[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード
a0014708_11303970.jpg
 1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。最初に言っておきますけど、高所恐怖症の人は絶対見たらアカ~ン!!


 故郷のフランスの町にやって来たサーカス団。その綱渡りの演技に魅了された少年フィリップ・プティは、自分で木と木の間にロープを張り、独学で綱渡りを始める。やがてサーカス団の門を叩いたプティは、座長のルディ(ベン・キングズレー)によって厳しく仕込まれていく。しかし成長し、自らを“アーティスト”と思い込むようになったプディ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、観客を喜ばせることを第一に考えるルディと対立し、決別。その後パリに出たプティは、街角で綱渡りを披露する大道芸人となり、やはり街角で弾き語りをして稼いでいた美学生・アニー(シャルロット・ルボン)と知り合う。或る日通っていた歯医者の待合室でNYに建設中のツインタワー・ビル“ワールドトレードセンター”の広告を見たプティは、このツインタワーの間にワイヤーを掛けて歩くという危険極まりない“夢”を思いつく…。


 フィリップ・プティは実在の人物で、現在もご健在です。で、この“バカげた”“狂ってる”としか思えない“ワールドトレードセンターの綱渡り”も、もちろん実話です。プティの物語は2008年のアカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した「マン・オン・ワイヤー」でも描かれていますが、今回はプティがワールドトレードセンターを若干25歳で制覇するまでの半生を描いています。
 CMや予告編で散々『ヤバい』とか『狂った世界』とか煽ってますが、これはもおハッキリ言って“バカ!”です。いやもお最上級の敬意を込めて、特上の褒め言葉として申し上げましょう“大バカ者!”の為せる業です。高さ411m、距離42.67m、ワイヤーの直径2.2cm、命綱なし…。この状況を聞いただけで、如何にトンでもないかがお解りになれますよね?映画のクライマックスでは、スクリーンにその状況の映像が延々と映し出されますが、吾輩とにかくず~っと手に汗握りっぱなしでした。実話ですから結末はわかってる(成功しますわ(^^;)んですが、それでもドキドキしますし、渡りきったら終わり…と思っていたら何の何の!プティは片道だけでは飽き足らず、ワイヤーの上で『あ~んなことや、こ~んなこと』もやってしまうのです。もう一度敬意を込めて言います“大バカ者!”です(^^;。

 基本的に吾輩“3D”はあんまり好きじゃない(映像がどうしても暗く感じてしまう。眼鏡が鬱陶しいetc,etc…)んですが、この映画は絶対“3D”でご覧ください!これまでの“3D”と言えば、どちらかと言うと映像がスクリーンから飛び出してくるというイメージがありますが、この映画の“3D”は出てくると言うよりむしろ奥行きが感じられる映像になっていまして、それが上空から地面を映し出した映像ですから“奥行き=高さ”となっておりまして、トンでもない迫力の映像に仕上がっています。今回吾輩はこちらのシネコンIMAXで見させていただいた(実は初体験!)んですが、もおトンでも凄かったです!あんなんホンマにあきませんて!上手に説明できませんが、とにかく凄かった!!こんなトンでもない映像の映画を作ったのは、ご存知映像の魔術師ロバート・ゼメキス!不可能と思える“ヤバい”挑戦を、正にこれまでに見たことのないような脅威の映像化に成功しております。スゴイです!ホントにこの人、どこまで追求していくんでしょう?映像の限界を。

 主演のジョセフ・ゴードン=レヴィットは、本物のフィリップ・プティに綱渡りの手解きを受けたそうです。8日間ぶっ通しでマンツーマンの指導を受けた結果、2mの高さのワイヤーは渡れるようになったんだそうです。2mとバカにするなかれ!常人には凄いことだと思いますよ。少なくとも吾輩は出来ませんて(^^;。それからプティの相手役のアニーを演じているシャルロット・ルボン嬢が、とってもキュートで魅力的!このところ色んな映画に出演してまして、今売り出し中ですね。吾輩の最近の“推し!”でございます。今後ますます期待の女優さんです。チェックしておいて損はないと思います。


 「ザ・ウォーク」は、1月23日(土)~全国ロードショーです。凄まじい映像のオン・パレードを、あなたも是非!映画館で“3D”でご覧ください。但し、高所恐怖症の方は、見ちゃダメ!ど~しても見たいなら、本当にくれぐれもご注意を!はい、ちゃんと忠告しましたよ~(^^;。


