人気ブログランキング |

[海猿] ブログ村キーワード
 あの大ヒットシリーズの最新作が、3Dで登場!「THE LAST MESSAGE 海猿」(東宝)。あれ?このシリーズも確か前作「LIMIT OF LOVE 海猿」で、『シリーズ最終章!』とか言ってませんでしたっけ??


 鹿児島の第十管区海上保安本部所属の潜水士、仙崎大輔(伊藤英明)は、バディである吉岡(佐藤隆太)達と共に、福岡沖の玄界灘に浮かぶ、巨大天然ガス掘削プラント“レガリア”で発生した、海難事故の救助活動に出動する。事故は、“レガリア”に作業船“ドリルシップ”が衝突して起きた。折しも台風が接近している“レガリア”から300名近くの作業員を避難させなければならなかった。“レガリア”の機能を停止させる為、設計者の桜木(加藤雅也)が大輔達に同行。“レガリア”内部での救出作業中に突如発生した大規模な火災に遭遇した大輔は、“七管”所属の新人潜水士の服部(三浦翔平)、桜木、女医の西沢(吹石一恵)、作業員の木嶋(濱田岳)と共に、“レガリア”に取り残されてしまう。そのころ鹿児島では、何も知らない大輔の妻・環菜(加藤あい)が、生後10ヶ月の息子・大洋と共に大輔の帰りを待っていた。今日は大輔と環菜の3度目の結婚記念日だった…。


 基本的には、アクションあり、感動あり、熱血あり、でイイ話だとは思うんですよ。吾輩このシリーズ嫌いじゃないですし。ただですね~、あまりにも、クサい(^^;!『時間がありません!』って言ってる割には、作業に取り掛かるまでに何か随分と感動的な台詞を吐くシーンが、やたらとございまして『オイオイ、時間ないんやろ!早よせんと、間に合わんがな!!』って、ついついツッコンでしまいました。まあ、娯楽大作でございますから、エンタ色が強くなるのは仕方ないとは思うのですが、『愛はすべてを救う』的な空気が、作中にプンプンしておりまして見ていて少々気恥ずかしくなってしまいました。それでも女の子達は、感動しちゃうんですよね。映画館のあちこちから、すすり泣きの声が聞こえてきましたから。う~ん、これってただ単に、吾輩が純粋では無くなってきた証拠なのでしょうか??

 本作の公開に合わせて地上波でオンエアされた、1作目と2作目を見直したのですが、映画としては1作目が1番“良作”ですね。シリーズ重ねるごとに、作風がスケールUPしていってるのはイイのですが、それと比例して話の方も、“荒唐無稽”になっちゃっているような気がします。本作で言えば、冒頭で『デケえ!』と言われた“レガリア”が、ストーリーが進むにつれて、その規模が段々ショボくなってきてしまって、端から端まで移動するのが、後半になってくるとアッと言う間に出来てしまった(しかも、内部構造図など見るまでもなく)り、≪ネタバレ!≫最後の手段として“レガリア”を沈めることになるのですが、『そんな天然ガス、山ほど抱えたプラント沈めてイイのか~?』とも思いましたし、沈める為の方法として『バルブを開けば、そこに大量の水が流れ込む』っていう仕組みがあるのですが、そもそも何の為にそんな所にバルブを付けたのさ??って言うような、本来“気にしたらイカンところ”が、今回はやたらと目に付いちゃいました。前作辺りまでは、これが映画の持つ勢いに負けて(?)、気にならなかったんですけどね。う~ん、コレってどうなんでしょ??少々シリーズとしても息切れしてきたのかなあ??そんな風に感じるのは、吾輩だけでしょうか?

 まあ、そうは言ってもヒットしてますし、話としては別に充分続きが作れる内容ですので、また続編作っちゃうかも知れませんね。その時は、少し足元見つめなおして、是非とも原点回帰していただけたらと、吾輩は思います。

 シリーズを通して描かれている、“仲間を信じる海保の男達の熱い心”ってのは、今回もメインテーマとして、熱く描かれています。最前線で、海保の男達は懸命に働いています。ですから日本の政府も、チンピラみたいな国を相手にして、あんまりエエ加減な対応せんといてや!って、強く思います。ホント彼等が気の毒ですわ!!

 「THE LAST MESSAGE 海猿」は、ただいま全国ロードショー公開中です。海の男達の熱い魂のドラマを、あなたも是非!映画館でご覧ください。3Dなら、迫力倍増!!


