人気ブログランキング |

[レヴェナント:蘇えりし者] ブログ村キーワード
a0014708_20585831.jpg
 “アカデミー賞最多12部門ノミネート、監督賞・主演男優賞・撮影賞 受賞!”「レヴェナント:蘇えりし者」(20世紀フォックス)。実在した伝説のハンター、ヒュー・グラスの実話を基にした“サバイバル・ドラマ”。とにかく圧倒されます!


 19世紀半ば、アメリカ西部未開の地。狩猟チームのガイドを務めるグラス(レオナルド・ディカプリオ)は、今は亡き先住民の妻との間に生まれた息子のホーク(フォレスト・グッドラック)と共に、危険な旅を続けていた。或る日、森の中でハイイログマに襲撃されたグラスは、瀕死の重傷を負ってしまう。グラスが余命僅かで、チームに同行出来ないと判断した隊長のヘンリー(ドーナル・グリーソン)は、その場にグラスを残しホークとグラスを慕う隊員のブリジャー(ウィル・ポールター)、金に釣られて居残りを志願したフィッツジェラルド(トム・ハーディ)の3人に、グラスの最期を看取り丁重に葬るよう命じて、先行する。しかし予想に反して生き長らえるグラスに業を煮やしたフィッツジェラルドは、自らの手でグラスを葬ろうとするも、ホークにその場を目撃されてしまう。その勢いでフィッツジェラルドはホークを殺害。生埋め状態で放置されたグラスは、何も出来ないまま愛する息子が目前で殺害され、燃え滾る怒りを胸に復讐を誓い、やがて死の渕から奇跡の復活を遂げる。そしてフィッツジェラルドの追跡を開始する…。

 オープニングの先住民(アリカラ族)との戦闘シーンが、いきなりの手に汗握る大スペクタクル映像!あの「プライベート・ライアン」の“D-デイ”のシーンを彷彿させる圧巻のつかみから、圧倒されるシーンの連続に息を呑みます。そしてグラスが熊に襲われる、正に見ているだけで猛烈な痛みが伝わってきそうな迫真のシーン以降、殆ど台詞を吐かないディカプリオの文字通り“身体を張った”演技。もお、圧巻です!吾輩見ていて思いました『うん、今回はオスカーあげよう、いやあげます。もお持って帰って!お願い…!頼むから獲って!!』って(^^;(※見た当時は、まだ受賞式の前でした)。過去に4度(「ギルバート・グレイプ」「アビエイター」「ブラッド・ダイヤモンド」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」)ノミネートされ、あの「タイタニック」では何故かかすりもしなかったアカデミー賞。これで獲らなきゃ、いつ獲るの?今でしょ!ってことで、今回の主演男優賞受賞は、本当にようやく!って感じで文句なしだと思います。心の底から祝福させていただきます。おめでとう!レオ様!!よかった、本当によかった!
 更には65年振りの“2年連続監督賞受賞”という快挙を成し遂げた、アレハンドロ・G・イニャリトゥ 監督。前作の「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」が、殆ど屋内での撮影だったのとは打って変わって、今回は外!これでもかと言わんばかりの外(^^;!それも超極寒の大地を舞台に、身の毛も凍る(物理的に)ような究極のサバイバル・ムービーに仕上げています。そしてその極限の映像を撮りあげた撮影監督、エマニュエル・ルベツキが、史上初となる3年連続でアカデミー賞撮影賞を受賞するという、この映画まさに“快挙”のオン・パレードでございます。更に更にもう一つ付け加えると、音楽にはあの“教授”坂本龍一が参加しているのも、日本人としてはやはり見逃せ…もとい、聞き逃せません!もお、色んな意味で話題満載の映画でございます。

 トム・ハーディ演じるフィッツジェラルドが、もお腹が立つほど憎たらしい奴でして…。これをまたトムが上手に演じてるんですよ!今回またこれまでのトムと違う一面が見られたような気がして、非常に嬉しかったです。作品ごとに違う顔を見せてくれる=進化している俳優さんですね、トム・ハーディ。吾輩は好きですね。次回作が楽しみです。そして何よりもディカプリオ!グラスが味わう悲惨な目の数々を前述したとおり、正に体当たりで演じている…と、言うより体現しています。先住民と殺しあう、熊に襲われる、乗った馬ごと高い崖から転落する、馬の死体の中に入って寒さを凌ぐ…。ヒュー・グラスの実話が基とは言いましたが、そりゃあ話は盛られてるでしょう。あれだけやったら…、死んじゃうよ(^^;!とにかく見る者を圧倒し、そして圧巻されます。中々トンでもない映画です。

 「レヴェナント:蘇えりし者」は、4月22日(金)~全国ロードショーです。上映時間2時間37分!長いとは感じません。それだけ濃密な映像と物語のオン・パレード。あなたも是非!映画館でご覧ください。

