[スカイフォール] ブログ村キーワード
a0014708_17584623.jpg
 前作から4年。007が遂にスクリーンに帰ってきた!「007 スカイフォール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。シリーズ誕生50周年を飾る、23作目。世界各国での大ヒットを経て、ようやく日本公開です!


 何者かに奪われた重要なデータが入ったHDを奪還すべく、犯人を追いイスタンブールへと乗り込んだ“007”ジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、同行した女性エージェント、イヴ(ナオミ・ハリス)と共に犯人に迫るが、仲間のエージェントを負傷させ犯人は逃亡。市街地での激しいチェイスの末、走る列車の屋根の上で犯人と格闘になるボンド。車で追うイヴの報告を聞いていた上司M(ジュディ・デンチ)は、イヴに発砲を命じる。しかし弾丸はボンドに命中し、彼は90m下の川へと転落。行方不明となったボンドを偲び『007死亡』の追悼文を書くM。そんな折、MのPCがハッキングされ、MI6本部が爆破される。奇跡的に一命をとりとめ、とあるビーチで隠遁生活を送っていたボンドは『サイバーテロがMI6を襲う』というニュースを見て復職を決意。ロンドンへ戻ったボンドにMは、復帰のためのテストを受けるよう命じる…。


 映画スタジオの金銭トラブル等製作サイドのゴタゴタが続き、一時はシリーズ打ち切りの報まで飛び交った本シリーズ。その後、何とか製作が再開され公開を迎えたわけですが、その間、前作から4年も経過しちゃったんですね。ですから、ダニエル・クレイグがボンドになってまだたったの3作目にも関わらず、本作ではもう周囲から『リタイアしたら?』と言われるくらいのベテラン・エージェントになっちゃってるんですよ。前々作「カジノ・ロワイヤル」で、やっとこさ“00”ナンバーのエージェントになったところだったはずなのにですよ。それにね、ダニエルは吾輩よりも若いんですよ(←ココ重要(^^;)!何でオッサン扱いでリタイアさせられんとアカンねんな(うん?本筋にはまったく関係ない(^^;??)!!この描かれ方は、何とも言えず悲しかったですわ。こういう悲劇(?)が繰り返されないためにも、これからはコンスタントなシリーズ製作と公開を、お願いしますよ。ホントに!

 本作のテーマは『シリーズの功労者である名女優ジュディ・デンチに、どうしたら名誉ある退場を飾ってもらえるか?』という一点に集約されています。だからこれまで以上にMの物語がクローズアップされているわけです。今回の敵であるシルヴァ(ハビエル・バルデム)は、Mへの個人的な恨みからMI6を、ロンドンを破滅へと追い込んでいきます。もお、ハビエルさん「ノーカントリー」の殺し屋を彷彿とさせる怪演で、見る者を圧倒してくれます。いやはやホンマに圧巻です。恐いです!そしてシリーズ初のオスカー受賞監督の登板となったサム・メンデスですが、これまでのシリーズではまったく見られなかったと言ってもいいくらいの、深~い人物描写をやってのけちゃってます。それが顕著に現れる中盤からクライマックスに掛けては、これまでとはまったくテイストの異なる別の映画と言っても過言ではない仕上がりになっています。吾輩個人的にはシルヴァがロンドンを攻撃する辺りの中盤までのスリリングな展開の方がどちらかと言えば好きでございます。スコットランドのボンドの生家を舞台に描かれる後半のストーリーは、現代社会の最先端の戦いではなく、何か西部劇のような展開でして、とてつもなく異質な感じを受けました。MI6のトップを、あんな形で警護するなんて…。ホンマにあんなんでイイんかい?英国政府殿!
 しかし、この戦いの果てにMの退場があり、そしてようやく、ホントにようやく新たな“007”のスタートが待っているのです。いやあ~、ホンマに長かった!映画3本分の予告編ですよ(^^;!秘密兵器係のQ(ベン・ウィショー)が復活(コイツがまた、エラソーな若造で!)し、しばらく欠席が続いていたあの女性も、『え~?!』てな形で登場(あんなん、あり?)。そして新たなMの登場(これだけは、最初から読めちゃいました。誰なのか?は言いません。でも、わかりますよね?)…。さあ、次回作では是非!世界征服を目指す敵をやっつけちゃってね、ジェームズ!何せ今回のは前述したとおり、どこまで行っても“個人的な復讐”だったわけですから、何ぼ恐~くても、そのスケールが…小せえ(爆)!
 
