれ、見よ)』と書かれていた。歯科法医学の権威でもあるブレスリンは、歯を鑑定した結果、男性と思われるこの被害者が、未だ生存している可能性があると推測する。やがて第2の事件が発生。中年女性が自宅の2階で、生きたまま怪しげな器具にワイヤーと釣り針で宙吊りにされ、腹から胎児を取り出された挙げ句に胸を刺され、肺に溜まる血によって窒息死させられたのだ。そして現場にはまた『COME AND SEE(来たれ、見よ)』の文字が書かれていた。死体の第1発見者である女性の養女・クリスティン(チャン・ツィイー)は、ブレスリンに涙ながらに犯人逮捕を嘆願する…。


 前述しましたが、今回ツィイー嬢は“猟奇殺人犯”です。これ、あちこちで公開前から書かれてますので吾輩も、《ネタバレ!》気にせず書かせていただきます。まあとにかく殺しの手口が残酷この上ございませんで、見ていて『イタイ、イタ~イ!もお、やめて~な!』って、心の中で叫んじゃいました。“R-15”よ~くわかります。その手の映像が苦手な方は、くれぐれも注意してご覧になってください。えっ?そんな人は、わざわざ見に行かないだろうって?でも今回は、“チャン・ツィイーのファン”という“こういうジャンルの映画に、あまり免疫のない方々”が、映画館へ行かれる可能性がありますよね?そういった方は、特に注意してください!これまでのツィイー嬢の映画とは、明らかに一線を画しておりますので。

 ストーリーは、新約聖書に沿って“猟奇連続殺人”が行われていきますので、クリスチャンでもない吾輩には、少々難解でございました。聖書に詳しい方なら、非常に楽しめるんじゃないでしょうか?ただ、聖書のこと知らなくても、途中で最後のネタがわかっちゃうんですね(^^;。これは何か、非常に残念でございました。映画の作りとしてもそうですし、そしてその結末も、ストーリーとして『あまりにも救いがなさすぎる!悲しい』って感じで。だってあれではブレスリンが、可哀そうすぎます。彼はそんなに悪い父親じゃないでしょう?なのにあんな目に…(>_<)。


 今回、色々と恐いことがスクリーン上で展開されますが、吾輩が最も恐かったこと、それは『今年30歳のチャン・ツィイーが、何とティーンエイジャーの役を演じている!』ってことです。映画の中で『8歳で施設から引き取られた…』『10年間の地獄を…』って台詞が出てきます。これから推測すると、ツィイー嬢が演じるクリスティンは、18歳ってことになりますね。いくら彼女が童顔とは言え、何ぼ何でもムリがある(特に丸出しのおでこ!年輪が隠せてません。ツライ…)!そしてツィイー嬢に泣き付かれたデニス・クエイドは、『子供は苦手…』みたいな台詞を言ってます。あのね、誰が見たって大人ですよ!チャン・ツィイーは!!いくらアジア系女優が幼く見えるからって、限度があろうに!これって、確信犯ですか?マイケル・ベイは、そんなところも見越してやってるのかなあ?もしそうだとしたら、“悪趣味”だわ。でももし、ひょっとして知らなかったとしたら(まあ、有り得ませんが)…、それでもやっぱり“悪趣味”(^^;。


 「ホースメン」は、10月24日(土)~ 全国順次ロードショーです。いまだかつてない、恐ろしいチャン・ツィイーを、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「ホースメン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ホースメン』 - シネマトゥデイ
 
ホースメン@映画生活

ホースメン - goo 映画
ホースメン - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-10-11 16:35 | 映画評 外国映画 ハ行

読んだ、読んだ!

