[抱きしめたい‐真実の物語‐] ブログ村キーワード
 実話を基にした感動の物語。「抱きしめたい -真実の物語-」(東宝)。ただの“泣かせてやろう映画”にはない、実話ならではの説得力が感じられる1本です。


 北海道網走。タクシー運転手の雅己(錦戸亮)は、所属するバスケットチームの練習場である市民体育館で、コートのWブッキングをめぐって対立する車イスの女性・つかさ(北川景子)と出会う。つかさは高校時代に壮絶な交通事故に遭い、昏睡状態から奇跡の生還を遂げたのだが、左半身のマヒと“高次脳機能障害”による『新しいことが憶えられない』という記憶の障害を抱えていた。そんな障害に負けない、凛とした美しさを持つつかさに雅己は急速に惹かれていく。2人は交際し、やがて雅己は結婚を視野に入れた真剣な想いをつかさにぶつけていく。しかし雅己の父(國村隼)や、つかさの母(風吹ジュン)は2人の結婚に猛反対する…。

 
 ほとんど予備知識のないままに『チョット哀しいくらいのラブストーリーなんかな?』てな思いで見に行ったんですが、何とガッツリ実話だったんですね。しかもかなりの悲恋物…。見て驚きました『こんなに悲しい話が現実にあったのか?』と。だとしたら、神様ってのはホントに残酷な奴なんだなと言わざるをえんですわ。“不幸”ってのはここまで同じところに重なるモンか?やりきれんじゃないか?って、当事者でもない吾輩が、行き場所の無い憤りを抱え込んでしまいましたよ。
 そもそもこの映画は「記憶障害の花嫁」というHBC制作のドキュメンタリーをベースに作られていて、つかささんと雅己さんに降り懸かる過酷な運命はホントに実話なわけです。で、ただ見ていた吾輩が先ほどグダグダ『悲しい』なんて書きましたが、当の本人であるつかささんや、雅己さんは悲しかったでしょう、つらかったでしょう。それでも懸命に明るく前向きに短い…本当に短い時間を一生懸命に生きられたんだなあと、映画を見て感じました。『悲しい』の一言で括ってしまうと、人の思いってのはものすごく単純でちっぽけなモノになってしまうような気がするのですが、この映画の主人公である2人は、そんな『悲しい』気持ちよりも『生きている!』ということを素直に…本当に素直に感じて2人のかけがえのない日々を過ごされたんだと思います。≪ネタバレ!≫になっちゃいますが(最後は実話の通りです)、ラストは非常に悲しくて残酷な結末です。ここまで悲しいラストを、ここ最近の映画で見たことはなかったと思います。ご主人(雅己さん)の胸中はホントに張り裂けんばかりだったと思います。理屈じゃなく、ホントに『悲しい』んです。でもこの映画、最後に希望が描かれています。つかささんも、どんなに無念だったかと思われます。でも『一生懸命に生きていく』っていうことの希望が最後に淡々とではありますが、キチンと描かれています。これは実在の雅己さんや亡くなったつかささんの思いの集大成なんじゃないかな?と吾輩は感じました。ただの“泣かせてやろう映画”ではない、悲しい…、悲しすぎるけど希望を描いている。そんな素晴らしい映画になっています。
 
 この映画を撮ったのは、「黄泉がえり」塩田明彦 監督。何とあの「どろろ」以来7年ぶりの長編映画なんだそうです(そんなに撮ってなかったのね…、っていうか「どろろ」からもお7年も経つの?!)。一生懸命に生きた実在の若い命の物語を、網走の寒く冷たく…でも美しいロケーションをバックに、淡々と感動的に撮り上げています。そして主演の2人(錦戸クン、北川さん)は、この儚くも一生懸命に生きた命の物語を、本当に体当たりで瑞々しく演じています。お世辞ではなく、オッサン本当に感動させられました。あと脇を固めるベテラン陣(國村さん、風吹さん、角替さん)も非常にイイ芝居を魅せてくれます。特筆すべきは雅己さんの職場の先輩役を演じた上地雄輔吾輩今まで彼の良さがまったくわからなかったのですが、今回は非常にイイです!ともすれば悲しくなりすぎる話に、絶妙のコメディリリーフとして活きてます。あ、ホントにイイです今回(エラそうでごめんなさいm(_ _)m)。

 
 「抱きしめたい -真実の物語-」は、2月1日(土)~ 全国ロードショーです。儚くも懸命に生きた若い命の物語を、あなたも是非!映画館でご覧ください。


~追記~
 エンドロールで流れる安室チャンが歌う主題歌も、何かグッときます。この映画、演出・キャストなど全てがイイ感じにハマっていますよ。


抱きしめたい-真実の物語-@ぴあ映画生活


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ
[PR]
by mori2fm | 2014-01-15 23:00 | 映画評 日本映画 た行