映画『ザ・ウォーク』 - シネマトゥデイ

ザ・ウォーク@ぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-01-21 22:54 | 映画評 外国映画 サ行 | Trackback(32) | Comments(4)

[日本インターネット映画大賞] ブログ村キーワード
 “日本インターネット映画大賞”。日本映画も行くよ~!こちらも作品賞は昨年末のマイ・ランキングを流用いたします。



[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「海街diary」  10点
  「娚の一生」  8点
  「ピース オブ ケイク」  6点
  「日本のいちばん長い日」  4点
  「味園ユニバース」  2点
 【コメント】
 『上位にはキレイな女優さんの映画が並びました…。あ、それだけで選んだんじゃ決してないですよ!イイ映画でしたよ。どれも!(汗)』
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [是枝裕和] (「海街diary」)
 【コメント】
 『もおね、映画を撮られる度に評価が上っていきますよね』

【主演男優賞】
   [渋谷すばる] (「味園ユニバース」)
 【コメント】
 『圧倒的な歌唱力が、この映画を輝かせてました』

【主演女優賞】
   [多部未華子] (「ピース オブ ケイク」)
 【コメント】
 『多部ちゃん、立派に“女”になりました』

【助演男優賞】
   [本木雅弘] (「日本のいちばん長い日」)
 【コメント】
 『昭和天皇を繊細に見事に演じられたと思います』

【助演女優賞】
   [吉田羊] (映画「ビリギャル」
 【コメント】
 『去年はブレイクでしたね~。その中でもこの映画の羊さんは良かった!』

【ニューフェイスブレイク賞】
   [吉岡里帆] (「明烏 あけがらす」
 【コメント】
 『作中、同一人物とは思えんくらいの変わりっぷり。これから期待大!』

【音楽賞】
  「くちびるに歌を」
 【コメント】
 『歌で泣かされました』
-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [私が選ぶ『カントク!やりすぎですよ!!』賞] (園子温
 【コメント】
 『「リアル鬼ごっこ」に、映画「みんな!エスパーだよ!」…カントク!どこまで行っちゃうの??』
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------


はい、間に合いました。結果発表は2月6日だそうです。さて、どんな風になりますやら…?



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-01-19 22:58 | ランキング | Trackback(1) | Comments(1)

[日本インターネット映画大賞] ブログ村キーワード
 今年も“日本インターネット映画大賞”に投票させていただきます。気が付けば締め切り(21日)間近です。いつもギリギリにならんと動けんのは、毎年のことですな(^^;。因みに作品賞はこれも毎年のことですが、昨年末のマイ・ランキングを流用いたします。



[作品賞投票ルール(抄)]
◾選出作品は3作品以上10作品まで
◾1回の鑑賞料金(通常、3D作品、字幕、オムニバス等)で1作品
◾持ち点合計は30点
◾1作品に投票できる最大点数は10点まで
◾各部門賞に投票できるのは個人のみ
◾ニューフェイスブレイク賞は俳優か女優個人のみ
◾音楽賞は作品名で投票
◾以上のルール満たさない場合は賞の一部を無効
-----------------------------------------------------------------

『 外国映画用投票テンプレート 』

【作品賞】(3本以上10本まで)
 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」  10点
 「はじまりのうた」  8点
 「セッション」  6点
 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」  4点
 「キングスマン」  2点
  
【コメント】
 『今回も上位はHappyな映画が占めました。年々疲れてきてるのかなあ?吾輩…』
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ジョージ・ミラー] (「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
 【コメント】
 『前作から30年…。まさかホントに、こんなの作っちゃうとは…』

【主演男優賞】
   [ブラッドリー・クーパー] (「アメリカン・スナイパー」
 【コメント】
 『なりきってましたよね。最初見たとき、誰かわかりませんでしたから』

【主演女優賞】
   [ロザムンド・パイク](「ゴーン・ガール」
 【コメント】
 『今までのイメージを吹っ飛ばす!恐かったよ~』

【助演男優賞】
   [ロビン・ウィリアムズ] (「ナイトミュージアム エジプト王の秘密」
 【コメント】
 『お別れです。去年イチバン哀しいお別れでした』

【助演女優賞】
   [クロエ・グレース・モレッツ] (「アクトレス~女たちの舞台~」
 【コメント】
 『すごくイヤな女の役を、とっても上手に演じていました』

【ニューフェイスブレイク賞】
   [ヨ=ランディ・ヴィッサー] (「チャッピー」
 【コメント】
 『ニューフェイスでイイよね?イイでしょ!』

【音楽賞】
  「ピッチ・パーフェクト」
 【コメント】
 『こちらは「2」もセットで。とにかく楽しくてノリノリでしたわ』

-----------------------------------------------------------------

【私が選ぶ○×賞】
   [私が選ぶ『ゲスの極み大賞』] (「ナイトクローラー」
 【コメント】
 『はい、ゲッス~!(^^;』

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

こんな感じです。さあ、結果はどうなりますでしょうか?日本映画へ続く!