~追記~
 この映画、リアルに『♪~ある~日♪森の中、熊さんに出会った~♪♪』なんですよね(^^;。そんな呑気な状況ではないんですが…。

映画『レヴェナント:蘇えりし者』 - シネマトゥデイ

レヴェナント:蘇えりし者|映画情報のぴあ映画生活



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2016-04-18 23:19 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(44)

[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード 
 レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイルド”じゃないレオ君が出てくるし、予告やCMを観て“『運命の愛』を描いたラブ・ストーリー大作”だと、思い込んで吾輩映画館へ行ったんですけどね…。


 1950年代のアメリカ。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は、郊外の住宅地“レボリューショナリーロード”に家を持ち、2人の子宝にも恵まれ周囲からは“幸福な理想の夫婦”と思われていた。しかし、かつて父が勤めていた同じ事務機器会社の、しがない社員として日々を送るフランクと、女優になる夢を半ば頓挫させる形で主婦になったエイプリルは、若い頃に描いていた理想と現実のギャップの大きさから、互いに不満を抱くようになり、いつしか2人の間には溝が出来てしまっていた。フランクが、社の女性社員モーリーン(ゾエ・カザン)と関係を持った30歳の誕生日の夜。帰宅したフランクをドレスアップしたエイプリルと、子供たちが迎える。エイプリルはフランクに『家族でパリに移住しよう』と持ちかける。軍に所属していた頃、パリに駐屯していたフランクは、かつてその街の素晴らしさに魅了されていた。それは、かつての輝いていた自分達を取り戻したいと心から願う、エイプリルの渾身の策だった。当初戸惑っていたフランクも、エイプリルの熱意にほだされ、会社を辞めてパリへ移住することを同僚達につたえる。周囲の反応は冷ややかだったが、彼等には無関係だった。或る日、フランクの仕事が評価され、昇進の話が持ち上がる。現実の生活の充実を考え、決意が揺れ始めるフランク。追討ちをかけるように、エイプリルの妊娠が発覚する…。 


 観終わって、正直ゲンナリいたしました。何なのだ、この映画?吾輩にはケイト・ウィンスレット演じるエイプリルの考えていることが、さっぱり理解できませなんだ。世の女性の皆様、“女”ってみんなあんな風に考えてるんですか?ディカプリオ演じるフランクは、何か悪いことしましたか??一生懸命、家族のために頑張ってたじゃないですか。エイプリルは、“夢見る夢子さん”すぎるんですよ。ラストがアレでは、あんまりにも可哀想じゃないですか!男にとって救いがないわ、この映画!あ~、もうホントに気分が悪いわ~!!

 恋愛時代が、輝いていればいるほど、その恋愛が成就(=結婚)していざ現実に直面すると、それまで抱いていたのが、如何に空虚な幻想だったのかと言う思いが強く鮮明になるものなんですね。吾輩みたいな“超凡人”でも、結婚してから『昔はよかったな~』と懐かしむ時が多々ございますからね。ましてや、この映画のフランクとエイプリルは、『自分達は、特別!』なんていう聞けば思わず『アホか!』と、ツッコンでしまいたくなる思い-妄想-を抱いておりますから、現実とのギャップがデカ過ぎて耐えられなくなってしまう…。ハッキリ言いましょう、コイツら“バカップル”ですよ(あ~あ、言うてしもうた…)!!この夫婦には、子供が2人いる設定なのですが、それが殆んど映像に出てきません。普通こういう映画なら、もっと家族が揃っての映像が出てきて当たり前だと思うのですが、その辺り妙に違和感が残りました。って言うか~一応父親である吾輩から言わせていただきますと、『子供ほったらかして、何カッコつけて夢語ってんだよ!お前らなんか、親失格だ~!』って感じですわ(^^;。

 監督はケイト・ウィンスレットの旦那、サム・メンデス。アカデミー賞を獲った「アメリカン・ビューティー」を、よりシリアスに重くしたような映画に撮り上げています。う~ん、健康的ではないですね~。ところで、奥さんが他の俳優とラブ・シーンを演じるのを演出するってのは、どんな感じなんでしょう?旦那は、カメラ越しに見てるんですよね~。う~ん、いくらプロとは言え…やっぱり健康的じゃないな~(^^;!

