[ジョン・ファブロー] ブログ村キーワード
a0014708_14101852.jpg
 「アイアンマン」「アイアンマン2」の監督としておなじみのジョン・ファヴロー。彼が「アイアンマン3」の監督を断ってまで撮りたかった映画が本作。「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。幸福感で、お腹いっぱいになれる映画です。


 気鋭の料理人としてその名を響かせていたカール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)。その腕を買われ、ロサンゼルスの一流レストランで“シェフ”として働いていたが、人気の定番メニューに固執するオーナー(ダスティン・ホフマン)のやり方に不満を抱えていた。或る日、著名な料理評論家のラムジー(オリヴァー・プラット)にその定番メニューをネットで酷評されるに至り、オーナーと衝突したカールは店を辞めてしまう。更には酷評したラムジーとのケンカをSNSに動画で流されてしまい、世間に拡散。働き口がどこにも無いという窮地に立たされる。そんなカールを別れた元妻・イネス(ソフィア・ベルガラ)は、息子のパーシーと共に故郷のマイアミへと誘う。そこで食べた“キューバサンドイッチ”の美味さに驚いたカールは、これをフードトラックで移動販売することを思いつく…。


 “フードトラック”=移動店舗、移動屋台ですが、ただいまこれがアメリカ西海岸では大ウケなんだそうでして、もお一種のサブカルチャーとして、認知されちゃってるくらいなんだそうです。この映画は、そのフードトラックで、マイアミからロサンゼルスまでの旅を描いた“ロード・ムービー”であり、その旅の途中で立ち寄る各地の多種多様で美味そうな、ご当地グルメがいっぱい出てくる“フード・ムービー”であり、はたまたすれ違いがちだった父と息子の絆が修復されていく様を描いた“ファミリー・ムービー”でもあり、更には全編を通してラテンのご機嫌な音楽が流れまくる“ミュージック・ムービー”でもあるという、1本に『どんだけ?!』ってくらいの要素が詰め込まれた映画でございます。そしてそれらが決して破綻せず、絶妙なバランスで1本の映画としてまとまっているのです。もお、まさに“ご機嫌・満腹ムービー”でございます。見終わった後、とにかく文句なしにこの上なく最高に“Happy!”な気分になれることは、吾輩が絶対保障いたします!

 今回ジョン・ファヴローは、製作・監督・脚本・主演の何と!4役を兼ねています。もお、何とも素晴らしい才人ですね。で、そんな彼の許にダスティン・ホフマン、そして「アイアンマン」繋がり(?)のロバート・ダウニー・Jrスカーレット・ヨハンソンといった超豪華なお友達俳優達が、喜んで出演しています。このキャスティングも見所の1つですが、特にロバートの『トニー・スタークよろしく!』って感じの変人ぶりには、笑ってしまいましたわ(^^;。
 
 またこの映画、イマドキの“SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)”の事情が全編を通して、善い面でも悪い面でも色濃く反映されています。最近話題になる“炎上”という事態が、どんな騒動に発展するのか、見ているとよ~くわかりますよ。

 色々書きましたが、とにかくこの映画のイチオシは、やっぱり美味しそうな料理の数々!見に行かれる方は、少し何か食べてから行かれることをお薦めします。だって空腹で見に行ったら、スクリーンに映し出される料理の数々に、最後まで我慢できなくなってしまうかも知れませんので…。

 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」は、明日28日(土)~全国ロードショーです。お腹いっぱい幸せになれる“ハッピー・エンタテインメント・ムービー”を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』 - シネマトゥデイ

シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2015-02-27 21:41 | 映画評 外国映画 サ行 | Trackback(17) | Comments(0)

[味園ユニバース] ブログ村キーワード
 「リンダ リンダ リンダ」「苦役列車」山下敦弘監督、最新作。「味園ユニバース」(GAGA)。タイトルの「味園ユニバース」とは、大阪千日前…通称“ウラなんば”にある歓楽ビルの名前で、関西にお住まいの方でしたら、かつて深夜にテレビで流れていたローカルCMで、その存在をご存知の方もおられると思いますが、知る人ぞ知る大阪の濃い~文化を象徴するようなビルなんです。映画はこの界隈を舞台に、歌うこと以外の記憶をすべてなくしてしまった男と、ある出来事が原因で時が止まってしまったままの日々を、懸命に生きている少女との喪失と再生の物語を描いています。

  バンド“赤犬”の野外コンサート会場である公園に現れた、傷だらけの男(渋谷すばる)。突然ボーカルからマイクを奪い、和田アキ子の「古い日記」を圧巻の歌唱力で歌ったかと思うとそのまま気絶してしまう。歌うこと以外の記憶を全て無くしている、この男に興味を持った赤犬のマネージャー・かすみ(二階堂ふみ)は、彼を“ポチ男”と名付け、祖父と暮す自分の家に共に住まわせ、赤犬のボーカルに迎えようとする…。
 
 主人公・ポチ男を演じるのは、今回映画単独初主演を飾る関ジャニ∞のメインボーカリスト、渋谷すばる。彼の魂の底から響いてくるような迫真の“ボーカル力”が、この映画をただの“ジャニーズタレントのアイドル映画”ではない、明るくも骨太な1本に仕上げています。それを受けるかすみ役に二階堂ふみ。今や日本映画に欠かせない、誰もが認める若手演技派女優No.1の彼女が、関西弁というアウェーのハンデも物ともせず、ポチ男と接することで段々と過去の呪縛から解放されていく様をイキイキと演じています。
 
 “大阪”と“音楽”の融合とも言えるこの映画には、大阪を拠点に活動して20年になる“赤犬”というバンドが、彼等自身(=himseif)の役で登場します。そして『これぞ大阪でっせ~!』と言いたくなるような歌の数々を披露してくれます。恐らくこの辺りのセンス、感覚は大阪以外の人達にはわからないような気がします。同じ関西圏である京都在住の吾輩も、若干ひき気味でしたので…(爆)。

 作中でポチ男が歌う「ココロオドレバ」そしてエンディングで流れる主題歌「記憶」が渋谷すばる初のソロシングルとしてリリースされたのも話題でございます。


 「味園ユニバース」は、ただ今全国公開中です。歌うことで過去と決別して、未来をつかもうとする男の生き様を、あなたも是非!ご覧になってください。

 映画『味園ユニバース』 - シネマトゥデイ

 ・味園ユニバース@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2015-02-22 23:28 | 映画評 日本映画 ま行 | Trackback(11) | Comments(0)