「THE LAST MESSAGE 海猿」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『THE LAST MESSAGE 海猿』 - シネマトゥデイ

THE LAST MESSAGE 海猿@ぴあ映画生活

THE LAST MESSAGE 海猿 - goo 映画
THE LAST MESSAGE 海猿 - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2010-09-27 21:57 | 映画評 日本映画 さ行

[バイオハザード IV アフターライフ] ブログ村キーワード
 前作「バイオハザードⅢ」から3年。シリーズ最新作が、3Dで登場。「バイオハザードⅣ アフターライフ」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。あれ?前作で完結とか言ってませんでしたっけ??


 T-ウィルスが蔓延し、死の町と化した東京・渋谷。その地下にあるアンブレラ社本部に乗り込んだアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)と彼女のクローン達は、本部を壊滅させるが、アンブレラ社を指揮するウェスカー(ショーン・ロバーツ)を追い詰めたところで逆襲に遭い、T-ウィルスによる、特殊な能力を失ってしまう。直後、ウェスカーの飛行機は墜落。奇跡的に助かったアリスはその半年後、ウィルスに汚染されていないという情報を追って、アラスカへやって来る。生存者を捜すアリスは、何者かに襲われる。それは胸に機械を埋められ、記憶を失くしたクレア(アリ・ラ-ター)の姿だった…。


 ポール・W・S・アンダーソンが、1作目以来の監督復帰!』ってことで盛りあがってましたが、そういえば、“2”“3”は違う人が監督でしたね。吾輩言われるまで忘れてましたわ(^^;。まあ、それだけシリーズ通しての作風は変わってないって言うか、さほどの影響は感じられなかったかと…。で、“3D”をやりたかったんでしょうな~、アンダーソン監督は。何かホント、それだけのために作られた映画って気がします。吾輩はゲームをやりませんので、映画としての本シリーズをず~っと観てまいりましたが、今回の“Ⅳ”ってストーリー的に絶対必要ですか?ゲーマーでない吾輩には、いきなり出てきたウェスカーって奴が、敵キャラの中でどのくらいのポジションにいるのか、途中までまったくわかりませんでしたし、クレアの兄・クリス(演じているのは「プリズン・ブレイク」でブレイクしたウェントワース・ミラー)も登場するのですが、パワフルな女性キャラの影に隠れて、何とも存在感が薄い…(>_<)。アリスは相変わらず強くてカッコイイのですが、確か映画の前半で、“普通の人間(特殊能力抜き)”にされたんじゃなかったっけ?それにしては強過ぎやせんかい??しかもラストのラスト(正確には、エンドロールが始まってから。吾輩が観ていたシネコンでは、これの前にたくさんの客が帰ってったぞ~(^^;)に『アンタ、誰?』状態のジル・バレンタイン(シエンナ・ギロリー)再登場!…って、一番のサプライズがそこかい!?って、何かやたらとツッコンでしまいましたわ。
 肝心な“3D”の方も、スクリーン全体(映画の画像自体)が暗めで、いま一つハジケきれて無いと言うか、通常のアクション・シーンは既視感イッパイの映像で、何となく、『そろそろ、この手の映像では限界か?』と感じさせられてしまいました。それでもあの終わり方ですから、続編やる気満々(っていうか、アレでは終われんわな…)みたいですね。しかしどこまで続けるんでしょう、このシリーズ。何かこのままでは「13日の金曜日」化してしまいそうで、チョット不安になりますね。でもここまで来ると、もお“ミラジョヴォ姐さんのライフワーク”みたいになっちゃいましたので、行けるところまで行くしかないのかな?と。果たしてこの先、どんな風になっていきますことやら…。

 冒頭の渋谷のシーンに、中島美嘉が出てるって情報を、随分前に聞いてたのですが、観る頃にはすっかり忘れておりまして…、観終わってから思いだしました(>_<)。実際観てるときには、吾輩はわかりませんでしたわ。


 「バイオハザードⅣ アフターライフ」は、ただいま全国ロードショー公開中です。ミラジョヴォ姐さんの“飛び出す雄姿”を、あなたも是非!映画館でご覧下さい。


「バイオハザードIV アフターライフ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『バイオハザード IV アフターライフ』 - シネマトゥデイ

バイオハザードIV アフターライフ@ぴあ映画生活

バイオハザードIV アフターライフ 3D - goo 映画
バイオハザードIV アフターライフ 3D - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2010-09-23 17:28 | 映画評 外国映画 ハ行

[食べて、祈って、恋をして] ブログ村キーワード
 小説家であり、ジャーナリストでもあるエリザベス・ギルバートの自伝的小説の映画化。「食べて、祈って、恋をして」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。“世界的ベストセラー”“世界中の女性から絶大な支持”ってことなんですが、当然のことながら(?)原作未読の吾輩から言わせてもらいますと、コレは“究極に贅沢な自分探しの旅の顛末記”ですな。う~ん、こりゃ理解に苦しむわ~。