 レオとケイトだけかと思ってたら、いきなりキャシー・ベイツまで出てきたもんですから、面食らっちゃいました。これじゃホンマに「タイタニック」の同窓会やがな。あと吾輩が観ていたシネコンには、外人さんが数人おられたようで、ラストシーンで大爆笑かましてました。確かに秀逸でブラックの効いたシーンではありましたが、爆笑とまでは(何せそれまでが、重いモンで)…。この辺り、やはり文化の違いを感じますな~。

 「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」は、ただいま全国上映中です。警告します、ラブラブカップルは、絶対にデートで観ないで下さい!思慮分別をわきまえた大人の皆さん、『現実は厳しいんだよ!』ってことを、映画館で是非!再認識して明日への糧にして下さい(う~ん、屈折してるな~(爆)。 

「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで@映画生活

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで - goo 映画
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで - goo 映画



ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2009-02-04 22:00 | 映画評 外国映画 ラ行 | Trackback(44)

 レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り上がってないっちゅうか~。


 ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、CIAの中東現地工作員。日々、対テロ工作の最前線で命を張って戦っていた。その上司であるエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は、CIAの本部や自宅、時には子供の送迎中に電話でフェリスに指示を与えていた。2人は、テロ組織のリーダー、アル・サリーム(アロン・アブトゥブール)の身柄確保を目指していたが、現場で活動するフェリスと、机上で作戦を展開するホフマンとは主義が合わず、度々衝突を繰り返していた。或る日フェリスが得た情報から、サリームの隠れ家が発覚。ヨルダンに向かったフェリスは、現地でヨルダン情報局の責任者、ハニ・サリーム(マーク・ストロング)に会い、協力を要請。その信頼を得るが、ホフマンが実行した裏工作の煽りで、フェリスの行動は水泡と帰してしまう。そればかりかサリームの隠れ家も燃やされ、フェリスはハニに国外退去を命じられてしまう。業を煮やしたフェリスは、ホフマンにある作戦を提案する。それは、サリームをおびき出すため、サリームの組織に匹敵するテロ組織をでっち上げることだった…。


 これは実話ではないんですが、いかにもアメリカそれもCIAがやってそうやな~って感じの話です。しかも監督はリドリー・スコットなわけですから、もおリアリティありあり!そこへ持ってきてレオ様に、ラッセルという“超演技派2枚看板”が絡んでますので、更に拍車が掛かり、超迫真の“リアリティ・フィクション”に仕上がっています。そう、ストーリーの中で実行される作戦で、レオ演じるフェリス達は“嘘”をつくのですが、この映画は、観ている我々にまるでこれが実話であるかのように感じさせる…正に映画が“嘘”をついておる訳ですね。うん、こりゃ凄いですよ。ただ、後から少し冷静になって考えてみますと、この映画で展開されているストーリーってのは、相当トンでもないんですよ。いくら『世界を救うため』と信じて行なった事とはいえ『テロリストをでっち上げる』なんぞ、言語道断!でも、世界のどこかでホントにこんなことが行なわれているのかも…。あ、吾輩またその気になってる。ああ、すっかりこの映画の“嘘”に騙されてる~!!

 ところで、ここ最近のレオ様はこういう“硬派”な役が続いてますね~。 前々作「ディパーテッド」、前作「ブラッド・ダイヤモンド」そして本作と、一昔前の“繊細な美少年”とは決別した“タフでワイルドな男”を熱演しています。髭もなかなかお似合いで。大人の俳優として、もお充分な貫禄を持ち合わせていますね。この演技で、またオスカーにノミネートされるのでしょうか(吾輩的には「ブラッド・ダイヤモンド」の時の方が、インパクトは感じたのですが…)?コレに対抗するラッセル・クロウも、貫禄の“受け”の演技を堂々と見せてくれます。特に今回は“メタボ気味の上司”という役柄に、体重増加で臨み見事に成りきっています。そう、“イヤな上司”に。レオ様の“熱血直球演技”を受けるのは、ラッセルくらいの名役者でないと務まらなかったでしょう。そういう意味で、このキャスティングは大成功だったと思います。

 ただ、扱っているテーマがテーマ(中東での対テロ組織戦)ですので、如何に大作と言えども派手さは感じられません。リドリー・スコットが入念に撮りあげた映画ですから、非常に質は高く、決して間違いはないのですが、興行的にはしんどいでしょうね。全米でも苦戦したようですしね。でも、観て損は無い1本ですよ。


 「ワールド・オブ・ライズ」は、12月20日(土)より全国ロードショーです。世界を救うための“嘘”を、あなたも是非映画館で目撃してください。


「ワールド・オブ・ライズ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『ワールド・オブ・ライズ』 - 映画の情報を毎日更新 | シネマトゥデイ

ワールド・オブ・ライズ@映画生活

ワールド・オブ・ライズ - goo 映画
ワールド・オブ・ライズ - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ 
by mori2fm | 2008-11-27 01:33 | 映画評 外国映画 ワ行 | Trackback(87)

ベストセラー小説の映画化作品でマーティン・スコセッシとレオナルド・ディカプリオが再コンビ - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新