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-01-19 21:47 | ランキング | Trackback | Comments(0)

[ブリッジ・オブ・スパイ] ブログ村キーワード
a0014708_1132290.jpg
 “監督 スティーヴン・スピルバーグ”“主演 トム・ハンクス”“脚本 イーサンジョエルのコーエン兄弟”。各部門でそれぞれ2度のアカデミー賞に輝く彼等が集結した、或る意味夢のような映画「ブリッジ・オブ・スパイ」(20世紀フォックス)。米ソ冷戦下に於ける世界戦争の危機回避を担ったごく普通の、しかし強い正義感を持った男の実話を基にした物語です。

 
 アメリカとソビエトが冷戦状態にあった1957年。ニューヨーク在住のルドルフ・アベル(マーク・ライランス)という男が、ソビエトのスパイとして逮捕される。アベルを裁判で弁護する国選弁護人に選ばれたのは、ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)。優秀な弁護士であるドノヴァンは、敵国の人間を弁護することに躊躇しつつも、『どんな人間にも等しく公平な裁判を受ける権利がある』という正義の原則を貫くため、アベルの弁護を引き受ける。その裁判の過程で接しているうちに、ドノヴァンとアベルの間には、互いへの理解と尊敬が芽生えていく。果たして死刑が確実と思われていた、アベルの判決は?そして、この2人の出会いが、後に米ソ冷戦の最中に起きる或る重大事件の解決のカギへとつながっていく…。


 アベルを演じているのは、イギリス出身の名舞台俳優マーク・ライランス。彼は本作の演技で、今幾つかの映画賞の助演男優賞を受賞しています。アカデミー賞の有力候補の1人とも言って間違いないでしょう。確かに見た感じは、どこにでもいるごく普通の初老の男なんですが、スクリーンに映る何とも説明のつかないる“圧倒的な存在感”は、ライランスが舞台で培ってきたキャリアから滲み出てくる物なんだと思います。それに対峙する形のトム・ハンクスは、典型的な“善良な普通のアメリカ人”というキャラの役を、今回も非常に上手く演じています。こういう役を演じさせると、恐らく今のハリウッドでは、彼の右に出る人はいないのではないでしょうか?もお、ホントに“名優”が板に付いちゃいましたよね?先日TVでたまたま、トムの初期の出演作である「スプラッシュ」(この映画、吾輩は大好き!でございます)を見たんですが、当時誰がトム・ハンクスの今の姿を想像出来たでしょう?また久しぶりにハジケてズッこける役とか、究極の悪役なんかを演じるトムの姿を見てみたいなんて思うのは、吾輩だけですかね??

 スピルバーグお得意の“歴史の暗部に光を当てる”という作業に、コーエン兄弟による緻密で練られた脚本が重なり、非常に重厚な映画になっていますが、エンタテインメント作品としても一級品の出来映えだと思います。2時間22分というなかなか長尺な上映時間になっていますが、決して長いとは感じませんでした。特に世界戦争勃発の危機を、未然に回避しようと奔走するドノヴァンの姿や、その交渉過程。一枚岩のように思われていた旧社会主義国家が、裏では国家間で激烈な主導権争いを繰り広げていた(本作で描かれているのは、ソビエトと東ドイツ)様などは、見ていてスリリング(さすがに時代が時代なので、スピーディーさには欠けますが)で、飽きることなく惹き込まれました。さすが、チーム・スピルバーグ!磐石のお仕事でございますね。


 「ブリッジ・オブ・スパイ」は、明日1月8日(金)~全国ロードショーです。1歩間違えば滅亡していたかも知れない世界を、未然に救った“普通の男”の物語をあなたも是非!映画館でご覧ください。


映画『ブリッジ・オブ・スパイ』 - シネマトゥデイ


ブリッジ・オブ・スパイ@ぴあ映画生活




ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2016-01-07 22:59 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(39) | Comments(8)