 ニューヨークで活躍するジャーナリスト、リズ(ジュリア・ロバーツ)。優しい夫・スティーブン(ビリー・クラダップ)とは結婚8年目。子供はいなかったが、仕事も順調で傍目には“幸せな女性”と映っていたが、リズ自身は日々何か満たされない思いを抱いていた。仕事で訪れたインドネシアのバリ島で、リズは薬療師の老人から『あんたは世界を旅する。結婚は2度。短い結婚と長い結婚。そして全財産を失い、また取り戻す。そして、いつかバリに戻って来る』と、予言を受ける。ニューヨークに帰ってから、今一つ上手くいかない夫婦生活に、離婚を決意するリズ。その後、繰り広げられる泥沼の離婚劇の最中に出会った、年下の彼・デイヴィッド(ジェームズ・フランコ)とも、上手くいかなくなったリズは、『何かを待つ』だけの人生に別れを告げ、自分を解き放つ旅に出る決意をする。1年間ニューヨークを離れ、仕事や男たちからも離れて…。

 
 もう1回言います!コレは“究極に贅沢な自分探しの旅”ですわ!旅立ったリズは、先ず初めにイタリアで、ただひたすらに食べまくります=「食べて、」。そして次にインドに行き、ヨガの聖地で瞑想に耽ります=「祈って、」。最後にバリ島へ行き、そこで運命の出会いを…=「恋をして」。この旅の、そもそものキッカケは、何か満たされていなかった自分の心と、傍から見れば『どこに問題があるのさ?』って、ツッコミたくなる夫との離婚なんですよね。それで『自分を見つめなおす』って、何もカンも放り出して世界を回るわけです。こんなん、金持ちにしかできんことやんか!吾輩から言わせてもらうと、何てワガママで贅沢な話でしょう。ここまでやらんと、“自分”を取り戻せませんか??随分と大層な“自分”ですね。こんな話に、全世界の女性の方々は憧れておられるんですか~??そんな、あまりにも現実離れした夢物語ですよ。もし、世界中の女性がみんなみんなコレを実践しちゃったら…、世の男の立場はどうなるのさ??考えたら、恐ろしいわ。何か知らんけど、これは吾輩には理解不能な物語でございますわ(>_<)!
 
 …↑こんな風に↑書いてしまうと身もフタもないのですが、アメリカを出発点に、“ジュリア・ロバーツと、イタリア→インド→バリ島を巡るワールド・ツアー”として、何も難しいこと考えずに楽しく観れば、それはそれは“キレイで”“美味しそうで”“癒される”映像の数々に、日々のささくれだった心が洗われていく…、そんな映画に仕上がっています。この際、見るべきは映像です!ストーリーには、あまり深く介入しないでください。特に男性諸氏!理解に苦しみますよ(でも、こんな風に思うのって、吾輩が変なんですかね?嗚呼、悩むわ…)。

 まあ世界中のどこでも、多かれ少なかれみんな心に不満や不安を抱えて生きてるんですよ。それを何とかしようと日々もがいているんですが、なかなか思うように物事は進まないんですよね。すべてのしがらみを『えいやあ!』と断ち切って、行動に移す本作の主人公の実行力を、みんなが羨ましいと感じてこの物語を支持したのでしょうね。その気持ちはワカランでもないのですが、でもやっぱりコレは“究極の贅沢物語”だと思いますね。ここまでやって幸せにならんかったら、しまいにバチ当たりまっせ、ホンマに!


 「食べて、祈って、恋をして」は、9月17日(金)~全国ロードショーです。スクリーンに映し出される、2時間20分の“癒しのワールド・ツアー”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 特に欠点のない、ビリー・クラダップ演じる“優しい夫”よりも、最後に出会うワイルドでナイーブな、ハビエル・バルデム演じる“チョイ悪オヤジ”の方がイイなんて…。嗚呼、女って生き物は…(>_<)。


「食べて、祈って、恋をして」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『食べて、祈って、恋をして』 - シネマトゥデイ

食べて、祈って、恋をして@ぴあ映画生活

食べて、祈って、恋をして - goo 映画
食べて、祈って、恋をして - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2010-09-13 22:05 | 映画評 外国映画 タ行

[トルストイ] ブログ村キーワード
 ロシア文学界の巨匠、レフ・トルストイ。トルストイと、“世界三大悪妻”の1人とされる彼の妻・ソフィヤ。「終着駅-トルストイ最後の旅-」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。本作は、大作家とその妻の晩年に於ける、愛と確執の姿を描いています。