 考えてみれば本作は、オスカー受賞監督に、オスカー受賞俳優が2人もキャスティングされているという、シリーズ史上前代未聞に豪華な作品になっているわけですよ。だからでしょうか、何となく必要以上の格調高さを感じてしまいました。これまでのシリーズで見られた、イイ意味での荒唐無稽さは、今回少々影を潜めています(何せ『シリーズ初のオスカー・ノミネーションも!』てな話まで出てるそうでして)。だから作品としては大成功(映画のデキ、興行面)の部類に入るでしょうが、これまでのシリーズがお好きな方は、少々面食らうかと思われます。でも、相変わらずアクションは迫力満点で秀逸ですし、ダニエルも非常に熱演してますので、あんまり難しいこと考えずに、新しい“007ワールド”を楽しんでください(ん?「カジノ・ロワイヤル」の時も、吾輩そんなこと言ってたような気が…爆)。

 「007 スカイフォール」は、いよいよ明日12月1日(土)~全国ロードショーです。“正統派スパイアクションの老舗”その再々(ん?何回目や(^^;??)出発を、あなたも是非!映画館でごらんください。

~追記~
 アデルが歌う主題歌は、非常にカッコイイです!シャーリー・バッシーが歌った、往年の名作「ゴールドフィンガー」や「ダイヤモンドは永遠に」みたいでしたわ。
~追記②~
 今回、名優アルバート・フィニーが演じている、ボンド家の門番キンケイドの役を何と!“初代007”ショーン・コネリーオファーしようって、案があったそうです。実現してたら凄かったでしょうね。
~追記③~
 アストンマーチンDB5も登場!シフトノブのトップを開けると、そこには赤いボタンが…。え?飛ばしちゃうの~?! 

007 スカイフォール@ぴあ映画生活

007 スカイフォール - goo 映画
007 スカイフォール - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-11-30 10:34 | 映画評 外国映画 タ行 | Trackback(78) | Comments(11)

[人生の特等席] ブログ村キーワード
a0014708_1802027.jpg
 俳優 クリント・イーストウッド 復活!「人生の特等席」(ワーナー・ブラザース)「グラン・トリノ」から約4年。クリント翁の主演復帰作は、爽やかな感動作でございます。


 ガス(クリント・イーストウッド)は、メジャー・リーグ“アトランタ・ブレーブス”の敏腕スカウトとして、長年にわたり多数の名選手を発掘してきた。しかし最近、著しく視力が低下。『失明の恐れあり』と医者に診断されるも、引退を恐れたガスはこれを無視して、今年の目玉選手の最終チェックのため、ノースカロライナへ向かう。そんなガスの様子を案じた同僚のピート(ジョン・グッドマン)は、ガスの一人娘で弁護士のミッキー(エイミー・アダムス)に、ガスとの同行を依頼する。幼いころに母を亡くし、互いの思いをぶつけられないまま時は流れ、父娘の間は今や良好とは言えない関係になっていた。しかし、父のことを想う気持ちに嘘をつけないミッキーは、昇進が懸かった仕事を抱えたまま、ガスの後を追ってノースカロライナへとやって来る…。

 
 『スカウトマン、娘1人。キャリア最後の旅に出る』こんなキャッチが付いてたモンですから、吾輩また“号泣感動映画”を想像してたのですが、スクリーンにはいきなり“小便が出にくくて苦闘するクリント翁”が大映し(^^;。いやあ、笑わせてもらいました~。その後シーンが変わって、亡き妻の墓前で『♪You are my sunshine~♪』と歌うクリント翁。これには吾輩泣かされました。笑いと涙が程良く散りばめられていて、見ていてとても優しく心が温められました。観終わった後に、これほど清々しい気持ちになれた映画は、ホント久しぶりのような気がします。特にラストは、何とも爽快で痛快でした。あんなに上手く話が進むことは、なかなかないでしょうが、それでも世の中何かと面白くない昨今、あれくらいベタな展開の方が、楽しく安心して見ていられました。うん、ホントにイイ映画です。