 ~ 『ディパーテッド』でコンビを組んだマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが、ベストセラー小説の映画化作品で再び手を組むことが決まった。ヴァラエティ紙が伝えたところによると、『ミスティック・リバー』の原作者として知られるデニス・ルヘインの小説「シャッター・アイランド」の映画化作品でスコセッシとディカプリオが再びコンビを組むそうだ。~

 また組むんですって、レオスコ(←コレは、吾輩が勝手に付けた“コンビ名”です(^^;)。ニュースソースの文中では『再び』と書かれておりますが、実際何回目??
 吾輩が把握しているだけでも、「ギャング・オブ・ニューヨーク」「アビエイター」そして、「ディパーテッド」で、今度で4回目…つまり“四度(よたび)”でございますな。しっかし、よっぽど相性がいいんでしょうね、ウマが合うっていうのか。でもこういう蜜月関係ってのは、或る日突然“しょ~もない理由”で解消されることが多いですよね。そしてその後、絶縁状態に陥ってしまうっていうパターンも、よくあります。“レオ&スコ”が、このような事にならないことを一映画ファンとして、切に(?)願っております。

 ところで、今回もオスカー狙いなのかな?

ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
にほんブログ村 映画ブログへ
by mori2fm | 2007-10-26 12:04 | 俳優・女優・監督ネタ | Trackback

 『給料の3か月分…』『ダイヤは愛の証…』お決まりのキャッチフレーズが、幾つも浮かぶ宝石の王様・“ダイヤモンド”。しかしこの映画は、ダイヤに対するそんな歯の浮いた言葉や考え方を根底からひっくり返してしまいます。「ブラッド・ダイヤモンド」(ワーナー・ブラザース)。観終った後に、とてつもない衝撃を味わうトンでもない映画です。


 90年代の後半、内戦が続くアフリカ西部の国・シエラレオネ。ダイヤの密売人・ダニー(レオナルド・ディカプリオ)は、密輸がバレて収監された刑務所で、“ピンク”と呼ばれる巨大なダイヤの原石を隠したソロモン(ジャイモン・フンスー)という男の存在を知る。釈放されたダニーは、金の力でソロモンも釈放させ、“ピンク”の隠し場所を教えるよう迫る。ダニーは、そのダイヤを入手し得た金で、今の生活とアフリカから脱出するつもりだった。一方ソロモンにとって“ピンク”は、反政府組織(RUF)によってバラバラにされた家族を取り戻すための切り札となるべき代物だった。或る日ダニーはバーで、マディー(ジェニファー・コネリー)という女性と知り合う。彼女はシエラレオネで行なわれている、ダイヤの闇取引の実態を白日の下に曝すべく、取材にやって来たジャーナリストだった…。


 『ダイヤを巡る、アクション・サスペンス的な映画なのかな…』程度の軽い(間違った)予備知識を抱えて観に行った吾輩がバカでした。とてつもなく重い、“社会派サスペンス”映画。しかも“一級品”です。何より驚かされたのが、この映画のような出来事(ダイヤの闇取引・奴隷同然のダイヤ採掘の人足・反政府組織による、少年兵の育成etc…)が、つい最近(映画では10年チョット前)まで行なわれていた(いる?)ということです。ハッキリ言って、まったくそんなことは存じておりませんでしたし、とてつもない衝撃を喰らいました。ダイヤモンドを見る目が確実に変わりました。

 “社会派映画”と書きましたが、“娯楽映画”として観ても非常に素晴しい出来で、2時間23分という上映時間が、全く長いとは感じられませんでした。吾輩、エドワード・ズウィック監督の映画は昔から大好きなのですが、今回もハズレなしでございます。そして、主要キャストの3人が、これまた素晴しい!特にディカプリオの演技は、特筆モノだと思います。この映画より、断然イイ!これなら、アカデミー主演男優賞あげてもよかったんじゃないか?とさえ思いました。そしてジャイモン・フンスーが演じた“アフリカ黒人の悲劇的現実”。これは彼でないと演じられなかったでしょう。正に適役です。更に“オスカー女優”・ジェニファーが、男たちの物語に、内に燃えるような思いを抱いた正義を象徴する存在となる女性を、凛として清楚に演じています。これまた貫禄です。

 単なるスター映画ではなく、非常に重いテーマを扱っている映画です。我々が普段イメージしていたダイヤモンドの華やかな部分が、音を立てて崩れていきます。この映画を観て尚、貴女は『ダイヤが欲しい』と言えますか?


 「ブラッド・ダイヤモンド」は、ただいま全国ロードショー公開中です。「血のダイヤモンド」の本当の意味を、是非映画館でご覧下さい。


「ブラッド・ダイヤモンド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

ブラッド・ダイヤモンド@映画生活
by mori2fm | 2007-04-15 16:04 | 映画評 外国映画 ハ行 | Trackback(10)