人気ブログランキング |

a0014708_21444205.jpg
上映時間3時間1分!ここんところの“娯楽系映画”では、間違いなく『長いわ!』て言いたくなる時間でしたが、そんな時間の長さなんぞ全然気にならんほどに、ずっとスクリーンに釘付けでした。いやあもお、凄い!素晴らしい!最高!平成最後の映画イベントに相応しい(ハリウッドとは何ら関係ございませんが…104.png )、まさに“最強の1本”でございました。
さすがにこの映画を何の予備知識も無く、MCUのシリーズ作品の1本も見たことが無いというような人が見に行くのは、間違いなく“無謀”であり、止めておくべき“愚行”であります。この映画を見るに当たっては、やはりそれだけのハードルは越えておかないといけないと思います。吾輩の場合、一応「アイアンマン」からMCU全作品を劇場にて鑑賞してまいりましたし、今回の公開に備えて「アベンジャーズ」「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の4作を直近で見直しましたので(だって、シリーズの本数が増えれば増えるほど、予備知識が増えていって…覚えられん!)、予習バッチリで臨みました。
MCU10年の集大成、一つの区切り、そして新たなる時代の幕開け…。もうね、ああだこうだと中身については書きません。少し書くと“ネタバレ!”になっちゃいますし、今回はそういうの無しの方がいいと思いますので。でも「インフィニティ・ウォー」の、あの衝撃のラストで消滅してしまったヒーローが復活するという確信はありました(だって「スパイダーマン」の新作は夏休みにはやって来るし、「ブラックパンサー」や「ドクター・ストレンジ」にも続編の話は出てましたから…)が、果たしてどんな方法でそれを実行するのかと思っていたのですが…、いやあやられた!まさかあんな方法でそこから更に話を膨らませて、あんな所まで持っていくとは!抽象的な書き方で申し訳ないですが、もおこれは実際ご覧になって確かめてください。本当に素晴らしい!アクションだけで無く、絶望的な話の中でも十分笑えるネタも盛り込まれてますし、クライマックスは涙無くして見ていられません。もお、本当に色んな意味でパーフェクトな3時間1分でした。
“平成最後”と書きましたが、人によっては“令和最初”のビッグ・ムービーになるかと思われます。至高で最強の3時間1分!大ヒットシリーズの大団円を是非!映画館でご覧ください。

by mori2fm | 2019-04-26 21:47 | 映画評 外国映画 ア行

[ファンタスティック・フォー] ブログ村キーワード
a0014708_11394665.jpg
 あのマーベル史上最初のヒーロー・チーム、3度目の映画化!「ファンタスティック・フォー」(20世紀フォックス)「アベンジャーズ」「X-MEN」の原点とも言われる作品。原作の発表は、何と!1961年まで遡ります。


 若き天才科学者・リード(マイルズ・テラー)は、小学5年生で物質転送装置を開発。幼馴染のベン(ジェイミー・ベル)と共に更に研究を発展させ、7年後の科学コンテストにその装置を出展。そこでバクスター財団のDr.ストーム(レグ・E・キャシー)からスカウトされたリードは、Dr.の養女・スー(ケイト・マーラ)、実子で息子のジョニー(マイケル・B・ジョーダン)、そして同じ研究をしていたビクター(トビー・ケベル)達と、財団の施設で更に本格的な転送装置を完成させる。その第1回目の実験で、ベンを含めたリード、ジョニー、ビクターの4人は異次元の“プラネット・ゼロ”へ転送されるが、そこでアクシデントが発生。ビクターは行方不明となり、残りの3人は何とか戻ってきたものの、帰還作業を手伝ったスーを含めた全員がプラネット・ゼロの異次元のパワーによって、不思議な能力を身に着けてしまう…。


 4人が身に着けてしまった不思議な能力とは…、
・リード→全身がゴムのように、自由自在に伸び縮み出来るようになる。=“Mr.ファンタステック”
・スー→身体や近くの物体を透明化することが出来、尚且つバリヤーを張ることも可能に。=“インビジブル・ウーマン”
・ジョニー→肉体から炎を発火。その炎を自在に操り、更に飛行することが可能に。=“ヒューマン・トーチ”
・ベン→身長2mの岩の塊のようなクリーチャーに変貌。彼だけが人間の姿に戻れない。=“ザ・シング”
 この4人のユニット名が“ファンタスティック・フォー”でして、今回この映画はこのユニット名の誕生までを描いています。