 “俳優引退宣言”を撤回して復活したクリント翁。何故なら本作が、彼の“唯一の弟子”と言われているロバート・ロレンツの監督デビュー作だからなんだそうです。そう正に、愛弟子の門出に花を添えると言ったところでしょうか。で、今回は自身の監督作ではございませんので、イイ意味で抜けてるんです、クリント翁。頑固で怒ると見境がなくなり、新しい物は苦手…こんな爺さん、クリントにピッタリですやん!正にハマり役、うってつけ!それをまあ、何とも楽しそうに演じておられるんですわ。御歳82歳!!枯れた魅力全開!いやあ、まだまだ元気!これからも、もっともっと吾輩たちを楽しませてくれそうですね。その翁に対した、エイミー・アダムス嬢。お姫様から普通の主婦まで、彼女も幅広いですね。本作でも“父親と正面から向き合いたいのに、素直になれない寂しいキャリアウーマン”という役柄を、上手く演じています。なかなかキュートに見えますが、実は彼女も38歳(!)もお中堅どころですね。今後ますますの活躍が期待されます。

 “父と娘の葛藤”が、物語のメインにはなっていますが、当然のことながら野球のシーンもたくさん出てきます(吾輩、何故かワクワクしちゃいました。一応おっとこの子ですから(^^;)し、ミッキーとジャスティン・ティンバーレイク演じるジョニーとのラブ・ストーリーも、上手にストーリーに絡ませてあって、上質な大人の映画に仕上がっています。老若男女を問わず、どなたがご覧になっても楽しめること受け合いです。

 「人生の特等席」は、ただいま全国公開中です。『イーストウッドの隣で、人生を眺める』そんな気分をあなたも是非!映画館で味わってください。

~追記~
 映画の中の話としては面白かったですが、いくらなんでもメジャーのスカウティングの実態は、この映画に描かれているようなモンじゃないですよね?運命のドラフトが、あんなギャンブルみたいな感じでは、いずれ野球は衰退しちゃいますよ!
~追記②~
 GM?オーナー?役のロバート・パトリック!いやあ~“T-1000”も、だいぶ枯れましたね~(^^;。


人生の特等席@ぴあ映画生活

人生の特等席 - goo 映画
人生の特等席 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-11-29 00:39 | 映画評 外国映画 サ行 | Trackback(48) | Comments(7)

[カラスの親指] ブログ村キーワード
a0014708_181493.jpg
 阿部寛、今年3本目の主演作!「カラスの親指」(20世紀フォックス映画)刑事古代ローマ人に続いて今度はプロのサギ師。さあ、あなたもダマされちゃいますか?


 武沢竹夫(阿部寛)=通称・タケは、8年前に自身に振りかかった或る出来事を境に、全てを捨て裏の社会でサギ師として生きてきた。最近は、自分より年長だがサギ師としては後輩の入川鉄巳(村上ショージ)=通称・テツとコンビを組み、日々の生活は順調だった。或る日、タケの過去に関係があると思われる不審火が原因で、住んでいたアパートを失った2人は心機一転とばかり新たな住居に転居し、仕事道具を購入するため街へと繰り出す。そこで2人は、スリの少女・まひろ(能年玲奈)と知り合う。住んでいるアパートを追い出されそうだとこぼすまひろに、『うちに来ればいい』と告げるタケ。そして翌朝、まひろは本当にやって来た。ニートの姉・やひろ(石原さとみ)と、その恋人・貫太郎(小柳友)を連れて。こうして突然始まった5人の奇妙な同居生活は、思いのほか楽しいものだった。しかしそこへも、タケの過去に関わる輩達の手が伸びてきていた…。