 50年近く結婚生活を送ってきたトルストイ(クリストファー・プラマー)と妻・ソフィヤ(ヘレン・ミレン)。晩年を迎えトルストイは、『人間は平等である』『自分を愛するように、神と隣人を愛せ』という信仰を根底に持つ、いわゆる“トルストイ主義”を唱え、これまで築いてきた富や名声を、自らの許から手放そうとしていた。そんなトルストイの行為を、ソフィヤは断じて認めなかった。彼女は名声や財産を、何としても家族の手許に留まらせようと考えていた。トルストイは、その思想に共鳴する信奉者たちと、日々の暮らしを営んでいた。そんなトルストイの許へ、新任にして最後の秘書となるワレンチン(ジェームズ・マカヴォイ)がやって来る。ワレンチンは理想に燃えた若き信奉者だったが、トルストイとソフィヤの確執を目の当たりにして、戸惑いを隠せない。やがて、トルストイの信頼する弟子であり友人であるチェルトコフ(ポール・ジアマッティ)が新しい遺言状を作成した。そこには『トルストイの作品に関する権利を、家族ではなくロシア国民に与える』という旨の文章が書かれていた。その遺書に、トルストイが署名したことを知り激昂するソフィヤ。対立が決定的となった或る夜、トルストイは82歳にして住み慣れた住居からの家出を決意する…。


 吾輩、知らなかったのですが“世界三大悪妻(←こう書くと、何か怪獣みたい(^^;)”ってのは、哲学者・ソクラテスの妻、クサンチッペ。作曲家・モーツァルトの妻、コンスタンツェ。そしてトルストイの妻、ソフィヤなんだそうです。あとの2人のことを、ここでとやかく書くのは止めときますが、この映画を観る限りソフィヤって、そんなに“悪妻”ですかね?吾輩には家族を守ろうとする、ごく普通(チョット、キツイか?)の女性に思えました。むしろトルストイの方が、偉くなりすぎちゃったばっかりに、常人では思いつかないような教義・思想を展開して、それに突き進もうとしたが為に、確執が生まれてしまったんじゃないでしょうか?何よりもソフィヤは、トルストイのことを一途に愛し続けていたんですから。最期の刻も、何とかして夫に会いたいと願うのに、弟子や子供に阻まれて、なかなか会えないんですよ。夫婦なのにね。この辺りを観ていますと、何かただかわいそうで…。この映画も、原作は小説ですから、事実そのままではなく、当然脚色が為されております。ですからコレだけを見てすべてを判別することは出来ませんが、少なくとも映画を観た感想として、吾輩はそう思いました。後世の人間が勝手に“悪妻”なんて言っててもいいんでしょうかね?

 トルストイについて、“「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」などの作者”ってくらいの予備知識しか吾輩は持ってなかった(しかも「戦争と平和」しか読んだことない!(>_<)のですが、この方は当時からトンでもない有名人だったんですね。それもロシアだけでなく、世界中から注目されていた偉大な方だったようですね。映画の中で、トルストイが旅の途中に倒れ収容された駅の周りに、記者達(俗に言う“トルストイ番”)が集まり、医師からの病状経過報告を聞く為に、野営をしている様が出てくるのですが、これは今で言う“ワイドショー”の走りみたいなモンですね。1910年当時に、こんな報道体制が敷かれていた(しかも一介の作家に対して)ってのには、吾輩正直驚きました。それだけトルストイが世界から注目されていたという、裏付けでもあるわけですよね。

 映画としてのキャスティングも非常に豪華。主演の2人(ヘレン・ミレン&クリストファー・プラマー)は、言うまでもなく“名優”です。もお、この2人がスクリーンに並んで映っているだけで、何かオーラが違います!そして演技派ポール・ジアマッティに、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのジェームズ・マカヴォイ。彼らの確かな演技によって、スクリーンに映し出される映像が非常に重厚に感じられます。こんな風に書いちゃうと、何かとてもカタそうな映画に感じられるかも知れませんが、初秋(まだまだ暑いんですけど(>_<)に見る“文芸人間ドラマ”として、とても良い映画に仕上がっていると思います。この手の映画には珍しく、上映時間も1時間52分と手ごろな長さですし、抵抗無く観に行っていただけると思います。ロシアが舞台にも関わらず、全編英語ってのは、ご愛嬌ってことで…(^^;。


 「終着駅-トルストイ最後の旅-」は、9月11日(土)~全国ロードショーです。今年、没後100年を迎える文豪とその妻の知られざる愛の物語を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


「終着駅-トルストイ最後の旅-」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『終着駅 トルストイ最後の旅』 - シネマトゥデイ

終着駅-トルストイ最後の旅-@ぴあ映画生活

終着駅-トルストイ最後の旅- - goo 映画
終着駅-トルストイ最後の旅- - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2010-09-06 22:43 | 映画評 外国映画 サ行