 実は「ファンタスティック・フォー」は、過去2005年2007年に2度映画化されています。その時はヨアン・グリフィスジェシカ・アルバ(嗚呼、彼女のインビジブル・ウーマンはエロかった~(^^;)、クリス・エヴァンス(おお、キャップ!!)、マイケル・チクリスが“ファンタスティック・フォー”を演じていました。これはこれで吾輩は面白かったのですが、今思うと少々コミカルテイストが強かったような気がします。今回はドラマパートに主眼を当てて、かなりシリアスなテイストの映画に仕上がっています。本作を監督したのは、前作「クロニクル」で超能力を持った少年のドラマを描いたジョシュ・トランク。奇しくも再び超能力絡みのドラマの映像化に挑んでおります。まあ、スタジオからは前作の勢いを買っての大抜擢だったと思いますが、世間的なウケはあまりよろしくないようですね。残念ながら、アメリカではコケちゃったらしいですから…。吾輩的には面白かったとは思うんですが、ドラマに主眼を置いた分、少々展開がまったりしていたような感は否めないかな…と、なのに上映時間1時間40分はコンパクト過ぎる~!!

 でもキャスト、スタッフ共にこれからが期待される“若手”たちによって、“アメコミの古典”とも言える作品が、まったく新しい姿に生まれ変わっているのは、とにかく必見だとは思います。
 
 でもこの映画の何が凄いかって、キャストの中で恐らく世間的に一番顔が差す(=有名な)であろう、ジェイミー・ベルを顔がまったくわからない“ザ・シング”にキャスティングしちゃってるってところです。だって彼が変貌しちゃってからの戦闘シーンなんて、正直申し訳ないのですが『あんたら、誰?』ってレベルの人達だけで成り立たせてましたから…。いくらマイルズ・テラーが前作「セッション」でシゴキまくられたとはいえ、まだまだね~。いやあ或る意味、勇気あるキャスティングだなあ~(^^;。

 「ファンタスティック・フォー」は、明日10月9日(金)~全国ロードショーです。アメコミ発“元祖スーパー戦隊(?)”の新たなる誕生を、あなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 今回スタン・リー出てたかな~?見逃しちゃいましたよ~!

映画『ファンタスティック・フォー』 - シネマトゥデイ

ファンタスティック・フォー@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2015-10-08 22:02 | 映画評 外国映画 ハ行

[アベンジャーズ] ブログ村キーワード
a0014708_18133740.jpg
 マーベル・コミックのヒーロー大集合映画。「アベンジャーズ」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン)「アイアンマン」の1作目公開時から、噂になっていた最強ムービーが遂に完成&公開。そして、やっとこさの日本上陸!でございます。


 国際平和維持組織“シールド”の長官、ニック・フューリー(サミュエル・L. ジャクソン)は、突如現れたロキ(トム・ヒドルストン)によって、研究中だった“四次元キューブ”を強奪される。セルヴィグ博士(ステラン・スカルスガルド)やシールド最強のエージェント、“ホークアイ”クリント・バートン(ジェレミー・レナー)までもを、ロキの魔力によって操られ連れ去られるに至り、フューリーは“アベンジャーズ計画”の封印を解くことを決意する。彼の号令の下、“ブラック・ウィドウ”ナターシャ・ロマノフ(スカーレット・ヨハンソン)とエージェント・フィル(クラーク・グレッグ)の説得により、“キャプテン・アメリカ”スティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)、“ハルク”ブルース・バナー(マーク・ラファロ)、そして“アイアンマン”トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)が集められる。そしてドイツに現れたロキを捕らえるために出動した彼等の許に、ロキの義兄である“ソー”(クリス・ヘムズワース)がやって来る…。