 本作は、「スティング」「紳士同盟」のような所謂“コン・ムービー”(=サギ師が主人公の映画)でございます。コン・ムービーの魅力とは、騙す騙されるの攻防戦がメインのストーリーを引っ張り、あちこちに張り巡らされた伏線が、ラストで『ああ、そういうことやったんか!』と繋がって、極めて痛快!って感じなんですが、本作もご多分に漏れず、なかなかに見応えがあり、なお且つ面白い内容に仕上がっています。吾輩見終わった後、『おお~!そういうことやったんや~!!』って、やっぱり心の中で叫んでましたから。
 原作は“直木賞作家”道尾秀介 さんの人気小説なんですが、相変わらず吾輩未読!でも『映像化不可能と言われてきた…』らしいんですけど、そうかなあ?そんなに難しいかな~?この話。面白いのは面白いけれど、別に特殊効果が多用されるとか、ムチャクチャお金が掛かるって感じの映画でもないですしね。それよりも、むしろ吾輩は問いたい!『この映画、何で2時間40分もあるの?!』まあ、とにかく長い!いや、決して非難してるわけではないんですが、その気になればもう少し詰めれた…、切れたと思うんですね。今日び、ここまで長いのは“文芸超大作”か“超破格予算SF超大作”ぐらいなモンだと思います。制作サイドがそう言った映画を目指して作られたのなら、そりゃ仕方ないですが、見た印象としては絶対そうじゃないと思いますし、何より今が旬の阿部さんの主演作なわけですから、幅広い層の人が映画館へ足を運ぼうと思うでしょう。その際に、この上映時間は少なからず足枷になりゃあせんかなあ~?と、感じられましたので、少々ツッコませていただきました。吾輩なんて、『トイレ我慢できるかな~?』ってのが、心配で心配で…(^^;。

 今回の阿部さんは、なかなか抑えめの演技で(まあ、前作の古代ローマ人から比べれば、何でも抑えめになっちゃいますか…(^^;)、哀しい過去を背負った優しい男を、好演しています。うん、この人はホント何演らせても自然体で、ホント上手いですね。あと、ここのところ売れまくり状態の石原さとみちゃんですが、この映画での彼女は、吾輩的には正直“??”でございました。今回の“やひろ”って女の子が、作中大したことやってないんですよね。ホントにな~んにもやってないって言っても過言じゃないくらいに、存在感が無いんですわ。だからう~ん、とにかくこの使われ方が勿体ない!何か残念ですわ。妹のまひろを演じている、能年玲奈ちゃんの方が、輝いていましたね。そう言えばこの子、来春スタートの朝ドラのヒロインなんですね。うん、これから要注目ですな。そして、この映画のキャスティングの極め付けである、村上ショージ 師匠!!いやもう何でこんな人が主演クラスに抜擢されたのか?吾輩最初に聞いたときは『何かの冗談か?』とか思っちゃったんですが、これが大真面目!“自然体熱演”の阿部さんに対して、“台詞超棒読み”のショージさん。ところがこれが飄々とした捉えどころの無いキャラの入川という役柄に、面白いくらいにピッタリとハマッてるんですよ。“本格演技初挑戦”とは思えない、ホントに面白くて、意外で見事なマッチングでございました。ただ関西人である吾輩的には、この人の“棒読み標準語”を2時間40分も聞いているのは、相当に背中がこそばゆ~かったですけどね(^^;。

 「カラスの親指」は、明日11月23日(祝・金)~全国ロードショーです。『衝撃のラストには、衝撃のウラがある』←何とも大層なキャッチですが、気楽に楽しんでください。そして見終わった後に案外ほっこり出来る“驚きの結末”を、あなたも是非!映画館でごらんください。くれぐれも、トイレは済ませてからね!

~追記~
 “カラス”とは、プロの詐欺師のことなんだそうです。“サギ”なのに“カラス”とは、これ如何に…(^^;?
~追記②~
 ショージさん演じる“入川”は、“いりかわ”ではなく“いるかわ”と読みます。これがラストに繋がるポイントの1つでございます。あとは実際にご覧になって…。


カラスの親指@ぴあ映画生活

カラスの親指 - goo 映画
カラスの親指 - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2012-11-22 21:51 | 映画評 日本映画 か行 | Trackback(34) | Comments(0)