[北川景子] ブログ村キーワード
 今や“若手人気No.1女優”と言っても過言ではないと思われる、北川景子 主演最新作 「瞬 またたき」(SDP)。軽いラブ・ストーリーじゃない、真に迫ってくる感動作に仕上がっています。


 札幌の花屋で働く泉美(北川景子)は、美大生の恋人・淳一(岡田将生)と幸せな日々を過ごしていたが、2人でバイクで桜を見に出かけた先で、トラックと衝突してしまい淳一は死亡、泉美だけが生き残ってしまう。ケガも治り、退院した泉美だったが事故直後の記憶を失っていることに気付く。最愛の人の最期の瞬間に、一体何があったのか?何としても思い出そうとする泉美を、メンタルクリニックの医師・小木(田口トモロヲ)は『無理はいけない』と諭す。或る日泉美は、同じクリニックに通う弁護士の真希子(大塚寧々)とふとしたことで知り合う。泉美は真希子に、失くした記憶を取り戻したい旨を伝え、協力してくれるよう依頼する…。


 『事故直後の記憶が失われているってことは、何も無理して思い出さなくても…』と、吾輩なんかは単純に思っちゃったんですよ。だって彼氏は亡くなってしまってるわけですから、絶対とても悲しい記憶である筈なんですから。でも、この主人公は『最愛の人の最期の瞬間だからこそ、憶えておきたい。大事な思い出をすべて残しておきたいから』と考えて行動するのです。この亡くした恋人を思う彼女の想いに、吾輩は痛く胸を打たれました。どれだけ辛くて悲しいことでも、それが少しでも欠けていると、最愛の人の思い出が不完全な物になってしまうのです。イイ事も嫌な事もすべてひっくるめて、亡き恋人の思い出を残しておきたい…。素晴らしい願いだと思います。ただそのために、彼女は胸も張り裂けんばかりの思いに、何度となく直面する破目になってしまいます。ここら辺りは、見ていて非常に辛かったです。恋人を亡くしただけでも、充分すぎるほど彼女は辛いのに、更に追討ちをかけてですから、あまりにもかわいそう~。
 
 淳一と泉美の回想シーンも数多く出てくる(そうでないと、岡田くんの出番は…(>_<)のですが、これが非常に幸せに溢れた、若い恋人同士の微笑ましい日常(ケンカや、破局寸前と言ったシーンも含めて)が描かれているんですね。ですから、記憶を辿っている悲しそうな泉美の表情との違いが余計に際立って、見ている我々にも、ダイレクトに泉美の悲しさが伝わってくるんですよ。この表情の違いで見せる北川景子が、素晴らしいですね。もちろん、それを引き出した磯村一路 監督の何ともいえない繊細な演出も、見事だったと思います。


 全体的には、悲劇≪喪失≫~再生の物語として、手堅く仕上げられた映画です(弁護士・真希子のサイドストーリーは、無くてもよかったかな~?話が中途半端に膨らみすぎたような気が…)。ただこの映画、クライマックスのシーンで、相当リアルで残酷な映像が延々とスクリーンに映し出されます。この映画のストーリーとして、避けて通れないとてもとても重要なシーンであることは理解できるのですが、吾輩正直途中から直視できなくなりました。『もおええやん、わかったから勘弁して~(>_<)』って、心の中で叫んでました。これがダメとかイヤとかと言うわけではございません。ただ吾輩、いまだにこのシーンが脳裏に焼きついて離れません。それだけ強烈なインパクトがありました。ですから、これからご覧になる方は、少し覚悟して見に行かれることを進言します。だって、それまで結構泣いておられた女性客の方が、そのシーンではとても静かになって、一切声を発せられなくなっておられましたので…。

 
 「瞬 またたき」は、6月19日(土)~全国ロードショーです。『一瞬で、あなたは愛する人を守れますか?そして、愛する人はあなたを守ってくれますか?』←非常に重みのあるキャッチだと思います。その瞬間、淳一がどのような行動に出たのか?愛する者のために瞬時にとった行動とは?是非、映画館でご自身の目でご覧になってください。

※↓文末に、舞台挨拶レポがあります。↓

「瞬 またたき」の映画詳細、映画館情報はこちら >>

映画『瞬 またたき』 - シネマトゥデイ

瞬 またたき@ぴあ映画生活

瞬 またたき - goo 映画
瞬 またたき - goo 映画


ランキング参加中
“ポチッ”と、よろしく!↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 映画ブログへ

click!→“5.26 舞台挨拶レポ in梅田ブルク7!”←click!
[PR]
by mori2fm | 2010-05-28 22:50 | 映画評 日本映画 ま行