Excite エキサイト : 芸能ニュース“野球漫画、あぶさん“現役引退” 37年間の選手生活に終止符”

~37年間のプロ野球選手生活にピリオド―。水島新司さん(70)の人気野球漫画「あぶさん」の主人公、あぶさんこと景浦安武選手が5日発売の漫画誌「ビッグコミックオリジナル」(小学館、10月20日号)の中で現役を引退することが3日分かった。作品の連載は続けられる。~


 はい、朝から読みましたよ。何か随分とアッサリした引退劇でしたね。37年の現役生活って、スゴイですよね。確か吾輩が小学生の頃、あぶさんは南海ホークスの代打の切り札でした。連載は続くようですが、この先どうなるのでしょうか?コーチ?監督?そうなると、現実の秋山監督の立場は…(爆)。
[PR]
by mori2fm | 2009-10-03 13:01 | なんてことのない話

Excite エキサイト : 芸能ニュース“キムタク・古代進で初の実写版ヤマト発進!”

~日本SFアニメの名作「宇宙戦艦ヤマト」が初めて実写映画化され、SMAPの木村拓哉(36)が主人公の古代進を演じることが2日、分かった。題名は「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(山崎貴監督)で来年12月に公開。日本映画で本格的に宇宙を描くのは史上初だ。ヒロイン役には沢尻エリカ(23)が内定していたが、“解雇騒動”の余波で黒木メイサ(21)に“交代”した。
 1970年代から80年代に一大ブームを呼んだ人気アニメが、ついに実写化される。
 製作のTBSによると約5年前から実写化構想がスタート。主演にキムタク、監督に「ALWAYS 三丁目の夕日」を大ヒットさせた山崎貴氏(45)を配し、原作となる74年のテレビアニメ第1作の企画者、西崎義展氏(74)の許可も得て“夢”が実現した。
 木村は「自分が子供のころに夢見ていた船に、素晴らしいキャスト&スタッフとともに乗れることに本当に感激しています」と、配給の東宝を通じてコメントした。~


 遂に発表しちゃいましたね。“実写版ヤマト”=「SPACE BATTLESHIP ヤマト」なんだそうです(何で、英語??)。で、主要キャスト(敵側は、未発表)は、以下の通り…

 《実写版「宇宙戦艦ヤマト」キャスト一覧》

キャスト  役名     役柄設定

木村拓哉  古代進    ヤマト戦闘班リーダー
黒木メイサ 森 雪    ヤマト戦闘班ブラックタイガー隊
柳葉敏郎  真田志郎   ヤマト技術班班長
緒形直人  島大介    ヤマト航海班班長
池内博之  斉藤始    ヤマト乗組員、空間騎兵隊隊長
マイコ  ★相原     ヤマト乗組員、通信班
堤真一   古代守    進の兄。駆逐艦ゆきかぜ艦長
高島礼子 ★佐渡先生   ヤマト艦内の医師
橋爪功   藤堂平九郎  地球防衛軍司令長官
西田敏行  徳川彦左衛門 ヤマト機関班班長
山崎努   沖田十三   ヤマト艦長

★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更


↑この設定ですと、雪は“戦闘機乗り”なんですね。ふ~ん、それなら沢尻よりも黒木メイサの方が適役かも?柳葉の真田さんは、何となくありかな~とは思いますが、緒方直人の島大介は、随分オッサンじゃないですか~?西田さんは艦長ではなく機関長ですか。そして艦長は山崎努さん。う~ん、貫禄はあるけど沖田艦長にしては、少々線が細いかと…。それよりも何よりも!何だ?この★原作では男性の設定だったが、映画では女性に変更というワケのわからん設定変更は!何の意味があるのさ?しかも佐渡先生って…。コレはちょっとどうなんでしょうか?理解に苦しむな~。

 まあ、根本的なところで言えば『キムタク主演で実写化』ってところからして、かなりムリがあると感じられるこの企画(こう言ってしまうと、身も蓋もない…(^^;)。果たして“世紀の超駄作”となるか?或いは“奇跡の超大作”となるか?この先、注目ですね。

 敵役キャストまだ~!?

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2009-10-03 09:44 | 新作映画ネタ