 これまでのそれぞれが主人公となっていた映画(「インクレディブル・ハルク」、「アイアンマン」「アイアンマン2」「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」「マイティ・ソー」)を“壮大な予告編(?)”として使った挙句にようやく実現完成した本作(因みにブラック・ウィドウは「アイアンマン2」に、ホークアイは「マイティ・ソー」にそれぞれ“チョコっと”登場してました。また今回ハルク役がエドワード・ノートン→マーク・ラファロに交代。所謂“大人の事情”ってやつですか!)。いやもお、単純に面白かった!楽しみに待っててホント~に良かった!!みんなみんな、キチンと活躍しててよかった(^^;。
 これまでのそれぞれの映画に“一丁噛状態”でチョコチョコ登場していた、“強面”ニック・フューリー。個性の強い…、てか強過ぎる個性の塊の集まり=“アベンジャーズ”。1人1人の抱えている物や能力がやたらとデカくて、しかもそれが6人もいて(!)、その集まりを束ねる司令官として、さぞやこのオッサンが“スーパー指導力”を発揮して、バラバラな面々をチームとして、まとめ上げていくんやろうな~なんて思ってたんですが、何の何のこのオッサン、出だしから結構“大ポカ”やらかすんですよ!それもかなり致命的なダメージを喰らうような。それでも『ん?だからどうした?』てな感じで、まったく動じてないような顔で平然と受け流す様は、さすが大物!いやでも『それって結構ヤバイんちゃうのん?』って、吾輩はツッコンじゃいましたね。チョットは焦り~な!って。特に、出だしから敵の手下として、いきなりホークアイを目前で連れ去られてしまうという、哀しいまでのヤラレっぷりには『いや、それはアカンやろう!』って、MAXでダメだししちゃいましたわ(^^;。

 それぞれの映画の設定、世界観が反映されていたのは、ずっと見てきた者にとっては喜ばしい限りでした。ナタリー・ポートマンの登場の仕方はご愛嬌としても、ペッパー・ポッツ役のグウィネス・パルトロウが、あの程度の扱い(だって“オスカー女優”ですよ)でもキチンと出演していたのには結構驚きましたが、でも何か嬉しかったです。

 クライマックスの戦闘シーンは、各ヒーローの能力が存分に発揮され、最新のSFXと相まって凄まじい映像に仕上がっています。しかし、“アイアンマン=パワードスーツ”“キャプテン・アメリカ=スーパーソルジャー”“ソー=雷神”“ハルク=巨人”っていう能力を持ち合わせた彼等に対して、ホークアイとブラック・ウィドウは“タダの人”なわけですよ。しかもブラック・ウィドウは女性です(いや、差別してるわけではございません)。そりゃ、一般人よりは凄いんでしょうし、ホークアイなんかは“特殊な弓矢”で武装しておりますが、ブラック・ウィドウに至っては拳銃構えてるだけ。生身で戦っちゃうんですよね。いくら“あらゆる武道に長け、オリンピック選手並みの身体能力を持っている”とはいえ、生身で敵の戦闘マシーンと“空中戦”をやらかしちゃうんですから、もおムチャクチャですわ。吾輩的に、アベンジャーズの最強戦士は間違いなくブラック・ウィドウですな。う~んスカヨハ姐さん、強過ぎ!!

 エンド・クレジット後に、壮大なオチの映像がございます。もお何とも言えん“史上最大の壮大なオチ”でございます。これは絶対必見です!それに続いて更なる告知…「アイアンマン3」公開決定の報も流れます。来年のGWなんだそうで、今回映像はありませんが、これはこれでまた楽しみです。でもでも更にもっと楽しみなのは「アベンジャーズ」続編の全米公開日が決定してるってことですね。まだ作ってへんのに…(^^;。それまでに「キャプテン・アメリカ」や「マイティ・ソー」の続編も作られるんだそうです。もお、こうなったらナンボでも作れますな。あれ?「ハルク」は…(爆)。


 「アベンジャーズ」は、ただいま全国ロードショー公開中です。『日本よ、これが映画だ』ハリウッド発、上から目線(?)の“ヒーロー大集合映画”を、あなたも是非!映画館で堪能してください。

~追記~
 大団円の後、『アベンジャーズは姿を消した。それぞれがどこへ行ったかはわからない』みたいな風に言われるんですが、アイアンマンだけは所在がバレとりますがな(^^;。社長で有名人ですからしょうがないでしょうが、世間から街を破壊した(いや、護ったんですけども)、全責任を追求されそうですな。だって、あとのメンバーはホントに消息不明で、シールドでさえ恐らく表には出てこんでしょうから。そうなると…、おお!スターク・インダストリーズがピンチに(^^;?!


アベンジャーズ@ぴあ映画生活

アベンジャーズ - goo 映画
アベンジャーズ - goo 映画




ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2012-08-26 13:37 | 映画評 外国映画 ア行